オーシャンステークス 2017 重賞レース特集

オーシャンステークスの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

オーシャンステークス 2017 最新情報!

オーシャンステークス 2017 レース結果・払戻金


中山 11R
2017/3/4 (土) 15:45 出走
配信された予想中100件的中!!
(1位回収率は811%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

オーシャンステークス(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ダイヤモンドピアス アースソニック クロフネ
鹿
ラフィントレイル ブレイズアトレイル ダイワメジャー
メイキアシー ブラヴィッシモ FastnetRock
鹿
キュートネス2 フレイムヘイロー キングヘイロー
チェルカ ラインハート ステイゴールド
鹿
コスモパルムドール コスモドーム アドマイヤマックス
鹿
マイネカプリース スノードラゴン アドマイヤコジーン
Ghaliah メラグラーナ FastnetRock
鹿
エリモピクシー レッドアリオン アグネスタキオン
鹿
シーイズトウショウ トウショウピスト ヨハネスブルグ
鹿
コスモヴァレンチ ウインムート ロージズインメイ
青鹿
アウトオブザウィム バクシンテイオー サクラバクシンオー
鹿
アラマサスナイパー クリスマス バゴ
黒鹿
トーセンスマッシュ ブレイブスマッシュ トーセンファントム
鹿
レディトゥプリーズ ナックビーナス ダイワメジャー
青鹿
プレザントケイプ ペイシャフェリス スペシャルウィーク
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡8 牡8 56.0 牡5 56.0 せん9 54.0 牝6 56.0 牡6 57.0 牡9 54.0 牝5 56.0 牡7 56.0 牡5 56.0 牡4 56.0 牡8 54.0 牝6 56.0 牡4 54.0 牝4 54.0 牝6 斤量
馬齢
石橋脩 北村宏司 西田雄一郎 蛯名正義 松岡正海 大野拓弥 戸崎圭太 田辺裕信 吉田豊 松山弘平 A.シュタルケ 勝浦正樹 横山典弘 石川裕紀人 内田博幸 騎手
栗東 中竹和也 栗東 須貝尚介 美浦 蛯名利弘 美浦 上原博之 美浦 金成貴史 美浦 高木登 栗東 池添学 栗東 橋口慎介 栗東 角田晃一 栗東 加用正 美浦 堀宣行 美浦 伊藤大士 美浦 小笠倫弘 美浦 杉浦宏昭 美浦 高市圭二 調教師
496.0 (-4) 512.0 (+16) 498.0 (-2) 484.0 (-4) 470.0 (-6) 516.0 (-4) 514.0 (+4) 514.0 (-8) 486.0 (0) 488.0 (-6) 494.0 (+4) 482.0 (-4) 460.0 (-6) 498.0 (0) 518.0 (0) 460.0 (0) 馬体重
単位: kg
60.012人気 352.315人気 14.55人気 388.516人気 163.014人気 19.89人気 14.66人気 2.31人気 18.98人気 34.411人気 17.97人気 31.910人気 8.44人気 5.62人気 7.93人気 101.713人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 5 9 メラグラーナ 1:08.3
2 1 2 ナックビーナス 1/2
3 2 4 クリスマス アタマ
4 2 3 ブレイブスマッシュ ハナ
5 7 14 ブラヴィッシモ
6 3 5 バクシンテイオー 1/2
7 6 11 コスモドーム ハナ
8 5 10 スノードラゴン クビ
9 8 16 アースソニック 同着
9 1 1 ペイシャフェリス クビ
11 4 7 トウショウピスト ハナ
12 4 8 レッドアリオン 1 1/4
13 6 12 ラインハート 1 1/4
14 3 6 ウインムート 2 1/2
15 8 15 ブレイズアトレイル 2 1/2
16 7 13 フレイムヘイロー

払戻金

単勝 9 230円 1番人気
複勝 9
2
4
130円
210円
220円
1番人気
3番人気
4番人気
枠連 1-5 730円 2番人気
馬連 2-9 830円 1番人気
ワイド 2-9
4-9
2-4
350円
460円
770円
1番人気
3番人気
7番人気
馬単 9-2 1,160円 1番人気
3連複 2-4-9 1,930円 2番人気
3連単 9-2-4 5,350円 2番人気
WIN5 - - -

高松宮記念の重要な前哨戦、オーシャンステークスを徹底解剖

オーシャンステークスの歴史や担う役割について

「高松宮記念の前哨戦」オーシャンステークス

オーシャンステークスが創設されたのは1996年。当初は中山芝1800mのオープン特別として6月に施行されていたが、翌年から芝1200mに距離が短縮され、時期も3月に変更。以降、定着する。

その後、1600万クラスへの格下げなどもあったが、2006年の短距離路線整備に伴ってG3へと昇格。2010年、2011年はキンシャサノキセキがいずれもオーシャンステークスをステップに高松宮記念を勝利。その他では2012年にはカレンチャンもオーシャンステークス4着をステップに高松宮記念でG1を制覇している。

オーシャンステークスは、阪神芝1400mで行われる阪急杯とともに、高松宮記念の重要なステップを担っていると言えそうだ。

オーシャンステークスが行われる中山芝1200mはサクラプレジデント産駒に注意?

オーシャンステークスの行われる中山芝1200mは外回りコースが使用される。道中は下り坂が続き、速いペースになることが多いので、短距離にしては差しや追い込みが利きやすいのが特徴。最後の直線には日本一の急勾配を誇る上り坂があるため、スピード一辺倒の馬は苦しくなりがち。

血統的にはサクラバクシンオーが圧倒的だが、注意したいのがサクラプレジデント。連対率や複勝率、単勝の回収率で高い水準を誇っており、オーシャンステークスでもサクラゴスペルが2013年、2015年と2勝している。産駒は多くないが要チェックだ。

2016年オーシャンステークスの結果をプレイバック

2016年オーシャンステークスは「アルビアーノVS歴戦の牡馬」

1番人気に推されたのはアルビアーノ。デビューから3連勝でフラワーCを制すると、続くNHKマイルCでも2着に入り、世代トップクラスのマイラーであることを示した。秋にはスワンステークスを勝利するなど、古馬相手にも通用する能力を披露。1200mという距離はオーシャンステークスが初だったが、1400mでは実績を残していたこと、ストームキャット系ハーランズホリデー産駒という快速血統であることなどから、むしろスプリント適性は高いという意見が大勢を占めた。

2番人気はネロ。オープン特別のクリスマスローズステークスを制覇するなど、2歳時から才能の片鱗は見せていたが、本格化は古馬になってから。準オープンで着実に実績を積み上げると、再度オープン入りを果たした秋には京洛ステークスで後続を0.6秒突き放す圧勝。先述のクリスマスローズステークスのほか、ラピスラズリ賞も勝利しており、コース実績が豊富なことも人気の要因となった。

3番人気にはゴールドペガサスが推された。中山芝1200mではラピスラズリステークス4着、カーバンクルステークス2着などの実績があり、混戦になれば重賞でも台頭することが期待された。

以下、1年の休養明けとなるスノードラゴンや古豪ハクサンムーンも注目を集め、若いアルビアーノに歴戦の牡馬がどう挑むかが注目されるレースとなった。

2017年オーシャンステークスで最後方からの競馬を強いられたアルビアーノ

ゲートが開き、最初に飛び出したのはハクサンムーン。スタートダッシュを決め、単騎の逃げを打つ。ネロが2番手に控え、サカジロロイヤルやスカイキューティーがそれに続いた。前半3ハロン32.6秒という速いペースに戸惑ったか、アルビアーノは最後方のポジションとなる。

隊列は変わらず最後の直線へ向かうと、ハクサンムーンが後続を引き離しに掛かる。一旦は逃げ切り濃厚かに思われたが、馬群の中からするするとエイシンブルズアイが脚を伸ばす。並ぶ間もなく先頭に立つと、そのまま1着でゴールイン。勝ちタイムは1分7秒5。2着にはハクサンムーンが入り、3着はスノードラゴンだった。1番人気のアルビアーノは5着に敗れた。

クリストフ・ルメール「スムーズさを欠いてしまいました」

オーシャンステークスで見事勝利を飾ったエイシンブルズアイの石橋脩騎手は「操縦しやすい馬で上手くいけばチャンスがあると思っていた。今日のレース傾向なら外を回しても届くと思っていたし、終いの脚は切れた」と愛馬の健闘を称えた。

2着に粘ったハクサンムーンを管理する西園正都調教師は「しっかり前に行けましたし、よく粘ってくれました。次走は高松宮記念に向かいます」とG1への参戦を表明した。

3着スノードラゴンの大野拓弥騎手は「力があります。長いブランクがありましたが、頭の下がる思いです。順調に行けばG1でも面白いと思います」と今後の復活に期待を寄せた。

5着と人気を裏切る格好になったアルビアーノのクリストフ・ルメール騎手は「ゲートで若干で遅れました。最後の直線では進路がありませんでした。スムーズさを欠いてしまいました」と無念さを滲ませた。

また、同じく人気に応えることのできなかった14着ゴールドペガサスのアンドレアシュ・シュタルケ騎手は「力を30%も出せませんでした。直線で行き場がなく出すに出せませんでした」とコメントし、こちらも思うような騎乗とならなかったことを嘆いた。

2017年オーシャンステークスを大胆予想?

昨年のオーシャンステークスの勝ち馬エイシンブルズアイは高松宮記念で掲示板がやっとという結果に終わったが、5着のアルビアーノは本番で3着と見事な巻き返し。今年の出走馬も続きたいところだ。

現時点で出走が想定される馬の中ではメラグラーナに期待したい。元々は成績の安定しないタイプだったが、昨年末のラピスラズリステークスの勝ちっぷりは高い将来性を予感させるのに十分な内容だった。オーシャンステークスはもちろん、その次の高松宮記念でも…と言いたくなるほどの可能性を秘めている。

ネロもオーシャンステークスに参戦予定だ。重賞勝利こそ昨年11月の京阪杯のみだが、セントウルステークスでビッグアーサーの2着に入るなど、実力は国内でもトップクラス。特に馬場が渋った時の強さは圧倒的で、「暴君ネロ」さながらの凶暴性を発揮する。オーシャンステークスの行われる3月はいわゆる菜種梅雨の時期。この馬には天候も味方するかもしれない。 スプリント界のレジェンド、スノードラゴンも参戦してくる可能性が高い。スプリンターズステークスを勝ったのは2年半前の話。その後は長期休養を挟み、今年で9歳になってしまった同馬だが、昨年のスプリンターズステークスでも際どく差し込んでくるなど、まだまだその実力は健在と言える。父アドマイヤコジーンはおよそ3年半のスパンを開けてG1を2勝した馬。息子もまだまだこれからだ。

スプリント重賞の常連組ではアクティブミノルの出走が見込まれている。前走はオープン特別で8着に敗れているため人気にはならないものと思われるが、2015年セントウルステークスを10番人気で勝利し、昨年の高松宮記念でも16番人気ながら4着に粘るなど、実力はスプリント界でも上位を誇る同馬。今年のオーシャンステークスでもあっと驚くような好走が期待できるかも知れない。

ブレイブスマッシュもスプリント界の新星となりうる存在だ。2歳時にはサウジアラビアロイヤルCを制覇し、翌年はダービーにも出走。以降はマイル路線に照準を合わせてきたが、横山典弘騎手の進言でスプリント路線に転向するとされる。3歳時には1400mのファルコンステークスで2着の実績もあり、距離に対する適性は十分なはずだ。

レッドアリオンもオーシャンステークスからの始動を予定している1頭。近走は不振に喘いでいるが、昨年のスプリンターズステークスでは0.5秒差と着順ほどは負けていない。展開ひとつで巻き返しは可能なはずだ。

その他、中山芝1200m巧者のサクラゴスペル、現役随一の快速馬ローレルベローチェなど、個性派が顔を揃える2017年オーシャンステークス。予想をするのが楽しみなメンバーとなりそうだ。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 オーシャンステークスのレース結果


中山11R
第11回 オーシャンステークスGIII
2016/03/05() 15:45 出走

オーシャンステークス 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
Antics アルビアーノ Harlan's Holiday
鹿
キュートネス2 フレイムヘイロー キングヘイロー
ジャミーラ サカジロロイヤル バゴ
黒鹿
プリティメイズ アフォード サクラバクシンオー
鹿
ザフェイツ ワキノブレイブ マイネルラヴ
青鹿
Miss Fear Factor エイシンブルズアイ Belgravia
ファインセイコー セイコーライコウ クロフネ
鹿
Lethal Heat トータルヒート Street Cry
シャイニングピアス スギノエンデバー サクラバクシンオー
鹿
マイネカプリース スノードラゴン アドマイヤコジーン
フォーモーション ゴールドペガサス アドマイヤオーラ
鹿
Beautiful Moment ヘニーハウンド Henny Hughes
バロネッセ カハラビスティー ダイワメジャー
黒鹿
ニシノタカラヅカ ネロ ヨハネスブルグ
チリエージェ ハクサンムーン アドマイヤムーン
スギノキューティー スカイキューティー スペシャルウィーク
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
55.0牝4 56.0せん8 56.0牡8 56.0牡8 56.0牡6 56.0牡5 56.0牡9 54.0牝5 56.0牡8 57.0牡8 56.0牡4 56.0牡8 54.0牝7 56.0牡5 56.0牡7 54.0牝6 斤量
馬齢
C.ルメール 江田照男 国分優作 石川裕紀人 横山典弘 石橋脩 田辺裕信 和田竜二 柴山雄一 大野拓弥 A.シュタルケ 蛯名正義 柴田大知 三浦皇成 酒井学 吉田豊 騎手
美浦木村哲也 美浦蛯名利弘 栗東湯窪幸雄 栗東北出成人 栗東清水久詞 栗東野中賢二 美浦竹内正洋 栗東平田修 栗東浅見秀一 美浦高木登 美浦佐藤吉勝 栗東吉村圭司 美浦伊藤大士 栗東森秀行 栗東西園正都 美浦斎藤誠 調教師
510.0(-2) 484.0(0) 514.0(-8) 464.0(+4) 482.0(-10) 474.0(+2) 502.0(+12) 458.0(-8) 466.0(0) 516.0(+10) 472.0(-2) 518.0(+12) 514.0(-4) 468.0(-8) 482.0(+2) 478.0(-2) 馬体重
単位: kg
2.11人気 260.915人気 393.516人気 134.013人気 20.26人気 11.05人気 70.112人気 47.511人気 25.39人気 21.38人気 7.13人気 157.814人気 20.57人気 5.42人気 8.74人気 37.210人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 6 11 エイシンブルズアイ 1:07.5
2 1 2 ハクサンムーン 1 1/2
3 4 7 スノードラゴン 1 1/4
4 2 3 ネロ 3/4
5 8 16 アルビアーノ ハナ
6 2 4 カハラビスティー アタマ
7 7 13 アフォード アタマ
8 1 1 スカイキューティー クビ
9 8 15 フレイムヘイロー クビ
10 5 9 トータルヒート クビ
11 3 5 ヘニーハウンド 1
12 5 10 セイコーライコウ ハナ
13 6 12 ワキノブレイブ ハナ
14 3 6 ゴールドペガサス ハナ
15 7 14 サカジロロイヤル クビ
16 4 8 スギノエンデバー クビ

払戻金

単勝 11 1,100円 5番人気
複勝 11
2
7
320円
320円
550円
5番人気
4番人気
9番人気
枠連 1-6 1,720円 9番人気
馬連 2-11 4,360円 17番人気
ワイド 2-11
7-11
2-7
1,700円
3,450円
2,170円
19番人気
39番人気
25番人気
馬単 11-2 10,160円 39番人気
3連複 2-7-11 26,680円 92番人気
3連単 11-2-7 146,540円 467番人気

過去10年間のオーシャンステークスのレース結果

第11回 オーシャンステークス
2016年3月5日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 11 エイシンブルズアイ 石橋脩 11.0倍(5番人気) 1:07.5 ハクサンムーン スノードラゴン
第10回 オーシャンステークス
2015年3月7日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 12 サクラゴスペル 戸崎圭太 13.3倍(7番人気) 1:08.7 ハクサンムーン ベステゲシェンク
第9回 オーシャンステークス
2014年3月8日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 スマートオリオン 横山典弘 8.5倍(3番人気) 1:08.9 スノードラゴン レッドスパーダ
第8回 オーシャンステークス
2013年3月2日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 8 サクラゴスペル 横山典弘 4.3倍(2番人気) 1:08.5 ダッシャーゴーゴー ツルマルレオン
第7回 オーシャンステークス
2012年3月3日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 ワンカラット 藤岡佑介 26.9倍(9番人気) 1:09.2 グランプリエンゼル ベイリングボーイ
第6回 オーシャンステークス
2011年3月5日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 ダッシャーゴーゴー 川田将雅 7.0倍(3番人気) 1:07.8 キンシャサノキセキ レッドスパーダ
第5回 オーシャンステークス
2010年3月6日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 キンシャサノキセキ 四位洋文 4.2倍(2番人気) 1:09.8 エーシンエフダンズ シンボリグラン
第4回 オーシャンステークス
2009年3月7日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 7 アーバニティ 横山典弘 6.2倍(3番人気) 1:09.2 コスモベル アポロドルチェ
第3回 オーシャンステークス
2008年3月8日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 15 プレミアムボックス 吉田隼人 19.6倍(7番人気) 1:08.9 エムオーウイナー ナカヤマパラダイス
第2回 オーシャンステークス
2007年3月3日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 アイルラヴァゲイン 松岡正海 3.5倍(1番人気) 1:08.2 サチノスイーティー シルヴァーゼット

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ