ポラリス
ポラリス
ポラリス
ポラリス
【勝ちながら学ぶ】
ラップ理論は学べば学ぶほど勝てる。

競馬におけるラップ理論の優位性は周知の事実だが、その難解さと手順の複雑さ故に採用している馬券師は少ない。
スローペースなら逃げ、先行有利。ハイペースなら差し、追込有利。
こんなフレーズは聞いたことがあるだろう。ラップ理論と呼ぶには大ざっぱに過ぎるが、この考え方がラップ理論の基本。
これを1ハロン毎のラップタイムに分解し、それを予想に活かすのがラップタイム理論である。
ラップタイム理論の優れた点は競馬を科学的、客観的に分析できる点にある。


なぜ日本には多種多様のコースがあるのか?
まさにラップ理論が存在価値を有する理由である。
同じオーバルコースなら早く、強い馬が勝つ。
ただこれではギャンブルとして面白味がなく成り立たない。    
紛れを起こすために考えられたシステムこそがコースの多様性。そしてコースの多様性がもたらす効果は一つ。
多様な馬が勝つ
という事実。その事実は馬券術に当然活用できる。コース適正を見抜き、穴馬を直撃させる。

【ポラリス先生】
岐阜にある馬券投資グループ。
名前などはないが、大先生を中心として9名によって形成され、大先生は年間億の資金を競馬で稼ぎ出す。
そのグループの中心メンバーA氏からラップ理論のイロハを叩き込まれ、自己昇華させること4年。ポラリス理論として新たな馬券メソッドを完成させ、公開することをやっと許された。
単なる予想屋と誤解しないで頂きたい。よって印だけを提供する気はない。
事後検証可能で、読者によって学ぶことが可能。それでいて安定した成績。
これらを同時に提供することにチャレンジしたい。

【馬券術】
実は勝ち馬を見抜くことより難しいのが、馬券の買い方。
◎は当たってるのにヒモが抜けませんか?
ヒモ-ヒモ-ヒモ決着に悔しい思いをしていませんか?
月末にはいつもお小遣い足りなくなってませんか?
それらは馬券の買い方を学ぶことで短期に解消する。ポラリスメソッド
実は今回買い目を提供する以上に重要なのが馬券術。

【対象】
・限られた資金、お小遣いなどを増やしたいサラリーマン、普通のパパママ、学生様。
・買い目だけじゃなく、予想方法を学んで自力で楽しみ、そして勝てるようになりたい方
・印だけ提供の有料予想提供に懲りた方



独り言

カレンダー

<  2016年12月  >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ