函館スプリントステークス 2017 重賞レース特集

函館スプリントステークスの2017年度版重賞(G3)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 函館スプリントステークス NEWS!
  • 更新
    2017年6月18日 15時41分 レース結果、払戻金が確定されました。
  • 更新
    2017年6月15日 16時36分 今年の出馬表が発表されました。
  • 新着
    函館スプリントステークス 2017 特集ページがオープンしました。

函館スプリントステークス 2017 最新情報!

函館スプリントステークス 2017 レース結果・払戻金


函館 11R WIN5
2017/6/18 (日) 15:25 出走
配信された予想中69件的中!!
(1位回収率は2,707%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

函館スプリントステークス(GIII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ルシュクル ブランボヌール ディープインパクト
オブザーヴァント セイウンコウセイ アドマイヤムーン
ホッコーメモリー ホッコーサラスター ヨハネスブルグ
鹿
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ
鹿
GhostlyDarkness レヴァンテライオン PioneeroftheNile
黒鹿
ルミナスポイント ジューヌエコール クロフネ
鹿
MissFearFactor エイシンブルズアイ Belgravia
アラマサスナイパー クリスマス バゴ
黒鹿
TempleStreet イッテツ InvincibleSpirit
鹿
マニックサンデー エポワス ファルブラヴ
鹿
ラブハート キングハート オレハマッテルゼ
鹿
ノボキッス ノボバカラ アドマイヤオーラ
チェルカ ラインハート ステイゴールド
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
54.0 牝4 56.0 牡4 54.0 牝6 56.0 牡4 52.0 牡3 50.0 牝3 56.0 牡6 54.0 牝6 56.0 牡5 56.0 せん9 56.0 牡4 57.0 牡5 54.0 牝6 斤量
馬齢
岩田康誠 幸英明 池添謙一 武豊 蛯名正義 北村友一 吉田隼人 松岡正海 石橋脩 柴山雄一 中谷雄太 浜中俊 四位洋文 騎手
栗東 中竹和也 美浦 上原博之 栗東 飯田祐史 栗東 須貝尚介 栗東 矢作芳人 栗東 安田隆行 栗東 野中賢二 美浦 伊藤大士 美浦 斎藤誠 美浦 藤沢和雄 美浦 星野忍 美浦 天間昭一 美浦 上原博之 調教師
440.0 (-6) 502.0 (+2) 472.0 (+6) 500.0 (-2) 490.0 (+8) 482.0 (-2) 470.0 (-4) 456.0 (+6) 490.0 (+6) 484.0 (+6) 492.0 (+4) 502.0 (-16) 468.0 (0) 馬体重
単位: kg
11.55人気 2.11人気 83.012人気 4.72人気 28.39人気 7.23人気 25.88人気 15.16人気 55.811人気 22.47人気 10.14人気 40.810人気 236.013人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 6 8 ジューヌエコール レコード
2 3 3 キングハート 2 1/2
3 4 4 エポワス クビ
4 8 12 セイウンコウセイ 1/2
5 4 5 イッテツ クビ
6 5 7 エイシンブルズアイ クビ
7 2 2 ノボバカラ クビ
8 6 9 レヴァンテライオン アタマ
9 8 13 ブランボヌール ハナ
10 7 10 シュウジ
11 7 11 ホッコーサラスター 1 1/2
12 1 1 ラインハート クビ
13 5 6 クリスマス

払戻金

単勝 8 720円 3番人気
複勝 8
3
4
270円
320円
490円
3番人気
4番人気
7番人気
枠連 3-6 2,800円 11番人気
馬連 3-8 3,090円 11番人気
ワイド 3-8
4-8
3-4
1,060円
1,760円
1,580円
11番人気
21番人気
19番人気
馬単 8-3 6,000円 21番人気
3連複 3-4-8 13,120円 43番人気
3連単 8-3-4 55,520円 177番人気
WIN5 288,410円 3番人気

函館スプリントステークスは秋へと続くスプリント路線の重要参考レース!

函館スプリントステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

函館スプリントステークスはスプリント路線の老舗とも言うべきレース?

函館スプリントステークスの前身「札幌スプリントステークス」が創設されたのは1994年。当初は札幌芝1200mで施行されたが、札幌と函館の開催順序が入れ替えられたことに伴い、1997年より「函館スプリントステークス」に改称。以降、函館競馬場のスタンド改修工事が行われた2009年を除き、函館芝1200mの開催で定着している。

昨今は日本でも芝1200mの重賞が増加しているが、函館スプリントステークスは短距離路線が本格的に整備される以前から施行されており、数々の名馬を送り出している。特に牝馬の活躍が目立ち、ビリーヴやカレンチャンといった歴史的名牝が函館スプリントステークスで勝利。2006年より始まったサマースプリントシリーズの対象レースに指定されており、今後も熱戦が繰り広げられること必至の重要レースだ。

函館スプリントステークスの予想にあたってはダイワメジャー産駒に要注目

函館スプリントステークスの行われる函館競馬場はヨーロッパなどでも使われる洋芝が用いられる。そのため平坦小回りコースながらパワーも求められ、一介のスピード馬が勝利することは難しい。

血統的にはダイワメジャーの産駒が勝率、単勝回収率で優秀な成績を残している。函館スプリントステークスでもソルヴェイグが勝っており、今後も注意が必要だ。一方、不振に喘ぐのはアドマイヤムーン産駒。昨年末までの5年間の単勝回収率は25%に留まっており、人気でも疑ってかかるのが賢明かもしれない。

2016年函館スプリントステークスの結果をプレイバック

2016年函館スプリントステークスは7番人気までが単勝10倍を切る混戦模様に

2016年函館スプリントステークスで1番人気の支持を集めたのはオメガヴェンデッタだった。父ゼンノロブロイ、母は2001年スワンステークスなど重賞4勝のビハインドザマスクという良血の同馬。ジュニアカップ、マーガレットステークスでともに3着に入るなど、3歳時からその期待に違わぬ能力を示してはいたものの、ややムラ駆けな面が目立ち、オープン入りは4歳7月まで遅れた。しかし、その後はスワンステークス3着、阪急杯2着など、スプリント路線の有望株と謳われるまでに成長。函館芝1200mは準オープンの函館日刊スポーツ杯を勝った舞台であり、そのコース適性からも期待を集めることとなった。

2番人気はシュウジ。デビューから3連勝で小倉2歳ステークスを制覇すると、距離を伸ばして挑んだデイリー杯2歳ステークスは単勝1.7倍の人気を集めながら2着。朝日杯フューチュリティステークスも5着に終わった。3歳になってからもマイル路線に駒を進めたが、やや引っ掛かる仕種を見せるなど、距離に壁があるようにも見受けられ、待望の1200m戦となる2016年函館スプリントステークスは負けられない一戦となった。

3番人気にはアクティブミノルが推された。単勝48.0倍の10番人気でセントウルステークスを勝利するなど、3歳時から現役屈指の穴馬として活躍していた同馬。一方で、安定感に欠ける面も否めなかったが、前走の高松宮記念では強力メンバー相手に好位からの競馬で4着と好走。逃げ一辺倒の脚質から脱却し、新味を見せた。今後のさらなる飛躍に向けて、2016年函館スプリントステークスは試金石の一戦となった。

以下、ティーハーフ、オデュッセウスが人気で続いたが、7番人気レッツゴードンキまでが10倍以下の単勝オッズとなっており、稀に見る混戦模様とも言えそうな2016年函館スプリントステークスだった。

2016年函館スプリントステークスは12番人気ソルヴェイグが早め先頭から押し切り優勝

各馬、順調に枠入りを終え、いよいよ発走の時を迎えた2016年函館スプリントステークス。戦前の予想通り、外からローレルベローチェが勢いよく飛び出すと、中井裕二騎手の手綱に導かれハナに立つ。2番手に付けたのはソルヴェイグ。内からは人気のシュウジも前に取り付き、その外にはアクティブミノル。さらに外ではキャンディバローズが追走し、人気のソルヴェイグはその後方。ディフェンディングチャンピオンのティーハーフはいつも通りの後方待機策となった。

後方各馬も一気に差を詰め、迎えた最後の直線。後退気味のローレルベローチェに代わり、ソルヴェイグが先頭に立つ。外ではアクティブミノルが懸命に抵抗し、内からはシュウジも脚を伸ばす。さらにその内からはレッツゴードンキの伸び脚が鋭い。大混戦となったが、最後はシュウジとソルヴェイグが鼻づらを合わせるようにして入線。写真判定の結果、軍配が上がったのは外のソルヴェイグ。勝ちタイムは1分7秒8のコースレコード。ハナ差の2着にはシュウジが入り、1馬身1/4差の3着はレッツゴードンキ。1番人気のオメガヴェンデッタは見せ場なく6着に敗れた。

丸田恭介騎手「サマースプリントシリーズはソルヴェイグと一緒に戦いたい」

壮絶な叩き合いを制し、12番人気の低評価を覆す走りを見せたソルヴェイグ。勝利をアシストした丸田恭介騎手はレース後「スタートを生かす競馬を心掛けた。逃げ馬を見ながら、いいリズムで運ぶことができた。最後はシュウジに前に出られたシーンもあったが、よく跳ね返してくれたと思う。勝てて嬉しい。サマースプリントシリーズはこの馬と一緒に戦っていきたい」とコメント。これから始まる夏を彼女とともに歩むことを誓った。

一方、僅差の2着に敗れたシュウジを管理する須貝尚介調教師は「馬の調子は良かった。レースでもジョッキーが上手く乗ってくれた」と全力を出し切ったことを強調した。

3着レッツゴードンキに騎乗した吉田隼人騎手は「先行馬の後ろで競馬ができたし、よく頑張っている。小回りコースでも力を出してくれたが、広いコースで自分のペースを守る形ならさらに良くなると思う」と語り、不向きな条件で奮闘した愛馬をねぎらった。

一方、1番人気ながら6着に終わったオメガヴェンデッタの武豊騎手は「思い通りのポジションは取れたが、そのまま伸びなかった。もう少し切れ味が欲しい感じ」と今後の課題を口にした。

2017年函館スプリントステークスを大胆予想! G1馬セイウンコウセイも参戦予定?

2016年函館スプリントステークスを制覇したソルヴェイグはキーンランドカップ4着を経て挑んだスプリンターズステークスでもタイム差なしの3着に好走。残念ながらジョッキーは乗り替わりとなったが、牡馬の一線級に混じっても引けを取らないところを見せた。また、レッツゴードンキも今年の高松宮記念で2着するなど、ハイレベルな素質を披露。2017年函館スプリントステークス出走馬に掛かる期待も自ずと大きくなる。

2017年函館スプリントステークスにおける最大の目玉はセイウンコウテイだろう。未勝利脱出に7戦を要したが、その後はあれよあれよと勝利を重ね、シルクロードステークス2着の次走に選んだ今年の高松宮記念を見事勝利。重賞初勝利をG1制覇で飾った。ただし、当時は6番人気とあくまで挑戦者の立場。スプリント路線の絶対的王者として君臨するためにも、2017年函館スプリントステークスは真価の問われる一戦になりそうだ。

虎視眈々と逆転を狙うのはシュウジ。昨年暮れの阪神カップではイスラボニータを下すなど、高い素質は実証済みであるにも関わらず、コンスタントに能力を発揮できず、今年の高松宮記念では15着に凡走。昨年輝きを放った函館での巻き返しなるかに注目が集まる。

その他、鞍馬ステークスを勝った上がり馬キングハート、老いてますます盛んな9歳馬エポワスなど、多彩なメンバーが揃うことが想定される2017年函館スプリントステークス。決戦は6月18日。北の大地で競馬の夏が産声を上げる。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 函館スプリントステークスのレース結果


函館11R
第23回 函館スプリントステークスGIII
2016/06/19() 15:25 出走

函館スプリントステークス 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
アスドゥクール ソルヴェイグ ダイワメジャー
ホクトペンダント ファントムロード フジキセキ
鹿
ヘイローフジ ローレルベローチェ サクラバクシンオー
ダイヤモンドピアス アースソニック クロフネ
鹿
ビールジャント ティーハーフ ストーミングホーム
アフレタータ キャンディバローズ ディープインパクト
鹿
スギノキューティー スカイキューティー スペシャルウィーク
黒鹿
ピエナアマゾン アクティブミノル スタチューオブリバティ
黒鹿
ラドラーダ ティソーナ ダイワメジャー
黒鹿
ビハインドザマスク オメガヴェンデッタ ゼンノロブロイ
鹿
ファインセイコー セイコーライコウ クロフネ
鹿
マニックサンデー エポワス ファルブラヴ
鹿
ライツェント オデュッセウス ファルブラヴ
鹿
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ
鹿
ヤマニンプチフール ヤマニンプチガトー ヤマニンセラフィム
マルトク レッツゴードンキ キングカメハメハ
母馬名 馬名 父馬名
毛色
50.0牝3 56.0せん8 56.0牡5 56.0牡7 56.0牡6 50.0牝3 54.0牝6 56.0牡4 52.0牡3 56.0せん5 57.0牡9 56.0せん8 52.0牡3 52.0牡3 54.0牝7 54.0牝4 斤量
馬齢
丸田恭介 藤岡佑介 中井裕二 三浦皇成 池添謙一 菱田裕二 勝浦正樹 藤岡康太 柴山雄一 武豊 柴田善臣 杉原誠人 戸崎圭太 岩田康誠 村田一誠 吉田隼人 騎手
栗東鮫島一歩 美浦堀宣行 栗東飯田雄三 栗東中竹和也 栗東西浦勝一 栗東矢作芳人 美浦斎藤誠 栗東北出成人 美浦藤沢和雄 栗東安田隆行 美浦竹内正洋 美浦藤沢和雄 美浦手塚貴久 栗東須貝尚介 栗東木原一良 栗東梅田智之 調教師
464.0(+4) 488.0(-2) 508.0(0) 492.0(+4) 458.0(-6) 400.0(-8) 488.0(+8) 480.0(-2) 492.0(+4) 500.0(+2) 484.0(-8) 486.0(+6) 478.0(+4) 486.0(-8) 494.0(0) 476.0(0) 馬体重
単位: kg
39.412人気 76.413人気 8.06人気 36.811人気 6.84人気 32.69人気 175.816人気 6.03人気 17.78人気 4.91人気 107.614人気 33.610人気 7.95人気 6.02人気 150.915人気 8.17人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 8 16 ソルヴェイグ 1:07.8
2 2 3 シュウジ ハナ
3 1 1 レッツゴードンキ 1 1/4
4 5 9 アクティブミノル クビ
5 3 5 エポワス 1/2
6 4 7 オメガヴェンデッタ クビ
7 2 4 オデュッセウス 1/2
8 4 8 ティソーナ 1 1/4
9 7 13 アースソニック ハナ
10 1 2 ヤマニンプチガトー ハナ
11 8 15 ファントムロード ハナ
12 6 12 ティーハーフ 1/2
13 7 14 ローレルベローチェ 1
14 3 6 セイコーライコウ 1 1/4
15 5 10 スカイキューティー 1/2
16 6 11 キャンディバローズ 3/4

払戻金

単勝 16 3,940円 12番人気
複勝 16
3
1
850円
250円
320円
12番人気
3番人気
7番人気
枠連 2-8 3,850円 18番人気
馬連 3-16 17,090円 54番人気
ワイド 3-16
1-16
1-3
4,740円
6,050円
1,030円
55番人気
61番人気
9番人気
馬単 16-3 36,650円 108番人気
3連複 1-3-16 43,840円 142番人気
3連単 16-3-1 397,650円 1104番人気

過去10年間の函館スプリントステークスのレース結果

第23回 函館スプリントステークス
2016年6月19日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 16 ソルヴェイグ 丸田恭介 39.4倍(12番人気) 1:07.8 シュウジ レッツゴードンキ
第22回 函館スプリントステークス
2015年6月21日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 9 ティーハーフ 国分優作 6.3倍(4番人気) 1:08.3 アースソニック レンイングランド
第21回 函館スプリントステークス
2014年6月22日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 3 ガルボ 津村明秀 35.9倍(8番人気) 1:08.5 ローブティサージュ クリスマス
第20回 函館スプリントステークス
2013年6月16日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 14 パドトロワ 勝浦正樹 18.0倍(6番人気) 1:08.5 シュプリームギフト フォーエバーマーク
第19回 函館スプリントステークス
2012年6月17日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 ドリームバレンチノ 松山弘平 6.7倍(2番人気) 1:09.4 ロードカナロア ビスカヤ
第18回 函館スプリントステークス
2011年7月3日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 カレンチャン 池添謙一 2.7倍(1番人気) 1:08.0 テイエムオオタカ アンシェルブルー
第17回 函館スプリントステークス
2010年7月4日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 ワンカラット 藤岡佑介 4.2倍(2番人気) 1:08.2 ビービーガルダン アポロフェニックス
第16回 函館スプリントステークス
2009年7月5日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 グランプリエンゼル 熊沢重文 4.1倍(1番人気) 1:08.5 タニノマティーニ ブラックバースピン
第15回 函館スプリントステークス
2008年7月6日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 キンシャサノキセキ 岩田康誠 1.8倍(1番人気) 1:08.4 トウショウカレッジ キングストレイル
第14回 函館スプリントステークス
2007年7月1日() 函館競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 アグネスラズベリ 角田晃一 6.5倍(3番人気) 1:08.9 サープラスシンガー ブラックバースピン

2017年 重賞レース特集

リンクを貼って函館スプリントステークスをみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ