札幌2歳ステークス 2017 重賞レース特集

札幌2歳ステークスの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

札幌2歳ステークス 2017 最新情報!

札幌2歳ステークス 2017 レース結果・払戻金


札幌 11R
2017/9/2 (土) 15:25 出走
配信された予想中61件的中!!
(1位回収率は729%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

札幌2歳ステークス(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ジョリージョコンド ファストアプローチ DawnApproach
NightLagoon マツカゼ WarFront
黒鹿
マウンテンミステリー サージュミノル エンパイアメーカー
黒鹿
ストレイキャット ロックディスタウン オルフェーヴル
クリノビスケット クリノクーニング オルフェーヴル
鹿
マツリダワルツ ロードトレジャー プリサイスエンド
鹿
スズカモンスーン ディバインブリーズ ルーラーシップ
黒鹿
メジロルーシュバー ダブルシャープ ベーカバド
鹿
マーゼリン コスモインザハート ハーツクライ
鹿
クリミナルコード ロジャージーニアス ネオユニヴァース
鹿
ベルアリュール2 カレンシリエージョ ハービンジャー
サンデーメモリー ミスマンマミーア タニノギムレット
マイネヴィータ ヴィオトポス マツリダゴッホ
青鹿
ミラクルフラッグ シスターフラッグ ルーラーシップ
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牝2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牝2 牝2 54.0 牝2 54.0 牝2 斤量
馬齢
蛯名正義 福永祐一 坂井瑠星 C.ルメール 北村友一 三浦皇成 藤岡康太 柴田大知 吉田隼人 池添謙一 木幡初也 岩田康誠 騎手
美浦 藤沢和雄 栗東 矢作芳人 栗東 本田優 美浦 二ノ宮敬宇 栗東 須貝尚介 美浦 小島茂之 栗東 須貝尚介 栗東 西園正都 美浦 武井亮 栗東 鈴木孝志 美浦 田村康仁 栗東 西村真幸 調教師
538.0 (+6) 502.0 (+4) 458.0 (0) 490.0 (0) 456.0 (-2) 464.0 (-6) 490.0 (+4) 470.0 (0) 478.0 (+8) 470.0 (0) 460.0 (0) 458.0 (-2) 434.0 (0) 496.0 (0) 馬体重
単位: kg
8.94人気 31.511人気 132.014人気 3.01人気 4.52人気 29.310人気 52.712人気 17.87人気 20.58人気 28.29人気 6.53人気 16.56人気 106.713人気 13.05人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 7 11 ロックディスタウン 1:51.4
2 8 14 ファストアプローチ クビ
3 5 7 ダブルシャープ アタマ
4 1 1 シスターフラッグ 1 3/4
5 4 6 コスモインザハート ハナ
6 6 10 クリノクーニング ハナ
7 3 3 ミスマンマミーア クビ
8 6 9 ロードトレジャー 1 3/4
9 8 13 マツカゼ 1/2
10 3 4 カレンシリエージョ 1 1/4
11 5 8 ディバインブリーズ 2 1/2
12 2 2 ヴィオトポス 1/2
13 4 5 ロジャージーニアス
14 7 12 サージュミノル 3 1/2

払戻金

単勝 11 300円 1番人気
複勝 11
14
7
160円
280円
420円
1番人気
4番人気
7番人気
枠連 7-8 1,080円 4番人気
馬連 11-14 1,760円 5番人気
ワイド 11-14
7-11
7-14
740円
1,070円
2,170円
5番人気
10番人気
30番人気
馬単 11-14 2,670円 8番人気
3連複 7-11-14 9,330円 29番人気
3連単 11-14-7 33,770円 87番人気
WIN5 - - -

スタミナ自慢の2歳馬が大集結?札幌2歳ステークスを徹底解説!

札幌2歳ステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

ホープフルステークスのG1昇格に伴い、さらに重要度が増していくであろう札幌2歳ステークス

札幌2歳ステークスの前身「北海道2歳ステークス」が創設されたのは1966年。その後、1983年には「札幌3歳ステークス」に改称。さらに2001年からは馬名が国際基準に則って表記されるようになったことから「札幌2歳ステークス」に変更。現在に至っている。条件面については創設当初は札幌砂1200mで施行されていたが、その後、札幌ダート1200m、札幌芝1200mと変更が重ねられ、1997年からは現行の札幌芝1800mで定着している。

札幌2歳ステークスはJRAで最も早い時期に施行される芝中距離(1800m以上)重賞となっていることから、翌年のクラシック路線を目指す馬が大挙出走してくる傾向にある。過去の札幌2歳ステークス勝ち馬の中ではジャングルポケット、サクラプレジデント、ロジユニヴァースが皐月賞もしくは日本ダービーを勝利。さらにアドマイヤムーンは古馬になってから国内外でG1を3勝するなど、強豪馬を多数輩出している。さらに今年からは中山芝2000mのホープフルステークスがG1に昇格。芝中距離を得意とする若駒に目標となるレースができたことから、従来以上に札幌2歳ステークスの重要度は上がっていくものと思われる。

札幌2歳ステークスを予想するにあたって注目したい血統はネオユニヴァース産駒?

札幌2歳ステークスの行われる札幌芝1800mはスタートから最初のコーナーまでの距離が短く、最後の直線もJRA競馬場の中では函館に次いで2番目に短い。また、楕円状のコース形態となっており、直線よりもコーナーを走る距離の方が長いのも特徴。そのため外々を回ると大きなコースロスを強いられることになるが、札幌2歳ステークスは開催後半の施行となるため、外からの差しが届くこともしばしば。当日の馬場状態をきちんとチェックすることが的中への近道と言えそうだ。

血統的にはディープインパクトやキングカメハメハといったリーディング上位の種牡馬が順当に好成績を収めているが、札幌2歳ステークスにおいての特注血統はネオユニヴァース産駒。ロジユニヴァース、オールアズワン、ブライトエンブレムで計3勝を誇っており、今後は息子のヴィクトワールピサらの産駒も含め、予想の際は注意を払っておきたい。

2016年札幌2歳ステークスの結果をプレイバック

名門牝系出身のタガノアシュラが1番人気に推された2016年札幌2歳ステークス

2016年札幌2歳ステークスで1番人気の支持を集めたのはダガノアシュラだった。サッカーボーイ、ステイゴールド、バランスオブゲームら、活躍馬を輩出し続けるダイナサッシュ一族出身の同馬。その血統に裏付けられた実力を示すように、函館芝1800mのメイクデビューを4馬身差で快勝。ハナを切る競馬ながら上がり3ハロンもメンバー最速の35.4秒をマークしており、高い潜在能力を証明するには十分なレース内容だった。また、近年は逃げ戦法で結果を残している武豊騎手に乗り替わりとなったことも、その人気に拍車を掛ける要因となった。

2番人気にはディープウォーリアが推された。母アマノチェリーランはフィリーズレビューで2着したあと、桜花賞、オークスにも駒を進めた活躍馬。そんな母とディープインパクトの間に生まれた本馬は6番人気の伏兵評価ながらメイクデビューを勝利。早め先頭から押し切る強い内容だった。札幌2歳ステークスはディープ産駒が未勝利の重賞であり、父に初タイトルをプレゼントすることができるか、注目が集まった。

3番人気はインヴィクタ。父は北海道の洋芝を得意とするハービンジャーで、さらにフレールジャック、マーティンボロというローカル巧者の叔父を持つ同馬。血統面からは札幌芝1800mはお誂え向きの舞台と見られ、大きな期待を集めることとなった。

以下、ダガノアシュラと同牝系のコリエドール、川崎競馬からの刺客トラストなどが人気で続いたが、1番人気タガノアシュラの単勝オッズは2.0倍とやや抜けており、キャリアの浅い馬同士の組み合わせながら、2016年札幌2歳ステークスは下馬評通りの結果になると見るファンも多かった。

2016年札幌2歳ステークスはスタートから一度も先頭を譲ることなくトラストが逃げ切り勝利

各馬ゲートインを終え、いよいよ発走時刻を迎えた2016年札幌2歳ステークス。

注目の先行争いを制したのはトラストだった。柴田大知騎手が注文を付けてハナを取りに行くと、競りかける馬は他におらず、すんなりと先頭に立つ。2番手に付けたのはジャコマル。少し遅れてアンノートル。その後ろ、エトルディーニュ、ブラックオニキス辺りまでが好位集団を形成。1番人気タガノアシュラはデビュー戦から一転、後方待機策に打って出た。

隊列は大きく変わることなく迎えた最後の直線。後続各馬が手応えを失くすのを尻目に、逃げるトラストが次第にリードを広げてゆく。直線半ばでセーフティーリードを確保すると、そのまま1着でゴールイン。勝ちタイムは1分49秒9。2馬身1/2差の2着にはブラックオニキス、さらにクビ差の3着にはアドマイヤウイナーが入り、以下、エトルディーニュ、フラワープレミアと続き、1番人気タガノアシュラはいいところなく8着に終わった。

柴田大知騎手「今日は気分良く走らせようと思っていた」

中央の並みいる強豪馬を相手に2016年札幌2歳ステークスを制覇したトラスト。強気の騎乗で勝利を演出した柴田大知騎手は「今日は気分良く走らせようと思っていた。予想以上にいいスタートを切れたし、ハナに行かせることにした。人気を裏切った前走のクローバー賞は川崎からの直前輸送があり、状態面も思わしくなかった。今日は何とか結果を出そうと思っていた。自分自身、久しぶりの重賞勝利を挙げることができて嬉しいし、能力の高い馬なので、今後も無事に行ってほしいと思う」とコメント。状態面が上向いたことを勝因として挙げ、今後の飛躍に太鼓判を押した。

10番人気ながら2着に入り波乱の立役者となったブラックオニキスの城戸義政騎手は「連戦で疲れはあっただろうし、内枠ならもう少し違っていたと思う。それでもこれだけの競馬ができたし、距離も持ってくれそう」と結果には必ずしも満足していないことを匂わせるコメントを残した。

7番人気3着とこちらも伏兵評価を覆す走りを見せたアドマイヤウイナーを管理する須貝尚介調教師は「エンジンの掛かりが遅かった」とズブさを課題として挙げた。

一方、1番人気の支持に応えられず8着に終わったタガノアシュラの武豊騎手は「スタートが良くなかったし、2コーナーまで掛かった。向こう場面から折り合いは付いたが、上がっていく脚はなかった。キャリアの浅さが出てしまった」と語り、経験を積んでの変わり身に期待を寄せた。

カレンシリエージョに注目?2017年札幌2歳ステークスを大胆予想!

2016年札幌2歳ステークスを勝利したトラストは中央に移籍。今春は皐月賞、NHKマイルカップ、日本ダービーに皆勤賞で出走を果たしたが、めぼしい結果は得られず。2017年札幌2歳ステークス出走馬からは活躍馬が現れることを切に願いたい。

現時点で2017年札幌2歳ステークス出走馬の詳細は不明だが、注目したいのはカレンシリエージョ。デビュー戦こそ2着に終わるが、2戦目となった函館芝1800mの未勝利戦では後続を8馬身突き放す大楽勝。見事に変わり身を見せた。半姉は今年のヴィクトリアマイルを勝利したアドマイヤリード。勢いある血統背景を武器に、重賞勝利を成しえても驚けない。

他にも、その新馬戦でカレンシリエージョを負かしたクリノクリーニング、ルーラーシップ産駒シスターフラッグなど、北海道デビュー馬を中心に素質馬が顔を揃えそうな2017年札幌2歳ステークス。発走は9月2日。クラシック路線を目指す馬たちが北の大地で覇を競う。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 札幌2歳ステークスのレース結果


札幌2歳ステークス 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ラリマー ブラックオニキス ブラックタイド
青鹿
ソングバード アドマイヤウイナー ワークフォース
黒鹿
リスペクトスコール エトルディーニュ エイシンサンディ
青鹿
アマノチェリーラン ディープウォーリア ディープインパクト
黒鹿
レクレドール コリエドール クロフネ
レイサッシュ タガノアシュラ マンハッタンカフェ
黒鹿
タイキシャイン アンノートル アイルハヴアナザー
鹿
トミケンソリッド フラワープレミア アンライバルド
鹿
グローリサンディ トラスト スクリーンヒーロー
メジロトンキニーズ トリオンフ タートルボウル
黒鹿
ラスティングソング インヴィクタ ハービンジャー
黒鹿
ピュアウィンク ジャコマル ダノンシャンティ
鹿
アマーレ コパノカーニバル マツリダゴッホ
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
54.0 牝2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 54.0 牡2 斤量
馬齢
城戸義政 岩田康誠 原田和真 池添謙一 福永祐一 武豊 松岡正海 江田照男 柴田大知 浜中俊 C.ルメール 横山和生 古川吉洋 騎手
美浦 加藤和宏 栗東 須貝尚介 美浦 小桧山悟 栗東 中竹和也 美浦 堀宣行 栗東 五十嵐忠男 美浦 池上昌弘 美浦 池上昌弘 栗東 須貝尚介 栗東 友道康夫 栗東 松永幹夫 栗東 田所秀孝 調教師
408.0 (0) 496.0 (-8) 476.0 (0) 460.0 (-4) 496.0 (+4) 496.0 (-6) 466.0 (0) 450.0 (-6) 456.0 (0) 524.0 (+4) 466.0 (+2) 452.0 (0) 490.0 (-6) 馬体重
単位: kg
59.810人気 20.97人気 50.49人気 6.62人気 9.64人気 2.01人気 32.38人気 111.611人気 9.75人気 11.96人気 7.43人気 151.112人気 352.213人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 4 5 トラスト 1:49.9
2 8 13 ブラックオニキス 2 1/2
3 8 12 アドマイヤウイナー クビ
4 7 11 エトルディーニュ 3/4
5 5 6 フラワープレミア
6 2 2 ジャコマル クビ
7 3 3 インヴィクタ ハナ
8 6 8 タガノアシュラ ハナ
9 5 7 アンノートル ハナ
10 7 10 ディープウォーリア 1 3/4
11 4 4 トリオンフ 3 1/2
12 6 9 コリエドール 1 3/4
13 1 1 コパノカーニバル アタマ

払戻金

単勝 5 970円 5番人気
複勝 5
13
12
370円
1,180円
470円
6番人気
10番人気
7番人気
枠連 4-8 2,100円 10番人気
馬連 5-13 18,120円 35番人気
ワイド 5-13
5-12
12-13
4,070円
2,410円
7,680円
33番人気
25番人気
48番人気
馬単 5-13 30,290円 61番人気
3連複 5-12-13 89,480円 136番人気
3連単 5-13-12 501,710円 720番人気
WIN5 - - -

過去10年間の札幌2歳ステークスのレース結果

第51回 札幌2歳ステークス
2016年9月3日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 5 トラスト 柴田大知 9.7倍(5番人気) 1:49.9 ブラックオニキス アドマイヤウイナー
第50回 札幌2歳ステークス
2015年9月5日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 11 アドマイヤエイカン 岩田康誠 5.7倍(2番人気) 1:50.8 プロフェット クロコスミア
第49回 札幌2歳ステークス
2014年9月6日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 ブライトエンブレム 田辺裕信 11.1倍(5番人気) 1:50.0 マイネルシュバリエ レッツゴードンキ
第48回 札幌2歳ステークス
2013年8月31日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 レッドリヴェール 岩田康誠 5.1倍(2番人気) 1:59.7 マイネグレヴィル ハイアーレート
第47回 札幌2歳ステークス
2012年9月1日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 3 コディーノ 横山典弘 4.1倍(3番人気) 1:48.5 ラウンドワールド エデンロック
第46回 札幌2歳ステークス
2011年10月1日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 11 グランデッツァ 秋山真一郎 1.6倍(1番人気) 1:50.8 ゴールドシップ マイネルロブスト
第45回 札幌2歳ステークス
2010年10月2日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 13 オールアズワン 安藤勝己 5.0倍(3番人気) 1:49.8 アヴェンチュラ アドマイヤセプター
第44回 札幌2歳ステークス
2009年9月5日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 3 サンディエゴシチー 藤岡佑介 4.6倍(3番人気) 1:49.7 モズ アーバンウィナー
第43回 札幌2歳ステークス
2008年10月4日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 4 ロジユニヴァース 横山典弘 4.0倍(1番人気) 1:49.1 イグゼキュティヴ モエレエキスパート
第42回 札幌2歳ステークス
2007年9月29日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 7 オリエンタルロック 武豊 14.3倍(6番人気) 1:51.9 サブジェクト ホウザン

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ