的中無料公開中

※この記事は、2019/10/6 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1410

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

10/06(日)
東京6R
3歳以上1勝クラス(500万下)
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 11 ネオブレイブ 1:38.9
2 4 5 グレートバニヤン 1/2
3 6 9 メンディ 13/4
払戻金
単勝 11 960円 7番人気
複勝 11
5
9
290円
240円
260円
7番人気
5番人気
6番人気
枠連 4-7 460円 1番人気
馬連 5-11 2,660円 16番人気
ワイド 5-11
9-11
5-9
970円
1,270円
990円
16番人気
20番人気
17番人気
馬単 11-5 6,740円 36番人気
3連複 5-9-11 7,780円 34番人気
3連単 11-5-9 59,010円 226番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 3 3 ユイノチョッパー 6.0 3 56.0 牡4 野中悠太郎 美浦竹内正洋 502.0
13着 4 4 オフウィドゥス 4.2 1 54.0 牡3 内田博幸 美浦木村哲也 526.0
2着 4 5 グレートバニヤン 6.0 3 52.0 牡3 岩田望来 栗東牧田和弥 536.0
12着 5 6 オーシャンビュー 37.0 10 57.0 牡6 松岡正海 美浦伊藤伸一 452.0
4着 5 7 ペイシャムートン 6.7 5 55.0 牡3 A.シュタルケ 美浦小笠倫弘 510.0
3着 6 9 メンディ 9.3 6 55.0 牡3 北村宏司 美浦杉浦宏昭 494.0
7着 7 10 シゲルヒスイ 4.8 2 55.0 牡3 戸崎圭太 美浦伊藤圭三 478.0
1着 7 11 ネオブレイブ 9.6 7 55.0 牡3 吉田豊 美浦小西一男 502.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
7,780円
+5,380円
324.2%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
2,660円
+1,960円
380.0%
馬/組番:11ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー10
合計購入金額:3,200円   払戻金:10,440円  
収支:+7,240円   回収率:326.3%
\\\\\∨/////
メルマガ創刊1500号!!
sP Pc版
創刊から10周年

ご愛顧ありがとうございます。

今後もオフレコをベースに走らせる側の思惑を精査の上どんどんご提供
申し上げます。 ご期待に沿えるようより一層 邁進して参りますので
どうぞ引き続き多大なご支持をよろしくお願い申しあげます。

*************************
1500号創刊記念
特別公開 京都大賞典のオフレコ

放牧先から相当ガレて帰ってきて。本当は2週前のオールカマーに出走する予定だったのに、
立て直すのに手間取ってココまでもつれ込んだ事情があるのがエアウインザー。
新聞では仕上がりは良好なんてポジティブな公式コメントしか掲載されていないけど、
現場では助手さんが本質的に叩いたほうがいいタイプだし、2400メートルへの対応も鍵になんて
言葉を濁すシーンもあったとN氏。
ようは、本番前に叩いておくならココしかないから仕方なくって理由で出してきたってワケ。

それに土曜の京都な、東京と違って開幕週なのにそこまで高速馬場じゃなかったのも
気になるところ。春とのメリハリつけるために秋冬はわざと重く作ってるんだろうが、
そうなると渋った馬場での実績もあるとはいえ
パンパンの良馬場がいいなんて言ってるエアウィンザー陣営には逆風となる可能性もある。


パリンジェネシス
目黒記念の大敗で重賞では家賃が高いと勘違いされるようならお買い得。
出負けした挙げ句、デムーロの馬(ポポカテペトル)に2コーナー過ぎから
ずっと被せられて接触する始末。レース後に川田がデムーロにブチ切れていたのが印象的。
とにかく度外視していい内容。

陣営が大型馬だけど休み明けの方がイイって言ってるようにテッポーが強みになるタイプ。
今回コンビを組む松山以外にも黒岩や長岡、水口といったジョッキー連中が稽古をつけているんだが、
みんなイイ感触を持ってくれてるって話とR氏。5月以来の競馬でも力を出せる仕上がり。

クラブ多頭数出しで要警戒

参考に!!



本日の予想

東京6R 3歳上1勝クラス ダート1600


金曜レポで取り上げたネオブレイブに白羽の矢

中山のダート千八で勝ち上がった馬だが、当時から手綱を取っていた田辺Jには
ずっとこの距離は長いと言われ続けていたものだった。
厩舎関係者もそれを思えばここ3戦はよく頑張っているし、離されたとはいえ前走3着は
力をつけている証拠だろうと。待望の距離短縮で前進を目論む。


◎11ネオブレイブ


〇4オフウィドゥス
まだまだ全然頼りないという段階で経験馬相手に3着。最速の上がりを駆使して2着と
ハナ差まで迫ったデビュー戦がそもそもの能力。
あれから半年の時を経て、しっかり成長した姿を見せる南半球産馬オフウィドゥスに
昇級の壁はないと判断したとT氏。
厩舎サイドも未完成だったぶん大事に大事に使わざるをえなかっただけに、
前走で時間切れにならずキッチリ1つ勝てたことは本当に大きかった。
この中間はまた一段階、馬が成長した感じがするし、ポテンシャルの高さは1勝クラスでもむしろ上。
もちろんダートも合うはずだと余裕で構えている
、血統的にはダート向きで近親に米国での活躍馬が多い。
1勝クラスのダートなら圧勝のシーンもありそうと、関係者は期待しているとT氏



▲10シゲルヒスイ
オーナーサイドの意向で減量起用で勝負に出たが
藤田騎手が安全運転で一押しがきかなく0.7差 乗りなれた騎手に強化しての
再度ブリンカー装着で前で粘りこみたい

☆5グレートバニヤン

△3ユイノチョッパー

△7ペイシャムートン

△6オーシャンビュー

△9メンディ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
11-4 11-10 4-10

11-5 11-3 11-7 11-6 11-9

新潟7R
3歳上1勝クラス ダート1200
若手騎手

金曜レポで取りあげたアルミューテンに白羽の矢

本線で予定していたのは土曜12Rの千直だったが、想定の段階で出走順27番目。
まず除外濃厚ということでコチラも視野に入れてきた。
ただし、この若手騎手戦のメンバーが激弱と知った厩舎関係者は棚からボタ餅だとニンマリ。
もとより芝ダートは不問のタイプ。この相手なら逃げ切り十分。

◎5アルミューテン

〇9グラウクス
4か月ぶりのレースであるが2週に渡り好時計を連発 前有利のコースで
コース相性もよく前回から1キロ減であれば昇級通用のレベルと陣営

▲6ドロウアカード
一変があるなら今回。このクラスは勝ったことはあるが、とにかく終いが甘く、
ゴールが近づくと止めてしまうというクセ馬。
今回はダートに替えて、ブリンカーを着用を試みると陣営
稽古でもブリンカーを着けてみましたが、効いているというより、状態の良さで追い切りも
動いているようですと調教師は本音を漏らしていたが、短距離戦としては、先行勢も手薄。
今度こそ押し切りたい。

☆7サマニー

△13モハー

△4チャンダナ

△11キョウエイオビエド

押さえ3


三連複◎〇フォーメーション

馬連
5-9 5-6 6-9

5-7 5-13 5-4 5-11

京都7R
3歳上1勝クラス ダ1400m


期待の矢はメイショウテツワン

当初は2週前の阪神に使う予定だったのですが、もう少し調教を積めばもっと良くなりそうな
感触だったので、ココまで待ちました。思った通りの仕上がりになりました。
キックバックを受けると微妙に気にして頭が高くなるところがあるので、理想はハナ。
スピードがありますから、持ち味を活かした競馬ができれば残り目はあるでしょうと
久々も好仕上がりで期待の関係者。


◎13メイショウテツワン


〇8トップウイナー
先週の競馬で上位の2頭とは8馬身差の3着だったが、ワン・ツーが異常に強かっただけで、
全く悲観する内容ではなかった。当初は中1週で来週の予定だったが、
相手を見て勝負になると踏んでの連闘。
疲れもないので連闘も問題ありません。揉まれ弱いところがあるので外枠が欲しいと陣営。
13頭立ての6枠8番ならマズマズでココで勝ち負け期待。

▲12ミトノブラック
本質的にベストは短距離でレース中に鼻血があり度外視出来る敗戦。
間隔を空けてのここ狙い距離短縮で見直しは必要

☆10アタミ


△6グランセノーテ

△4コパノカーリング

△2フィールドドウサン

△5メイショウハナモリ


三連複◎〇フォーメーション

馬連
13-8 13-12 12-8

13-10 13-6 13-4 13-2 13-5


東京7R
3歳上1勝クラス ダ1300m

何気に密かに東京オーナー西山オーナーが複数出し
特に怪しいのがセイウンデルレイ G1でセイウンコウセイの補填騎乗の幸騎手
初ダートのニシノベースマンが逃げれればハイペース演出

警戒必要と睨んで〇

期待の矢はタマモキャペリン


前走の中山戦で1勝クラスにメドの立つ競馬が出来たが、
今回の陣営はこの馬にとってのベストは東京の1300mだと、さらにトーンアップ。
武藤雅騎手もレース後に東京なら更に対応しやすそうですと感触を掴んでおり、
今回は待ち望んでいた条件替わりだろうとT氏。
ダートスタートならポジション争いも楽になる。


◎3タマモキャペリン

〇11セイウンデルレイ

▲8デュアルマンデート
課題はゲート。再審査明けであるが仕上がりは及第点とT氏
1300での時計勝負ならメンバー的に足りていい

☆1フィリーズラン

△13ウメタロウ

△12フレンドアリス

△5ニシノベースマン

押さえ9

三連複◎〇フォーメーション

馬連
3-11 3-8 11-8

3-1 3-13 3-12 3-5



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2019/10/6 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP