京成杯オータムハンデキャップ 2017 重賞レース特集

京成杯オータムハンデキャップの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

京成杯オータムハンデキャップ 2017 最新情報!

京成杯オータムハンデキャップ 2017 レース結果・払戻金


中山 11R WIN5
2017/9/10 (日) 15:45 出走
配信された予想中64件的中!!
(1位回収率は9,200%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
マイネシャンゼリゼ マイネルアウラート ステイゴールド
黒鹿
ターフローズ ロサギガンティア フジキセキ
ルドラ ミッキージョイ ディープインパクト
鹿
スカーレットベル ダノンリバティ キングカメハメハ
鹿
スーア トーセンデューク ディープインパクト
鹿
スウェプトレジーナ アスカビレン ブラックタイド
鹿
バディーラ ダノンプラチナ ディープインパクト
アドマイヤダッシュ ウキヨノカゼ オンファイア
黒鹿
モルガナイト ブラックスピネル タニノギムレット
黒鹿
ハナノメガミ ウインフルブルーム スペシャルウィーク
ルシルク グランシルク ステイゴールド
鹿
マルターズヒート マルターズアポジー ゴスホークケン
鹿
アルーリングボイス オールザゴー ステイゴールド
鹿
シェンク ガリバルディ ディープインパクト
鹿
バイモユリ ボンセルヴィーソ ダイワメジャー
オレンジジェラート ダイワリベラル ダイワメジャー
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
57.0 牡6 57.0 牡6 55.0 牡5 56.0 牡5 55.0 牡6 54.0 牝5 58.0 牡5 55.0 牝7 57.0 牡4 57.0 牡6 56.0 牡5 58.0 牡5 53.0 牡3 57.0 牡6 54.0 牡3 56.0 牡6 斤量
馬齢
柴田大知 杉原誠人 内田博幸 松若風馬 三浦皇成 松田大作 蛯名正義 横山典弘 吉田隼人 松岡正海 田辺裕信 武士沢友治 坂井瑠星 北村宏司 松山弘平 津村明秀 騎手
美浦 高橋裕 美浦 藤沢和雄 美浦 萩原清 栗東 音無秀孝 栗東 藤原英昭 栗東 中尾秀正 美浦 国枝栄 美浦 菊沢隆徳 栗東 音無秀孝 栗東 宮本博 美浦 戸田博文 美浦 堀井雅広 栗東 矢作芳人 栗東 藤原英昭 栗東 池添学 美浦 菊沢隆徳 調教師
464.0 (-2) 526.0 (-8) 506.0 (+6) 524.0 (-2) 452.0 (+2) 464.0 (-2) (0) 480.0 (-8) 506.0 (+6) 518.0 (+4) 504.0 (0) 528.0 (0) 482.0 (+4) 504.0 (0) 462.0 (0) 510.0 (-14) 馬体重
単位: kg
32.112人気 95.815人気 20.18人気 13.76人気 25.49人気 19.37人気 13.45人気 8.44人気 26.110人気 3.01人気 4.52人気 51.914人気 28.511人気 6.93人気 42.913人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 3 6 グランシルク 1:31.6
2 2 3 ガリバルディ 1 3/4
3 7 13 ダノンリバティ クビ
4 3 5 マルターズアポジー 1 3/4
5 6 12 トーセンデューク 1/2
6 6 11 アスカビレン クビ
7 1 1 ダイワリベラル 1/2
8 8 15 ロサギガンティア クビ
9 7 14 ミッキージョイ 3/4
10 2 4 オールザゴー 1/2
11 1 2 ボンセルヴィーソ アタマ
12 4 8 ブラックスピネル 1 3/4
13 4 7 ウインフルブルーム 1/2
14 5 9 ウキヨノカゼ 3 1/2
15 8 16 マイネルアウラート クビ

払戻金

単勝 6 300円 1番人気
複勝 6
3
13
140円
630円
300円
1番人気
12番人気
5番人気
枠連 2-3 1,970円 8番人気
馬連 3-6 4,050円 13番人気
ワイド 3-6
6-13
3-13
1,320円
590円
4,830円
14番人気
4番人気
56番人気
馬単 6-3 6,460円 20番人気
3連複 3-6-13 13,920円 46番人気
3連単 6-3-13 68,880円 224番人気
WIN5 40,180円 1番人気

秋競馬の幕開けを飾る名物レース? 京成杯オータムハンデキャップを徹底解説!

京成杯オータムハンデキャップの歴史から見る予想上のチェックポイント

キストゥヘヴン、ダノンシャークなども出走した京成杯オータムハンデキャップ

京成杯オータムハンデキャップの歴史は古く、創設は1956年まで遡る。当初は「オータムハンデキャップ」の名称で施行されていたが、1959年には「京王杯オータムハンデキャップ」と改称。さらに1998年からは現名称に改められた。条件については、創設初年度は東京芝1600mで施行されたものの、しばしば変更が重ねられ、1984年から現在の中山芝1600mで定着。2012年からはサマーマイルシリーズの最終戦に組み込まれることとなった。

ハンデ重賞ということもあり、一流馬の出走はさほど多くはないが、2008年には桜花賞馬キストゥヘヴンが参戦。見事勝利を収めている。その他にも2013年2着馬のダノンシャークが2走後にマイルチャンピオンシップを制覇しており、今後も京成杯オータムハンデキャップ組の活躍には注意を払う必要がありそうだ。

京成杯オータムハンデキャップの予想にあたって注目したいのは血統表にノーザンテーストを持つ馬?

京成杯オータムハンデキャップの行われる中山芝1600mはスタート直後にコーナーを迎えることで有名。そのため内枠が圧倒的に有利であり、よほどペースが速くならない限り、外から差し込むことは難しい。また、秋の中山開催は例年時計の出る馬場となることが多く、2012年京成杯オータムハンデキャップ勝ち馬のレオアクティブは1分30秒7という驚異的な日本レコードをマーク。持ち時計のない馬は軽視するスタンスを取りたい。

血統的にはディープインパクト、ダイワメジャーなどの産駒が好成績を収めているが、京成杯オータムハンデキャップで注目したいのはノーザンテースト系。かつてはクリスザブレイヴ、カンファーベスト、レッツゴーキリシマなどの好走馬を輩出。残念ながら直系は途絶えてしまったが、ノーザンテーストを祖母の父に持つフラアンジェリコが2015年京成杯オータムハンデキャップを制覇するなど、現在も血統表の中に入って存在感を発揮している。

2016年京成杯オータムハンデキャップの結果をプレイバック

3歳馬ロードクエストが人気を集めた2016年京成杯オータムハンデキャップ

2016年京成杯オータムハンデキャップで1番人気の支持を集めたのはロードクエストだった。デビュー2戦目の新潟2歳ステークスでは、最後方の位置取りで4コーナーを回ると、軽く追われただけで17頭をごぼう抜き。4馬身差の圧勝を飾った。その後はクラシックを目指し、長い距離を使われたため、思うような結果を残せずにいたが、久しぶりのマイル戦となったNHKマイルカップでは2着に好走。改めて距離適性の高さを証明した。マイル路線の新星として秋の主役を目指すためにも、2016年京成杯オータムハンデキャップは古馬との初対戦と言えど負けられないレースとなった。

2番人気に推されたのはダノンプラチナ。2歳時には朝日杯フューチュリティステークスを制し、JRA最優秀2歳牡馬を受賞。その後は富士ステークスなどを勝利するも、G3を勝ったり負けたりという、G1馬としてはやや寂しいレースが続いた。再びG1の舞台で主役の座に輝くべく、2016年京成杯オータムハンデキャップに出走してきた。

3番人気はダノンリバティ。毎日杯、レパードステークス、シリウスステークスで2着に入るなど、芝ダート問わず、重賞で活躍を続けてきた同馬。前走の関屋記念では1分31秒8の時計で2着に入り、高速決着にも対応できるところを見せた。名門スカーレット一族の出身馬として、2016年京成杯オータムハンデキャップは勝利にこだわりたい一戦となった。

以下、ダイワリベラル、ピークトラムらが人気で続いたが、1番人気ロードクエストの単勝オッズは2.8倍を示しており、若きニューヒーローの誕生に多くのファンが期待したとも言えそうな2016年京成杯オータムハンデキャップだった。

マクリ気味に進出したロードクエストが勝利を物にした2016年京成杯オータムハンデキャップ

アルマディヴァンが出走を取り消し、15頭による争いとなった2016年京成杯オータムハンデキャップ。バラついたスタートを切る各馬を尻目に、勢い良くハナを切ったのはピークトラムだった。小牧太騎手の叱咤に応え、注文を付けて馬群を先導していく。2番手に控えたのはワキノブレイブ。差がなくペイシャフェリスが追走し、その内にはシベリアンスパーブ。さらにはダノンリバティ、ダンスアミーガ、クラリティスカイらもそれに続く。1番人気ロードクエストは中団やや後方寄りから上位を窺う格好となった。

残り600m付近からロードクエストが好位まで押し上げ、迎えた最後の直線。急坂で逃げるピークトラムの脚色が衰えると、代わって内で脚を溜めたカフェブリリアントが先頭を窺う。しかし、その外ではロードクエストのエンジンが着火。並ぶ間もなく交わし去って先頭に立つと、結局、そのまま1着でゴールイン。勝ちタイムは1分33秒0。1/2馬身差の2着にはカフェブリリアントが入り、3着はダノンプラチナ。ダイワリベラル、クラリティスカイが4着同着で、ここまでが掲示板を確保。3番人気ダノンリバティは10着に終わった。

池添謙一騎手「マイルが合っていると思うし、このまま順調に行ってほしい」

マクリ気味の競馬で見事2016年京成杯オータムハンデキャップを制覇したロードクエスト。強気の騎乗で勝利をアシストした池添謙一騎手はレース後「すごく落ち着いていて、いい返し馬ができた。いつもゲートは速くないので、今日も許容範囲だった。若干ハミを噛んだところもあったが、上手く我慢はできたし、自ら動いていってねじ伏せるような競馬ができた。強かったと思う。春からコンビを組み、ここまで勝つことはできなかったが、今日は勝てて本当に良かった。マイルが合っていると思うし、このまま順調に行ってほしい」とコメント。愛馬の健闘に賛辞を送った。

6番人気の伏兵評価ながら2着に入ったカフェブリリアントの戸崎圭太騎手は「掛かるところのある馬だが、厩舎が修正してくれて、今日は楽に走っていた。リズムが良くて、間を割る脚もあった。惜しかったが、いい内容だった」と充実感と悔しさが入り混じったような表情を浮かべた。

3着ダノンプラチナに騎乗した蛯名正義騎手は「最後のところがもうひとつ。悪くはないのだが、走りが小さい。いい形で運べたが、勝ち馬に比べて、4コーナーの手応えがいまいちだった」と語り、煮え切らないレースぶりに不満を隠すことはしなかった。

一方、3番人気ながら10着に敗れたダノンリバティの松若風馬騎手は「勝負どころで反応できなかった。広いコースの方がいい」とコース適性を敗因として挙げた。

マルターズアポジーなどに注目? 2017年京成杯オータムハンデキャップを大胆予想!

2016年京成杯オータムハンデキャップを制覇したロードクエストは次走に選んだ富士ステークスで9着に敗退。誰もが認める高い能力を誇りながら、現在も復活の糸口を掴めずにいる。2017年京成杯オータムハンデキャップ出走馬からは秋の大舞台で活躍する馬が誕生することを願いたい。

現時点で2017年京成杯オータムハンデキャップ出走メンバーの詳細は不明だが、出てくれば注目を浴びそうなのはマルターズアポジーか。デビューから一度たりともハナを譲ったことのない現役屈指の逃げ脚を誇る同馬。4歳秋に素質が開花すると、3連勝で福島記念を制覇。今年に入ってからも小倉大賞典を勝利するなど、活躍を続けている。オープン入り後はマイル戦の出走こそないものの、父は京成杯オータムハンデキャップと同じ中山芝1600mの朝日杯フューチュリティステークスを勝利したゴスホークケン。逃げ切りのシーンが見られる可能性は十分だ。

その他、復活を期すロードクエストにダノンプラチナ、マイル路線の名脇役ヤングマンパワーなど、多彩なメンバーが顔を揃えることが予想される2017年京成杯オータムハンデキャップ。発走は9月10日。夏の名残を留める中山競馬場で、名うてのマイラーたちがスピードを競う。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 京成杯オータムハンデキャップのレース結果


京成杯オータムハンデ 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 馬番
クイックコマンド リーサルウェポン ディープインパクト
鹿
プレザントケイプ ペイシャフェリス スペシャルウィーク
鹿
スカーレットベル ダノンリバティ キングカメハメハ
鹿
ウイッチトウショウ トウショウドラフタ アンライバルド
トロピカルレディー スマートオリオン グラスワンダー
ダンスオールナイト ダンスアミーガ サクラバクシンオー
マツリダワルツ ロードクエスト マツリダゴッホ
鹿
ザフェイツ ワキノブレイブ マイネルラヴ
青鹿
ラヴズオンリーミー ラングレー ディープインパクト
鹿
タッチザピーク ピークトラム チチカステナンゴ
黒鹿
タイキクラリティ クラリティスカイ クロフネ
鹿
バディーラ ダノンプラチナ ディープインパクト
マルターズスパーブ シベリアンスパーブ シベリアンホーク
鹿
シンメイミネルバ カフェブリリアント ブライアンズタイム
ゲームコンパイラ アルマディヴァン メジロベイリー
オレンジジェラート ダイワリベラル ダイワメジャー
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
50.0 牝5 53.0 牝5 56.0 牡4 54.0 牡3 57.0 牡6 53.0 牝5 55.0 牡3 56.0 牡6 56.0 牡5 56.0 牡5 57.5 牡4 58.0 牡4 54.0 牡7 54.0 牝6 53.0 牝6 56.0 牡5 斤量
馬齢
吉田隼人 大野拓弥 松若風馬 吉田豊 柴山雄一 勝浦正樹 池添謙一 津村明秀 柴田善臣 小牧太 田辺裕信 蛯名正義 松岡正海 戸崎圭太 横山典弘 北村宏司 騎手
栗東 荒川義之 美浦 高市圭二 栗東 音無秀孝 美浦 萱野浩二 美浦 鹿戸雄一 栗東 中竹和也 美浦 小島茂之 栗東 清水久詞 栗東 矢作芳人 栗東 橋口慎介 美浦 斎藤誠 美浦 国枝栄 美浦 手塚貴久 美浦 堀宣行 美浦 高橋文雅 美浦 菊沢隆徳 調教師
432.0 (-2) 456.0 (+2) 518.0 (-4) 470.0 (+10) 504.0 (0) 480.0 (-2) 452.0 (+2) 490.0 (0) 480.0 (-6) 494.0 (0) 496.0 (0) 470.0 (-18) 502.0 (-2) 452.0 (+18) (0) 528.0 (+10) 馬体重
単位: kg
42.112人気 33.011人気 6.53人気 20.710人気 95.914人気 16.58人気 2.81人気 143.015人気 15.57人気 11.55人気 16.79人気 5.72人気 79.013人気 12.36人気 11.14人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 5 10 ロードクエスト 1:33.0
2 2 3 カフェブリリアント 1/2
3 3 5 ダノンプラチナ 1 1/4
4 1 1 ダイワリベラル 1 1/2
4 3 6 クラリティスカイ 同着
6 7 13 トウショウドラフタ 3/4
7 8 15 ペイシャフェリス アタマ
8 4 7 ピークトラム アタマ
9 8 16 リーサルウェポン 1/2
10 7 14 ダノンリバティ 1/2
11 6 11 ダンスアミーガ 1/2
12 6 12 スマートオリオン アタマ
13 4 8 ラングレー
14 2 4 シベリアンスパーブ
15 5 9 ワキノブレイブ アタマ

払戻金

単勝 10 280円 1番人気
複勝 10
3
5
140円
330円
200円
1番人気
6番人気
2番人気
枠連 2-5 1,990円 7番人気
馬連 3-10 2,280円 6番人気
ワイド 3-10
5-10
3-5
860円
470円
1,320円
6番人気
2番人気
15番人気
馬単 10-3 3,470円 7番人気
3連複 3-5-10 3,940円 6番人気
3連単 10-3-5 19,430円 23番人気
WIN5 326,280円 1番人気

過去10年間の京成杯オータムハンデキャップのレース結果

第61回 京成杯オータムハンデキャップ
2016年9月11日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 10 ロードクエスト 池添謙一 2.8倍(1番人気) 1:33.0 カフェブリリアント ダノンプラチナ
第60回 京成杯オータムハンデキャップ
2015年9月13日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 12 フラアンジェリコ 田辺裕信 62.7倍(13番人気) 1:33.3 エキストラエンド ヤングマンパワー
第59回 京成杯オータムハンデキャップ
2014年9月14日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 クラレント 田辺裕信 4.9倍(2番人気) 1:33.3 ブレイズアトレイル ミトラ
第58回 京成杯オータムハンデキャップ
2013年9月8日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 7 エクセラントカーヴ 戸崎圭太 5.4倍(3番人気) 1:31.8 ダノンシャーク ゴットフリート
第57回 京成杯オータムハンデキャップ
2012年9月9日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 レオアクティブ 横山典弘 4.8倍(2番人気) 1:30.7 スマイルジャック スピリタス
第56回 京成杯オータムハンデキャップ
2011年9月11日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 8 フィフスペトル 横山典弘 3.6倍(2番人気) 1:31.9 アプリコットフィズ レインボーペガサス
第55回 京成杯オータムハンデキャップ
2010年9月12日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 7 ファイアーフロート 津村明秀 7.7倍(4番人気) 1:32.8 キョウエイストーム キョウエイアシュラ
第54回 京成杯オータムハンデキャップ
2009年9月13日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 ザレマ 内田博幸 7.5倍(2番人気) 1:32.1 アップドラフト マイネルスケルツィ
第53回 京成杯オータムハンデキャップ
2008年9月14日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 16 キストゥヘヴン 藤田伸二 6.8倍(3番人気) 1:32.1 レッツゴーキリシマ ステキシンスケクン
第52回 京成杯オータムハンデキャップ
2007年9月9日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 キングストレイル 田中勝春 6.0倍(2番人気) 1:32.6 カンファーベスト マイネルシーガル

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ