競馬データぶろぐ。(無料版)

競馬データぶろぐ。(無料版)

無料購読する
無料メルマガ
お礼21
  • 販売方式無料
  • 配信方式通常配信
  • 創刊日2015/11/06
  • ジャンル競馬
  • 商品ID002016
配信方式について
配信方式について
・メルマガ
月額制のメルマガです。購読申込みをした月のメルマガをすべて読むことができます。
購読申込み日より以前に配信されたメルマガであっても、その月の分はサイト内からすべて読むことができます。
講読解除をしない限り継続になり、毎月読むことができます。

例)1月15日購読申込みの場合
1月に発行されたメルマガすべてを読むことができます。15日以前のメルマガはサイト内で閲覧できます。
・ステップメルマガ
月額制のメルマガです。購読申込みをした月のメルマガをすべて読むことができます。
初月に限り、購読申込みをすると第1号から最新号まですでに配信されたメルマガは、登録メールアドレス宛にまとめて配信されます。
講読解除をしない限り継続になり、毎月読むことができます。
・限定メルマガ
月額制の人数限定メルマガです。限定人数に達していた場合、予約をすることもできます。
講読解除をしない限り継続になり、毎月読むことができます。
※予約をしていて空き枠が出た場合、予約順に自動決済され、次月から配信されるようになります。
・限定ステップメルマガ
月額制の人数限定ステップメルマガです。限定人数に達していた場合、予約をすることもできます。
講読解除をしない限り継続になり、毎月読むことができます。
※予約をしていて空き枠が出た場合、予約順に自動決済され、次月から配信されるようになります。
・無料メルマガ
無料でメルマガを読むことができます。
購読申込み日より以前に配信されたメルマガであっても、その月の分はサイト内からすべて読むことができます。
講読解除をしない限り継続になり、毎月読むことができます。
オプション
オーナーサイトへ  サンプルを見る 
宝塚記念 推奨穴馬
8枠16番マリアライト

宝塚記念は内回りコースで行われているが、
実は「末脚」が重要な要素。

歴代優勝馬の70%以上が「上がり2位以内」なのだ。
(上がりタイムが残っている93年以降)

ただし前走で「上がり2位以内」をマークする必要はない。

宝塚記念は梅雨時期のタフな馬場、
しかも内回りの非根幹距離と「主流」とはズレたレース。

上がりのかかるレースで末脚を伸ばせるパワー型が狙い目、
35秒台で上がり最速をマークできる馬が宝塚記念に向く。
(あのオルフェーヴルでさえ、上がり34.7)

よって前走は「キレキレの脚」を使った馬よりも、
「そこそこの脚」を使っていた馬の方が宝塚記念に向く可能性が高い。

それを如実に表しているのが以下のデータ。

前走芝2000M以上で上がり4、5位という「そこそこの上がり」だった馬は、
単勝50倍以上を除くと08年以降(6-3-0-4)

勝率46%、連対率69%、
単勝回収率580%、複勝回収率223%は圧巻の一言。

ちなみに連対した9頭中5頭が、
宝塚記念では「上がり最速」をマークしている。


昨年は該当馬2頭の内、
10番人気デニムアンドルビーがクビ差2着。

一昨年は該当馬がゴールドシップ1頭のみで1着、
13年は該当馬がゴールドシップとダノンバラードの2頭のみでワンツー。
(ダノンバラードは単勝43倍の人気薄)

12年は該当馬なし、
11年は該当馬が6番人気アーネストリー1頭のみで1着。

10年は該当馬が8、10番人気の人気薄2頭、
その内の1頭ナカヤマフェスタが1着。

09年は該当馬が4頭と多かったが、
しっかりとワンツーを決めている。
(ちなみに単勝1.6倍ディープスカイは該当せずで3着止まり)

08年は該当馬が5番人気エイシンデピュティ1頭、
結果は逃げ切り勝ち。

惚れ惚れする精度、
該当馬がいなかった12年以外の過去7回で6勝、2着3回。

しかも該当馬は毎年非常に少ないので、
狙いやすいという利点もある。


今年は該当馬3頭、
シュヴァルグラン、サトノノブレス、マリアライト。

狙うのはディープ産駒の牝馬マリアライト。

ディープ産駒は宝塚記念で未勝利だが、
期待値の観点からは非常に優秀。

過去3年で(0-2-3-5)
3着内率50%、複勝回収率358%をマーク。

15年2着デニムアンドルビー(10番人気)
15年3着ショウナンパンドラ(11番人気)

14年3着ヴィルシーナ(8番人気)

13年2着ダノンバラード(5番人気)
13年3着ジェンティルドンナ(1番人気)

3年連続で人気薄が馬券圏内。
(ダノンバラードは5番人気と言っても単勝43倍)

特に強調できるのが、
母系にミスプロの血を持つディープ産駒。

ダノンバラード、ヴィルシーナ、デニムアンドルビーは、
母父がミスプロ系だった。


ディープ牝馬が大活躍していると見ることも可能、
一昨年はヴィルシーナ、昨年は二桁人気2頭が特大配当を演出。

これまで再三お伝えしているように、
ディープ牝馬は酷量を苦にしない。

56キロを背負ったディープ牝馬の複勝回収率は、
140%を超えているのだ。

何よりも凄いのが56キロで出走した12頭全馬、
少なくとも1回は好走しているという点。

一流のディープ牝馬は根性が凄く、
これが宝塚記念でディープ牝馬が活躍している理由の1つ。

58キロ(牝馬は56キロ)は背負う機会が少ないので、
斤量耐久力に優れた馬は想像以上に有利なのだ。


マリアライトは母父ミスプロ系のディープ牝馬、
当レースの穴パターンに合致している。

しかも母父ミスプロ系の中でもキングマンボの系統。
(キングマンボの父がミスプロ)

これは昨年◎を打ったデニムアンドルビーと全く同じ。
(母父キングマンボ系のディープ牝馬)

前述の上がりファクターに該当している点も同じ、
となれば狙わない手はないだろう。


マリアライトは430キロ台という小柄な馬体だが、
56キロでは(1-1-0-0)

初の56キロだったエリザベス女王杯は6番人気1着、
そして前走目黒記念も勝ちに等しい2着。

この2戦は○◎としたが今回も高評価、
酷量を苦にしないというのは大きなアドバンテージ。

梅雨時期の最強血統リボーの血が流れている点も心強い。
(10年に単勝37倍のナカヤマフェスタに◎を打った理由もリボー)

しかもリボーはG2、G3よりもG1、
そして上位人気ではなく伏兵でこそ。

39年ぶり史上2頭目の牝馬による宝塚記念制覇を達成した、
女傑スイープトウショウも「リボー持ちの人気薄牝馬」だった。

エリザベス女王杯の勝ち馬という点も同じ。
(スイープトウショウは後の実績だが)


近5走は全て「非根幹距離のG1、G2」を使って一度も崩れず。
(2200Mと2500M)

前走目黒記念は1コーナーでブレーキをかける大きな不利、
さらに最後の直線では勝ち馬が蛇行して不利。
(勝ち馬の騎手に過怠金)

にもかかわらずクビ差2着の惜敗、
まともなら間違いなく勝っていただろう。
(勝ち馬とは実質4キロ差)

さすがにここまで強い牡馬が揃うと能力面では分が悪いが、
適性だけならメンバー屈指。

56キロを全く苦にしない点も大きなアドバンテージ、
前走よりもタフな条件になるのも血統的に魅力。
(馬場、ラップ、斤量など)

今週の推奨穴馬は、
宝塚記念のマリアライト。
外部サイト・ブログ等に埋め込む
アンケートに答えて1,200ポイントもらおう!
昨年11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

レース当日の13時に配信している。
(土日のどちらか)

無料メルマガは56週が経過、
つまり述べ56頭の穴馬を紹介してきた。
(11月終了時点)

平均人気は「8.6番人気」
(平均単勝オッズは36.8倍)

結果は100%を割ってしまっている状況だが、
12月も果敢に人気薄を推奨していきたい。


ちなみに無料メルマガは、
推奨馬以外に関する情報も満載でお送りしている。

厳選1頭の馬名だけでなく、
様々な有効データをうまく活用していただければと思う。


有料メルマガでは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目を配信。

1レースあたりのメルマガの量は1万文字が基本、
しかも初月無料の特典付き。
無料購読する
無料メルマガ

配信記事一覧

レジまぐストア
ページの先頭へ