レパードステークス 2017 重賞レース特集

レパードステークスの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

レパードステークス 2017 最新情報!

レパードステークス 2017 レース結果・払戻金


新潟 11R WIN5
2017/8/6 (日) 15:45 出走
配信された予想中30件的中!!
(1位回収率は8,665%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

レパードステークス(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
タガノティアーズ タガノディグオ エンパイアメーカー
黒鹿
クォリティシーズン テンザワールド ダイワメジャー
クロスマイハート ノーブルサターン カジノドライヴ
黒鹿
トウカイベルタ ハルクンノテソーロ ファスリエフ
黒鹿
クイーンオブナプレス ブライトンロック ストーミングホーム
黒鹿
フィフスアベニュー テイエムアンムート パイロ
黒鹿
サルサクイーン サルサディオーネ ゴールドアリュール
ドゥオナー シゲルコング シニスターミニスター
鹿
ヒミノオトヒメ トラネコ スズカマンボ
黒鹿
クルンプホルツ スターストラック トーセンホマレボシ
黒鹿
スターペスミツコ エピカリス ゴールドアリュール
黒鹿
タガノチャーリーズ タガノカトレア エンパイアメーカー
鹿
ピサノドヌーヴ イブキ ルーラーシップ
黒鹿
クリスチャンパール ローズプリンスダム ロージズインメイ
青鹿
ラヴソレイユ タガノグルナ ルーラーシップ
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 54.0 牝3 54.0 牝3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 54.0 牝3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 斤量
馬齢
川島信二 岩田康誠 鮫島良太 大野拓弥 田中勝春 柴田善臣 吉田豊 柴田大知 武豊 津村明秀 C.ルメール 菱田裕二 北村宏司 木幡巧也 江田照男 騎手
栗東 宮徹 栗東 大久保龍志 栗東 牧浦充徳 美浦 高木登 美浦 田中清隆 栗東 柴田光陽 栗東 羽月友彦 美浦 松永康利 美浦 堀井雅広 美浦 栗田博憲 美浦 萩原清 栗東 岡田稲男 美浦 奥村武 美浦 畠山吉宏 栗東 大根田裕之 調教師
512.0 (-14) 432.0 (+2) 500.0 (-7) 478.0 (+4) 452.0 (+2) 488.0 (+4) 490.0 (+2) 500.0 (+1) 428.0 (-4) 516.0 (+4) 496.0 (前計不) 432.0 (0) 474.0 (+4) 458.0 (-1) 478.0 (-2) 馬体重
単位: kg
6.62人気 7.33人気 50.88人気 9.54人気 102.313人気 169.214人気 87.112人気 271.515人気 65.010人気 51.99人気 1.51人気 49.27人気 35.96人気 66.311人気 15.55人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 2 2 ローズプリンスダム 1:52.9
2 5 9 サルサディオーネ 1 1/4
3 3 5 エピカリス 3/4
4 6 11 ブライトンロック クビ
5 7 13 ノーブルサターン 1 1/4
6 7 12 ハルクンノテソーロ 1/2
7 8 14 テンザワールド
8 4 6 スターストラック 3/4
9 1 1 タガノグルナ 1/2
10 3 4 タガノカトレア ハナ
11 4 7 トラネコ クビ
12 8 15 タガノディグオ アタマ
13 5 8 シゲルコング 2 1/2
14 2 3 イブキ 1 1/4

払戻金

単勝 2 6,630円 11番人気
複勝 2
9
5
810円
1,230円
110円
10番人気
12番人気
1番人気
枠連 2-5 22,160円 28番人気
馬連 2-9 95,320円 82番人気
ワイド 2-9
2-5
5-9
17,360円
1,320円
2,060円
76番人気
13番人気
18番人気
馬単 2-9 251,840円 158番人気
3連複 2-5-9 42,750円 93番人気
3連単 2-9-5 807,250円 862番人気
WIN5 29,213,130円 11番人気

古馬との対戦を前に繰り広げられる3歳ダート馬の重要レース!レパードステークスを徹底解説!

レパードステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

レパードステークスはトランセンドなどを輩出した3歳ダート路線の重要レース

レパードステークスが創設されたのは2006年。当時、中央競馬の3歳ダート重賞はユニコーンステークスしか存在しなかったため、若いダート馬の出走機会を確保する目的で新設が決まった。ちなみに「レパード」はイギリス国王の紋章に描かれたライオンのことであり、ユニコーンと対を為す動物であるとされている。施行条件は当初より新潟ダート1800mで一貫しているが、時期については2012年から2週繰り上がり8月上旬の開催に変更された。

創設初年度の勝ち馬トランセンドはダートG1で4勝を挙げる名馬に成長。ドバイワールドカップでもヴィクトワールピサの2着に入り、震災直後の日本に勇気と感動を与えた。その後もホッコータルマエなどの名馬を輩出し、まだまだ歴史の浅い重賞ではあるものの、ダート界の未来を占う重要レースとして競馬ファンの間ですっかり定着しつつある。

レパードステークスの予想にあたって注目したい血統はシニスターミニスター産駒?

レパードステークスの行われる新潟ダート1800mは最後の直線が約350mとなっている。新潟競馬場は芝内回りコースの設定があり、ダートコースはその内側に設置されているため、イメージよりは小回りの色合いが強い。事実、脚質別成績では逃げ先行有利の傾向が出ている。

血統的にはキングカメハメハ、ゼンノロブロイといった芝でも実績のある種牡馬が好成績を収めている。その他ではシニスターミニスターに注目。単勝回収率は319%という驚異的な数字を記録しており、レパードステークスでもインカンテーションが勝利。今後も積極的に狙ってみたい。

2016年レパードステークスの結果をプレイバック

ケイティブレイブ、グレンツェントに人気が集中した2016年レパードステークス

2016年レパードステークスで1番人気の支持を集めたのはケイティブレイブだった。芝のメイクデビューはシンガリ負けを喫するものの、初ダートとなった2戦目は単勝106.2倍ながら2着に激走。その後は着実な成績を残し、園田競馬場の兵庫チャンピオンシップではゴールドドリームを7馬身ちぎる圧勝。重賞初挑戦にして勝利を飾った。続くジャパンダートダービーでも強豪相手に連を確保した。積み上げた戦績は3歳ダート界においても上位であり、やがて訪れる古馬との対戦に向けて、2016年レパードステークスは負けることのできない一戦となった。

2番人気に推されたのはグレンツェント。ケイティブレイブ同様、初ダートとなった未勝利戦を勝ち上がると、続く500万も2着に3馬身1/2差の快勝。さらに青竜ステークスを勝利すると、ユニコーンステークスでもメンバー最速35.7秒の上がりで3着に健闘した。ダートでは未だ馬券圏外に敗れたことがないという抜群の安定感も評価され、重賞初勝利への期待が高まった。

3番人気はネクストムーブ。3歳3月のデビュー戦を早め先頭の競馬で勝利すると、3戦目となった500万を3馬身1/2差で楽勝。上記2頭とは異なり、オープンでの実績はなかったものの、キャリア3戦目でまだまだ上がり目が望めることから、未知の魅力に賭けるファンも多かった。

以下、ユニコーンステークス4着馬ピットボス、鳳雛ステークス2着馬マイネルバサラなどが人気で続いたが、上位人気2頭の単勝オッズはそれぞれ2.5倍、2.7倍を示しており、ケイティブレイブとグレンツェントの2強対決といった雰囲気も漂う2016年レパードステークスだった。

2016年レパードステークスは逃げ馬をゴール寸前で捕らえたグレンツェントが勝利

決戦の始まりを告げるファンファーレが鳴り響いた新潟競馬場。ゲートが開き、真っ先に飛び出したのは人気のケイティブレイブだった。夏の太陽に輝く栗毛を揺らし、軽快にハナを切ると、後続をぐんぐんと離してゆく。2番手に付けたのはピットボス。3番手にはエネスクが続き、並ぶようにコパノリスボン。グレンツェントはそのやや後ろ。好位からの競馬となった。

隊列は大きく変わらず、迎えた最後の直線。逃げるケイティブレイブは依然セーフティリードを保ったまま、後続各馬を尻目に粘り腰を発揮する。一旦は逃げ切り濃厚かに思われたが、残り1ハロン標識付近からグレンツェントが猛追。鋭い末脚で1完歩ごとに前との差を詰める。結局、態勢代わってグレンツェントが1着でゴールイン。勝ちタイムは1分50秒6。クビ差の2着にはケイティブレイブが踏ん張り、さらに2馬身差の3着は追い込んだレガーロ。以下、ピットボス、エネスクが続き、3番人気ネクストムーブは見せ場なく7着に敗れた。

戸崎圭太騎手「これだけの競馬ができたのならば秋以降が楽しみ」

測ったような差し切りで見事2016年レパードステークスを勝利したグレンツェント。勝利に導いた戸崎圭太騎手はレース後「人気になっていたし、勝つことができて嬉しい。初めて乗るのでスタートも手探りだったが、上手く決めてくれてスムーズに運ぶことができた。末脚はすごいと分かっていたし、自信を持って、逃げていた馬を捕らえられるような位置を取った。直線は本当にいい伸び脚だったし、思った以上に強い競馬をしてくれた。これだけの競馬ができたのならば秋が楽しみ」とコメント。秋以降のさらなる飛躍を予感している様子だった。

惜しくも2着に敗れたケイティブレイブの武豊騎手は「自分の騎乗はできた。惜しかった」とさばさばレースを振り返った。

6番人気の伏兵ながらメンバー最速36.4秒の上がりで3着に入ったレガーロの田辺裕信騎手は「枠順が良くなかった。真ん中くらいの枠だったら、もっとスムーズな競馬ができたと思う。直線はよく伸びてくれたし、手応え以上に頑張ってくれた」と語り、最内枠が不利に働いたことを示唆した。

一方、人気を裏切る格好となったネクストムーブに騎乗したミルコ・デムーロ騎手は「まだ馬が若い。ずっとふらふらしていた。初めて後ろからの競馬になって、砂を被って嫌がっていた。すごいパワーのある馬なので、今後は良くなってくれると思う」と精神面の課題を口にした。

サンライズソアやペルランヴェールに注目? 2017年レパードステークスを大胆予想!

2016年レパードステークスで2着のケイティブレイブは先日の帝王賞を見事勝利。グレンツェントも今年1月の平安ステークスを勝利するなど、出走馬が軒並み好成績を収めている。2017年レパードステークス組にも同様の期待を掛けたいところだ。

現時点でメンバーの詳細は不明だが、2017年レパードステークスで注目が集まりそうなのはサンライズソアか。ユニコーンステークスは上位2頭に水を開けられた3着に終わったが、先行勢の中では最先着を果たした。先述のとおり、新潟ダート1800mは前残りの傾向にあり、巻き返しの余地は十分だろう。

その他ではペルランヴェールも主役たりうる素質の持ち主。兄ゴールドドリームは今年のフェブラリーステークスを制しており、本馬は偉大なる兄と3/4同血の関係になる。昨年12月のメイクデビューを3馬身1/2差で快勝し、その血統由来の能力を遺憾なく発揮するも、ひと息入れて挑んだ500万下では2戦続けて惜敗。しかし、叩き3戦目できっちり変わり目を見せ、歴戦の古馬を相手に2馬身1/2差の勝利を挙げた。2017年レパードステークスは彼が飛躍するきっかけとなるかもしれない。

その他にも、ダート界の未来を担う馬が多数出走してくるであろう2017年レパードステークス。決戦の日は8月6日。ビーチさながらの熱気あふれる新潟競馬場を、若きダートホースたちが駆け抜ける。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 レパードステークスのレース結果


レパードステークス 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ピュアパッション グランセブルス カネヒキリ
鹿
サザンレイスター マイネルバサラ シニスターミニスター
鹿
アスコットビコー オーシャンビュー マヤノトップガン
鹿
バックアタック コパノリスボン ゴールドアリュール
ヴァイスハイト フォースリッチ ワークフォース
黒鹿
リーフィーウッド ラテールプロミーズ マンハッタンカフェ
青鹿
モエレプロミネンス ピットボス ゴールドヘイロー
鹿
ボシンシェ グレンツェント ネオユニヴァース
鹿
ケイティローレル ケイティブレイブ アドマイヤマックス
エルフィン エネスク ベーカバド
鹿
フローラルホーム ヨシオ ヨハネスブルグ
鹿
ナスケンアイリス ネクストムーブ バトルプラン
サンタテレジータ レガーロ Bernardini
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 斤量
馬齢
石川裕紀人 柴田大知 嘉藤貴行 大野拓弥 田中勝春 吉田豊 内田博幸 戸崎圭太 武豊 丸田恭介 石橋脩 M.デムーロ 田辺裕信 騎手
栗東 森秀行 美浦 松山将樹 美浦 伊藤伸一 栗東 村山明 美浦 加藤征弘 美浦 田村康仁 栗東 清水久詞 美浦 加藤征弘 栗東 目野哲也 美浦 和田雄二 栗東 森秀行 栗東 清水久詞 栗東 大久保龍志 調教師
482.0 (+12) 462.0 (0) 434.0 (+6) 488.0 (-14) 466.0 (-2) 518.0 (+4) 502.0 (-2) 468.0 (+2) 492.0 (-3) 500.0 (-8) 462.0 (0) 516.0 (+10) 500.0 (+6) 馬体重
単位: kg
41.37人気 10.35人気 61.68人気 131.012人気 125.811人気 124.310人気 8.24人気 2.72人気 2.51人気 199.913人気 64.59人気 6.63人気 25.46人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 5 6 グレンツェント 1:50.6
2 4 5 ケイティブレイブ クビ
3 1 1 レガーロ
4 5 7 ピットボス 1/2
5 4 4 エネスク
6 8 12 マイネルバサラ 2 1/2
7 2 2 ネクストムーブ クビ
8 6 8 ラテールプロミーズ
9 6 9 フォースリッチ クビ
10 7 11 オーシャンビュー クビ
11 8 13 グランセブルス
12 7 10 コパノリスボン
13 3 3 ヨシオ

払戻金

単勝 6 270円 2番人気
複勝 6
5
1
110円
110円
360円
2番人気
1番人気
6番人気
枠連 4-5 230円 1番人気
馬連 5-6 260円 1番人気
ワイド 5-6
1-6
1-5
150円
1,020円
870円
1番人気
11番人気
10番人気
馬単 6-5 580円 2番人気
3連複 1-5-6 1,940円 4番人気
3連単 6-5-1 6,040円 15番人気
WIN5 38,109,710円 2番人気

過去10年間のレパードステークスのレース結果

第8回 レパードステークス
2016年8月7日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 6 グレンツェント 戸崎圭太 2.7倍(1番人気) 1:50.6 ケイティブレイブ レガーロ
第7回 レパードステークス
2015年8月9日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 9 クロスクリーガー 岩田康誠 2.5倍(1番人気) 1:51.9 ダノンリバティ タマノブリュネット
第6回 レパードステークス
2014年8月10日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 アジアエクスプレス 戸崎圭太 3.3倍(1番人気) 1:50.4 クライスマイル ランウェイワルツ
第5回 レパードステークス
2013年8月4日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 インカンテーション 大野拓弥 3.3倍(1番人気) 1:50.3 サトノプリンシパル ケイアイレオーネ
第4回 レパードステークス
2012年8月5日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 12 ホッコータルマエ 幸英明 4.6倍(2番人気) 1:51.8 ナムラビクター イジゲン
第3回 レパードステークス
2011年8月21日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 7 ボレアス 武豊 2.9倍(1番人気) 1:52.0 タカオノボル タナトス
第2回 レパードステークス
2010年8月22日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 11 ミラクルレジェンド 北村宏司 3.3倍(2番人気) 1:51.8 グリッターウイング ソリタリーキング
第1回 レパードステークス
2009年8月23日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 10 トランセンド 松岡正海 1.7倍(1番人気) 1:49.5 スーニ スタッドジェルラン

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ