アルゼンチン共和国杯 2017 重賞レース特集

アルゼンチン共和国杯の2017年度版重賞(G2)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

アルゼンチン共和国杯 2017 最新情報!

アルゼンチン共和国杯 2017 レース結果・払戻金


東京 11R WIN5
2017/11/5 (日) 15:35 出走
配信された予想中114件的中!!
(1位回収率は1,570%
配信された実際の競馬予想の結果を見る

アルゼンチン共和国杯(GII) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ナイトクルーズ カムフィー ダンスインザダーク
黒鹿
ラティール ヒットザターゲット キングカメハメハ
モテック レコンダイト ハーツクライ
黒鹿
アドマイヤハッピー ハッピーモーメント ディープインパクト
鹿
ロゼ トルークマクト アドマイヤジャパン
鹿
フォルクローレ アルバート アドマイヤドン
サラトガ サラトガスピリット ハーツクライ
ゴコウ シホウ キングカメハメハ
鹿
スターミー カレンミロティック ハーツクライ
クリームオンリー ソールインパクト ディープインパクト
フーラクサ プレストウィック ダイワメジャー
ピンクパピヨン トウシンモンステラ キングカメハメハ
黒鹿
ピラミマ スワーヴリチャード ハーツクライ
ベネンシアドール デニムアンドルビー ディープインパクト
鹿
サオヒメ マイネルサージュ ハービンジャー
鹿
シルクユニバーサル セダブリランテス ディープブリランテ
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
52.0 牡8 57.0 牡9 55.0 牡7 54.0 牡7 53.0 牡7 58.5 牡6 53.0 牡5 53.0 牡6 57.0 せん9 53.0 牡5 55.0 牡6 53.0 牡7 56.0 牡3 54.0 牝7 54.0 牡5 54.0 牡3 斤量
馬齢
勝浦正樹 三浦皇成 北村友一 津村明秀 江田照男 A.シュタルケ 内田博幸 吉田隼人 池添謙一 福永祐一 V.シュミノー 北村宏司 M.デムーロ 田辺裕信 柴田大知 戸崎圭太 騎手
美浦 池上昌和 栗東 加藤敬二 栗東 音無秀孝 栗東 角居勝彦 美浦 尾関知人 美浦 堀宣行 栗東 友道康夫 栗東 笹田和秀 栗東 平田修 美浦 戸田博文 美浦 武藤善則 栗東 村山明 栗東 庄野靖志 栗東 角居勝彦 美浦 鹿戸雄一 美浦 手塚貴久 調教師
460.0 (-10) 514.0 (-2) 448.0 (-6) 492.0 (-6) 458.0 (-2) 476.0 (-6) 504.0 (-4) 504.0 (-2) 456.0 (-4) 490.0 (0) 528.0 (+2) 480.0 (-2) 502.0 (+10) 454.0 (-2) 500.0 (0) 514.0 (-10) 馬体重
単位: kg
379.816人気 95.813人気 15.45人気 36.69人気 145.114人気 4.02人気 46.710人気 85.712人気 31.78人気 19.57人気 15.96人気 280.915人気 2.01人気 12.54人気 75.211人気 7.53人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 2 4 スワーヴリチャード 2:30.0
2 4 7 ソールインパクト 2 1/2
3 1 1 セダブリランテス 1 1/4
4 6 11 アルバート 1/2
5 4 8 カレンミロティック クビ
6 3 5 トウシンモンステラ クビ
7 5 9 シホウ 1/2
8 2 3 デニムアンドルビー クビ
9 3 6 プレストウィック 1/2
10 7 13 ハッピーモーメント 3/4
11 1 2 マイネルサージュ 1 1/4
12 8 15 ヒットザターゲット ハナ
13 8 16 カムフィー 1 1/4
14 6 12 トルークマクト 1 3/4
15 7 14 レコンダイト 1 3/4
16 5 10 サラトガスピリット クビ

払戻金

単勝 4 200円 1番人気
複勝 4
7
1
130円
330円
250円
1番人気
7番人気
3番人気
枠連 2-4 980円 4番人気
馬連 4-7 1,840円 7番人気
ワイド 4-7
1-4
1-7
610円
420円
1,570円
4番人気
2番人気
19番人気
馬単 4-7 2,250円 7番人気
3連複 1-4-7 3,020円 6番人気
3連単 4-7-1 12,060円 28番人気
WIN5 91,710円 1番人気

近年になってG1との結び付きがより一層強化?アルゼンチン共和国杯を徹底解説!

アルゼンチン共和国杯の歴史から見る予想上のチェックポイント

近年レースレベルの向上が著しいアルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯の前身「アルゼンチンジョッキークラブカップ」が創設されたのは1963年。アルゼンチンジョッキークラブから友好関係の印として優勝カップが寄贈されたことをきっかけにレースが誕生した。その後、アルゼンチンの競馬の主催がジョッキークラブから国に移管されたため、1975年より現行の競走名に改称。現在に至っている。創設初年度は東京芝2300mで春に施行されていたが、幾度かの変遷を経て、1984年からは東京芝2500mでの開催が定着。さらに時期も現在と同じ秋に繰り下げられた。

G1シーズンの真っ只中に行われるG2ということもあり、メンバーの質に恵まれないこともしばしばだったが、長めの距離を得意にする一流馬が天皇賞(秋)をパスし、アルゼンチン共和国杯に出走してくるケースが近年増加している。スクリーンヒーロー、ゴールドアクターがそれぞれ次走のジャパンカップと有馬記念を制したほか、アドマイヤジュピタ、トーセンジョーダンなどものちにG1を勝利。今後はアスカクリチャンのように香港ヴァーズへのステップとして出走する馬も増加するものと思われ、ますますアルゼンチン共和国杯は重要なレースとして位置付けられてゆくはずだ。

アルゼンチン共和国杯の予想にあたって注目したい血統はキンカメ産駒やハーツ産駒?

アルゼンチン共和国杯の行われる東京芝2500mは同じく東京の芝2400とほぼ同一のコース形態となっているものの、ゲートが100m分だけ手前に設置される。そのためスタート直後に上り坂が待ち構える格好となり、よりスタミナが要求される傾向にある。スピードのみに長けた馬は軽視した方が賢明かもしれない。

血統的にはキングカメハメハの産駒が優秀な成績をマーク。施行回数の少ない条件だけに数字を鵜呑みにすることは危険だが、過去5年の単勝回収率は200%を優に超えている。その他で注目したいのはハーツクライ産駒。フェイムゲーム、シュヴァルグランと2頭のアルゼンチン共和国杯勝ち馬を輩出しているほか、アドマイヤラクティも2着に好走。人気に関わらず積極的に狙ってみて損はないはずだ。

2016年アルゼンチン共和国杯の結果をプレイバック

重賞初制覇を目指すモンドインテロが人気を集めた2016年アルゼンチン共和国杯

2016年アルゼンチン共和国杯で1番人気の支持を集めたのはモンドインテロだった。メトロポリタンステークス、札幌日経オープンとオープン特別を2勝していたものの、重賞では目黒記念の5着が最高。G1を目指すためにもまずは重賞タイトル獲得が望まれるところでもあり、2016年アルゼンチン共和国杯は彼にとって重要な一戦となった。

2番人気に推されたのはシュヴァルグラン。ヴィルシーナ、ヴィブロスというG1馬を兄弟に持つ同馬。3歳秋に本格化すると、日経新春杯2着、阪神大賞典1着を経て、天皇賞(春)でも3着に好走した。ハンデは58kgと厳しかったものの、実績はメンバー最高とも言える存在であり、悲願のG1勝利を果たすためにも決して落とすことのできない一戦となった。

3番人気はヴォルシェーブ。3歳時には格上挑戦の立場で菊花賞への参戦も果たしたが、能力開花は古馬になってから。条件戦で地力を強化し、日本海ステークスを勝ってオープン入り。その日本海ステークスは着差以上に強い競馬であり、重賞でも期待を持たせる好内容だった。その高い将来性が評価され、人気を集めることとなった。

以下、現役屈指の長距離砲アルバート、実績十分のフェイムゲームらが人気で続いたが、上位4頭の単勝オッズは3.4倍から5.4倍と拮抗しており、2016年アルゼンチン共和国杯は混戦模様の中で行われることとなった。

シュヴァルグランが一気の末脚で勝利を物にした2016年アルゼンチン共和国杯

15頭の実力馬がゲートに収まり、いよいよ発走の時を迎えた2016年アルゼンチン共和国杯。ゲートが開き、真っ先に飛び出したのはクリールカイザーだった。好スタートからそのまま先手を取り、レースを引っ張っていく。2番手に付けたのはショウナンバッハ。さらに外からムスカテールもそれに並びかけ、マイネルメダリスト、フェスティヴイェルらが好位集団を形成。人気のモンドインテロは中団インコースからの競馬となった。

隊列は大きく変わらず迎えた最後の直線。やや脚色の衰えたクリールカイザーにモンドインテロが猛追。外からはシュヴァルグランも一気の加速で並びかけ、同じ勝負服のヴォルシェーブもしぶとく脚を伸ばす。さらにはアルバートなどもその争いに加わり、やや混戦気味となったものの、最後はシュヴァルグランが1着でゴールイン。勝ち時計は2分33秒4。1/2馬身差の2着にはアルバートが入り、さらにアタマ差の3着がヴォルシェーブ。以下、モンドインテロ、フェイムゲームの順で入線。2016年アルゼンチン共和国杯は1~5番人気の馬が掲示板を占める結果に終わった。

福永祐一騎手「G1に向けていい競馬ができた。秋に期待している1頭」

トップハンデタイ58kgの斤量を克服して2016年アルゼンチン共和国杯を制覇したシュヴァルグラン。勝利をエスコートした福永祐一騎手はレース後「ペースは速くならないと思ったので、スタートだけ上手く出していった。休み明けで気負っているところもあったが、馬の後ろで上手く我慢してくれた。休み明け、58kgの影響もあってか、直線で追い出した時の反応はあまり良くなかった。でも、加速がついてからはいい脚だったし、着差以上に強かった。G1に向けていい競馬ができた。妹(ヴィブロス)に先を越されてしまったが、秋に期待している1頭」とコメント。先々週の秋華賞を勝利したヴィブロスを引き合いに出し、兄である本馬の活躍に期待を込めた。

2着アルバートに騎乗した戸崎圭太騎手は「スタートがもう少しスムーズならもう一列前に付けたかったが、あの位置からになった。勝ち馬を見ながら運んで、直線で前が広くなるといい伸びを見せてくれた。ここを使ってまた良くなると思う」とやや後悔を滲ませつつ、今後の変わり身を願った。

3着ヴォルシェーブのミルコ・デムーロ騎手は「頑張ってくれた。ペースが遅かったので早めに動いて、勝てると思ったが…。ただ、久々という点を考慮すれば内容は悪くなかった。使ってまた良くなると思う」と語り、こちらも叩いての上積みに期待した。

一方、1番人気ながら4着に終わったモンドインテロのクリストフ・ルメール騎手は「とてもいい感じだったが、最後に少し止まってしまった。今日は休み明けで、メンバーが強かったこともあったかもしれない。でも、これからまだ良くなると思う」とコメント。ローテーションを敗因として挙げた。

スワーヴリチャードなどに注目?2017年アルゼンチン共和国杯を大胆予想!

2016年アルゼンチン共和国を制覇したシュヴァルグランは次走のジャパンカップでも3着に健闘。さらに今年の天皇賞(春)でも僅差の2着に好走し、国内トップクラスの1頭として、日本の競馬を盛り上げている。2017年アルゼンチン共和国杯の出走馬にも同様の活躍を期待したいところだ。

2017年アルゼンチン共和国杯で主役級の評価を受けそうなのはスワーヴリチャードか。2戦目で未勝利を勝ち上がると、次走に選んだ東京スポーツ杯2歳ステークスは2着。さらに共同通信杯を2馬身1/2差で快勝し、一躍クラシック候補として注目を浴びるとなった。その後、皐月賞では中山の小回りが合わなかったか6着に終わるが、続く日本ダービーではレイデオロの2着。改めてその素質の高さを証明した。春の疲れが抜けなかったことから菊花賞は回避となったが、古馬相手とは言え、G2であれば実力上位の存在。3戦3連対と得意にしている東京競馬場でどのような走りを披露するか、期待が集まるところだ。

その他、モンドインテロの弟セダブリランテスなど、未来のG1馬候補が集結することが予想されるアルゼンチン共和国杯。発走は11月5日。名だたるステイヤーたちが秋の府中で激突する。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 アルゼンチン共和国杯のレース結果


アルゼンチン共和国杯 (G2) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
シェリール ムスカテール マヤノトップガン
黒鹿
マクシマール フェスティヴイェル シンボリクリスエス
黒鹿
ヴェイルオブアヴァロン ヴォルシェーブ ネオユニヴァース
モテック レコンダイト ハーツクライ
黒鹿
ハルーワスウィート シュヴァルグラン ハーツクライ
フーラクサ プレストウィック ダイワメジャー
ツクバノーブル マイネルメダリスト ステイゴールド
鹿
ホールオブフェーム フェイムゲーム ハーツクライ
青鹿
ティーアイディップ コスモロビン ゼンノロブロイ
鹿
スマイルコンテスト クリールカイザー キングヘイロー
フォルクローレ アルバート アドマイヤドン
シュガーハート ショウナンバッハ ステイゴールド
鹿
ヴァーチュ ワンアンドオンリー ハーツクライ
黒鹿
ポイントフラッグ トレジャーマップ ステイゴールド
鹿
シルクユニバーサル モンドインテロ ディープインパクト
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
57.0 牡8 54.0 牡5 55.0 牡5 55.0 牡6 58.0 牡4 54.0 牡5 54.0 牡8 58.0 せん6 53.0 牡8 57.0 牡7 57.0 牡5 54.0 牡5 58.0 牡5 51.0 牡5 56.5 牡4 斤量
馬齢
A.シュタルケ 田中勝春 M.デムーロ 蛯名正義 福永祐一 石川裕紀人 柴田大知 北村宏司 嘉藤貴行 田辺裕信 戸崎圭太 松岡正海 柴山雄一 吉田豊 C.ルメール 騎手
栗東 友道康夫 美浦 畠山吉宏 栗東 友道康夫 栗東 音無秀孝 栗東 友道康夫 美浦 武藤善則 美浦 田中清隆 美浦 宗像義忠 美浦 清水英克 美浦 相沢郁 美浦 堀宣行 美浦 上原博之 栗東 橋口慎介 美浦 石栗龍彦 美浦 手塚貴久 調教師
482.0 (0) 498.0 (+4) 496.0 (+4) 454.0 (0) 474.0 (+6) 534.0 (+6) 500.0 (0) 454.0 (-4) 520.0 (-8) 488.0 (+4) 474.0 (+12) 444.0 (0) 508.0 (+8) 442.0 (-2) 484.0 (+4) 馬体重
単位: kg
42.710人気 113.213人気 4.83人気 30.28人気 3.92人気 60.211人気 215.514人気 15.15人気 419.115人気 15.76人気 5.44人気 81.912人気 16.57人気 32.59人気 3.41人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 6 11 シュヴァルグラン 2:33.4
2 3 5 アルバート 1/2
3 7 13 ヴォルシェーブ アタマ
4 1 1 モンドインテロ 1/2
5 5 8 フェイムゲーム 1 1/4
6 7 12 レコンダイト ハナ
7 4 6 クリールカイザー 1 1/2
8 2 3 ワンアンドオンリー ハナ
9 8 14 フェスティヴイェル 1 1/4
10 6 10 プレストウィック クビ
11 8 15 ムスカテール ハナ
12 2 2 トレジャーマップ 3/4
13 3 4 ショウナンバッハ
14 5 9 マイネルメダリスト 1 1/2
15 4 7 コスモロビン 10

払戻金

単勝 11 390円 2番人気
複勝 11
5
13
150円
180円
170円
2番人気
4番人気
3番人気
枠連 3-6 970円 4番人気
馬連 5-11 1,110円 5番人気
ワイド 5-11
11-13
5-13
440円
410円
520円
4番人気
3番人気
6番人気
馬単 11-5 2,140円 8番人気
3連複 5-11-13 1,690円 4番人気
3連単 11-5-13 8,290円 19番人気
WIN5 303,890円 2番人気

過去10年間のアルゼンチン共和国杯のレース結果

第54回 アルゼンチン共和国杯
2016年11月6日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 11 シュヴァルグラン 福永祐一 3.9倍(2番人気) 2:33.4 アルバート ヴォルシェーブ
第53回 アルゼンチン共和国杯
2015年11月8日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 15 ゴールドアクター 吉田隼人 2.1倍(1番人気) 2:34.0 メイショウカドマツ レーヴミストラル
第52回 アルゼンチン共和国杯
2014年11月9日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 フェイムゲーム 北村宏司 4.9倍(2番人気) 2:30.5 クリールカイザー スーパームーン
第51回 アルゼンチン共和国杯
2013年11月3日(祝・日) 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 12 アスカクリチャン 戸崎圭太 12.7倍(7番人気) 2:30.9 アドマイヤラクティ ルルーシュ
第50回 アルゼンチン共和国杯
2012年11月4日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 4 ルルーシュ 横山典弘 3.8倍(2番人気) 2:29.9 ムスカテール マイネルマーク
第49回 アルゼンチン共和国杯
2011年11月6日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 11 トレイルブレイザー 安藤勝己 6.3倍(3番人気) 2:31.5 オウケンブルースリ カワキタコマンド
第48回 アルゼンチン共和国杯
2010年11月7日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
1 2 トーセンジョーダン 三浦皇成 3.1倍(1番人気) 2:30.0 ジャミール コスモヘレノス
第47回 アルゼンチン共和国杯
2009年11月8日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 ミヤビランベリ 吉田隼人 25.1倍(11番人気) 2:30.9 アーネストリー ヒカルカザブエ
第46回 アルゼンチン共和国杯
2008年11月9日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 スクリーンヒーロー 蛯名正義 8.9倍(3番人気) 2:30.8 ジャガーメイル アルナスライン
第45回 アルゼンチン共和国杯
2007年11月4日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 9 アドマイヤジュピタ 村田一誠 5.1倍(2番人気) 2:30.9 トウカイトリック リキアイサイレンス

2017年 重賞レース特集

ページの先頭へ