毎日ホッ法華経!DM328


ぶっけんの事業計画1

 今、人生計画・事業計画を立てようとしているあなたにとって「計画書」作成の必要性があるとするなら、そのまま法華経」の経典そのもの用いれば済むのです!!

        それが今、私たちの経済なのです。
  
 わたしの経営事業のその、     
  
  1.理念・・・真実は・・・宇宙』    

  2.目的・・・達成は・・・成仏』 

  3.目標・・・獲得は・・・阿耨多羅三藐三菩提』 

  4.方法・・・実行は・・・法華経』 
    

たった、これだけ私の人生の事業計画のすべてなのであり、万人に与えられた事業計画書が法華経なのです! そして万人の事業の達成はこの示された4項目の中に各々にすべて内包されています。

 それでは、わたしたちが目指さなければならない事業の最大の目的となる「成仏」の達成とは、いったい何であるのか・・です。
一言でいえば、死ねば誰もが仏さまになるというのは大きな間違いなのです。
仏さまとはこの世を創られた神さまを超えたさらに遥か高い位置にその地位はあるのです。
 それを「」と呼び、普通の人間では到達できません。
  
 その仏とは、ただ単に神を超えた衝撃的、かつ理想像のためのつくり話として想定された姿のことではありません
その明快な意味はこの法華経をほんの概略でも一通り解説できる頃、次第と簡単に修得していけるようになっています。
  
そうなのです!
その真実の簡単な答えはこの法華経にこそすべて詳細に示されている現実に気づくことなのです。
 
 法華経のほんの概略からちょっと説明するならば、先ずこの世を最初に創ったのは神であることは前提であり肯定できるということです。
神が創ったこの世であるからこそ最初から神こそがこの世のすべてのルールを確定していたのであり、仏が国などすべての形を創造したのではありません。
  わかりやすくは、その後、私たち生き物の先祖がその神のルールを怠った時から仏がこの世へ初めて出現したと理解するとよいでしょう。
    
    
 神が最初に創った状態、それがの状態であり、その状態が崩れた時からが仏教でいうの時代の到来なのです。
つまり、仏は有の時代に出現し世の中を完全な最初の無の状態へ戻すことを目的に壮大な宇宙原理な戦いを起こした後、再びあの世へ立ち去っていくのです。
ですから仏が「涅槃で待つ」というのはそのまま涅槃であるあの世で無の状態を隠れるように過ごしていることをいうのです。
     
  ・・もうお解かりでしょう!

法華経とは決して無の状態での生き方のことを克明に記したものではないということです。
無の状態のことではなく、仏を必要とするこの世の有の時代をどうやって解決していくか、結果】とは何故原因】、生じたか?
それらの結果としての有に関する謎を知るために法華経は今こそ、有るのです。
有である存在を知り、有を解決する事業計画、つまり事業戦略を立てること有のための即戦力、それが法華経なのです
     
 この法華経という事業戦略を実行し、そして獲得したとき、どんなに絶対不可能と思えるほどの脅威に立たされたとしても、ほんの2,3日経てば何でも無く、いとも簡単にどんなことも解決できるあなたになっていることは絶対間違いありません!
       
 そのための目標である「阿耨多羅三藐三菩提」を得るため最低必要な3年のうち最初の1年間、しっかり私、ぶっけん唯一のこの有料メルマガ『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』で、決して間違いのない仏の道へと安全に誘導致しましょう。
    
そして3年後には、あなたにとっての思いのままの事業計画はもう自動的に作成されていくことになるのです!
先ずは心を起こし、方法としての法華経をたった今すぐに実行しましょう!
そして、あなたにとっての人生の必要となるすべての情報源とはこの法華経以外には何も必要としない現実を必ず知るでしょう!

購入する!
 

アフィリエイター募集中!
   

≪≪ アフィリエイターに興味のある方は ≫≫