阪神牝馬ステークス 2017 重賞レース特集

阪神牝馬ステークスの2017年度版重賞(G2)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 阪神牝馬ステークス NEWS!
  • 新着
    阪神牝馬ステークス 2017 特集ページがオープンしました。

距離延長でG1との結びつきがより強くなりそうな阪神牝馬ステークスを徹底解説

阪神牝馬ステークスの歴史から見る予想上のチェックポイント

ヴィクトリアマイルの前哨戦という役割を担う阪神牝馬ステークス

阪神牝馬ステークスの前身である阪神牝馬特別が創設されたのは1958年。2001年には「阪神牝馬ステークス」に改称。現在に至る。

施行条件は、当初は阪神芝1800mで施行されていたが、幾度かの変遷を経て、1996年からは1600mに変更。秋華賞を戦った3歳牝馬やエリザベス女王杯を戦った古馬牝馬が激突する暮れの名物レースとして親しまれる。その後、2006年からは新設されたヴィクトリアマイルの前哨戦として4月の開催に移動。距離も1400mに短縮される。その後、2016年には再び1600mに距離延長となったことで、ヴィクトリアマイルとの結びつきが一層強くなりそうな気配だ。

阪神牝馬ステークスの予想で重視したいのはディープインパクト産駒

阪神牝馬ステークスの行われる阪神芝1600mは外回りコースが使用される。4コーナー途中からは下り坂になっており、遠心力を利用して外からの追い込みも利きやすい。鋭い末脚を使える馬を上位に取りたい。

血統的にはディープインパクトが圧倒的。1600mでの施行となった2016年の阪神牝馬ステークスでは早速産駒がワンツーフィニッシュ。この傾向は今後も続きそう。予想の際にはディープ産駒を中心視した方がいいかも知れない。

2016年阪神牝馬ステークスの結果をプレイバック

ミッキークイーンとスマートレイアーが人気を分けた2017年阪神牝馬ステークス

2016年阪神牝馬ステークスで1番人気に推されたのはミッキークイーンだった。賞金が足りず、桜花賞への出走こそ叶わなかったが、忘れな草賞を快勝して挑んだオークスを見事勝利。3歳牝馬の頂点に立った。さらに秋華賞も制覇し、2015年の最優秀3歳牝馬を受賞。古馬になって最初のレースが2016年阪神牝馬ステークスとなった。ここまで長めの距離を中心に使われてきたため、マイル戦の実績には乏しかったが、能力がメンバー最上位であることに疑いの余地はなく、多くのファンは彼女の勝利に期待した。

2番人気の支持を集めたのはスマートレイアー。秋華賞2着など、G1でも実績を積んできた同馬だが、追い込み脚質のため展開に左右される面は否めず、不安定な成績が続いていた。しかし前走の東京新聞杯ではスローペースに乗じて逃げの手に出ると見事勝利。6歳にして脚質転換に成功した。悲願のG1制覇を目指すためにも2016年阪神牝馬ステークスは負けられない一戦となった。

3番人気はストレイトガール。元々はスプリント戦を中心に実績を積んできたが、2015年のヴィクトリアマイルを勝利するなど、牝馬同士の組み合わせであれば1600mの距離も問題なし。すでに7歳を迎えたものの、前年は6歳にしてさらにひと皮むけた印象で、老いてますます盛んな熟女パワーに期待が集まった。

以下、アンドリエッテ、ウインプリメーラが人気で続いたが、オッズ的には上位2頭に集中しており、多くのファンは実績馬による順当な決着を予想した。

2016年阪神牝馬ステークスはスマートレイアーがミッキークイーンの猛追を凌いで優勝

春爛漫の阪神競馬場で行われた2017年阪神牝馬ステークス。ゲートが開くと、ダンツキャンサーが勢い良く飛び出すが、ミルコ・デムーロ騎手とスマートレイアーがこれを制し、ハナに立つ。さらにダンスアミーガも前に行く姿勢を見せ2番手に上がり、ダンツキャンサーは控えて3番手。人気の一角ミッキークイーンは中団やや後方寄りのポジションとなった。

隊列は大きく変わらず、迎えた最後の直線。カフェブリリアント、ウインプリメーラが必死に前を窺うが、先頭のスマートレイアーは依然持ったままの手応え。追い出されるとさらに後続との差を広げに掛かるものの、ようやくエンジンの掛かったミッキークイーンも猛然と追い込んでくる。

最後は際どい決着となったが、結局スマートレイアーが粘りきって見事1着でゴールイン。勝ちタイムは1分33秒1。クビ差の2着にはミッキークイーン。以下ウインプリメーラ、カフェブリリアントが続き、3番人気のストレイトガールは9着に終わった。

ミルコ・デムーロ騎手「状態がいいのだと思う」

スタートから一度も先頭を譲ることなく逃げ切りで2016年阪神牝馬ステークスを制覇したスマートレイアー。勝利をエスコートしたミルコ・デムーロ騎手は「今は元気がいい。状態がいいのだと思う。今日もいいスタートを切って、最後までよく伸びている。昨年のエリザベス女王杯は騎乗停止で乗ることができなかった。ヴィクトリアマイルでは頑張りたい」とコメント。まずは無事に愛馬に騎乗できることを願った。

勝ち馬に際どく迫るも2着に終わったミッキークイーンのクリストフ・ルメール騎手は「マイルは忙しく、反応するまでに時間が掛かってしまった。でもそこからは素晴らしい脚を使ってくれた。これを使って良くなると思う」と戦前から懸念された距離不足を認めつつ、本番での変わり身にも含みを持たせた。

3着に健闘したウインプリメーラの川田将雅騎手は「直線で狭くなる場面もあったが、気持ちを切らさず走ってくれたことはよかった」と不利を嘆くとともに、収穫も口にした。

一方、9着と人気を大きく裏切る格好になったストレイトガールの戸崎圭太騎手は「リズムよく運べたが、久々のせいか伸びなかった。巻き返したい」と語り、本番のヴィクトリアマイルでの雪辱を誓った。

ミッキークイーンに注目?2017年阪神牝馬ステークスを大胆予想!

2016年阪神牝馬ステークスで9着に終わったストレイトガールは、先に紹介した戸崎騎手の「巻き返したい」との言葉通り、次走のヴィクトリアマイルを勝利。2着にはミッキークイーンが入り、施行距離の延長により阪神牝馬ステークスがより一層ヴィクトリアマイルに向けて重要なレースとなったことを印象付けた。今年の出走馬に掛かる期待も自ずと大きくなる。

ミッキークイーンは2017年阪神牝馬ステークスにも出走予定。2016年阪神牝馬ステークス2着を含め、昨シーズンは勝ちに恵まれないレースが続いたが、有馬記念では5着に好走しており、能力は男馬を含めても現役屈指の存在。マイルの距離に一抹の不安は残すものの、悲願のG1制覇に向け、2017年阪神牝馬ステークスは負けられない一戦となる。

昨年のエリザベス女王杯勝ち馬クイーンズリングも目が離せない存在だろう。1400mから2200mまで幅広い距離で活躍しているが、なぜか重賞勝ちはいずれも非根幹距離。マイルへの適応が鍵となりそうだ。

マキシマムドパリに掛かる期待も大きい。フローラステークス3着など早い時期から素質の片鱗を見せていた同馬だが、5歳となった今年、格上挑戦となった愛知杯で見事に重賞初制覇を飾った。3歳1月の菜の花賞以降、マイル以下の距離での出走がなく、クイーンズリング同様、距離への対応がポイントとはなるが、それを補って余りある魅力の持ち主だ。

その他、ジュールポレール、アドマイヤリードなどといった条件クラスを卒業した素質馬の出走も予定され、2017年阪神牝馬ステークス。発走は4月8日。レースが今から待ち遠しい。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 阪神牝馬ステークスのレース結果


阪神11R
第59回 阪神牝馬ステークスGII
2016/04/09() 15:35 出走

阪神牝馬ステークス 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ネヴァーピリオド ストレイトガール フジキセキ
鹿
ダンスオールナイト ダンスアミーガ サクラバクシンオー
メイショウモモカ メイショウマンボ スズカマンボ
鹿
スティーリンキッシーズ ペルフィカ ゼンノロブロイ
黒鹿
エリモプリティー ウインプリメーラ ステイゴールド
黒鹿
シンメイミネルバ カフェブリリアント ブライアンズタイム
スノースタイル スマートレイアー ディープインパクト
ミュージカルウェイ ミッキークイーン ディープインパクト
鹿
ローレルシャイン アイライン ローレルゲレイロ
黒鹿
アナバシュドチャーム アンドリエッテ ディープインパクト
鹿
ディソサード レッドリヴェール ステイゴールド
黒鹿
ビューティソング ココロノアイ ステイゴールド
鹿
チョウカイクリス ダンツキャンサー アドマイヤジャパン
黒鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
56.0牝7 54.0牝5 55.0牝6 54.0牝4 54.0牝6 55.0牝6 54.0牝6 56.0牝4 54.0牝4 54.0牝4 54.0牝5 54.0牝4 54.0牝5 斤量
馬齢
戸崎圭太 池添謙一 武幸四郎 藤岡佑介 川田将雅 福永祐一 M.デムーロ C.ルメール 松山弘平 藤岡康太 菱田裕二 武豊 和田竜二 騎手
栗東藤原英昭 栗東中竹和也 栗東飯田祐史 栗東岡田稲男 栗東大久保龍志 美浦堀宣行 栗東大久保龍志 栗東池江泰寿 美浦高橋裕 栗東牧田和弥 栗東須貝尚介 美浦尾関知人 栗東谷潔 調教師
464.0(-6) 476.0(-4) 498.0(+2) 436.0(-4) 458.0(0) 434.0(0) 466.0(-4) 432.0(+4) 448.0(+6) 442.0(+2) 444.0(+16) 458.0(0) 480.0(0) 馬体重
単位: kg
5.93人気 121.010人気 72.79人気 143.512人気 14.35人気 25.17人気 2.82人気 2.41人気 137.011人気 9.74人気 43.38人気 18.06人気 215.113人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 5 7 スマートレイアー 1:33.1
2 5 6 ミッキークイーン クビ
3 6 9 ウインプリメーラ 3/4
4 6 8 カフェブリリアント 1/2
5 2 2 ココロノアイ 2
6 7 10 ペルフィカ クビ
7 1 1 ダンツキャンサー ハナ
8 4 4 アンドリエッテ 1
9 8 13 ストレイトガール ハナ
10 4 5 アイライン ハナ
11 8 12 ダンスアミーガ 1 1/2
12 3 3 レッドリヴェール 1/2
13 7 11 メイショウマンボ クビ

払戻金

単勝 7 280円 2番人気
複勝 7
6
9
110円
110円
200円
1番人気
2番人気
5番人気
枠連 5-5 340円 1番人気
馬連 6-7 350円 1番人気
ワイド 6-7
7-9
6-9
170円
380円
460円
1番人気
4番人気
7番人気
馬単 7-6 700円 2番人気
3連複 6-7-9 980円 3番人気
3連単 7-6-9 3,320円 6番人気

過去10年間の阪神牝馬ステークスのレース結果

第59回 阪神牝馬ステークス
2016年4月9日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 7 スマートレイアー M.デムーロ 2.8倍(2番人気) 1:33.1 ミッキークイーン ウインプリメーラ
第58回 阪神牝馬ステークス
2015年4月11日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 カフェブリリアント 福永祐一 9.8倍(4番人気) 1:21.1 ベルルミエール ウリウリ
第57回 阪神牝馬ステークス
2014年4月12日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 4 スマートレイアー 武豊 2.2倍(1番人気) 1:20.3 ウリウリ ローブティサージュ
第56回 阪神牝馬ステークス
2013年4月6日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 16 サウンドオブハート 池添謙一 4.5倍(2番人気) 1:21.4 イチオクノホシ クィーンズバーン
第55回 阪神牝馬ステークス
2012年4月7日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
8 15 クィーンズバーン 藤岡佑介 55.1倍(11番人気) 1:21.9 マルセリーナ フミノイマージン
第54回 阪神牝馬ステークス
2011年4月9日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 1 カレンチャン 池添謙一 4.2倍(1番人気) 1:20.4 アンシェルブルー スプリングサンダー
第53回 阪神牝馬ステークス
2010年4月10日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 7 アイアムカミノマゴ 秋山真一郎 23.7倍(9番人気) 1:20.2 プロヴィナージュ カノヤザクラ
第52回 阪神牝馬ステークス
2009年4月11日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 12 ジョリーダンス 四位洋文 19.9倍(7番人気) 1:21.4 ザレマ オディール
第51回 阪神牝馬ステークス
2008年4月12日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 エイジアンウインズ 鮫島良太 8.8倍(5番人気) 1:21.4 ブルーメンブラット パーフェクトジョイ
第50回 阪神牝馬ステークス
2007年4月7日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 6 ジョリーダンス 藤田伸二 13.4倍(5番人気) 1:20.7 アグネスラズベリ ディアデラノビア

2017年 重賞レース特集

リンクを貼って阪神牝馬ステークスをみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ