セントライト記念 2017 重賞レース特集

セントライト記念の2017年度版重賞(G2)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 セントライト記念 NEWS!
  • 更新
    2017年9月18日 16時01分 レース結果、払戻金が確定されました。
  • 更新
    2017年9月14日 16時36分 今年の出馬表が発表されました。
  • 新着
    セントライト記念 2017 特集ページがオープンしました。

セントライト記念 2017 最新情報!

セントライト記念 2017 レース結果・払戻金


中山 11R WIN5
2017/9/18 (月) 15:45 出走
配信された予想中152件的中!!
(1位回収率は1,150%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

セントライト記念(GII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
シリアスアティテュード スティッフェリオ ステイゴールド
鹿
ハイアーラヴ クレッシェンドラヴ ステイゴールド
鹿
アドマイヤダンサー ストロングレヴィル ハーツクライ
黒鹿
メイユーブルーム ローリングタワー ハービンジャー
黒鹿
マンハッタンフィズ インペリアルフィズ ジャングルポケット
ミサトペニー サンデームーティエ タニノギムレット
プレザントブリーズ プラチナヴォイス エンパイアメーカー
鹿
シチリアーナ ブラックギムレット タニノギムレット
黒鹿
ドバイマジェスティ アルアイン ディープインパクト
鹿
ブライトアバンダンス サーレンブラント ディープインパクト
鹿
マドレボニータ ミッキースワロー トーセンホマレボシ
鹿
ザフェイツ クリンチャー ディープスカイ
鹿
アドマイヤアイドル ブラックロード シンボリクリスエス
黒鹿
トゥーピー サトノクロニクル ハーツクライ
鹿
テンイムホウ サンシロウ ネオユニヴァース
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 斤量
馬齢
北村友一 戸崎圭太 石橋脩 三浦皇成 田辺裕信 吉田豊 内田博幸 大野拓弥 C.ルメール 岩田康誠 横山典弘 藤岡佑介 M.デムーロ 柴田善臣 騎手
栗東 音無秀孝 美浦 二ノ宮敬宇 美浦 堀宣行 美浦 伊藤伸一 美浦 小島太 美浦 谷原義明 栗東 鮫島一歩 美浦 柴田政人 栗東 池江泰寿 美浦 戸田博文 美浦 菊沢隆徳 栗東 宮本博 栗東 池江泰寿 美浦 柄崎孝 調教師
438.0 (-4) 492.0 (+4) 474.0 (-2) 432.0 (-6) 458.0 (+2) 444.0 (+10) 510.0 (+2) 448.0 (-2) 526.0 (+10) 450.0 (0) 482.0 (-2) 490.0 (+18) 498.0 (-2) 462.0 (+12) 486.0 (-4) 馬体重
単位: kg
23.66人気 39.310人気 111.213人気 80.012人気 45.211人気 24.67人気 26.08人気 337.115人気 1.71人気 17.55人気 6.12人気 10.74人気 264.614人気 6.63人気 36.69人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 3 5 ミッキースワロー 2:12.7
2 4 7 アルアイン 1 3/4
3 2 2 サトノクロニクル 1 1/4
4 8 15 スティッフェリオ 3/4
5 5 9 プラチナヴォイス 1 1/4
6 6 10 サンデームーティエ 1 1/4
7 4 6 サーレンブラント ハナ
8 8 14 クレッシェンドラヴ クビ
9 3 4 クリンチャー クビ
10 7 13 ストロングレヴィル 3/4
11 1 1 サンシロウ クビ
12 7 12 ローリングタワー 2 1/2
13 6 11 インペリアルフィズ アタマ
14 5 8 ブラックギムレット
15 2 3 ブラックロード

払戻金

単勝 5 610円 2番人気
複勝 5
7
2
150円
110円
160円
2番人気
1番人気
3番人気
枠連 3-4 340円 1番人気
馬連 5-7 590円 1番人気
ワイド 5-7
2-5
2-7
240円
700円
270円
1番人気
7番人気
2番人気
馬単 5-7 1,490円 4番人気
3連複 2-5-7 1,150円 1番人気
3連単 5-7-2 7,230円 9番人気
WIN5 101,390円 2番人気

関東から菊を目指す馬たちが大集結?セントライト記念を徹底解説!

セントライト記念の歴史から見る予想上のチェックポイント

現役最強馬キタサンブラックも勝利したセントライト記念

セントライト記念の歴史は古く、創設は1948年まで遡る。1941年に三冠馬に輝いたセントライトの功績を称え、同馬の名を冠した重賞競走が設立される運びとなった。創設当初は東京芝2400mで施行されていたが、その後、幾度かの条件変更を経て、1980年からは中山芝2200mで定着。現在に至っている。

3着以内の馬に菊花賞への優先出走権が付与されるトライアルレースということもあり、超G1級の強豪馬がセントライト記念に出走してくるケースも多い。古くはシンボリルドルフがセントライト記念を足掛かりに三冠馬の栄光に輝いているほか、近年も凱旋門賞2着馬ナカヤマフェスタや現役最強馬キタサンブラックなどが当レースを勝利。菊花賞はもちろん、翌年以降の日本競馬を占う上で決して目を離すことができない重要レースとなっている。

セントライト記念の予想にあたって注目したい血統はステイゴールド系?

セントライト記念の行われる中山芝2200mは外回りコースを使用。スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、枠順による有利不利は小さい。最後の直線が310mと短いため、ペースの上がるタイミングが早く、ロングスパートの消耗戦になることも多い。

血統的にはステイゴールド産駒が勝率、単勝回収率で優秀な数字をマーク。直仔のドリームジャーニーも含め、当コースの特注血統となっている。セントライト記念でもステイゴールド産駒が3勝を挙げており、馬柱に名前を見かけた際は狙ってみるといいかもしれない。

2016年セントライト記念の結果をプレイバック

皐月賞馬ディーマジェスティが人気を集めた2016年セントライト記念

2016年セントライト記念で1番人気の支持を集めたのはディーマジェスティだった。3戦目で未勝利を脱出すると、重賞初挑戦となった3歳緒戦の共同通信杯も勝利。さらにその次走に選んだ皐月賞を8番人気の低評価ながら強い競馬で制覇。一躍牡馬クラシック路線の主役の座に躍り出た。続く日本ダービーも0.1秒差の3着に入り、皐月賞の快走がフロックではなかったことを証明。三冠最終戦を勝利で飾るためにも、必勝を期して2016年セントライト記念に出走してきた。

2番人気に推されたのはゼーヴィント。未勝利戦、山藤賞を連勝して挑んだプリンシパルステークスは3着。惜しくも日本ダービーの優先出走権は確保できなかったものの、仕切り直しで挑んだラジオNIKKEI賞を制覇。従来のゲート難を克服しての価値ある勝利であり、2016年セントライト記念は実績馬にどこまで肉薄できるかという、試金石の一戦となった。

デビューから2連勝で臨んだ東京スポーツ杯2歳ステークスは2着。本賞金の加算に成功した。その後は休養を挟み、青葉賞4着、日本ダービー10着。リアルスティールの全弟にあたる同馬が強敵相手に揉まれた経験を生かすことができるか、ファンの熱い期待を集めることになった。

以下、マウントロブソン、メートルダールの順で人気は続いたが、ディーマジェスティの単勝オッズは1.4倍を示しており、G1馬の順当な勝利に多くのファンが期待したとも言えそうな2016年セントライト記念だった。

ディーマジェスティが早めの競馬から押し切った2016年セントライト記念

曇天の中山競馬場にファンファーレがこだまし、いよいよ発走時刻を迎えた2016年セントライト記念。ゲートが開き、まずハナを主張したのはキークラッカーだった。柴田大知騎手の手綱に導かれ、1馬身半ほどのリードを取る。2番手に付けたのはケンホファヴァルト。内の3番手にはピースマインドが続き、その直後にはゼーヴィント。ディーマジェスティ、プロディガルサンは後方寄りのポジションから虎視眈々と上位を窺った。

勝負どころを前に人気のディーマジェスティが一気にポジションを上げる。そして迎えた最後の直線。内からはゼーヴィントが馬群を縫うように進出し、先頭に躍り出る。しかし、ディーマジェスティが持ったままの手応えでそれに並びかけ、前を一気に交わし去る。さらにその外からはプロディガルサンも鋭く先頭に迫る。最後は3頭の叩き合いとなったが、坂上でもう一度グイっと伸びたディーマジェスティが後続を振り切り、見事1着でゴールイン。勝ちタイムは2分13秒1。クビ差の2着にはゼーヴィントが入り、3着はプロディガルサン。以下、ネイチャーレット、ノーブルマーズの順で入線した。2016年セントライト記念は人気の3頭が上位を占め、堅い決着に終わった。

蛯名正義騎手「とにかく順調に本番を迎えてほしい」

ねじ伏せるような強い競馬で2016年セントライト記念を制覇したディーマジェスティ。手綱を取った蛯名正義騎手はレース後「順調に来ていたので、不利さえなければ力を出せないことはないと思い、強気に乗った。脚があるのは分かっていたので、タイミングを見ながら動いた。他馬が動き出すのを待っていただけで、詰め寄られたわけではない。外々を回す競馬になったが、馬もよく耐えてくれた。とにかく順調に本番を迎えてほしい」とコメント。冷静にレースを振り返りつつ、視線は早くも菊の舞台に向いている様子だった。

2着ゼーヴィントに騎乗した戸崎圭太騎手は「スタートが速かったので前に行った。どんな競馬でもできる安定感が出てきた」と脚質の自在性が増したことを収穫として挙げた。

3着プロディガルサンの田辺裕信騎手は「位置よりもリズムを大事にして運んだ。勝負どころで勝ち馬が上がっていったとき、ハミを噛んでしまった。それでも最後まで勝ち馬に食らいついていたし、落ち着いて競馬できたのが菊花賞に向けての収穫」とコメントし、気性面の成長により距離延長も克服可能との見通しを語った。

皐月賞馬アルアインに注目? 2017年セントライト記念を大胆予想!

2016年セントライト記念を制覇したディーマジェスティは次走の菊花賞では4着とまずまずの競馬。しかし、その後はジャパンカップで13着に敗れるなど不振に陥り、同世代のライバル、サトノダイヤモンドには水を開けられてしまっている。2017年セントライト記念のメンバーにはさらなる活躍を期待したいところだ。

2017年セントライト記念の目玉は何と言ってもアルアインだろう。デビュー3戦目のシンザン記念は重馬場に泣き6着に終わったものの、次走の毎日杯では巻き返しとなる勝利。さらに返す刀で皐月賞も制覇し、世代の頂点に立った。2200mの距離はややシビアな印象も受けるが、一瞬の切れ味を生かせる展開になれば、実績、実力ともに、文句なしの最有力候補と言えるはずだ。

打倒アルアインの1番手となりそうなのはセダブリランテスか。デビュー戦勝利後、休養を挟み挑んだ5月の早苗賞を勝利。重賞初挑戦となったラジオNIKKEI賞も連勝し、無敗で重賞ウィナーの座に輝いた。ダート戦で勝ち上がったことからも分かるように、こちらは馬力に長けたタイプであり、ひと雨降ればアルアインを逆転するシーンが見られるかもしれない。

その他、実績馬、上がり馬が相まみえることが予想される2017年セントライト記念。発走は9月18日。敬老の日の中山競馬場で、若き男馬たちがしのぎを削る。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 セントライト記念のレース結果


朝日セントライト記念 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ロマンシエール ステイパーシスト ステイゴールド
黒鹿
アイアンドユー ノーブルマーズ ジャングルポケット
シルキーラグーン ゼーヴィント ディープインパクト
鹿
ラヴズオンリーミー プロディガルサン ディープインパクト
鹿
エイシンパンジー ケンホファヴァルト マーベラスサンデー
鹿
ネヴァカグラ ネイチャーレット タニノギムレット
鹿
ウーマンインレッド キークラッカー ジャングルポケット
鹿
ミスパスカリ マウントロブソン ディープインパクト
エルメスティアラ ディーマジェスティ ディープインパクト
鹿
ジュモー プロフェット ハービンジャー
鹿
マイティーカラー ピースマインド ディープインパクト
鹿
イグジビットワン メートルダール ゼンノロブロイ
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 斤量
馬齢
吉田豊 高倉稜 戸崎圭太 田辺裕信 柴田善臣 野中悠太郎 柴田大知 川田将雅 蛯名正義 石橋脩 大野拓弥 北村宏司 騎手
美浦 尾関知人 栗東 宮本博 美浦 木村哲也 美浦 国枝栄 栗東 森秀行 美浦 根本康広 美浦 土田稔 美浦 堀宣行 美浦 二ノ宮敬宇 栗東 池江泰寿 栗東 宮徹 美浦 戸田博文 調教師
426.0 (-6) 470.0 (0) 480.0 (-2) 496.0 (+8) 446.0 (-4) 446.0 (-4) 512.0 (+10) 486.0 (+18) 476.0 (+4) 462.0 (+6) 434.0 (-4) 468.0 (+2) 馬体重
単位: kg
26.56人気 47.68人気 6.82人気 8.13人気 215.312人気 130.911人気 60.69人気 13.54人気 1.41人気 34.87人気 98.810人気 13.95人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 ディーマジェスティ 2:13.1
2 7 10 ゼーヴィント クビ
3 7 9 プロディガルサン 1 1/4
4 6 7 ネイチャーレット 1 1/4
5 8 11 ノーブルマーズ ハナ
6 1 1 メートルダール クビ
7 5 5 マウントロブソン 3/4
8 2 2 ピースマインド アタマ
9 3 3 プロフェット 1 1/4
10 8 12 ステイパーシスト 3/4
11 6 8 ケンホファヴァルト
12 5 6 キークラッカー

払戻金

単勝 4 140円 1番人気
複勝 4
10
9
110円
140円
140円
1番人気
2番人気
3番人気
枠連 4-7 200円 1番人気
馬連 4-10 390円 1番人気
ワイド 4-10
4-9
9-10
180円
210円
580円
1番人気
2番人気
7番人気
馬単 4-10 480円 1番人気
3連複 4-9-10 770円 1番人気
3連単 4-10-9 1,820円 1番人気
WIN5 729,040円 1番人気

過去10年間のセントライト記念のレース結果

第70回 セントライト記念
2016年9月18日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 4 ディーマジェスティ 蛯名正義 1.4倍(1番人気) 2:13.1 ゼーヴィント プロディガルサン
第69回 セントライト記念
2015年9月21日(祝・月) 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 キタサンブラック 北村宏司 12.5倍(6番人気) 2:13.8 ミュゼエイリアン ジュンツバサ
第68回 セントライト記念
2014年9月21日() 新潟競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 イスラボニータ 蛯名正義 1.4倍(1番人気) 2:11.7 トゥザワールド タガノグランパ
第67回 セントライト記念
2013年9月17日(火) 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 ユールシンギング 北村宏司 6.2倍(3番人気) 2:13.5 ダービーフィズ アドマイヤスピカ
第66回 セントライト記念
2012年9月17日(祝・月) 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 12 フェノーメノ 蛯名正義 2.0倍(1番人気) 2:10.8 スカイディグニティ ダノンジェラート
第65回 セントライト記念
2011年9月18日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 11 フェイトフルウォー 柴田善臣 21.8倍(6番人気) 2:10.3 トーセンラー サダムパテック
第64回 セントライト記念
2010年9月19日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 クォークスター 藤岡佑介 6.4倍(4番人気) 2:10.9 ヤマニンエルブ アロマカフェ
第63回 セントライト記念
2009年9月20日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 17 ナカヤマフェスタ 蛯名正義 4.3倍(2番人気) 2:12.0 セイクリッドバレー フォゲッタブル
第62回 セントライト記念
2008年9月21日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 ダイワワイルドボア 北村宏司 18.5倍(9番人気) 2:14.6 マイネルチャールズ ノットアローン
第61回 セントライト記念
2007年9月16日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 7 ロックドゥカンブ 柴山雄一 2.9倍(1番人気) 2:12.0 ゴールデンダリア スクリーンヒーロー

2017年 重賞レース特集

リンクを貼ってセントライト記念をみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ