NHKマイルカップ 2017 重賞レース特集

NHKマイルカップの2017年度版重賞(G1)特集ページです。
過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。

2017年 NHKマイルカップ NEWS!
  • 新着
    NHKマイルカップ 2017 特集ページがオープンしました。

「マル外のダービー」から内国産マイル王者決定戦に変貌したNHKマイルカップを徹底解剖

NHKマイルカップの歴史や特徴

かつては「マル外のダービー」の異名を取っていたNHKマイルカップ

NHKマイルカップの前身は、1953年から1995年まで東京競馬場で施行されていたNHK杯である。東京優駿(日本ダービー)のトライアルレースに指定されており、カツラギエースやビゼンニシキといった名馬がここをステップにダービーへと向かった。

G1に昇格したのは1996年から。当時、外国産馬はクラシックへの出走権がなく、目標とするレースがない状況だった。次第に「3歳の外国産馬にも活躍の場を」という気運が高まり、春の3歳(創設当時は馬齢を数えで表記していたため4歳)マイル王決定戦として施行されるようになった。そのため「マル外(外国産馬のこと)のダービー」とも呼ばれ、創設当初から外国産馬が出走可能だったほか、地方競馬所属馬にも門戸が開かれている。

「マル外のダービー」という異名の通り、第6回(2001年)までの勝ち馬はいずれも外国産馬である。特に第1回の勝ち時計1分32秒6は当時としてはかなり優秀なタイムであり、外国産馬のレベルの高さを改めて知らしめる結果となった。

その後、2001年にダービーが、2002年には皐月賞が、それぞれ外国産馬に開放されたこと、また内国産馬のレベルアップなどもあり、2002年以降の勝ち馬は全て内国産馬という極端な結果となっている。

近年は小回りの中山コース(皐月賞)を嫌い、ここをステップにダービーへと向かう馬も増えている。代表例はクロフネ、キングカメハメハ、テレグノシス、ディープスカイなどで、松田国英調教師がこのローテーションを好むことから「マツクニローテ」などとも呼ばれる。また、近年は馬の距離適性を重視した番組選択がされるようになっていることから、2400mが不向きと見られる牝馬が桜花賞の次走としてNHKマイルカップを選ぶことも多い(ラインクラフト、メジャーエンブレムなど)。

トライアルとして指定されているのは中山のニュージーランドカップ。2着以内の馬にNHKマイルカップへの優先出走権が与えられる。

東京芝1600mの注目種牡馬はダイワメジャー

東京競馬場の芝コースは1週約2120mの長さを誇り、JRA全10場の中で最も広い競馬場となっている。最大の特徴はおよそ530mの長い直線。途中に高低差2mの上り坂が設けられている。3コーナー入口に下り坂があり、コーナーで息を入れることが難しい。そのため施行距離の額面以上にスタミナが問われる傾向にあり、中距離馬の台頭が目立つ。

ただし、近年は馬場が極端に速くこともあり、1400mまでを得意とする先行馬が粘るケースもある。

血統的にはやはりサンデーサイレンス系が圧倒的に有利。特にダイワメジャー産駒はNHKマイルカップで2勝を挙げており、今後も注目だ。

2016年NHKマイルカップ結果をプレイバック

ファンはメジャーエンブレムの巻き返しに期待

1番人気には4番メジャーエンブレムが推された。前年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制し、2歳女王の座に輝いた同馬。前走の桜花賞(G1)はこの馬本来の積極的な競馬ができず4着に終わったが、これが彼女の実力ではないことは明らかであり、多くのファンが巻き返しに期待を寄せた。また、クイーンカップ(G3)圧勝の実績から、東京芝1600mの適性も人気を後押しした。

2番人気は5番ロードクエスト。この馬のハイライトは何と言っても前年の新潟2歳ステークス(G3)だろう。出遅れ気味のスタートから最後方の位置取りで4コーナーを回ると、軽く追われただけで17頭をごぼう抜き。後続に4馬身差を付け、圧勝した。このとき2着に負かしたのは、その後阪神ジュベナイルフィリーズで2着するウインファビラスであり、決してメンバーに恵まれたわけではなかった。その後はクラシックを目指し、長い距離を使われたため、思うような結果を出せなかったが、得意のマイル戦ならG1でも上位と見られていた。

3番人気はイモータル。前年8月のメイクデビューを圧勝すると、続くサウジアラビアロイヤルカップ(新設重賞)でも2着。朝日杯フューチュリティステークスこそ9着に終わるが、続く共同通信杯(G3)ではのちの皐月賞馬ディーマジェスティの2着と健闘しており、高い素質を秘めていると見られていた。

その他、前哨戦であるニュージーランドトロフィー(G2)を勝ったダンツプリウス、クロッカスステークス(OP)とファルコンステークス(G3)をともに爆発的な末脚で制したトウショウドラフタなど、脇役も含め個性豊かな面々が府中の地に集った。

メジャーエンブレムが一度も先頭を譲ることなくゴールイン

前走の桜花賞で控える競馬が不発に終わったメジャーエンブレムにとって、NHKマイルカップは逃げ以外の選択肢はなかった。その意志を示すかのように好スタートを決めると、前半3ハロン34.3秒と速いラップを刻んでいく。2番手に付けたのはシゲルノコギリザメ。シュウジ、アーバンキッド、ブランボヌールなどが好位集団を形成し、ロードクエストは後方2番手から虎視眈々と上位を窺った。

隊列は変わらず最後の直線に向くと、メジャーエンブレムが次第に後続との差を広げ始める。残り200m付近でロードクエストにエンジンが掛かり、鋭く追い込んでくる。しかし、並びかけるには至らず、結局メジャーエンブレムが一度も先頭を譲ることなくゴールイン。勝ちタイムは1分32秒8。2着はメンバー最速上がり33.8秒の脚を使ったロードクエスト、3着には中団から差してきたレインボーラインが入り、以下ダンツプリウス、トウショウドラフタと続いた。

ルメール騎手「今日は完璧なレースをすることができた」

1着でゴールを通過すると、クリストフ・ルメール騎手は喜びを噛みしめるように右手で小さくガッツポーズし、メジャーエンブレムの首筋をポンポンと叩いた。レース後には「いいスタートを決めたら前に行こうと決めていた。桜花賞では思ったようなレースができずガッカリしていたけど、今日は完璧なレースができた」と語り、桜花賞の雪辱を果たしたことを果たしたことを喜んだ。

2着のロードクエストに騎乗した池添謙一騎手は「中がゴチャつきそうだったので、勢いを付けて外へ出した。最後は本当にいい脚を使ってくれた」と力を出し切ったことを強調。

3着レインボーラインの福永祐一騎手は「上位争いするにはここしかない、というポジションが取れた。最後は併せ馬の形になっていればもっと際どかった」とコメントした。

2017年NHKマイルカップ予想で注目したいのはサトノアレス

メジャーエンブレムは故障により2016年NHKマイルカップを最後に引退が決まったが、レインボーラインは秋に3000mの菊花賞(G1)で2着するなど、幅広いカテゴリーで活躍している。もちろん2017年の出走馬もそれに続きたい。

現時点では出走馬が固まっていないが、現3歳でマイル適性が最も高そうなのはサトノアレスだ。未勝利、ベゴニア賞を勝利し挑んだ朝日杯フューチュリティステークス(G1)では鋭い追い込みを決め見事勝利。6番人気の低評価を覆した。現状2400mは未知数のため、皐月賞後にダービーではなくこちらへ矛先を向ける可能性も十分。出走さえしてくれば、もちろん有力候補の筆頭と言えるだろう。

その朝日杯フューチュリティステークスではサトノアレスの後塵を拝したが、モンドキャンも十分圏内。

もちろんまだ見ぬ強者が台頭する可能性もあり、興味が尽きない3歳マイル路線。NHKマイルカップは5月7日に決戦の火蓋が切って落とされる。

凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。

予想配信開始まで楽しみにお待ちください。

会員登録(無料)して最新情報を受け取る ※メールアドレスのご登録のみでご利用いただけます

2016年 NHKマイルカップのレース結果


東京11R
第21回 NHKマイルカップGI
2016/05/08() 15:40 出走

NHKマイルカップ 出馬表

8 7 6 5 4 3 2 1 枠番
18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 馬番
レーゲンボーゲン レインボーライン ステイゴールド
鹿
ルシュクル ブランボヌール ディープインパクト
エルサフィール カネノイロ パイロ
鹿
リーベストラウム ストーミーシー アドマイヤムーン
トーセンスマッシュ ブレイブスマッシュ トーセンファントム
鹿
シアトルビューティ シゲルノコギリザメ スーパーホーネット
黒鹿
キングスミール ハクサンルドルフ アドマイヤムーン
黒鹿
マイネアルデュール ペルソナリテ ステイゴールド
鹿
ストロングレダ ダンツプリウス ブライアンズタイム
鹿
マルカアイチャン シャドウアプローチ ジャングルポケット
ショアー イモータル マンハッタンカフェ
青鹿
ウイッチトウショウ トウショウドラフタ アンライバルド
ラドラーダ ティソーナ ダイワメジャー
黒鹿
マツリダワルツ ロードクエスト マツリダゴッホ
鹿
キャッチータイトル メジャーエンブレム ダイワメジャー
コックニー アーバンキッド ハーツクライ
鹿
シャトーサウザンド エクラミレネール マツリダゴッホ
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ
鹿
母馬名 馬名 父馬名
毛色
57.0牡3 55.0牝3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 55.0牝3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 57.0牡3 55.0牝3 57.0牡3 55.0牝3 57.0牡3 斤量
馬齢
福永祐一 三浦皇成 蛯名正義 江田照男 横山典弘 松岡正海 内田博幸 柴田大知 丸山元気 T.ベリー 戸崎圭太 田辺裕信 M.デムーロ 池添謙一 C.ルメール H.ボウマン 大野拓弥 岩田康誠 騎手
栗東浅見秀一 栗東中竹和也 美浦佐藤吉勝 美浦斎藤誠 美浦小笠倫弘 栗東谷潔 栗東西園正都 美浦相沢郁 栗東山内研二 栗東須貝尚介 栗東須貝尚介 美浦萱野浩二 美浦藤沢和雄 美浦小島茂之 美浦田村康仁 美浦斎藤誠 美浦高橋裕 栗東須貝尚介 調教師
430.0(-2) 418.0(-4) 448.0(-2) 524.0(+4) 478.0(+2) 476.0(-4) 452.0(0) 404.0(+4) 494.0(-4) 488.0(-6) 516.0(-4) 460.0(-4) 488.0(0) 446.0(-6) 496.0(-6) 466.0(0) 432.0(-4) 494.0(0) 馬体重
単位: kg
40.712人気 133.015人気 234.117人気 32.310人気 29.69人気 89.714人気 37.311人気 259.218人気 21.27人気 53.813人気 7.63人気 10.05人気 9.84人気 6.42人気 2.31人気 11.36人気 138.216人気 27.88人気 オッズ

レース結果

着順 馬番 馬名 タイム
1 2 4 メジャーエンブレム 1:32.8
2 3 5 ロードクエスト 3/4
3 8 18 レインボーライン クビ
4 5 10 ダンツプリウス 1 1/4
5 4 7 トウショウドラフタ アタマ
6 6 12 ハクサンルドルフ アタマ
6 8 17 ブランボヌール 同着
8 7 14 ブレイブスマッシュ ハナ
9 7 15 ストーミーシー 1 1/4
10 5 9 シャドウアプローチ ハナ
11 4 8 イモータル クビ
12 1 1 シュウジ アタマ
13 1 2 エクラミレネール クビ
14 8 16 カネノイロ クビ
15 6 11 ペルソナリテ 3/4
16 2 3 アーバンキッド 1/2
17 3 6 ティソーナ クビ
18 7 13 シゲルノコギリザメ 10

払戻金

単勝 4 230円 1番人気
複勝 4
5
18
140円
210円
660円
1番人気
2番人気
11番人気
枠連 2-3 460円 1番人気
馬連 4-5 940円 1番人気
ワイド 4-5
4-18
5-18
430円
1,990円
3,520円
1番人気
22番人気
43番人気
馬単 4-5 1,470円 1番人気
3連複 4-5-18 11,190円 32番人気
3連単 4-5-18 33,030円 78番人気

過去10年間のNHKマイルカップのレース結果

第21回 NHKマイルカップ
2016年5月8日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 4 メジャーエンブレム C.ルメール 2.3倍(1番人気) 1:32.8 ロードクエスト レインボーライン
第20回 NHKマイルカップ
2015年5月10日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 7 クラリティスカイ 横山典弘 6.4倍(3番人気) 1:33.5 アルビアーノ ミュゼスルタン
第19回 NHKマイルカップ
2014年5月11日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 10 ミッキーアイル 浜中俊 1.9倍(1番人気) 1:33.2 タガノブルグ キングズオブザサン
第18回 NHKマイルカップ
2013年5月5日(祝・日) 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
4 8 マイネルホウオウ 柴田大知 34.3倍(10番人気) 1:32.7 インパルスヒーロー フラムドグロワール
第17回 NHKマイルカップ
2012年5月6日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
3 5 カレンブラックヒル 秋山真一郎 3.7倍(1番人気) 1:34.5 アルフレード クラレント
第16回 NHKマイルカップ
2011年5月8日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 グランプリボス C.ウィリアムズ 4.6倍(1番人気) 1:32.2 コティリオン リアルインパクト
第15回 NHKマイルカップ
2010年5月9日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 13 ダノンシャンティ 安藤勝己 2.6倍(1番人気) 1:31.4 ダイワバーバリアン リルダヴァル
第14回 NHKマイルカップ
2009年5月10日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
2 3 ジョーカプチーノ 藤岡康太 39.8倍(10番人気) 1:32.4 レッドスパーダ グランプリエンゼル
第13回 NHKマイルカップ
2008年5月11日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
5 9 ディープスカイ 四位洋文 4.3倍(1番人気) 1:34.2 ブラックシェル ダノンゴーゴー
第12回 NHKマイルカップ
2007年5月6日() 東京競馬場
馬番 勝ち馬 騎手 オッズ(人気) タイム 2着 3着
7 14 ピンクカメオ 内田博幸 76.0倍(17番人気) 1:34.3 ローレルゲレイロ ムラマサノヨートー

2017年 重賞レース特集

リンクを貼ってNHKマイルカップをみんなで盛り上げよう!!

ページの先頭へ