的中無料公開中

※この記事は、2020/5/10 10:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1506

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/10(日)
東京5R
3歳1勝クラス(500万下)
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 フランジヴェント 1:21.2
2 6 7 モーベット アタマ
3 2 2 セイウンパワフル 11/4
払戻金
単勝 4 950円 5番人気
複勝 4
7
2
190円
140円
170円
5番人気
2番人気
3番人気
枠連 4-6 1,370円 7番人気
馬連 4-7 1,380円 6番人気
ワイド 4-7
2-4
2-7
470円
760円
420円
7番人気
10番人気
4番人気
馬単 4-7 3,070円 12番人気
3連複 2-4-7 2,760円 10番人気
3連単 4-7-2 17,650円 61番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 2 2 セイウンパワフル 6.4 3 56.0 牡3 田辺裕信 美浦斎藤誠 468.0
10着 3 3 ブライティアランド 38.5 7 54.0 牝3 横山典弘 美浦武井亮 462.0
1着 4 4 フランジヴェント 9.5 5 54.0 牝3 M.デムーロ 美浦金成貴史 472.0
8着 5 5 ネバーランド 62.6 8 56.0 牡3 木幡巧也 美浦岩戸孝樹 418.0
9着 6 6 スズノヤマト 77.3 9 56.0 牡3 武士沢友治 美浦高橋裕 460.0
2着 6 7 モーベット 3.2 2 54.0 牝3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 464.0
4着 7 9 レッドライデン 2.2 1 56.0 牡3 D.レーン 美浦鹿戸雄一 486.0
5着 8 10 グルアーブ 7.5 4 54.0 牝3 武豊 美浦林徹 420.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
2,760円
+360円
115.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:9ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:2ー7
合計購入金額:3,200円   払戻金:2,760円  
収支:-440円   回収率:86.3%
NHKマイルCのスタートもまもなくといったところだが、
最新情報をお伝えした後でも、確勝級大ヤリ関西馬は順調そのもの。
「このままゲート入りすれば、まず大丈夫だよ」と、関係者も自信タップリの様子。

また人気薄大ヤリ関西馬については、
「思った通り前日時点でも全然売れていないみたいだね」と、
マスコミのマークが薄かったこともあり、一般ファンは伏兵とすら見ていないようだ。

さらに、「アノ関東馬」は前日時点で上位人気支持されているようだが、
不安情報を入手している。公にならない内部情報の為、閲覧権利を取得済みの
会員様にのみ公開する形となるが、すでに手続き済みの会員様は楽しみにお待ち頂きたい。

まだお申込みがお済みでない方は締め切り時間が迫っているので、お忘れのないようにお願いしたい。

NHKマイルC直前レポ


プリンスリターン

前走のアーリントンCでの一幕。当レースの2週前に放馬&鞍上落馬してしまった影響で
明らかに仕上がり途上だったのもあるけど、レース後にカズマが加用先生から怒られ。
お前は勝ちたい気持ちが強すぎるって。
ハミを噛んで先行する形になった挙げ句、ロードベイリーフ(⑪着)が動いたのを見て、
焦って仕掛けが早くなった。おかげで直線では一旦先頭に立つものの、
最後はソラを使ってしまい3着。馬に競馬を教えるんじゃなくて、お前が馬に競馬を
教えられてどうするんだと相当な言われようで、聞いてるコッチが面食らっちまったとR氏
あんな状態でも2着とクビ差だったんだから、マトモにヤレてれば勝てたって
確信があったんだろう。

それでもデビューから一貫して手綱を取っているのはカズマ。
馬のクセを知り尽くしてると先生も心の中では分かってるからこそ、
今回もカズマに任せたというわけ。

もちろん他のライバルたちと同様、叩いた今回が本番。
稽古では、かなり外を回したのに僚馬のカリオストロ(フィリーズレビュー4着)に余裕の先着。
仕掛けての反応もすこぶるよかったし、文句のないデキ。
今回は人気のレシステンシアが隣とあって、陣営の話では真後ろでぴったりマークする
競馬をしてもらうつもりとのこと


◆━━━━━━(^¬^)/
本日の予想
(^¬^)/━━━━━━◆



東京5R 3歳1勝クラス 芝1400

期待はレッドライデン

昨秋にはマーフィーをしてもガッツリ持っていかれたほどの
折り合い難を抱えるが、今週の追い切りに乗ったレーンはメチャメチャ掛かると聞いていたけど
全然そんなことはなかった。普通に勝てる馬とサラリ。

前走ファルコンS5着からも千四ベターは疑いようがなく、
自己条件の平場を使う以上は負けられない一戦という位置付とT氏。
厩舎サイドも前走は重賞で強いメンバーの中、馬場の悪い最内を突いて
一瞬は抜け出しそうな場面。やっぱり現状はこれぐらいの距離がちょうどいいので、
さすがにこの組み合わせなら決めてもらわないと困るとキッパリ。


◎9レッドライデン

〇7モーベット
新潟2歳では2人気に支持されたが、不利もあり流石に15番手からは届かない
スタート難があるが放牧を挟んで仕上がりは良好と陣営。
流れてくれれば決め手は一番とT氏


▲2セイウンパワフル
G1に愛馬が参戦も勝負トーンは、ここ。1400は走り慣れており良馬場であれば
上位に食い込んでいいとT氏

☆4フランジヴェント

△3ブライティアランド

△6スズノヤマト

△10グルアーブ

△5ネバーランド

三連複◎〇フォーメーション
馬連
9-7 9-2 2-7

9-4 9-3 9-6 9-10 9-5

◆新潟7R 4歳上1勝クラス ダート1200


金曜レポで取り上げたヒロノトウリョウに期待

骨折明けを9.5着。もともとが太めの使い出しで使いつつ
良くなればという話だったことを思えば、
2戦目で0秒4差まで詰めてきた前走にはかなりの価値を認めていいことになる。
陣営も思ってた以上に復調が早い。坂路で自己ベストが出た今回はいよいよ
とトーンが上がっている。


◎8ヒロノトウリョウ

〇14タガノジェロディ
渋る馬場は得意のこの馬、ブリンカー効果で集中して走れており
出遅れ癖があるが、騎乗経験のある騎手で挽回出来るとR氏

☆5ルクスムンディー
ハイペースを追走しブリンカー効果で粘り、収穫のある内容と陣営。
渋るようならプラス、前受けできれば好勝負

▲11ゴールドクロス

現級では力上位で前走も期待していたが、スタートで後手を踏んだ影響もあり、
流れに乗れずに9着と人気を裏切る結果になった。その後脚元がモヤっとしたので
放牧に出して立て直して4カ月ぶりの競馬。
最終追い切りは田辺騎手が騎乗したが、好感触を掴んだとの事。
今はどこも痛いところがないので本来の力を出せそうですと陣営。
鞍上の丸山騎手も日曜日の期待馬の一頭に挙げてくれた。



爆15シアトルトウショウ
前走、内枠だったが上手く捌いて終い追い込んできたが、
前半の位置取りがいつもより後ろ過ぎたのが響いて6着。
流れが向けば常に一発の可能性を秘めているが、歯痒い現状。
ただ、今回は鞍上が三浦騎手になるのは強調。
雨であまり馬場が速くなると心配はありますが、体調は引き続き良いので展開ひとつと
鞍上強化で色気ありの陣営


△12ナイスプリンセス

△2アースビヨンド

△10メイショウモルサ

三連複◎〇フォーメーション
馬連
8-14 8-11 11-14

8-5 8-15 8-12 8-2 8-10

新潟9R
4歳上1勝クラス ダ1800m

北関東オーナーのジェイケイエースに期待

ここ2走が2着と安定しているが、いずれも離されており、中央場所だとメンバーが揃うので、
相手関係を考えて新潟への参戦を決めた経緯。
長く好調を維持しており、体調面での不安はないです。新潟コースは未勝利を勝ってる
相性の良いコースなので、ココで決めて欲しいですと陣営。

◎2ジェイケイエース

〇4ロマンスガッサン
1年2カ月という長期休養明けを一度使って、その後の前走で一変まではしなかったが、
体が絞れてきて確実に良くなってきているとT氏。
今回はレース後の回復が早かったので、間隔を詰めて使えて前走以上との事。
今回は再度ブリンカーを着けます。このクラスで通用の力は見せているし、
新潟で勝っているので変わり身があってもおかしくないですと密かに期待の陣営。
オーナーは東北の御仁で裏でやる

▲3キングスバレイ
休養前には現3勝馬と好勝負、頭数も手ごろで行き切れば通用していいレベル
課題は乗れていないロートル

☆8コパノカーリング


△7グッドヘルスバイオ

△1パシージョ

△10テイケイドルチェ

△6スティングレイ

三連複◎〇フォーメーション
馬連
2-4 2-3 3-4

2-8 2-7 2-1 2-10 2-6


東京9R「緑風ステークス」
4歳上 3勝クラス 芝2400m ハンデ

ここは社台グループの出走馬が多数揃った中でも、
3頭出しとなる社台グループオーナーズ

今回の3頭出し、もっといえばグループ関連馬の多数出走も、
当然ながら無関係ではない
管理する国枝厩舎も2頭出しで、ノチェブランカは53キロのハンデでデムーロ騎手。
ハンデ56キロのサトノラディウスに配したのは大野騎手。
また3頭いる社台グループオーナーズの馬も、他の2頭、グレンガリーは津村騎手がハンデ54キロ。
ブラックプラチナムは乗り替わりも55キロのハンデで横山武史騎手。
少なからず減量が必要な53キロのノチェブランカにあえてデムーロ騎手を起用するあたり考えれば、
どちらを重視しているかは一目瞭然とT氏

前走では出遅れた上に、直線で挟まる不利を受けて不完全燃焼のなってしまった。
競馬の結果としては度外視してもいいものだが、確実に勝ちに行く内容から一転、
致命的な状況に陥った事実は決して拭い去ることはできない。

◎11ノチェブランカ

〇13ブラックプラチナム
4-3-1-1の東京コース巧者で2400では1-3-0-0、休養明けであるが仕上がり上々
との報告。ばてないタイプであり期待とT氏


▲6 ヒシゲッコウ
年末に戻したが調整が上手くいかなく再度放牧を経て、いい状態で挑めると陣営。
レーン騎手も昨年騎乗して勝利しており、勝ち負け十分と見ていいとT氏


☆2 サトノラディウス

△8 エストスペリオル

△1 シークレットラン

△9 グレンガリー

△4 ネイビーブルー

押さえ12

三連複◎〇フォーメーション
馬連
11-13 11-6 13-6

11-2 11-8 11-1 11-9 11-4



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2020/5/10 10:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP