臨床工学技士 国家試験対策
臨床工学技士  国家試験対策
臨床工学技士  国家試験対策
臨床工学技士 国家試験対策
はじめに

今話題の医療資格である臨床工学技士
初任給から25万以上もらえるところは多いです
30過ぎから資格を取り今では年収2000万以上もらっている方もいます
今からでは遅いということはなく、タイミングは一切関係ありません。共に夢と幸せを勝ち取る!そんなメルマガです!

臨床工学技士とは?
医師の監督・指導のもとで、人の呼吸・循環・代謝機能を代替、補助する生命維持管理装置などの医療機器の操作、保守点検を担当する技術者。つまり医療分野における国家資格である。
主な仕事は様々で病院によって異なりますが、人工呼吸器・手術室業務・人工心肺・透析・心臓カテーテル・高気圧酸素・レーザー機器・機器管理業務などなどまだまだあります。現在も業務の幅が広がっていて無限の可能性を秘めている分野です!

配信内容はいったいどんな内容か?

臨床工学技士国家試験にて出題される問題傾向から分かりやすい解説や幅広い内容から要点を押さえていき、これだけ覚えておけば心配ないといった内容を週4回配信していきます。

このメルマガを購入するメリットは?

日々の勉強はもちろんしていただいてると思いますが、要点され押さえればその分野の8割は網羅できる分野が多数あります。余計なところを覚えるよりもこのメルマガを読んで参考にしていただければ合格率もグンと上がります。我々の目標は購入者さま全員の100%合格です!それに見合う内容を配信していきますので月700円+(税)1日計算39円で合格できるのであればメリットしかないです!

おわりに

私は国家試験に向けて全部の範囲を勉強して行こうとしましたが、全て網羅するのはなかなか厳しいものがあります。当時1日12時間以上勉強していましたが不可能でした。標準テキストやその他の参考書に書かれている内容は堅苦しく分かりづらいと感じる方は多いと思います。私も必死にやりましたが1回目の国家試験は落ちてしまいました。ですが、そこからなぜ落ちたのか?効率のいい勉強方法とはいったいなにか?を追求して勉強したけっか180点満点中169点で合格することができました。ちなみに合格基準点は106点前後です。このことから私が導き出した効率的な覚え方と内容また出題傾向を皆様にこれから配信していき将来の医療また皆様個人の幸せを掴んでいただけるようお力添えしたく思います。
最終的には、自らを奮い立たせ自らで道を切り開く熱意と努力の他にありません!
私も同じ気持ちで共に頑張って行きたいと思う所存でございます!どうぞよろしくお願い致します。

独り言

カレンダー

<  2016年12月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ