高松宮記念 2017 重賞レース特集

高松宮記念の2017年度版重賞(G1)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 高松宮記念 NEWS!
  • 更新
    2017年3月23日 16時36分 今年の出馬表が発表されました。
  • 新着
    高松宮記念 2017 特集ページがオープンしました。

高松宮記念 2017 最新情報!

高松宮記念 2017 出馬表・オッズ情報


中京 11R WIN5
2017/3/26 (日) 15:40 出走
出走まであと
現在の予想記事数

高松宮記念(GI) 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
ツーデイズノーチス ワンスインナムーン アドマイヤムーン
鹿
レディトゥプリーズ ナックビーナス ダイワメジャー
青鹿
シーイズトウショウ トウショウピスト ヨハネスブルグ
鹿
デック ヒルノデイバロー マンハッタンカフェ
黒鹿
トランシーフレーズ トーキングドラム キングカメハメハ
鹿
アスドゥクール ソルヴェイグ ダイワメジャー
Ghaliah メラグラーナ FastnetRock
鹿
マイネカプリース スノードラゴン アドマイヤコジーン
アラマサスナイパー クリスマス バゴ
黒鹿
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ
鹿
アウトオブザウィム バクシンテイオー サクラバクシンオー
鹿
ベルモット レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード
オブザーヴァント セイウンコウセイ アドマイヤムーン
エリモピクシー レッドアリオン アグネスタキオン
鹿
リボンストライプ ラインスピリット スウェプトオーヴァーボード
黒鹿
マルトク レッツゴードンキ キングカメハメハ
ルビー フィエロ ディープインパクト
青鹿
ビールジャント ティーハーフ ストーミングホーム
母馬名 馬名 父馬名
毛色
55.0 牝4 55.0 牝4 57.0 牡5 57.0 牡6 57.0 牡7 55.0 牝4 55.0 牝5 57.0 牡9 55.0 牝6 57.0 牡4 57.0 牡8 57.0 牡6 57.0 牡4 57.0 牡7 57.0 牡6 55.0 牝5 57.0 牡8 57.0 牡7 斤量
馬齢
石橋脩 石川裕紀人 吉田豊 四位洋文 藤岡康太 田辺裕信 戸崎圭太 大野拓弥 藤岡佑介 川田将雅 A.シュタルケ M.デムーロ 幸英明 菱田裕二 森一馬 岩田康誠 内田博幸 国分優作 騎手
美浦 斎藤誠 美浦 杉浦宏昭 栗東 角田晃一 栗東 昆貢 美浦 斎藤誠 栗東 鮫島一歩 栗東 池添学 美浦 高木登 美浦 伊藤大士 栗東 須貝尚介 美浦 堀宣行 美浦 尾関知人 美浦 上原博之 栗東 橋口慎介 栗東 松永昌博 栗東 梅田智之 栗東 藤原英昭 栗東 西浦勝一 調教師
(0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) 馬体重
単位: kg
オッズ

短距離の名馬を数多く輩出してきた高松宮記念を徹底解説

高松宮記念の歴史や特徴

「日本で2つ目の短距離G1」として誕生した高松宮記念

かつて日本競馬において短距離馬の地位は低いものだった。真の一流馬は2000mから3200mの中長距離路線を戦い、そこで敗れた馬が短距離に矛先を向ける。そんな考えが競馬サークルにおいては根強かった。実際、スプリンターズSが芝1200mとして初めてのG1競走となったのは1990年になってからであり、その後もしばらくはスプリントG1が1つのみという状態が続いた。

そんな状況に変化が訪れたのは、1996年になってから。夏の中京開催における名物レースとなっていた芝2000mの高松宮杯を芝1200mに距離短縮。同時にグレードもG2からG1に格上げされ、「日本で2つ目の短距離G1」誕生となった。

G1昇格初年度は、3冠馬ナリタブライアンの参戦などもあり、大いに話題となる。そのナリタブライアンを破り、フラワーパークが初代チャンピオンに輝くと、その後もシンコウキング、シンコウフォレストといった名短距離馬が誕生。なお、1998年からはレース名が現在と同じ「高松宮記念」に改称された。

特筆すべきは、1999年の出走馬、アグネスワールドだろう。高松宮記念こそ5着に敗れたが、その後はフランスのアベイ・ド・ロンシャン賞、イギリスのジュライCという、世界最高峰の短距離G1を制覇。JRAが短距離路線のレース体系を整備した成果と言えるだろう。 2000年からは、現在と同じ3月の開催に移行。クラシック路線で辛酸を舐め続けたキングヘイローのG1初制覇など、数々の名場面が生まれた。

そして、2013年にはロードカナロアもこのレースを勝利している。アグネスワールドなどの活躍こそあったが、日本馬はスプリント戦線で世界の壁に阻まれることが多かった。ロードカナロアは短距離馬のレベルが高い香港でG1・2勝しており、「短距離でも強い日本馬」を世界に印象づけた。

一方、2015年はニュージーランドのエアロヴェロシティが勝利し、世界のレベルを痛感させられる結果となった。各国のスターホースがしのぎを削る様子が見られるのも、高松宮記念の醍醐味といったところだろうか。

改修工事で大幅な変貌を遂げた中京芝1200m

中京芝1200mという施行条件は変わらないが(2011年を除く)、2012年に中京競馬場の改修が行われた。最後の直線走路が約100m延長され、ゴール前には高低差2mの急坂が設けられるなど、コース形態が大幅に変化した。

現在の中京芝1200mにおける最大の特徴は、差し追い込み馬が有利ということだろう。通常、短距離のレースでは逃げ先行馬にアドバンテージがあるが、長い直線とゴール前の急坂も相まって、最後の最後に形勢が逆転するケースも多く見られる。

コース改修直後の中京競馬場は芝が重く、時計の掛かる決着となることが多かった。しかし、昨年の高松宮記念は1分6秒7という速いタイムで決着しており、傾向が変わりつつあることが伺える。

血統的には短距離戦にめっぽう強いサクラバクシンオーの産駒がここでも成績を残しているが、注目したいのはアドマイヤムーン産駒。単勝回収率は100%を超えており、単純に全頭買ってもプラス収支となる計算だ。

2016年高松宮記念のレース予想と結果

重賞未勝利のビッグアーサーが1番人気に

1番人気は4番ビッグアーサー。ここまで重賞勝ちこそなかったが、才能は高く評価されており、デビュー戦を除き、一貫して1番人気に推され続けてきた。特に前年10月のオパールS(OP)では2着を0.5秒突き放す圧勝劇を演じ、改めてそのポテンシャルを披露。前走のシルクロードS(G3)は大外16番という枠順も不利に働き5着と敗れたが、持てる素質はG1級と競馬ファンは評価した。

2番人気は6番ミッキーアイル。3歳春にNHKマイルC(G1)を制覇するなど、早い時期から活躍してきた同馬だが、古馬になってからはいまいち波に乗り切れないレースが続く。しかし、前走の阪急杯(G3)で久しぶりにハナを切る競馬を試みると、およそ1年4ヶ月ぶりとなる重賞制覇を果たした。次は1年10ヶ月ぶりのG1制覇なるか、注目が集まった。

3番手の支持を集めたのは8番アルビアーノ。3歳1月のデビューから3連勝でフラワーC(G3)を制すると、続くNHKマイルC(G1)でも2着に好走。10月のスワンS(G2)では従来とは違う中団待機策からの競馬で勝利を飾った。前哨戦のオーシャンS(G3)では初経験となる1200mのペースに戸惑い本領を発揮できなかったが、ストームキャット系種牡馬ハーランズホリデーの産駒であることから本質的には短距離向きとの見方もされており、スプリント競走2戦目で慣れが見込める今回は巻き返しが期待された。

その他、それぞれ前哨戦で結果を残した13番エイシンブルズアイ、12番ウリウリ、連覇を目指す5番スノードラゴンなど豪華メンバーが一同に介し、ファンは熱いレースが繰り広げられることを期待した。

落馬負傷を克服した福永騎手が嬉しいG1制覇

ミッキーアイル、ハクサンムーン、アクティブミノルなど快速馬が揃ったが、好スタートからハナを切ったのは中井裕二騎手騎乗のローレルベローチェ。ハクサンムーンが2番手に付け、ミッキーアイルが3番手。ビッグアーサーは好位からそれらを虎視眈々とマークした。テンの3ハロンは32.7秒とかなりのハイペース。

最後の直線に入り、まず抜け出しを図ったのはミッキーアイル。一旦は先頭に立ち、そのまま押し切るかに思われたが、急坂を上り、残り100mとなった辺りで外からビッグアーサーが猛追。あっさり交わし去ると、そのまま1着でゴールした。2着は早め先頭から粘ったミッキーアイル。中団から差し込んだアルビアーノに3着に入り、アクティブミノル、エイシンブルズアイがそれに続いた。

ビッグアーサーはG1初挑戦にして初制覇を果たした。中辻明オーナー、藤原健一調教師もG1初勝利となり、前年10月の落馬負傷から本年2月に戦線復帰した福永祐一騎手にとっても、嬉しいタイトルとなった。また、勝ち時計の1分6秒7は中京1200mのコースレコードだった。

松山騎手「4コーナーで逃げ馬が外に膨れてきたのが誤算だった」

高松宮記念の当日未明、リアルスティールがライアン・ムーア騎手の手綱によってドバイターフ(G1)を制覇したが、同馬はデビューから一貫して福永祐一騎手が騎乗し続けていた。つまり「降ろされた」とも言うべき状況であり、福永騎手にとってビッグアーサーとコンビを組む高松宮記念は何としても勝ちたい一戦だった。レース後には「理想的な展開で、道中も“これなら”と思っていた。前の馬もしぶとかったけど、きっちり交わしてくれた」とのコメントを残しており、思い描いた通りの騎乗ができたと言えそうだ。

2着ミッキーアイルの松山弘平騎手は「リズム良く自分の競馬はできたが、G1は周りのペースも速いし、4コーナーで逃げ馬が外に膨れてきたのが誤算だった」と展開面に敗因を求めた。

3着に敗れたアルビアーノのクリストフ・ルメール騎手は「短距離戦の経験が浅く前半はスムーズさを欠く感じだったが、直線は反応が良く、いい脚を使ってくれた」と経験を積んでの変わり身に期待を寄せた。

ビッグアーサーは回避!!どうなる、注目の2017年高松宮記念

2016年高松宮記念を制したビッグアーサーはその後、セントウルS(G2)こそ格の違いを見せつけ勝利したが、スプリンターズS(G1)、香港スプリント(G1)と精彩を欠くレースが続いた。ただし、スプリンターズSでは最後の直線にて致命的な不利を受けており、力を出し切れていないという見方もできる。

ミッキーアイルはスプリンターS2着、マイルチャンピオンシップ(G1)1着など、順調に実績を積んだが、2016年暮れの阪神C(G2)6着をもって現役引退が発表された。今後は社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

ニューヒーロー誕生の期待が掛かるのはシュウジだ。小倉2歳S(G3)勝利など、2歳時から重賞戦線で実績を残している同馬だが、3歳夏にスプリント路線に照準を定めると成績も安定。スプリンターズS4着で一流馬に混じっても引けを取らない実力を示すと、阪神Cでは先述のミッキーアイルほか、歴戦の古馬を見事撃破した。

レッドファルクスにも当然注目は集まる。当初はダート戦中心に使われてきたが、昨年6月のCBC賞(G3)から本格的に芝路線へと転向すると、上がり32.7秒の末脚を繰り出し、そこを勝利。さらに次走のスプリンターズSも勝利し、一気に短距離チャンピオンに上り詰めた。 その他、今年は2年前の高松宮記念勝ち馬エアロヴェロシティも再来日の予定とされている。また、ダンスディレクター、ネロといった安定勢力も展開次第では台頭しても驚けない。

多くのファンが心待ちにする2017年高松宮記念。決戦の日は3月26日だ。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 高松宮記念のレース結果


中京11R
第46回 高松宮記念GI
2016/03/27() 15:40 出走

高松宮記念 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
チリエージェ ハクサンムーン アドマイヤムーン
デック ヒルノデイバロー マンハッタンカフェ
黒鹿
シャイニングピアス スギノエンデバー サクラバクシンオー
鹿
ヘイローフジ ローレルベローチェ サクラバクシンオー
ダイヤモンドピアス アースソニック クロフネ
鹿
Miss Fear Factor エイシンブルズアイ Belgravia
ウィキウィキ ウリウリ ディープインパクト
マルトク レッツゴードンキ キングカメハメハ
ピエナアマゾン アクティブミノル スタチューオブリバティ
黒鹿
ビールジャント ティーハーフ ストーミングホーム
Antics アルビアーノ Harlan's Holiday
鹿
エリモピクシー サトノルパン ディープインパクト
黒鹿
スターアイル ミッキーアイル ディープインパクト
鹿
マイネカプリース スノードラゴン アドマイヤコジーン
シヤボナ ビッグアーサー サクラバクシンオー
鹿
サクラブルース サクラゴスペル サクラプレジデント
黒鹿
アドマイヤダッシュ ウキヨノカゼ オンファイア
黒鹿
メイキアシー ブラヴィッシモ Fastnet Rock
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
57.0牡7 57.0牡5 57.0牡8 57.0牡5 57.0牡7 57.0牡5 55.0牝6 55.0牝4 57.0牡4 57.0牡6 55.0牝4 57.0牡5 57.0牡5 57.0牡8 57.0牡5 57.0牡8 55.0牝6 57.0牡4 斤量
馬齢
酒井学 太宰啓介 鮫島克駿 中井裕二 D.バルジュー 石橋脩 戸崎圭太 岩田康誠 藤岡康太 池添謙一 C.ルメール 和田竜二 松山弘平 大野拓弥 福永祐一 勝浦正樹 四位洋文 横山典弘 騎手
栗東西園正都 栗東昆貢 栗東浅見秀一 栗東飯田雄三 栗東中竹和也 栗東野中賢二 栗東藤原英昭 栗東梅田智之 栗東北出成人 栗東西浦勝一 美浦木村哲也 栗東村山明 栗東音無秀孝 美浦高木登 栗東藤岡健一 美浦尾関知人 美浦菊沢隆徳 栗東須貝尚介 調教師
482.0(0) 514.0(-6) 464.0(-2) 508.0(0) 494.0(-4) 472.0(-2) 468.0(-6) 482.0(-8) 482.0(-2) 460.0(-6) 516.0(+6) 452.0(0) 490.0(+2) 510.0(-6) 520.0(-4) 490.0(+1) 490.0(0) 504.0(-2) 馬体重
単位: kg
20.07人気 97.715人気 345.518人気 27.99人気 198.917人気 9.45人気 7.94人気 31.210人気 165.916人気 95.414人気 5.13人気 26.58人気 3.92人気 14.96人気 3.91人気 92.113人気 42.512人気 39.711人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 2 4 ビッグアーサー 1:06.7
2 3 6 ミッキーアイル 3/4
3 4 8 アルビアーノ 1 3/4
4 5 10 アクティブミノル アタマ
5 7 13 エイシンブルズアイ 3/4
6 5 9 ティーハーフ クビ
7 3 5 スノードラゴン アタマ
8 6 11 レッツゴードンキ 1/2
9 6 12 ウリウリ ハナ
10 7 14 アースソニック ハナ
11 8 18 ハクサンムーン 1/2
12 8 17 ヒルノデイバロー クビ
13 1 2 ウキヨノカゼ 1/2
14 1 1 ブラヴィッシモ クビ
15 8 16 スギノエンデバー クビ
16 7 15 ローレルベローチェ 1/2
17 2 3 サクラゴスペル 1 1/2
18 4 7 サトノルパン クビ

払戻金

単勝 4 390円 1番人気
複勝 4
6
8
150円
150円
170円
1番人気
2番人気
3番人気
枠連 2-3 680円 1番人気
馬連 4-6 890円 1番人気
ワイド 4-6
4-8
6-8
370円
450円
520円
1番人気
2番人気
3番人気
馬単 4-6 1,730円 1番人気
3連複 4-6-8 1,740円 1番人気
3連単 4-6-8 6,690円 1番人気

過去10年間の高松宮記念のレース結果

第46回 高松宮記念
2016年3月27日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 ビッグアーサー 福永祐一 3.9倍(1番人気) 1:06.7 ミッキーアイル アルビアーノ
第45回 高松宮記念
2015年3月29日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 エアロヴェロシティ Z.パートン 6.5倍(4番人気) 1:08.5 ハクサンムーン ミッキーアイル
第44回 高松宮記念
2014年3月30日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 コパノリチャード M.デムーロ 7.7倍(3番人気) 1:12.2 スノードラゴン ストレイトガール
第43回 高松宮記念
2013年3月24日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
6 11 ロードカナロア 岩田康誠 1.3倍(1番人気) 1:08.1 ドリームバレンチノ ハクサンムーン
第42回 高松宮記念
2012年3月25日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 10 カレンチャン 池添謙一 3.9倍(2番人気) 1:10.3 サンカルロ ロードカナロア
第41回 高松宮記念
2011年3月27日() 阪神競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 キンシャサノキセキ U.リスポリ 4.5倍(3番人気) 1:07.9 サンカルロ アーバニティ
第40回 高松宮記念
2010年3月28日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 6 キンシャサノキセキ 四位洋文 3.7倍(1番人気) 1:08.6 ビービーガルダン エーシンフォワード
第39回 高松宮記念
2009年3月29日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 ローレルゲレイロ 藤田伸二 7.6倍(3番人気) 1:08.0 スリープレスナイト ソルジャーズソング
第38回 高松宮記念
2008年3月30日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 ファイングレイン 幸英明 7.1倍(4番人気) 1:07.1 キンシャサノキセキ スズカフェニックス
第37回 高松宮記念
2007年3月25日() 中京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 8 スズカフェニックス 武豊 4.5倍(1番人気) 1:08.9 ペールギュント プリサイスマシーン

2017年 重賞レース特集

リンクを貼って高松宮記念をみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ