キーンランドカップ 2017 重賞レース特集

キーンランドカップの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 キーンランドカップ NEWS!
  • 更新
    2017年8月27日 15時51分 レース結果、払戻金が確定されました。
  • 更新
    2017年8月24日 16時36分 今年の出馬表が発表されました。
  • 新着
    キーンランドカップ 2017 特集ページがオープンしました。

キーンランドカップ 2017 最新情報!

キーンランドカップ 2017 レース結果・払戻金


札幌 11R WIN5
2017/8/27 (日) 15:35 出走
配信された予想中57件的中!!
(1位回収率は2,120%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

キーンランドカップ(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
アナアメリカーナ メイソンジュニア Mayson
鹿
フラワーフェアリー ライトフェアリー サムライハート
鹿
アスドゥクール ソルヴェイグ ダイワメジャー
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ
鹿
レイズアンドコール モンドキャンノ キンシャサノキセキ
鹿
マニックサンデー エポワス ファルブラヴ
鹿
フミノシンデレラ フミノムーン アドマイヤムーン
レディトゥプリーズ ナックビーナス ダイワメジャー
青鹿
ノボキッス ノボバカラ アドマイヤオーラ
デック ヒルノデイバロー マンハッタンカフェ
黒鹿
ニシノタカラヅカ ネロ ヨハネスブルグ
TempleStreet イッテツ InvincibleSpirit
鹿
ルシュクル ブランボヌール ディープインパクト
母馬名 馬名 父馬名
毛色
53.0 牡3 54.0 牝5 54.0 牝4 58.0 牡4 53.0 牡3 56.0 せん9 56.0 牡5 54.0 牝4 57.0 牡5 56.0 牡6 57.0 牡6 56.0 牡5 55.0 牝4 斤量
馬齢
M.デムーロ 内田博幸 川田将雅 J.モレイラ 戸崎圭太 C.ルメール 勝浦正樹 横山典弘 田辺裕信 四位洋文 中野省吾 藤岡佑介 三浦皇成 騎手
栗東 渡辺薫彦 美浦 石毛善彦 栗東 鮫島一歩 栗東 須貝尚介 栗東 安田隆行 美浦 藤沢和雄 栗東 西浦勝一 美浦 杉浦宏昭 美浦 天間昭一 栗東 昆貢 栗東 森秀行 美浦 斎藤誠 栗東 中竹和也 調教師
488.0 (+8) 488.0 (+4) 474.0 (+4) 492.0 (-8) 472.0 (0) 496.0 (+20) 456.0 (+4) 526.0 (+10) 496.0 (-6) 524.0 (+4) 466.0 (-12) 484.0 (0) 448.0 (+8) 馬体重
単位: kg
8.44人気 56.913人気 4.72人気 8.23人気 4.31人気 21.212人気 18.411人気 11.45人気 14.59人気 13.18人気 16.810人気 12.46人気 12.77人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 6 8 エポワス 1:09.0
2 7 11 ソルヴェイグ クビ
3 5 6 ナックビーナス 1/2
4 5 7 フミノムーン 1/2
5 8 12 ライトフェアリー 3/4
6 6 9 モンドキャンノ 3/4
7 8 13 メイソンジュニア 1 1/4
8 3 3 ネロ クビ
9 2 2 イッテツ 1 3/4
10 4 5 ノボバカラ 1/2
11 1 1 ブランボヌール 2 1/2
12 4 4 ヒルノデイバロー クビ
13 7 10 シュウジ 大差

払戻金

単勝 8 2,120円 12番人気
複勝 8
11
6
550円
190円
340円
12番人気
2番人気
7番人気
枠連 6-7 570円 1番人気
馬連 8-11 4,570円 17番人気
ワイド 8-11
6-8
6-11
1,740円
3,000円
860円
22番人気
49番人気
3番人気
馬単 8-11 13,640円 63番人気
3連複 6-8-11 15,390円 57番人気
3連単 8-11-6 114,130円 497番人気
WIN5 8,399,620円 12番人気

内地のスプリントG1を目指す馬たちによる力比べ?キーンランドカップを徹底解説!

キーンランドカップの歴史から見る予想上のチェックポイント

「ロードカナロアの好敵手」カレンチャンらを輩出してきたキーンランドカップ

キーンランドカップが創設されたのは1996年。当初はオープン特別の競走として札幌芝1000mの条件で施行された。その後、距離などの変遷を幾度か経て、2006年には短距離路線の大幅な整備に伴って重賞に昇格。札幌芝1200mのG3としてサマースプリントシリーズに組み込まれることとなった。

重賞に昇格して以降、ビービーガルダン、パドトロワ、ローブティサージュといった洋芝適性の高いスプリンターが活躍の場を求めて出走するケースが多くなっている。また、2011年の勝ち馬カレンチャンはのちにスプリントG1を2勝。ロードカナロアと幾度となく名勝負を繰り広げるまでの名馬に成長した。キーンランドカップは重賞としての歴史は浅いものの、秋以降のスプリント路線を占う一戦として、目の離せないレースが毎年のように繰り広げられている。

キーンランドカップの予想にあたって注意したい血統はフジキセキ系種牡馬?

キーンランドカップの行われる札幌芝1200mは最後の直線がおよそ270mと短く、最後の直線にも坂は設けられていない。そのため前残りの傾向にあり、外から追い込むことは容易ではない。予想にあたっては内枠の先行馬を狙うべきと言えそうだ。

血統的にはサクラバクシンオー、ダイワメジャーといった短距離得意の種牡馬が好成績をマークしているが、その他で注目したいのはフジキセキ系の種牡馬。キーンランドカップでは直仔のストレイトガール、トーホウアマポーラが連対を果たしているほか、キンシャサノキセキ産駒のシュウジも好走。予想の際は同系の馬に注意を払いたい。

2016年キーンランドカップの結果をプレイバック

短距離得意のシュウジが人気を集めた2016年キーンランドカップ

2016年キーンランドカップで1番人気に推されたのはシュウジだった。デビュー3戦目の札幌2歳ステークスで早くも重賞タイトルをゲット。今後の活躍が大いに期待されたが、距離を伸ばして挑んだデイリー杯2歳ステークスは単勝1.7倍の1番人気ながら2着。朝日杯フューチュリティステークスも5着に敗れ、2歳シーズンをやや不本意な形で終えた。3歳になってからもマイル戦では凡走を続けたが、久しぶりの芝1200戦となった函館スプリントステークスは古馬相手に2着。改めて短距離適性の高さを示した。秋以降の飛躍を目指すためにも、2016年キーンランドカップは負けられない一戦となった。

2番人気に推されたのはブランボヌールだった。デビューから2連勝で函館2歳ステークスを勝利すると、秋にはファンタジーステークスと阪神ジュベナイルフィリーズでともに3着。翌年以降の活躍を予感させる走りを見せた。しかし、3歳緒戦のチューリップ賞を14着と大敗すると、桜花賞とNHKマイルカップでも掲示板外に敗退。マイルの距離への適応力に課題を残した。母父サクラバクシンオーという血統からも距離短縮はプラスと見られたこと、斤量も51㎏と恵まれたことから、打倒シュウジの1番手として人気を集めた。

3番人気はレッツゴードンキ。3歳春には4馬身差で桜花賞を勝利し、世代の頂点に立つが、その後は長いスランプに陥る。しかし、本格的に短距離路線へと矛先を向けると復調の兆しを見せ、前走の函館スプリントステークスでは勝ち馬から0.2秒差の3着に好走。桜の女王の完全復活近しを強く印象付けた。鞍上が主戦の岩田康誠騎手に戻ったことも人気の要因となった。

以下、ソルヴェイグ、サトノルパンが人気で続いたが、1、2番人気はいずれも3歳馬であり、夏のスプリント戦らしく斤量有利の若駒に人気が集中する格好となった。

ブランボヌールがゴール前で差し切り勝利を挙げた2016年キーンランドカップ

競馬日和の晴れ間広がる札幌競馬場にファンファーレが鳴り響き、いよいよ発走時刻を迎えた2016年キーンランドカップ。ゲートが開き、注文を付けてハナを切ったのはシュウジだった。名手ジョアン・モレイラ騎手の手綱に導かれ、堂々とレースを引っ張っていく。2番手に控えたのはアクティブミノル、3番手にはナックビーナスが付け、内からはファントムロード。ブランボヌールはその後ろ。レッツゴードンキは中団付近のポジションからの競馬となった。

隊列は大きく変わらず迎えた最後の直線。逃げるシュウジの脚色は依然衰えることなく、後続各馬を尻目にリードを広げてゆく。一旦は逃げ切り濃厚かに思われたが、馬群の中からスルスルと伸びてきたのはブランボヌール。戸崎圭太騎手の激しいアクションに応えるように鋭く脚を伸ばすと、前を交わし去って、そのまま1着でゴールイン。勝ちタイムは1分8秒5。1/2馬身差の2着にはシュウジが粘り、さらに1/2馬身差の3着はレッツゴードンキ。以下、ソルヴェイグ、ナックビーナスの順で入線した。

ジョアン・モレイラ「相手はシュウジだと思って、射程圏に入れながら運んだ」

重賞初勝利を挙げた北海道の地に凱旋し、見事2016年キーンランドカップを制覇したブランボヌール。勝利をアシストした戸崎圭太騎手はレース後「大外枠だったので、ゲートを出てから位置取りを決めようと思っていた。いいスピードでいいポジションを取ることができた。相手はシュウジだと思って、射程圏に入れながら運んだ。レースセンスにも長けているし、今後が楽しみ」とコメント。してやったりの表情を浮かべた。

1番人気ながらあと1歩のところで勝利を逃した2着シュウジのジョアン・モレイラ騎手は「仕上がりが良く、残り300mまでは良かった。あとはメンタルの問題で負けた。精神的にもっと成長すれば、もっと走れるようになると思う」と語り、あとひと踏ん張りが利かなかった要因を気性的な幼さに求めた。

3着レッツゴードンキを管理する梅田智之調教師は「外の馬のスタートが速かったので、それを行かせて好位から運んだ。勝った馬は強かった。5着までに入った馬はレッツゴードンキ以外、斤量の軽い3歳馬。よく頑張っていると思う」と負担重量の差が勝敗を分けたとの見解を示した。

一方、5番人気の支持を集めながらいいところなく8着に敗れたサトノルパンのクリストフ・ルメール騎手は「出遅れてしまった。ペースが遅く、追い込むには厳しい展開だった」とゲートの失敗を恨めしそうに振り返った。

3歳牝馬ジューヌエコールに注目?2017年キーンランドカップを大胆予想

2016年キーンランドカップを3着のレッツゴードンキは次走に選んだ川崎ダート1600mのJBCレディスクラシックで2着。その後も芝ダートや距離を選ばず好走を続け、京都牝馬ステークスでは実に約1年10か月ぶりの勝利を挙げた。さらに高松宮記念では2着に入るなど、スプリント路線の中心馬として活躍。2017年キーンランドカップ出走馬からも彼女の背中を追うような逸材が誕生することを期待したい。

2017年キーンランドカップでメインヒロインを務めそうなのはジューヌエコールか。無敗で昨年のデイリー杯2歳ステークスを勝利し、クラシック戦線での活躍が期待されるも、桜花賞を9着に敗れた同馬。しかし、ひと息入れて挑んだ函館スプリントステークスでは歴戦の古馬を相手に2馬身1/2差の快勝。斤量差を考慮しても、内容の濃いレースぶりだった。国内スプリント路線の頂点を目指すためにも、勝利にこだわりたい一戦となる。

その他、先述のレッツゴードンキなど、スピード自慢の一流馬が多く顔を揃えそうな2017年キーンランドカップ。発走は8月27日。秋の足音近づく札幌競馬場でビッグレースを目指す馬たちが激突する。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 キーンランドカップのレース結果


キーンランドカップ 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ルシュクル ブランボヌール ディープインパクト
レディトゥプリーズ ナックビーナス ダイワメジャー
青鹿
マルトク レッツゴードンキ キングカメハメハ
ライツェント オデュッセウス ファルブラヴ
鹿
ピエナアマゾン アクティブミノル スタチューオブリバティ
黒鹿
エリモピクシー サトノルパン ディープインパクト
黒鹿
ホッコーメモリー ホッコーサラスター ヨハネスブルグ
鹿
ビールジャント サドンストーム ストーミングホーム
ビハインドザマスク オメガヴェンデッタ ゼンノロブロイ
鹿
アスドゥクール ソルヴェイグ ダイワメジャー
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ
鹿
マニックサンデー エポワス ファルブラヴ
鹿
ホクトペンダント ファントムロード フジキセキ
鹿
モカサンデー セカンドテーブル トワイニング
母馬名 馬名 父馬名
毛色
51.0 牝3 51.0 牝3 55.0 牝4 53.0 牡3 58.0 牡4 57.0 牡5 54.0 牝5 56.0 牡7 56.0 せん5 52.0 牝3 53.0 牡3 56.0 せん8 56.0 せん8 56.0 牡4 斤量
馬齢
戸崎圭太 酒井学 岩田康誠 内田博幸 藤岡康太 C.ルメール 池添謙一 西浦勝一 武豊 丸田恭介 須貝尚介 M.デムーロ 川田将雅 水口優也 騎手
栗東 中竹和也 美浦 杉浦宏昭 栗東 梅田智之 美浦 手塚貴久 栗東 北出成人 栗東 村山明 栗東 飯田祐史 栗東 栗東 安田隆行 栗東 鮫島一歩 栗東 美浦 藤沢和雄 美浦 堀宣行 栗東 崎山博樹 調教師
438.0 (+20) 508.0 (0) 476.0 (0) 484.0 (+4) 478.0 (-2) 462.0 (+10) 472.0 (-6) 482.0 (+6) 508.0 (0) 470.0 (+6) 492.0 (+6) 488.0 (+12) 486.0 (-2) 468.0 (+2) 馬体重
単位: kg
5.62人気 21.99人気 7.43人気 53.513人気 24.810人気 15.65人気 21.08人気 50.712人気 17.97人気 8.84人気 2.31人気 16.16人気 72.614人気 29.811人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 8 14 ブランボヌール 1:08.5
2 3 4 シュウジ 1/2
3 7 12 レッツゴードンキ 1/2
4 4 5 ソルヴェイグ 1/2
5 8 13 ナックビーナス クビ
6 3 3 エポワス ハナ
7 5 8 ホッコーサラスター クビ
8 6 9 サトノルパン 1 1/4
9 7 11 オデュッセウス クビ
10 6 10 アクティブミノル 1 1/4
11 2 2 ファントムロード ハナ
12 4 6 オメガヴェンデッタ
13 1 1 セカンドテーブル 1 1/4
14 5 7 サドンストーム

払戻金

単勝 14 560円 2番人気
複勝 14
4
12
190円
110円
200円
2番人気
1番人気
4番人気
枠連 3-8 600円 2番人気
馬連 4-14 920円 2番人気
ワイド 4-14
12-14
4-12
370円
950円
390円
2番人気
8番人気
3番人気
馬単 14-4 2,020円 4番人気
3連複 4-12-14 2,190円 3番人気
3連単 14-4-12 10,550円 9番人気
WIN5 902,120円 2番人気

過去10年間のキーンランドカップのレース結果

第11回 キーンランドカップ
2016年8月28日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 14 ブランボヌール 戸崎圭太 5.6倍(2番人気) 1:08.5 シュウジ レッツゴードンキ
第10回 キーンランドカップ
2015年8月30日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 ウキヨノカゼ 四位洋文 29.1倍(8番人気) 1:08.6 トーホウアマポーラ ティーハーフ
第9回 キーンランドカップ
2014年8月31日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 7 ローブティサージュ 三浦皇成 6.4倍(3番人気) 1:09.0 レッドオーヴァル マジンプロスパー
第8回 キーンランドカップ
2013年8月25日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 フォーエバーマーク 村田一誠 5.2倍(4番人気) 1:11.7 ストレイトガール シュプリームギフト
第7回 キーンランドカップ
2012年8月26日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 パドトロワ 安藤勝己 6.4倍(3番人気) 1:07.6 ダッシャーゴーゴー テイエムオオタカ
第6回 キーンランドカップ
2011年8月28日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 8 カレンチャン 池添謙一 1.9倍(1番人気) 1:08.6 ビービーガルダン パドトロワ
第5回 キーンランドカップ
2010年8月29日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 10 ワンカラット 藤岡佑介 3.7倍(2番人気) 1:08.4 ジェイケイセラヴィ ベストロケーション
第4回 キーンランドカップ
2009年8月30日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 11 ビービーガルダン 安藤勝己 4.8倍(2番人気) 1:08.4 ドラゴンウェルズ グランプリエンゼル
第3回 キーンランドカップ
2008年8月31日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 タニノマティーニ 秋山真一郎 161.4倍(16番人気) 1:07.9 ビービーガルダン キンシャサノキセキ
第2回 キーンランドカップ
2007年8月26日() 札幌競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 14 クーヴェルチュール 横山典弘 7.1倍(4番人気) 1:08.6 アグネスラズベリ ワイルドシャウト

2017年 重賞レース特集

リンクを貼ってキーンランドカップをみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ