スプリングステークス 2017 重賞レース特集

スプリングステークスの2017年度版重賞(G2)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 スプリングステークス NEWS!
  • 更新
    2017年3月19日 16時01分 レース結果、払戻金が確定されました。
  • 更新
    2017年3月16日 16時37分 今年の出馬表が発表されました。
  • 新着
    スプリングステークス 2017 特集ページがオープンしました。

スプリングステークス 2017 最新情報!

スプリングステークス 2017 レース結果・払戻金


中山 11R WIN5
2017/3/19 (日) 15:45 出走
配信された予想中76件的中!! (1位回収率は1,760%)
配信された実際の競馬予想の結果を見る

スプリングステークス(GII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ペンカナプリンセス トリコロールブルー ステイゴールド
青鹿
サマーエタニティ ウインブライト ステイゴールド
サトノアマゾネス サトノアレス ディープインパクト
黒鹿
ウィストラム アウトライアーズ ヴィクトワールピサ
鹿
プレザントブリーズ プラチナヴォイス エンパイアメーカー
鹿
レイズアンドコール モンドキャンノ キンシャサノキセキ
鹿
リスペクトスコール エトルディーニュ エイシンサンディ
青鹿
アドマイヤダンサー ストロングレヴィル ハーツクライ
黒鹿
アルーリングボイス オールザゴー ステイゴールド
鹿
サンデーストーリー サウンドテーブル シルバーチャーム
黒鹿
レインデート ダノンケンリュウ ディープインパクト
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 56.0 牡3 斤量
馬齢
M.デムーロ 松岡正海 戸崎圭太 田辺裕信 和田竜二 大野拓弥 柴山雄一 A.シュタルケ 内田博幸 水口優也 松若風馬 騎手
栗東 友道康夫 美浦 畠山吉宏 美浦 藤沢和雄 美浦 小島茂之 栗東 鮫島一歩 栗東 安田隆行 美浦 小桧山悟 美浦 堀宣行 栗東 矢作芳人 栗東 崎山博樹 栗東 音無秀孝 調教師
484.0 (-4) 460.0 (-12) 500.0 (0) 482.0 (0) 504.0 (-6) 474.0 (+2) 482.0 (-2) 482.0 (-6) 472.0 (-8) 486.0 (+2) 472.0 (0) 馬体重
単位: kg
3.93人気 8.15人気 3.21人気 3.52人気 19.36人気 8.04人気 24.68人気 67.99人気 21.47人気 268.711人気 129.310人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 8 10 ウインブライト 1:48.4
2 7 8 アウトライアーズ 1/2
3 6 7 プラチナヴォイス 1/2
4 7 9 サトノアレス 3/4
5 8 11 トリコロールブルー クビ
6 5 5 エトルディーニュ 1 1/2
7 3 3 オールザゴー 2 1/2
8 4 4 ストロングレヴィル
9 1 1 ダノンケンリュウ ハナ
10 6 6 モンドキャンノ 3/4
11 2 2 サウンドテーブル

払戻金

単勝 10 810円 5番人気
複勝 10
8
7
250円
160円
440円
5番人気
2番人気
7番人気
枠連 7-8 260円 1番人気
馬連 8-10 1,350円 6番人気
ワイド 8-10
7-10
7-8
440円
1,760円
1,110円
5番人気
23番人気
14番人気
馬単 10-8 3,330円 15番人気
3連複 7-8-10 6,670円 27番人気
3連単 10-8-7 34,730円 132番人気
WIN5 442,210円 5番人気

春の足音に胸ときめかせる若き男馬たちの戦い、スプリングステークスを徹底解説

スプリングステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

スプリングステークスが創設されたのは1952年。3歳(当時は数えで馬齢を表記していたため4歳)馬の重賞競走として、東京競馬場の芝1800mで施行された。1958年、中山競馬場へ開催が移動すると同時に皐月賞トライアルに指定され、上位5着までの馬に皐月賞への優先出走権が与えられることになった。1991年には優先出走権の付与が3着までとなり、1995年からは地方競馬所属馬も出走可能に。2002年には外国産馬にも門戸が開かれた。

古くはシンザン、ハイセイコー。近年もオルフェーヴルが勝利するなど、弥生賞と並び、皐月賞を含めたクラシック競走の重要なプレップレースになっている。またスプリングステークスをステップにNHKマイルカップに挑む馬も増えており、2016年スプリングステークス3着のロードクエストはNHKマイルカップでも2着に好走した。この傾向は今後も続きそうだ。

スプリングステークスの行われる中山芝1800mの予想にあたって注目したいのはマンハッタンカフェ産駒?

スプリングステークスが行われる中山1800mはスタートしてからの距離が短く、コーナーも4つ回るトリッキーなコース。そのため内枠の先行馬有利という傾向にある。スプリングステークスでも2010年アリゼオ、2015年キタサンブラックなどが4コーナー先頭から押し切っている。

血統的にはディープインパクトが勝利数で優位だが、回収率で注目したいのがマンハッタンカフェ。スプリングステークスでは2010年2着のゲシュタルトが目立つ程度だが、2015年に死んだ父が遺した産駒からスプリングステークスの勝ち馬が生まれても驚けない。

2016年スプリングステークスの結果をプレイバック

ロードクエストの1強ムードだった2016年スプリングステークス

2016年スプリングステークスで1番人気の支持を集めたのはロードクエストだった。同馬のハイライトは何と言っても新潟2歳ステークス。最後方追走から上がり32.8秒の鬼脚を繰り出し見事勝利。内から追い込んでくる様子は「ワープした」と表現されるほどのインパクトを与えた。休養を挟み臨んだホープフルステークスではペースも合わず2着止まりだったが、持てる素質は世代屈指と見られていた同馬。1ハロンの距離短縮もプラスに作用すると考えられ、多くのファンは巻き返しに期待した。

2番人気には格上挑戦のミッキーロケットが推された。デビューから2着、1着、2着、2着。勝ち味の遅さが目立ったが、相手なりに走る堅実さが買われて、上位人気となった。

3番人気はドレッドノータス。母にディアデラノビアを持つ同馬。その良血に違わぬ素質を示すかのように。デビュー2戦目の京都2歳ステークスでは札幌2歳ステークス勝ち馬アドマイヤエイカンらを退け、重賞初勝利を飾った。ただし、やや展開に恵まれた面も否定できなかったため、2016年スプリングステークスは試金石の一戦となった。

4番人気はマウントロブソン。3戦目にして未勝利を脱出すると、500万下のあすなろ賞も快勝。勢いのある状態でスプリングステークスに乗り込んできた。ちなみに2戦目でタイム差なしの接戦を演じたディーマジェスティが共同通信杯を勝利しており、マウントロブソンにも重賞級の期待が込められた。

5番人気にはマイネルハニーが推された。東京芝1600mのデビュー戦ではハナを切る競馬で後続に7馬身差を付ける圧勝。その後は控える競馬を試したことなどもあり足踏み状態が続くが、再び逃げの手に出た500万下のフリージア賞では4馬身差の勝利。先行からの粘り込みを得意とする同馬にとって中山芝1800mのスプリング賞はお誂え向きの舞台と考えられ、人気を集めることとなった。

その他にも個性派の面々が顔を揃えたが、1番人気ロードクエストの単勝オッズは1.7倍であり、2016年スプリングステークスは1強ムードが漂っていた。

ロードクエストが追い込み届かず3着に終わった2017年スプリングステークス

各馬がゲートに収まり、発走を迎えた2016年スプリングステークス。人気のミッキーロケットは痛恨の出遅れとなるが、その他はまずまず揃ったスタート。大方の予想通り、マイネルハニーがハナを主張すると、ケンホファヴァルトが2番手。アドマイヤエイカンが控えて3番手に付け、人気のロードクエストはいつも通りの後方待機となった。前半4ハロンは48.3秒のミドルペース。

隊列は大きく変わらず最後の直線を向くと、逃げるマイネルハニーにプランスシャルマンが襲いかかる。マイネルハニーは持ち前の粘り腰でそれを振り払い、一旦は他馬を突き放すが、後方からはマウントロブソンやロードクエストも脚を伸ばす。結局、3頭による接戦を制したのはマウントロブソン。勝ちタイムは1分48秒1。クビ差の2着にマイネルハニーが入り、ロードクエストは追い込み届かず3着まで。2番人気ミッキーロケットはメンバー最速の上がり時計をマークするも5着に終わった。

アンドレアシュ・シュタルケ騎手「ベリーナイスホースだね」

見事マウントロブソンで2016年スプリングステークスを制したアンドレアシュ・シュタルケ騎手は、レース後「乗り難しいところもないし、ベリーナイスホースだね。レース前に過去の映像を見て研究したので思ったように立ち回れたが、道中は色々あって、もっとスムーズだったら1馬身差は付けられたと思う。皐月賞は200m伸びるが、心配はしていない」と愛馬の強さを称えるコメントを残した。

2着に粘ったマイネルハニーの柴田大知騎手は「上手く行ったと思いました。直線でも後ろを離したので『ヨシ!』と。あれで差されるとは…。残ってほしかったが、良馬場でもこれほど頑張れるのだから力はある」と悔しさを滲ませた。

1番人気ながら惜しくも3着に終わったロードクエストの池添謙一騎手は「馬との呼吸を大事にしてレースを運んだ。折り合いは問題なかったが、各コーナーで内にモタれる感じがあった。仕掛けた時の反応はよく、直線を向いて前を捕まえられるかと思ったが、最後は脚色が一緒になってしまった。休み明けも影響したかも。状態を上げて、皐月賞では頑張りたい。瞬発力はこれまでに乗せてもらった馬たちにヒケを取らない」と熱いコメント。デュランダル、スイープトウショウ、オルフェーヴルなどの背中を知る男が、ロードクエストにそれら名馬の姿をダブらせた。

2番人気5着のミッキーロケットに騎乗したクリストフ・ルメール騎手は「ゲートの中でチャカチャカして出遅れてしまった。直線の伸び脚がよかったが、10馬身ぐらいうしろだったので無理でした」とただただスタートのミスを悔やむばかりだった。

2歳王者サトノアレスも出走予定!2017年スプリングステークスの結果を大胆予想

2017年スプリングステークスに昨年の2歳チャンピオンが出走を表明。サトノアレスは3戦目で未勝利を勝ち上がると、続くベゴニア賞も上がり33.8秒で完勝。さらに朝日杯フューチュリティステークスでは他馬とは次元の違う末脚で差し切り、見事G1タイトルを獲得した。これまでのレースぶりから小回りの中山コースへの適合が鍵となりそうだが、世代トップクラスの実力を誇ることは明白であり、今後に向けてもスプリングステークスは負けられない一戦となる。

その朝日杯フューチュリティステークスでサトノアレスの2着に入ったモンドキャンノにももちろん注目が集まる。父キンシャサノキセキ、母も短距離戦線で活躍したレイズアンドコールという血統から1ハロンの延長には大きな不安を残すが、距離さえ克服できれば2017年スプリングステークス有力候補の1頭になりうるはずだ。

ブレスジャーニーに掛かる期待も大きい。未勝利戦を勝ち上がると、続くサウジアラビアロイヤルカップで重賞初制覇。さらに東京スポーツ杯2歳ステークスも勝利し、2歳シーズンを終えた。2015年の北海道サマーセールでは250万円という安値で取引された同馬だが、曾祖母にダイナカールを持つ名牝系の出身でもある。積み上げた実績は世代トップクラスであり、G1タイトルを奪取するためにも2017年スプリングステークスは負けられない一戦だ。

その他、トラスト、エトルディーニュなど、重賞実績馬も数多く顔を揃えそうな2017年スプリングステークスの発走は3月19日。春の足音はすぐそこだ。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 スプリングステークスのレース結果


中山11R
第65回 スプリングステークスGII
2016/03/20(祝・日) 15:45 出走

スプリングステークス 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ディアデラノビア ドレッドノータス ハービンジャー
マツリダワルツ ロードクエスト マツリダゴッホ
鹿
エイシンパンジー ケンホファヴァルト マーベラスサンデー
鹿
カラフルトーク プランスシャルマン ジャングルポケット
マネーキャントバイミーラヴ ミッキーロケット キングカメハメハ
鹿
クインズプレイヤー プレイヤーサムソン メイショウサムソン
鹿
ロングビクトリア モウカッテル アンライバルド
鹿
ブライアンハニー マイネルハニー マツリダゴッホ
鹿
カツラドライバー アドマイヤモラール キンシャサノキセキ
黒鹿
トーセンミネルバ ハレルヤボーイ トーセンファントム
ミスパスカリ マウントロブソン ディープインパクト
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 56.0牡3 斤量
馬齢
武豊 池添謙一 戸崎圭太 内田博幸 C.ルメール 松岡正海 藤田菜七子 柴田大知 田辺裕信 吉田豊 A.シュタルケ 騎手
栗東矢作芳人 美浦小島茂之 栗東森秀行 美浦斎藤誠 栗東音無秀孝 美浦大和田成 栗東森秀行 美浦栗田博憲 美浦上原博之 美浦田村康仁 美浦堀宣行 調教師
470.0(+6) 454.0(+2) 442.0(-2) 460.0(-6) 472.0(0) 458.0(+2) 448.0(-2) 470.0(+6) 510.0(-2) 452.0(-4) 470.0(-6) 馬体重
単位: kg
6.53人気 1.71人気 147.310人気 60.39人気 6.32人気 241.811人気 55.38人気 9.45人気 28.77人気 22.36人気 8.04人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 マウントロブソン 1:48.1
2 4 4 マイネルハニー クビ
3 8 10 ロードクエスト クビ
4 7 8 プランスシャルマン 1 1/4
5 6 7 ミッキーロケット クビ
6 6 6 プレイヤーサムソン 2
7 8 11 ドレッドノータス 1 1/4
8 2 2 ハレルヤボーイ クビ
9 5 5 モウカッテル 3/4
10 7 9 ケンホファヴァルト 4
11 3 3 アドマイヤモラール 1 3/4

払戻金

単勝 1 800円 4番人気
複勝 1
4
10
190円
220円
110円
4番人気
5番人気
1番人気
枠連 1-4 4,050円 10番人気
馬連 1-4 3,390円 11番人気
ワイド 1-4
1-10
4-10
950円
290円
330円
11番人気
3番人気
4番人気
馬単 1-4 7,610円 24番人気
3連複 1-4-10 1,690円 6番人気
3連単 1-4-10 19,380円 65番人気

過去10年間のスプリングステークスのレース結果

第65回 スプリングステークス
2016年3月20日(祝・日) 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 マウントロブソン A.シュタルケ 8.0倍(4番人気) 1:48.1 マイネルハニー ロードクエスト
第64回 スプリングステークス
2015年3月22日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 キタサンブラック 北村宏司 12.3倍(5番人気) 1:49.1 リアルスティール ダノンプラチナ
第63回 スプリングステークス
2014年3月23日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 ロサギガンティア M.デムーロ 5.6倍(3番人気) 1:48.4 アジアエクスプレス クラリティシチー
第62回 スプリングステークス
2013年3月17日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 ロゴタイプ C.デムーロ 3.4倍(1番人気) 1:47.8 タマモベストプレイ マイネルホウオウ
第61回 スプリングステークス
2012年3月18日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 14 グランデッツァ M.デムーロ 6.0倍(3番人気) 1:50.7 ディープブリランテ ロジメジャー
第60回 スプリングステークス
2011年3月26日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 オルフェーヴル 池添謙一 4.7倍(1番人気) 1:46.4 ベルシャザール ステラロッサ
第59回 スプリングステークス
2010年3月21日(祝・日) 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 アリゼオ 横山典弘 6.0倍(2番人気) 1:48.2 ゲシュタルト ローズキングダム
第58回 スプリングステークス
2009年3月22日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 12 アンライバルド 岩田康誠 2.3倍(1番人気) 1:50.8 レッドスパーダ フィフスペトル
第57回 スプリングステークス
2008年3月23日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 スマイルジャック 小牧太 14.1倍(6番人気) 1:48.9 フローテーション ショウナンアルバ
第56回 スプリングステークス
2007年3月18日() 中山競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 フライングアップル 横山典弘 2.3倍(1番人気) 1:49.0 マイネルシーガル エーシンピーシー

2017年 重賞レース特集

リンクを貼ってスプリングステークスをみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ