ステイヤーズステークス 2017 重賞レース特集

ステイヤーズステークスの2017年度版重賞(G2)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

ステイヤーズステークス 2017 最新情報!

ステイヤーズステークス 2017 レース結果・払戻金


中山 11R
2017/12/2 (土) 15:25 出走
配信された予想中152件的中!!
(1位回収率は450%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

ステイヤーズステークス(GII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ナイトクルーズ カムフィー ダンスインザダーク
黒鹿
フォルクローレ アルバート アドマイヤドン
ユーモレスク サイモントルナーレ ゴールドアリュール
フーラクサ プレストウィック ダイワメジャー
ゴコウ シホウ キングカメハメハ
鹿
アガルタ プロレタリアト ハーツクライ
鹿
ドリームキセキ シルクドリーマー タニノギムレット
鹿
レディスキッパー グランアルマダ ダイワメジャー
ホールオブフェーム フェイムゲーム ハーツクライ
青鹿
ローザロッサ デルマサリーチャン ホワイトマズル
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡8 57.0 牡6 56.0 牡11 56.0 牡6 56.0 牡6 54.0 牝6 56.0 牡8 56.0 牡5 57.0 せん7 54.0 牝6 斤量
馬齢
勝浦正樹 R.ムーア 藤田菜七子 V.シュミノー 吉田隼人 杉原誠人 戸崎圭太 石橋脩 H.ボウマン 武士沢友治 騎手
美浦 池上昌和 美浦 堀宣行 美浦 加藤和宏 美浦 武藤善則 栗東 笹田和秀 美浦 小島茂之 美浦 黒岩陽一 栗東 西園正都 美浦 宗像義忠 美浦 堀井雅広 調教師
462.0 (+2) 476.0 (0) 454.0 (-10) 530.0 (+2) 518.0 (+14) 442.0 (-2) 490.0 (+16) 526.0 (0) 468.0 (+16) 488.0 (+8) 馬体重
単位: kg
165.410人気 1.31人気 133.09人気 11.33人気 15.74人気 92.38人気 16.45人気 26.66人気 4.62人気 70.17人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 8 9 アルバート 3:43.0
2 2 2 フェイムゲーム 2 1/2
3 7 7 プレストウィック
4 5 5 プロレタリアト 3/4
5 6 6 シホウ 1 3/4
6 3 3 グランアルマダ
7 4 4 シルクドリーマー
8 8 10 カムフィー
9 1 1 デルマサリーチャン クビ
10 7 8 サイモントルナーレ 大差

払戻金

単勝 9 130円 1番人気
複勝 9
2
7
100円
120円
140円
1番人気
2番人気
3番人気
枠連 2-8 220円 1番人気
馬連 2-9 210円 1番人気
ワイド 2-9
7-9
2-7
130円
180円
400円
1番人気
2番人気
6番人気
馬単 9-2 290円 1番人気
3連複 2-7-9 450円 1番人気
3連単 9-2-7 830円 1番人気
WIN5 - - -

長い旅路の果てに栄光が待っている? ステイヤーズステークスを徹底解説!

ステイヤーズステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

JRAの平地重賞としては最長の距離を誇るステイヤーズステークス

ステイヤーズステークスが創設されたのは1967年。当初より一貫して中山芝3600mで施行されており、JRAで開催される平地の重賞レースとしては最長距離となっている。

昨今の長距離レース軽視の風潮の中にあって、ややレベルの劣るメンバー構成となる年こそあるが、それでも毎年のようにスタミナ自慢の実力馬がステイヤーズステークスに出走。デルタブルース、マイネルキッツといったG1馬がステイヤーズを勝利したほか、敗れはしたものの3歳時のテイエムオペラオーも古馬初対戦の舞台に本レースを選択。翌年の天皇賞(春)はもちろん、有馬記念に向けたステップレースとしての機能も果たしている。また、トウカイトリックが10歳時に勝利、さらに11歳となった翌年も3着に入って話題となったように、稀少な長距離重賞らしく、様々な見どころを提供してくれることもステイヤーズステークスの特徴と言うことができそうだ。

ステイヤーズステークスの予想にあたって注目したい血統はネオユニヴァース産駒?

中山芝3600mは年1回、ステイヤーズステークスのみに使用されるコース。内回りコースを2周回るコース形態となっている。長距離戦らしく、序盤からペースが流れることは稀で、2周目3コーナー付近からのロングスパート合戦になることが多い。予想の際は長くいい脚を使える馬を上位に取りたい。

血統的にはネオユニヴァースの産駒が好成績をマーク。デスペラードによるステイヤーズステークス連覇のほか、ユニバーサルバンクも2着に好走。サンプルこそ少ないものの、過去5年でのべ5頭が出走し、うち4頭が馬券圏内に好走している。今後も積極的に狙ってみて損はないはずだ。

2016年ステイヤーズステークスの結果をプレイバック

ディフェンディングチャンピオンのアルバートが人気を集めた2016年ステイヤーズステークス

2016年ステイヤーズステークスで1番人気の支持を集めたのはアルバートだった。条件クラスから怒涛の4連勝で前年のステイヤーズステークスを制覇した同馬。その後は勝ち星こそ挙げられずにいたものの、天皇賞(春)でも6着とまずまずの結果を収め、さらに休み明けの前走アルゼンチン共和国杯では2着に好走。定石どおり、ひと叩きで体調も上向き、万全の態勢で2016年ステイヤーズステークスに挑んできた。また、前年同様、世界的名手ライアン・ムーア騎手を鞍上に迎えたことも人気を後押しする要素となった。

2番人気にはモンドインテロが推された。ディープインパクト産駒としては珍しくダート戦で未勝利、500万を連勝。その後は芝路線に転向し、中距離以上のレースで徐々に頭角を現し、4歳1月にオープン入りを果たした。これまでメトロポリタンステークス、札幌日経オープンとオープン特別を2勝しており、念願の重賞タイトルを獲得するべく、2016年ステイヤーズステークスに駒を進めてきた。

3番人気はファタモルガーナ。デビュー戦の単勝オッズは20.7倍と大きな期待を掛けられていたとは言い難かったが、4戦目で未勝利を突破すると、その後もコツコツとクラスを上げ、2012年のステイヤーズステークスでは2着に好走。格上挑戦ながら早め進出から粘り込んだレースぶりは、明るい未来を予感させるのに十分だった。その後も長期休養などを挟みつつ、長距離重賞の常連として長きに渡って活躍。ただし、重賞タイトルはあと一歩のところで獲得できずにいたため、すでに8歳を迎えた大ベテランの彼にとって、2016年ステイヤーズステークスは非常に重要なレースとなった。

以下、ジャパンカップ4着馬ジャングルクルーズ、前年のステイヤーズステークス2着のカムフィーなどが人気で続いたが、1番人気アルバート、2番人気モンドインテロの単勝オッズはそれぞれ1.3倍、3.9倍。一方、3番人気ファタモルガーナは17.4倍と大きく水を開けられており、2016年ステイヤーズステークスは事実上の2強対決と目された。

アルバートを初めとした人気馬が順当に上位を占めた2016年ステイヤーズステークス

スタンド前でのゲートインが進み、いよいよ発走時刻を迎えた2016年ステイヤーズステークス。スタートが切られ、ハナを奪ったのはウインインスパイアだった。松岡正海騎手に導かれ、長旅の先導を切っていく。2番手に付けたのはタマモベストプレイ。やや離れた3番手にはマドリードカフェが続き、再び馬群は切れてサムソンズプライドが4番手。人気のアルバートは中団付近でじっくりと脚を溜める戦法を取った。

2周目向こう正面でサイモントルナーレが一気に先頭に立つなど、長距離戦らしい駆け引きが繰り広げられる中、迎えた最後の直線。早めに動いたタマモベストプレイを交わし、ファタモルガーナが先頭に躍り出る。しかし、直後ではすでにアルバートのエンジンが着火。ライアン・ムーア騎手のGOサインに応え、1完歩ごとに前との差を縮めてゆく。最後はやや際どい勝負になったものの、結局、態勢代わってアルバートが1着でゴールイン。勝ちタイムは3分47秒4。クビ差の2着にはファタモルガーナが粘り込み、さらに1馬身3/4差の3着は後方から追い込んだモンドインテロ。以下、プレストウィック、タマモベストプレイの順で入線。2016年ステイヤーズステークスは人気馬が順当に上位を占める結果となった。

ライアン・ムーア騎手「この馬は今後も重賞を勝ち続けられると思う」

単勝1.3倍の圧倒的人気に応え、見事2016年ステイヤーズステークスを制したアルバート。勝利をエスコートしたライアン・ムーア騎手はレース後「最終コーナーの手応えが良くて余裕があったが、今日は負担重量が去年より重く、2着馬も強かったので、ゴール前は接戦になった。この馬は今後も重賞を勝ち続けられると思う」とコメント。能力の高さに改めて太鼓判を押した。

早め先頭から大きな見せ場を作った2着ファタモルガーナの蛯名正義騎手は「勝つならこの形で、という絶好の形に持ち込めたのだが…。仕方がない。この馬も良く走っている」と悔しさを強く滲ませるコメントを残した。

3着モンドインテロに騎乗したクリストフ・ルメール騎手は「よく頑張ってくれた。直線もよく伸びていたのだが、最後は止まってしまった」と冷静にレースを振り返った。

7番人気ながら4着に好走したプレストウィックの戸崎圭太騎手は「長い距離は大丈夫だった。リラックスして走っていた。途中で動こうと思っていたが、動けなかったので、その分の差が出たのかも」とやや後悔の残る騎乗だったことを窺わせた。

アルバート、フェイムゲームなどに注目? 2017年ステイヤーズステークスを大胆予想!

2016年ステイヤーズステークスを勝ったアルバートは先述のライアン・ムーア騎手のコメント通り、次々走のダイヤモンドステークスを勝利。国内屈指の長距離砲たる潜在能力を改めて示すこととなった。天皇賞(春)5着後は休養に入り、オールカマー7着、アルゼンチン共和国杯4着と、ステイヤーズステークス3連覇の偉業達成に向け、着々と調子を整えつつある。2017年ステイヤーズステークスでもその走りから目が離せないだろう。

2017年ステイヤーズステークスでそのアルバートの対抗馬となりそうなのはフェイムゲームか。これまで長距離戦を中心に重賞5勝と多くのマラソンレースで存在感を発揮してきた同馬。昨年あたりからはやや精彩を欠くレースが増え、年齢による衰えを指摘されていたものの、今年の目黒記念ではトップハンデタイの斤量を背負いながら上がり3ハロン33.9秒の切れ味で見事勝利。ベテラン健在を競馬ファンに強く印象付けた。どちらかと言えば、良績が広いコースに集中している点は気掛かりだが、中山の小回りコースさえ克服すれば、2017年ステイヤーズステークスでも侮れない存在となってくるはずだ。

その他、昨年3着馬モンドインテロの参戦なども噂される2017年ステイヤーズステークス。発走は12月2日。日本を代表するステイヤーたちが無尽蔵のスタミナを武器に死闘を繰り広げる。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 ステイヤーズステークスのレース結果


ステイヤーズS (G2) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ナイトクルーズ カムフィー ダンスインザダーク
黒鹿
ユーモレスク サイモントルナーレ ゴールドアリュール
ツクバノーブル マイネルメダリスト ステイゴールド
鹿
モエレプロミネンス プロモントーリオ ゴールドヘイロー
鹿
ステラマドレード マドリードカフェ マンハッタンカフェ
黒鹿
シルクユニバーサル モンドインテロ ディープインパクト
鹿
タニノミラージュ ファタモルガーナ ディープインパクト
鹿
フィヨルドクルーズ ジャングルクルーズ ジャングルポケット
鹿
フーラクサ プレストウィック ダイワメジャー
ホットプレイ タマモベストプレイ フジキセキ
フォルクローレ アルバート アドマイヤドン
ハギノオマージュ ウインインスパイア タニノギムレット
黒鹿
フェザーレイ サムソンズプライド メイショウサムソン
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡7 56.0 牡10 56.0 牡8 56.0 せん6 56.0 牡5 56.0 牡4 56.0 せん8 56.0 せん7 56.0 牡5 56.0 牡6 57.0 牡5 56.0 牡5 56.0 牡6 斤量
馬齢
田辺裕信 内田博幸 柴田大知 北村宏司 川島信二 C.ルメール 蛯名正義 四位洋文 戸崎圭太 津村明秀 堀宣行 松岡正海 吉田豊 騎手
美浦 池上昌和 美浦 田中清隆 美浦 田中清隆 美浦 萩原清 栗東 荒川義之 美浦 手塚貴久 栗東 荒川義之 美浦 藤沢和雄 美浦 武藤善則 栗東 南井克巳 美浦 美浦 高橋祥泰 美浦 杉浦宏昭 調教師
464.0 (+2) 470.0 (+10) 504.0 (+4) 504.0 (0) 516.0 (-10) 486.0 (+2) 494.0 (-6) 514.0 (+12) 528.0 (-6) 484.0 (+6) 472.0 (-2) 452.0 (-2) 484.0 (+12) 馬体重
単位: kg
28.75人気 207.513人気 135.111人気 95.610人気 48.49人気 3.92人気 17.43人気 21.64人気 30.37人気 29.56人気 1.31人気 179.712人気 42.68人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 アルバート 3:47.4
2 5 7 ファタモルガーナ クビ
3 6 8 モンドインテロ 1 3/4
4 4 5 プレストウィック 2 1/2
5 4 4 タマモベストプレイ
6 5 6 ジャングルクルーズ クビ
7 1 1 サムソンズプライド クビ
8 8 13 カムフィー 1 3/4
9 7 10 プロモントーリオ クビ
10 6 9 マドリードカフェ 3/4
11 7 11 マイネルメダリスト クビ
12 2 2 ウインインスパイア 大差
13 8 12 サイモントルナーレ 3 1/2

払戻金

単勝 3 130円 1番人気
複勝 3
7
8
110円
190円
120円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 3-5 480円 2番人気
馬連 3-7 880円 2番人気
ワイド 3-7
3-8
7-8
290円
140円
550円
2番人気
1番人気
7番人気
馬単 3-7 960円 3番人気
3連複 3-7-8 740円 1番人気
3連単 3-7-8 2,710円 6番人気
WIN5 - - -

過去10年間のステイヤーズステークスのレース結果

第50回 ステイヤーズステークス
2016年12月3日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 3 アルバート R.ムーア 1.3倍(1番人気) 3:47.4 ファタモルガーナ モンドインテロ
第49回 ステイヤーズステークス
2015年12月5日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 アルバート R.ムーア 3.2倍(1番人気) 3:45.9 カムフィー トゥインクル
第48回 ステイヤーズステークス
2014年12月6日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 8 デスペラード 横山典弘 5.2倍(3番人気) 3:47.8 ファタモルガーナ クリールカイザー
第47回 ステイヤーズステークス
2013年11月30日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 4 デスペラード 横山典弘 3.0倍(1番人気) 3:45.2 ユニバーサルバンク トウカイトリック
第46回 ステイヤーズステークス
2012年12月1日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 15 トウカイトリック 北村宏司 28.0倍(8番人気) 3:46.5 ファタモルガーナ デスペラード
第45回 ステイヤーズステークス
2011年12月3日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 9 マイネルキッツ 三浦皇成 8.2倍(4番人気) 3:50.8 イグアス トウカイトリック
第44回 ステイヤーズステークス
2010年12月4日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 コスモヘレノス 松岡正海 14.9倍(5番人気) 3:43.4 ジャミール ネヴァブション
第43回 ステイヤーズステークス
2009年12月5日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 フォゲッタブル C.スミヨン 2.0倍(1番人気) 3:51.3 ゴールデンメイン モンテクリスエス
第42回 ステイヤーズステークス
2008年12月6日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 エアジパング 横山典弘 11.9倍(6番人気) 3:48.1 フローテーション トウカイエリート
第41回 ステイヤーズステークス
2007年12月1日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 4 マキハタサイボーグ 吉田豊 50.7倍(7番人気) 3:44.9 ネヴァブション アドマイヤモナーク

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ