みやこステークス 2017 重賞レース特集

みやこステークスの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

みやこステークス 2017 最新情報!

みやこステークス 2017 レース結果・払戻金


京都 11R WIN5
2017/11/5 (日) 15:45 出走
配信された予想中72件的中!!
(1位回収率は2,370%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

みやこステークス(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 3 2 1 馬番
マイディスカバリー テイエムジンソク クロフネ
スターペスミツコ エピカリス ゴールドアリュール
黒鹿
タムロイーネー タムロミラクル ディープインパクト
青鹿
グレートハーベスト マイネルクロップ クロフネ
キングスベリー キングズガード シニスターミニスター
鹿
クリスチャンパール ローズプリンスダム ロージズインメイ
青鹿
キョウエイトルース ルールソヴァール フレンチデピュティ
クリスタルコースト シャイニービーム カンパニー
鹿
クッキーキティ モンドクラッセ アグネスデジタル
鹿
レディインディ リーゼントロック ダイワメジャー
黒鹿
タガノティアーズ タガノディグオ エンパイアメーカー
黒鹿
アスカノヒミコ アスカノロマン アグネスデジタル
セクシーザムライ トップディーヴォ キングカメハメハ
鹿
ヴィオレットステラ タガノヴェリテ ハーツクライ
鹿
サルサクイーン サルサディオーネ ゴールドアリュール
ノーブルエターナル モルトベーネ ディープスカイ
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡5 54.0 牡3 56.0 牡5 56.0 牡7 57.0 牡6 55.0 牡3 56.0 せん5 56.0 牡5 56.0 牡6 56.0 牡6 56.0 牡3 57.0 牡6 56.0 牡5 56.0 せん5 52.0 牝3 57.0 牡5 斤量
馬齢
古川吉洋 C.ルメール 川田将雅 C.デムーロ 藤岡佑介 木幡巧也 幸英明 高倉稜 松山弘平 中谷雄太 藤岡康太 和田竜二 横山典弘 荻野極 丸山元気 秋山真一郎 騎手
栗東 木原一良 美浦 萩原清 栗東 西園正都 美浦 畠山吉宏 栗東 寺島良 美浦 畠山吉宏 美浦 高木登 栗東 福島信晴 美浦 清水英克 栗東 矢作芳人 栗東 宮徹 栗東 川村禎彦 栗東 昆貢 栗東 本田優 栗東 羽月友彦 栗東 松永昌博 調教師
492.0 (-4) 504.0 (+8) 478.0 (+2) 498.0 (-12) 470.0 (+2) 456.0 (-2) 492.0 (+2) 460.0 (+14) 526.0 (-8) 530.0 (+12) 530.0 (+11) 520.0 (-4) 490.0 (+2) 484.0 (0) 496.0 (+12) 470.0 (+2) 馬体重
単位: kg
3.12人気 2.41人気 81.611人気 133.212人気 7.33人気 25.27人気 55.19人気 159.814人気 147.013人気 214.915人気 28.18人気 13.85人気 20.66人気 81.010人気 8.14人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 8 16 テイエムジンソク 1:50.1
2 5 10 ルールソヴァール 2 1/2
3 6 12 キングズガード 1 1/4
4 7 14 タムロミラクル
5 1 1 モルトベーネ 1 1/4
6 5 9 シャイニービーム アタマ
7 6 11 ローズプリンスダム ハナ
8 8 15 エピカリス クビ
9 2 3 タガノヴェリテ 2 1/2
10 3 5 アスカノロマン ハナ
11 3 6 タガノディグオ 1 3/4
12 4 7 リーゼントロック
13 7 13 マイネルクロップ 3 1/2
14 4 8 モンドクラッセ 2 1/2
15 1 2 サルサディオーネ クビ

払戻金

単勝 16 310円 2番人気
複勝 16
10
12
150円
860円
230円
2番人気
10番人気
3番人気
枠連 5-8 2,660円 12番人気
馬連 10-16 9,480円 25番人気
ワイド 10-16
12-16
10-12
2,570円
410円
4,020円
26番人気
2番人気
35番人気
馬単 16-10 13,360円 39番人気
3連複 10-12-16 13,500円 42番人気
3連単 16-10-12 68,120円 199番人気
WIN5 91,710円 2番人気

ダートの歴史的名馬を多数輩出?みやこステークスを徹底解説!

みやこステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

レースの歴史は浅いが、ダートの歴史的名馬を多数輩出してきたみやこステークス

みやこステークスが創設されたのは2010年。ジャパンカップダート(現在のチャンピオンズカップ)を目標とする馬たちのためのステップレースとして設立された。形式上はオープン特別のトパーズステークスを格上げする形となっており、当時より条件については京都ダート1800mで一貫している。

先述のとおり、まだ歴史の浅い競走ではあるものの、トランセンド、エスポワールシチー、ローマンレジェンド、アポロケンタッキーといった国内を代表するダート馬たちがみやこステークスを勝利している。中でもトランセンドは日本代表として翌年のドバイワールドカップに参戦し、ヴィクトワールピサの2着に入り、日本馬のワンツーフィニッシュを演出。震災直後の日本に明るい話題を届けた。

みやこステークスの予想にあたって注目したい血統はキングカメハメハ産駒?

みやこステークスの行われる京都ダート1800mはコーナーを4つ回るコース形態。スタートから最初のコーナーまでの距離が短く、外枠の馬は苦戦傾向にある。また、細かい起伏こそあるものの概ね平坦なため、逃げ先行馬が止まりづらい。

血統的にはキングカメハメハ、ゴールドアリュール、アグネスデジタルといった種牡馬の産駒が好成績を収めている。中でもキングカメハメハはみやこステークスとも好相性。トウショウフリーク、ロワジャルダンと2頭の連対馬を送り出しているほか、毎年のように好走馬を輩出。馬柱に名前を見つけた際は注意しておきたい。

2016年みやこステークスの結果をプレイバック

3歳馬グレンツェントが1番人気に推された2016年みやこステークス

2016年みやこステークスで1番人気の支持を集めたのは3歳馬グレンツェントだった。デビュー2戦目でダートに転じると、4馬身差の圧勝。青竜ステークス1着、ユニコーンステークス3着などの実績を残した。さらに前走のレパードステークスでは見事勝利を収め、重賞初制覇を飾った。一般に高齢馬が強いとされるダート戦ではあるが、同世代との対戦で培った安定性が高く評価され、古馬との初対戦でも上位人気に推されることとなった。

2番人気はアスカノロマン。初勝利時の単勝オッズは29.0倍と必ずしも大きな期待を持たれていたとは言い難かった同馬だが、一戦ごとに進化を重ね、アルデバランステークス勝利など、4歳頃からオープンでも活躍を開始。5歳となった2016年はさらに成績が向上し、東海ステークスで見事重賞初制覇を果たすと、続くフェブラリーステークスでも強豪馬相手に3着と好走。さらに平安ステークスも勝利し、国内ダート路線の安定株として、重賞でも好走を続けた。その後、地方の交流G1では精彩を欠く競馬を続けたが、得意の京都ダートコースに戻ることもあり、ファンは変わり身十分との判断を下した。

3番人気に推されたのはラニ。ドバイのUAEダービーを勝利すると、その後はアメリカ3冠路線に殴り込み。皆勤賞で全てのレースに出走を果たすと、最終戦のベルモントステークスでは本場アメリカの一流ダートホースを相手に3着と大健闘。海外遠征中は尻っ跳ね、雄叫び、馬っけなど、生来の激しい気性で様々なエピソードを生み出し、好事家からの注目も集めることとなった。国内復帰初戦のブラジルカップは3着に終わったものの、ひと叩きで体調が上向いたと見られ、世界を股に掛ける同馬への期待は否が応にも高まった。

以下、アポロケンタッキー、モンドクラッセらが人気で続いたが、1、3番人気は若い3歳馬であり、多くのファンが世代交代に期待したとも言えそうな2016年みやこステークスだった。

アポロケンタッキーが力強く他馬をねじ伏せた2016年みやこステークス

やや日の傾きかけた京都競馬場でスタート時刻を迎えた2016年みやこステークス。ゲートが開き、横に広がった先行争いを制したのはモンドクラッセだった。コーナーワークを利してハナに立つと、岩田康誠騎手の手綱に導かれ、レースを引っ張っていく。2番手に付けたのはインカンテーション。3番手にはアスカノロマンが付け、その後ろからはメイショウヒコボシとモルトベーネが追走。人気のグレンツェントは中団馬群からの競馬となった。

勝負どころから各馬スパートを開始し、迎えた最後の直線。逃げるモンドクラッセをねじ伏せるように外からアポロケンタッキーが先頭に立つと、内からはロワジャルダンも進出。さらにグレンツェントも鋭い伸び脚で先頭を脅かす。最後はやや際どい態勢となったものの、結局アポロケンタッキーが1着でゴールイン。勝ちタイムは1分50秒1。クビ差の2着にはグレンツェントが入り、さらに3/4馬身差の3着はロワジャルダン。以下、モンドクラッセ、メイショウヒコボシの順で入線。アスカノロマンは好位追走も脚を失い、14着と大敗した。

松若風馬騎手「調教に乗って癖は掴んでいたので、自信を持ってレースに挑むことができた」

強気の競馬で見事2016年みやこステークスを制したアポロケンタッキー。勝利をアシストした松若風馬騎手はレース後「調教に乗って癖はつかんでいたので、自信を持ってレースに挑むことができた。揉まれ弱そうだったので、できるだけ自分から動く競馬を心掛けた。4コーナーでエンジンが掛かってからは勢いを付けて最後までしぶとく走ってくれた。力があるのは確か。若いし、まだ伸びしろもありそうなので、このままいい形で成長していってほしい。本当に先々が楽しみ」とコメント。人馬一体となっての重賞勝利に充実感を滲ませた。

2着グレンツェントに騎乗した川田将雅騎手は「いい流れのなか、スムーズにレースをして頑張ってくれた。今日は着差以上に勝ち馬が強かった」と現時点での完敗を認めた。

3着ロワジャルダンの浜中俊騎手は「昨年と同じようなレースを心掛けた。最近は折り合いを欠くと聞いていたが、今日はそんなこともなかった。直線で内が開くとビュッという脚を使ってくれた。成長を感じる」と思い通りの競馬に胸を撫で下ろした。

一方、3番人気ながら13着に敗れたラニの内田博幸騎手は「いつもそんな感じだが、今日もスタートから出て行かなかった。今日は久しぶりの右回りだった上に、東京よりもカーブがきついコースで、最後までエンジンが掛からずに終わってしまった」とコメント。気まぐれな愛馬にお手上げといった様子だった。

怪物エピカリスに注目?2017年みやこステークスを大胆予想!

2016年みやこスタークスを制覇したアポロケンタッキーはチャンピオンズカップ5着を経て挑んだ東京大賞典で見事優勝。日本ダート界の頂点に立った。また、2着のグレンツェントも今年の平安ステークスを勝利。改めてレースレベルの高さを証明する結果となった。2017年みやこステークス出走馬に掛かる期待も自ずと高まるところだ。

2017年みやこステークスで中心視されそうなのはエピカリスか。デビューから圧勝続きで4戦4勝の成績を残すと、ドバイに遠征。UAEダービーを2着と善戦すると、次はアメリカを戦いの舞台に選ぶも、ベルモントステークスを挫石で回避。失意のままに帰国の途に就いた。国内復帰初戦のレパードステークスでは1.5倍の圧倒的人気ながら3着に敗退したが、馬群に包まれ進路を失くしたのが敗因であることは明白。持てる素質は古馬も含めて屈指とも言える存在であり、2017年みやこステークスは彼の今後の行く末を占う意味でも重要なレースとなりそうだ。

その他、テイエムジンソク、グレンツェントといった古馬勢の走りにも注目が集まる2017年みやこステークス。発走は11月5日。国内ダート路線を代表する馬たちが今年もまたひとつレースの歴史を紡ぐ。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 みやこステークスのレース結果


みやこステークス (G3) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
タムロイーネー タムロミラクル ディープインパクト
青鹿
サクラロマンス サクラエール ケイムホーム
黒鹿
グレートハーベスト マイネルクロップ クロフネ
グリーンヒルレッド メイショウイチオシ メイショウボーラー
黒鹿
マルセイユキャット ナリタスーパーワン ウォーエンブレム
鹿
アスカノヒミコ アスカノロマン アグネスデジタル
オリジナルスピン インカンテーション シニスターミニスター
鹿
DixianaDelight アポロケンタッキー Langfuhr
鹿
ノーブルエターナル モルトベーネ ディープスカイ
アグネスショコラ ロワジャルダン キングカメハメハ
鹿
ボシンシェ グレンツェント ネオユニヴァース
鹿
ローレルアンジュ キョウエイギア ディープスカイ
鹿
タフネススター カゼノコ アグネスデジタル
鹿
クッキーキティ モンドクラッセ アグネスデジタル
鹿
フォーフリーダムス メイショウヒコボシ メイショウボーラー
鹿
HeavenlyRomance ラニ Tapit
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡4 56.0 牡5 56.0 牡6 56.0 牡5 56.0 牡7 58.0 牡5 56.0 牡6 56.0 牡4 56.0 牡4 57.0 牡5 55.0 牡3 57.0 牡3 58.0 牡5 56.0 牡5 56.0 牡5 56.0 牡3 斤量
馬齢
幸英明 池添謙一 国分優作 秋山真一郎 四位洋文 和田竜二 藤岡康太 松若風馬 小牧太 浜中俊 川田将雅 M.バルザローナ 北村友一 岩田康誠 松山弘平 内田博幸 騎手
栗東 西園正都 栗東 羽月友彦 栗東 飯田雄三 栗東 庄野靖志 栗東 松永昌博 栗東 川村禎彦 栗東 羽月友彦 栗東 山内研二 栗東 松永昌博 美浦 戸田博文 美浦 加藤征弘 栗東 矢作芳人 栗東 野中賢二 美浦 清水英克 栗東 安達昭夫 栗東 松永幹夫 調教師
476.0 (+6) 494.0 (+16) 506.0 (-6) 544.0 (+4) 492.0 (+12) 532.0 (+10) 508.0 (+6) 562.0 (+2) 466.0 (0) 500.0 (+2) 474.0 (+6) 496.0 (0) 458.0 (0) 532.0 (+15) 534.0 (+6) 542.0 (+8) 馬体重
単位: kg
30.810人気 255.514人気 200.713人気 347.316人気 276.515人気 3.72人気 27.59人気 7.64人気 88.411人気 17.17人気 3.61人気 20.38人気 12.36人気 10.35人気 102.712人気 5.23人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 5 9 アポロケンタッキー 1:50.1
2 3 6 グレンツェント クビ
3 4 7 ロワジャルダン 3/4
4 2 3 モンドクラッセ 3 1/2
5 1 2 メイショウヒコボシ 1/2
6 4 8 モルトベーネ クビ
7 3 5 キョウエイギア ハナ
8 5 10 インカンテーション ハナ
9 8 16 タムロミラクル クビ
10 2 4 カゼノコ 3/4
11 7 14 マイネルクロップ ハナ
12 8 15 サクラエール 1/2
13 1 1 ラニ アタマ
14 6 11 アスカノロマン
15 6 12 ナリタスーパーワン 1 1/4
16 7 13 メイショウイチオシ

払戻金

単勝 9 760円 4番人気
複勝 9
6
7
250円
160円
350円
4番人気
1番人気
7番人気
枠連 3-5 1,250円 6番人気
馬連 6-9 1,770円 5番人気
ワイド 6-9
7-9
6-7
700円
1,790円
1,120円
6番人気
25番人気
13番人気
馬単 9-6 4,030円 15番人気
3連複 6-7-9 8,370円 31番人気
3連単 9-6-7 42,390円 155番人気
WIN5 303,890円 4番人気

過去10年間のみやこステークスのレース結果

第7回 みやこステークス
2016年11月6日() 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 9 アポロケンタッキー 松若風馬 7.6倍(4番人気) 1:50.1 グレンツェント ロワジャルダン
第6回 みやこステークス
2015年11月8日() 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 ロワジャルダン 浜中俊 23.4倍(7番人気) 1:47.8 カゼノコ ローマンレジェンド
第5回 みやこステークス
2014年11月9日() 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 14 インカンテーション 大野拓弥 5.5倍(2番人気) 1:50.2 ランウェイワルツ ナムラビクター
第4回 みやこステークス
2013年11月3日(祝・日) 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 ブライトライン 福永祐一 4.2倍(2番人気) 1:49.2 インカンテーション ローマンレジェンド
第3回 みやこステークス
2012年11月4日() 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 ローマンレジェンド 岩田康誠 1.4倍(1番人気) 1:49.6 ニホンピロアワーズ ホッコータルマエ
第2回 みやこステークス
2011年11月6日() 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 エスポワールシチー 佐藤哲三 1.6倍(1番人気) 1:48.4 トウショウフリーク ニホンピロアワーズ
第1回 みやこステークス
2010年11月7日() 京都競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 トランセンド 藤田伸二 3.1倍(2番人気) 1:49.8 キングスエンブレム サクラロミオ

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ