毎日王冠 2017 重賞レース特集

毎日王冠の2017年度版重賞(G2)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

毎日王冠 2017 最新情報!

毎日王冠 2017 レース結果・払戻金


東京 11R WIN5
2017/10/8 (日) 15:45 出走
配信された予想中92件的中!!
(1位回収率は2,150%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

毎日王冠(GII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
マジックストーム サトノアラジン ディープインパクト
鹿
サマーエタニティ ウインブライト ステイゴールド
ヴァーチュ ワンアンドオンリー ハーツクライ
黒鹿
スナップショット ヤングマンパワー スニッツェル
黒鹿
ラヴズオンリーミー リアルスティール ディープインパクト
鹿
ロンドンブリッジ グレーターロンドン ディープインパクト
鹿
ブラックティー マッチレスヒーロー オレハマッテルゼ
ブリリアントベリー ヒストリカル ディープインパクト
黒鹿
ブラックエンブレム アストラエンブレム ダイワメジャー
鹿
トリプレックス ダイワキャグニー キングカメハメハ
黒鹿
ウィキウィキ マカヒキ ディープインパクト
鹿
スタセリタ ソウルスターリング Frankel
青鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
58.0 牡6 55.0 牡3 57.0 牡6 56.0 牡5 57.0 牡5 56.0 牡5 56.0 牡6 56.0 牡8 56.0 牡4 54.0 牡3 57.0 牡4 53.0 牝3 斤量
馬齢
川田将雅 松岡正海 横山典弘 石橋脩 M.デムーロ 田辺裕信 吉田隼人 田中勝春 戸崎圭太 北村宏司 内田博幸 C.ルメール 騎手
栗東 池江泰寿 美浦 畠山吉宏 栗東 橋口慎介 美浦 手塚貴久 栗東 矢作芳人 美浦 大竹正博 美浦 金成貴史 栗東 音無秀孝 美浦 小島茂之 美浦 菊沢隆徳 栗東 友道康夫 美浦 藤沢和雄 調教師
532.0 (+4) 468.0 (-4) 492.0 (-4) 524.0 (-8) 506.0 (+4) 474.0 (0) 488.0 (+2) 460.0 (+2) 470.0 (-4) 486.0 (+2) 502.0 (0) 480.0 (+6) 馬体重
単位: kg
8.75人気 87.39人気 105.810人気 58.78人気 5.83人気 6.94人気 393.012人気 190.011人気 13.96人気 27.77人気 5.62人気 2.01人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 6 8 リアルスティール 1:45.6
2 8 12 サトノアラジン クビ
3 6 7 グレーターロンドン 1 1/2
4 3 3 ダイワキャグニー ハナ
5 7 9 ヤングマンパワー クビ
6 2 2 マカヒキ アタマ
7 7 10 ワンアンドオンリー クビ
8 1 1 ソウルスターリング 1/2
9 5 5 ヒストリカル クビ
10 8 11 ウインブライト クビ
11 4 4 アストラエンブレム
12 5 6 マッチレスヒーロー

払戻金

単勝 8 580円 3番人気
複勝 8
12
7
200円
260円
210円
3番人気
6番人気
4番人気
枠連 6-8 1,180円 6番人気
馬連 8-12 2,340円 10番人気
ワイド 8-12
7-8
7-12
730円
590円
780円
9番人気
7番人気
11番人気
馬単 8-12 4,300円 17番人気
3連複 7-8-12 4,670円 17番人気
3連単 8-12-7 27,280円 98番人気
WIN5 536,630円 3番人気

歴代勝ち馬はさながら名馬の宝箱?毎日王冠を徹底解説!

毎日王冠の歴史から見る予想上のチェックポイント

サイレンススズカなどの名馬が歴史を紡いできた毎日王冠

毎日王冠の歴史は古く、創設は1950年まで遡る。当時は東京芝2500mで施行されていたものの、徐々に距離が短縮され、1984年より現行の東京芝1800mでの開催に変更。現在に至っている。当初は天皇賞などと同様に「勝ち抜き制」を採用しており、一度優勝した馬の再出走は認められていなかったが、1955年をもって勝ち抜き制は廃止。1981年に天皇賞(秋)の施行時期が10月に繰り上がって以降は同レースの前哨戦として位置付けられている。

現行の条件で施行されるようになってから、毎年のように超一流馬たちによる競演が繰り広げられている。歴代勝ち馬にはオグリキャップ、サイレンススズカ、グラスワンダー、エイシンヒカリなど、歴史的名馬が枚挙に暇がない。中でもサイレンススズカはエルコンドルパサー、グラスワンダーらを破っての勝利であり、G2ながら日本競馬史のハイライトとして、現在でも語り草になっている。

毎日王冠の予想にあたって注目したい血統はディープインパクトやハーツクライの産駒?

毎日王冠の行われる東京芝1800mはスタートしてすぐ斜めに2コーナーに進入するため、外枠の馬には不利なコース形態となっている。最後の直線は約530mと非常に長く、瞬発力勝負になることが多い。ただし、実力のある先行馬がそのまま押し切るケースも見られ、故・大橋巨泉の考案した「府中の千八、展開要らず」との格言を体現するような結果となることも多い。

血統的にはディープインパクト産駒が優秀な成績をマーク。毎日王冠でも1勝2着3回の成績を残している。その他で注目したいのはハーツクライ産駒。こちらも毎日王冠で2着2回を記録しており、今後も同産駒の動向には要チェックだ。

2016年毎日王冠の結果をプレイバック

コース適性抜群のルージュバックが1番人気に推された2016年毎日王冠

2016年毎日王冠で1番人気の支持を集めたのはルージュバックだった。デビューから3連勝で牡馬相手にきさらぎ賞を勝利するなど、早くから大器と目されていた同馬。当然、掛かる期待も大きかったものの、得意条件の狭さが災いし、結局、無冠のまま3歳シーズンを終えた。古馬になってからも煮え切らないレースを続けていたが、6月のエプソムカップでは待望の重賞2勝目。毎日王冠はその時と同じコースでもあり、得意の舞台で再度輝きを放つことが期待された。

2番人気にはステファノスが推された。祖母にゴールドティアラを持つ良血馬らしく、3歳時から皐月賞5着などの成績をマーク。さらに10月には富士ステークスを勝利し、一流馬への階段を順調に駆け上った。翌年はさらにその実力を増し、香港のクイーンエリザベス2世カップでは世界の強豪を相手に2着と健闘した。2016年毎日王冠はそれ以来、約5か月半ぶりの出走となったが、積み重ねた実績はメンバー最上位と呼べるものであり、悲願のG1制覇に向けて、負けることのできない一戦となった。

3番人気はアンビシャス。デビュー以来、大半のレースでメンバー最速の上がり時計を記録してきた同馬。その追い込み脚質からやや安定感に欠ける面も見られたが、4歳4月の大阪杯では2番手追走からキタサンブラックを交わし去る大金星を挙げた。続く宝塚記念はやや距離も長かったか、16着と大敗したが、脚質に自在性を増し、適距離での巻き返しが期待された。

以下、前年の毎日王冠2着馬ディサイファ、古豪ロゴタイプらが人気で続いたが、上位人気3頭の単勝オッズは3.3倍から4.5倍と接近しており、2016年毎日王冠は実力伯仲のメンバー構成と見るファンも多かった。

前崩れの展開も味方し、ルージュバックが差し切り勝ちを収めた2016年毎日王冠

雨の影響が残り、やや渋った馬場での開催となった2016年毎日王冠。ゲートが開き、ハナを切ったのはマイネルミラノだった。丹内祐次騎手の手綱に導かれ、快調にレースを引っ張っていく。2番手にはウインフルブルーム。その後ろにはディサイファが控え、外から並びかけるようにロゴタイプ。口を割りながらロサギガンティアも前々からの競馬。1番人気ルージュバックは後方のポジションから虎視眈々と上位を窺った。

隊列に大きな変化はないまま、いよいよ迎えた最後の直線。逃げるマイネルミラノにロゴタイプらが襲い掛かる。さらに外からはアンビシャスとルージュバックが併せ馬の格好でよく伸び、残り200m付近からは2頭のマッチレースといった様相。結局、熾烈な叩き合いを僅かに制したのはルージュバック。勝ちタイムは1分46秒6。クビ差の2着にはアンビシャスが入り、3馬身遅れてヒストリカルが入線。以下、ロンギングダンサー、ステファノスと続いた。2016年毎日王冠は後方待機組が上位を占める結果となった。

戸崎圭太騎手「この馬にはずっと乗ってきているので、ぜひ一緒にG1を獲りたい」

人気に応え、見事2016年毎日王冠を制覇したルージュバック。勝利をアシストした戸崎圭太騎手はレース後「あまり位置取りは気にせず、末脚を信じて乗った。思ったよりスローになったが、いい形で溜めが利いたし、この馬のいいところを生かせたと思う。久々を一度叩いたことで、また良くなってくると思う。この馬にはずっと乗ってきているので、ぜひ一緒にG1を獲りたい」とコメント。パートナーとともに歩む秋を実りある季節とすることを誓った。

2着に惜敗したアンビシャスのクリストフ・ルメール騎手は「休み明けだったが、雰囲気は良かった。掛からずに行けたが、ルージュバックは強かった。この馬自身も秋は楽しみ」と語り、勝ち馬には敬意を払いつつ、愛馬のさらなる飛躍にも期待を寄せた。

スタートで大きく出遅れるも3着に食い込んだヒストリカルを管理する音無秀孝調教師は「ああやって後方から競馬を運ぶと、最後は必ず脚を使ってくれる」と結果には概ね納得している様子だった。

一方、2番人気ながら5着に終わったステファノスの川田将雅騎手は「スペースが全くなくて…。申し訳ない競馬になってしまった」とコメント。不完全燃焼のレース内容にうなだれるばかりだった。

キャリア5戦の大器シルバーステートも参戦?2017年毎日王冠を大胆予想!

2016年毎日王冠で5着したステファノスは次走の天皇賞(秋)で3着に好走。さらに香港カップでも3着に入り、今年になってからも大阪杯で2着と健闘。相変わらず詰めの甘さを露呈しているものの、国内外のG1で主役級の活躍を続けている。2017年毎日王冠はさらにレベルの高いレースとなることを期待したい。

2017年毎日王冠で大きな注目を浴びることになりそうなのはシルバーステートか。メイクデビューこそのちのG1馬アドマイヤリードに敗れるも、続く未勝利、黄菊賞を抜群のレース内容で連勝。当然、翌年のクラシック有力候補として大きな期待が駆けられたが、屈腱炎により1年半にも及ぶ戦線離脱を余儀なくされる。しかし、今春ターフに復帰すると、2歳時と変わらぬ強さで条件クラスを卒業。大怪我にも関わらず、能力の衰えがないことを証明した。現状はやや評判が先行しているきらいもあるが、あの安藤勝己元騎手さえもその実力に惚れ込んでいるという同馬。2017年毎日王冠の内容次第では秋のG1で台風の目となるかもしれない。

その他、マカヒキなど既存の実績馬の動向からも目が離せない2017年毎日王冠。発走は10月8日。秋深まる東京競馬場で新旧の実力馬たちが相まみえる。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 毎日王冠のレース結果


東京 11R WIN5
2016/10/9 (日) 15:45 出走

毎日王冠 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ターフローズ ロサギガンティア フジキセキ
ハナノメガミ ウインフルブルーム スペシャルウィーク
ジンジャーパンチ ルージュバック マンハッタンカフェ
鹿
ステレオタイプ ロゴタイプ ローエングリン
黒鹿
カーラパワー ダノンシャーク ディープインパクト
鹿
カーニバルソング アンビシャス ディープインパクト
黒鹿
パールバーリー マイネルミラノ ステイゴールド
ミズナ ディサイファ ディープインパクト
鹿
ダンスパートナー ロンギングダンサー シンボリクリスエス
黒鹿
エリモピクシー クラレント ダンスインザダーク
ココシュニック ステファノス ディープインパクト
鹿
ブリリアントベリー ヒストリカル ディープインパクト
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
57.0 牡5 56.0 牡5 54.0 牝4 58.0 牡6 57.0 牡8 57.0 牡4 56.0 牡6 57.0 牡7 56.0 牡7 56.0 牡7 56.0 牡5 56.0 牡7 斤量
馬齢
北村宏司 柴田大知 戸崎圭太 田辺裕信 柴田善臣 C.ルメール 丹内祐次 武豊 吉田豊 小牧太 川田将雅 横山典弘 騎手
美浦 藤沢和雄 栗東 宮本博 美浦 大竹正博 美浦 田中剛 栗東 大久保龍志 栗東 音無秀孝 美浦 相沢郁 美浦 小島太 美浦 勢司和浩 栗東 橋口慎介 栗東 藤原英昭 栗東 音無秀孝 調教師
534.0 (+2) 514.0 (-12) 454.0 (+2) 502.0 (+6) 450.0 (-4) 474.0 (+4) 480.0 (-6) 506.0 (+6) 486.0 (-4) 502.0 (0) 486.0 (+2) 452.0 (-10) 馬体重
単位: kg
29.98人気 10.66人気 3.31人気 8.15人気 50.210人気 4.53人気 20.27人気 7.14人気 124.512人気 48.79人気 4.22人気 75.311人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 7 10 ルージュバック 1:46.6
2 6 7 アンビシャス クビ
3 1 1 ヒストリカル
4 4 4 ロンギングダンサー 1 1/4
5 2 2 ステファノス 1/2
6 5 5 ディサイファ 1/2
7 8 11 ウインフルブルーム 1/2
8 7 9 ロゴタイプ アタマ
9 6 8 ダノンシャーク ハナ
10 3 3 クラレント 1 1/4
11 5 6 マイネルミラノ 1/2
11 8 12 ロサギガンティア 同着

払戻金

単勝 10 330円 1番人気
複勝 10
7
1
160円
180円
1,250円
1番人気
3番人気
11番人気
枠連 6-7 480円 1番人気
馬連 7-10 800円 1番人気
ワイド 7-10
1-10
1-7
400円
4,060円
4,860円
2番人気
39番人気
43番人気
馬単 10-7 1,440円 1番人気
3連複 1-7-10 18,540円 59番人気
3連単 10-7-1 61,710円 209番人気
WIN5 64,602,470円 1番人気

過去10年間の毎日王冠のレース結果

第67回 毎日王冠
2016年10月9日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 10 ルージュバック 戸崎圭太 3.3倍(1番人気) 1:46.6 アンビシャス ヒストリカル
第66回 毎日王冠
2015年10月11日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 13 エイシンヒカリ 武豊 4.9倍(1番人気) 1:45.6 ディサイファ イスラボニータ
第65回 毎日王冠
2014年10月12日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 2 エアソミュール 武豊 13.1倍(8番人気) 1:45.2 サンレイレーザー スピルバーグ
第64回 毎日王冠
2013年10月6日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 6 エイシンフラッシュ 福永祐一 7.9倍(4番人気) 1:46.7 ジャスタウェイ クラレント
第63回 毎日王冠
2012年10月7日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 カレンブラックヒル 秋山真一郎 3.5倍(1番人気) 1:45.0 ジャスタウェイ タッチミーノット
第62回 毎日王冠
2011年10月9日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 8 ダークシャドウ 福永祐一 2.0倍(1番人気) 1:46.7 リアルインパクト ミッキードリーム
第61回 毎日王冠
2010年10月10日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 4 アリゼオ 福永祐一 15.8倍(6番人気) 1:46.4 エイシンアポロン ネヴァブション
第60回 毎日王冠
2009年10月11日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 4 カンパニー 横山典弘 11.8倍(4番人気) 1:45.3 ウオッカ ハイアーゲーム
第59回 毎日王冠
2008年10月12日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 スーパーホーネット 藤岡佑介 10.7倍(2番人気) 1:44.6 ウオッカ アドマイヤフジ
第58回 毎日王冠
2007年10月7日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 7 チョウサン 松岡正海 44.4倍(8番人気) 1:44.2 アグネスアーク ダイワメジャー

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ