いくつになってもモテる男になるための真面目なメルマガ


出会いの責任は自分にある

恋愛というと昔は学校、職場を中心とした出会いが中心でした。今でもその出会い方は王道として残っています。ところが今は世の中のいろんなところに出会いの チャンスがある時代です。出会いパーティー、結婚情報会社の活用、インターネットを使った出会いなど昔の人が聞くと驚くような出会いの方法が出現していま す。ここに例として書いた出会い方以外にもいろいろな出会いがあることでしょう。ところが、一方で出会いがナイと嘆いている方がいるのも事実です。それに はいろんな理由があるかもしれません。毎日夜遅くまで仕事があって出会いのチャンスがない。職場には独身の女性がほとんどいない。休みが不定期で土日休み の女性とはすれ違ってしまう。休みの日も仕事をしなければならない。もしあなたがこのような環境におかれているとしたら、なかなか出会いのチャンスはない かもしれません。ところで、あなたの職場にはこういう方はいませんか?独立したいけど、住宅ローンがあるし、それに妻や子供を養わなきゃいけない、失敗は できないから思いきることができないんだよ。もし僕が独身だったら迷わずに独立するんだけれど。独立をしたいと思っているけれどいろんな制約があって動け ない人の典型的なパターンです。それに比べるとあなたは自由に動ける環境にいるのではありませんか?残業や休日出勤でとても出会う場がないという人でも、 転職するチャンスはあるはずです。あなたが今までと違う道を歩もうとしたら、つまり出会いを求めるならば、少なくとも、今までのやり方のどこか1つを変え なければならないのです。あなたの人生はあなた自身の手で変えることができます。その権利をあなたは持っているのです。権利に責任はついてまわります。出 会いの責任はあなた自身にあるのです。

恋愛は学ぶべきものである

恋愛は学ぶものか、自分で試行錯誤して身につけるものか? この問いに対して私の見解は、学ぶものだと思っています。 もう少し正確に言うならば、恋愛の学習が必要な人には学べる環境を提供すべきだと思います。 似たようなテーマとしては、部下や後輩の管理方法は学ぶべきか? リーダーシップは学ぶべきか? ある会社ではマネジメント研修をやっているところもあるでしょう。またある企業では全く何もやっていないかもしれません。 上に挙げた例はどれも人間関係に属するテーマです。 マネジメント研修を例に挙げると「うちの課長は主任のときまでは仕事ができて後輩の面倒見も良かったのに、 課長になってからなんか変じゃないか?立場で物を言うようになったし、なんかプライドが高くて...」 そのような声が本人の耳に届く頃には、課長自身も相当に悩んでいると思います。 課長は書店でマネジメントの本を買って読んだり、自腹でセミナーを受講したりしているかもしれません。 幸いなことに、マネジメントに関する多くの研究があります。 生産部門の改善に関する研究と比較するとまだまだ人間に関する研究は遅れているかもしれませんが、参考になるものは多いです。 恋愛はどうでしょうか? 恋愛など学ぶ必要がない、という人は学んだことがない(本くらいは読んだことがあるかもしれませんが)からきっとそう言うのでしょう。 もし、中学校の授業に“恋愛の仕方”という科目があったら、恋愛など学ぶ必要はない と考える人の数はずっと少ないと思います。 数学の公式など学ぶ必要はない、そんなものは自分で考えて辿り着くべきものだ、と思う人は少ないと思います。 だって、そういうことだと相当無駄だと思います。 数学者は他人の研究成果を信じることができるから数学者なのです。 計算は結果は同じだから、世界共通だからそうなのだと思うかもしれません。 たしかに恋愛の仕方は人の数だけあるかもしれません。 でも、この世に存在する同じ人間だから、共通する部分も多いのではないでしょうか? もしそうだとすれば、基本的な共通部分は学んだ方が早いのではないでしょうか? 百歩譲って、学ぶ必要がないとしても、結婚適齢期を過ぎた男性にとって残された時間は長くはないのです。 これまでの長い年月で恋愛や結婚の目的を達成できなかった人が、残りの時間で達成できると考えるのはちょっと無理があると思います。 そこには妥協という二文字しかないのではないでしょうか? これまでの恋愛の仕方、あるいは恋愛に対するスタンスを変えなければ、目的を達成することはできません。 恋愛を教えなくて良い(学ばなくて良いではなく)という人に聞いてみてください。 あなたは恋愛の仕方を教えなくてはならないとしたら、教えることができますか? おそらく多くの人は「できない」あるいは「できなくはないけど...」と言って口を濁すでしょう。 本来正解のない分野の恋愛なのですから、自信を持って「できる」と答えても良いはずです。 恋愛を教える必要がない、学ぶ必要がないと言っている既婚者は、言い換えれば自信がないだけなのです。 私が知る範囲では、多くの男性が恋愛の基本を知らなかったばかりに、とても遠回りをしたり、 あるいは女性に対してあまり良い感情を持っていなかったりしています。 それは時間が経てば相当に根深いものになるはずです。 しかしながら、成功体験することで根深い感情は一瞬のうちに消え去ることでしょう。 変りたい、でも変われないというのがホンネだと思います。 このメルマガを読んでいる方々は、すでに一歩を踏み出しています。 世の中には因果の法則があります。 行動すれば必ず結果が出ます。 これまでの恋愛教室は、不純な目的のものが多く、あるいは教える能力が不足していたために実践的ではありませんでした。 このメルマガでお届けする情報やノウハウ、心構えなどを参考にして、あるいはそ のまま物真似することで、必ず皆さんの結果が変わることでしょう。