的中無料公開中

※この記事は、2019/9/7 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1396-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

09/07(土)
中山9R
アスター賞
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 7 サクセッション 1:34.6
2 1 1 ヴェスターヴァルト 11/2
3 8 8 ミャゴラーレ 3/4
払戻金
単勝 7 170円 1番人気
複勝 7
1
8
110円
150円
260円
1番人気
3番人気
5番人気
枠連 1-7 380円 2番人気
馬連 1-7 390円 2番人気
ワイド 1-7
7-8
1-8
200円
380円
780円
2番人気
6番人気
10番人気
馬単 7-1 520円 2番人気
3連複 1-7-8 1,310円 5番人気
3連単 7-1-8 3,150円 11番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 1 1 ヴェスターヴァルト 5.2 3 54.0 牡2 M.デムーロ 美浦加藤征弘 460.0
7着 2 2 エヴァーガーデン 4.2 2 54.0 牝2 戸崎圭太 美浦高橋祥泰 456.0
4着 5 5 シコウ 11.6 4 54.0 牡2 木幡巧也 美浦牧光二 460.0
1着 7 7 サクセッション 1.7 1 54.0 牡2 C.ルメール 美浦国枝栄 498.0
3着 8 8 ミャゴラーレ 22.2 5 54.0 牡2 田辺裕信 美浦黒岩陽一 502.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
6点
600円
1,310円
+710円
218.3%
馬/組番:6組
馬連
ながし
馬番
4点
400円
390円
-10円
97.5%
馬/組番:7ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー5
合計購入金額:1,100円   払戻金:1,700円  
収支:+600円   回収率:154.5%
09/07(土)
阪神11R
エニフステークス(L)
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 8 エアアルマス 1:23.6
2 3 3 ヴァニラアイス クビ
3 8 10 ラインシュナイダー 1/2
払戻金
単勝 8 140円 1番人気
複勝 8
3
10
110円
120円
1,220円
1番人気
2番人気
11番人気
枠連 3-7 270円 1番人気
馬連 3-8 270円 1番人気
ワイド 3-8
8-10
3-10
160円
2,630円
4,840円
1番人気
32番人気
45番人気
馬単 8-3 350円 1番人気
3連複 3-8-10 8,780円 27番人気
3連単 8-3-10 22,250円 70番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 ダノンフェイス 25.6 6 57.0 牡6 浜中俊 栗東大久保龍志 526.0
8着 2 2 ドンフォルティス 22.6 5 57.0 牡4 武豊 栗東牧浦充徳 486.0
2着 3 3 ヴァニラアイス 4.5 2 52.0 牝3 幸英明 栗東高柳大輔 454.0
9着 4 4 ブルミラコロ 28.4 7 57.0 牡7 秋山真一郎 栗東大久保龍志 514.0
7着 6 6 プレスティージオ 13.2 4 56.0 牡6 国分優作 栗東大根田裕之 482.0
10着 6 7 タガノディグオ 33.1 8 56.0 牡5 川島信二 栗東宮徹 526.0
1着 7 8 エアアルマス 1.4 1 56.0 牡4 川田将雅 栗東池添学 486.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
12点
1,200円
0円
-1,200円
0.0%
馬/組番:12組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
270円
-330円
45.0%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:3ー7
合計購入金額:1,900円   払戻金:270円  
収支:-1,630円   回収率:14.2%
阪神9R 野分特別
3歳上2勝クラス 芝1800

金曜レポで取り上げたのがリリーモントルー
2走前に出した6F77秒5の自己ベストには及ばないものの、ジョッキー騎乗で通ったコースも内め。
対して今回は重い助手が乗って馬場の大外。同厩のOP馬を追走して外から並びかけるところまで
いっての時計だから価値の高さは言わずもがな。
休み明けを5→3着ときて、いよいよピークのデキだとN氏。


◎4リリーモントルー

〇1ゴータイミング
阪神の野芝で勝利しており、使われている強みがある今回は陣営とすれば
いい訳のない状況。前回は逃げた馬が勝利の先行優位であれば仕方なし
オーナーサイド地元で勝負トーン

▲7アグネスリバティ
単騎逃げが濃厚で外コースでもそれなりの競馬ができるタイプ
前回は番手の競馬ながら踏ん張れたのは評価すべきとN氏
開幕週の競馬なら粘れていい


☆2カリポール

△3セントウル


三連複◎フォーメーション

馬連
4-1 4-7 1-7

4-2 4-3


中山9R アスター賞
2歳1勝クラス 芝1600m

今週のオーナーサイドで取り上げたキャロットF 1歳馬募集が昨日よりスタート
となれば成果がほしいのは常

サクセッションに期待の矢


毎年ハイレベルと言われている6月東京の新馬戦を勝ち上がった1頭である
サクセッション。7~8分のデキで勝ち切ってくれたので良かったと厩舎スタッフも
結果に安堵していたように、まだまだ伸びシロは十分とT氏。
新馬戦を勝てたことで夏場を丸々休養に充てることができて、帰厩後は
新馬戦当時よりも心身ともに一回り成長しているそうだ。
先週まで美浦に滞在して追い切りに乗ってくれていた川又騎手も絶賛していました。
大きいところを狙える馬なので、自己条件だったら軽く突破したいですと、
関係者も復帰戦を待ちに待っていたとのこと。


◎7サクセッション

〇1ヴェスターヴァルト
2歳戦から完成度の高さが出るノヴェリスト産。1200から1500に伸びて勝利
二戦目で敗れたのが函館2歳S優勝であれば高評価。
後は坂を克服出来れば期待

▲5シコウ
新馬勝ちの勢いを駆って臨んだ新潟2歳Sは、外からジワジワ脚を伸ばして6着。
ジョッキーはもう少し攻めた乗り方をしたかったようですが、外枠だったし
今後の成長も考えて無理せずあの位置に。
それでも初戦と違った溜めるレースで力のあるところは見せられたし、収穫のある内容と、
この着順でも陣営はある程度満足しているようだったとT氏。
中1週でアスター賞に向かうのは予定通りで、自己条件ならもっとやれる。
今度は結果を求めた乗り方でと、いかにも前進がありそうな雰囲気。
野芝経験から先行出来れば警戒


☆2エヴァーガーデン


△8ミャゴラーレ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
7-1 7-5 1-5

7-2 7-8


阪神10R 鳥取特別
3歳上2勝クラス ダ1800m ハンデ

期待の矢は2017年のセレクトセールにおいて[1億9440万円]で落札されたホウオウライジン。

昨年6月のデビューも初勝利を挙げたのは今年の3月。
デビュー5戦目のダート戦での勝利。瞬間的なスピードに乏しく、芝では惜敗が続いていた
同馬だが、ダートで勝ち上がったことを合わせ、この3月の時点でデビュー当初の期待は
もろくも崩れることとなる。もちろん、元々の基準が[1億9440万円]である以上、
期待が崩れるといってもその基準は高く、資金回収と勝ち上がりを備えた路線に切り替えられた中で、
順調に2勝目を挙げた前走の札幌戦。
着差は僅かだが、抜け出して前に馬がいなくなった時点で気を抜いた。
手応え的にはまだまだ余裕があったが坂井騎手の話であれば、昇級戦でも臆する必要はないとR氏。
札幌から中1週の臨戦過程も[53.7-39.0-12.2]とラストは持ったままで弾けた
調教の動きから体調面に心配は不要と見る。


◎15 ホウオウライジン

〇10マッスルビーチ
ワンターンの1600mが良いと福永騎手の進言で前走は東京のマイルに出走。
中団から流れに乗り徐々にポジションを上げ、直線馬場の真ん中に出して、
前を行く馬にジリジリと迫って、ゴール前で交わして勝利。
長く良い脚を存分に活かしての快勝だったとN氏。
その後、ユニコーンSという話もあったが、無理せずに休ませて秋に備えた陣営。
前走の内容ならばクラスが上がっても十分やれるでしょう。仕上がっているし、
ハンデ53キロというのも有難いですと陣営。
福永騎手はこのレースでヒッチコックもいたが、コチラを選んだ模様。


▲6ローザノワール
2走前の500万条件戦、スンナリと先手を取り、そのまま他馬を寄せ付けずに圧勝で勝利。
勝ち時計は同日の1000万特別戦を0秒3上回る優秀なものだった。
前走の関東オークスは、初めてのナイター競馬、小回りの2100mで戸惑ったのか
行き脚がつかず先手を譲ってしまい、自分の競馬ができなかったとN氏。
レース後は放牧で一息入れて、春の疲れを十分にとって3か月ぶりの登場。
トレーニングセール出身でデビュー当初から期待していましたが、芝では伸び悩んでしまい、
ダートに替わってから素質が開花しました。
久々ですが再三併せ馬を行い仕上がりは良いし、積極的な競馬ができればハンデ51キロだし
押し切りもあるでしょうと陣営。

普段から50キロある鞍上の幸騎手にとって51キロで騎乗するというのは楽ではないが、
この馬の手綱は誰にも譲れない様子。


☆16 ヒッチコック

△3ダノンスパーク

△14 バクハツ

△13 アポロテネシー

△1 メンターモード

押さえ2


三連複◎〇フォーメーション

馬連
15-10 15-6 10-6

15-16 15-3 15-14 15-13 15-1


中山10R 木更津特別
3歳上2勝クラス 芝1600m
ハンデ


期待の矢は3歳スイートセント


新馬戦で2着に負けた相手は、後にエルフィンSを勝って牝馬二冠に出走したアクアミラビリス。
その後は楽に2連勝しており、持っているポテンシャルが2勝クラスにとどまらない
レベルであることは明らかだろうとT氏。
まだ成長途上で、カイバ食いが安定しなかったり、レース後に背腰に疲れが溜まりやすいと
いうことで一戦ごとに間隔を空けながら使っているが、この夏はNF天栄で順調に調整し、
帰厩後も適度に負荷を掛けながら仕上げられている。
3連勝の可能性は十分にありそうだ。


◎6スイートセント

〇1ジョーアラビカ
休み明け3戦目で着順を下げてしまった前走は5F60秒8という超スロー。
久しぶりに好発を決めたのがアダとなり、ガツンと引っ掛かって力を出し切れなかったものだから
度外視して考えたいとN氏。陣営もデキ落ちはないし、せめて普通に流れてくれればと。
横山典Jとの初コンビで改めての構え。

▲11スズカアーチスト
今回は大敗明けで人気落ち濃厚ながら、ハンデ戦で52キロ。
陣営は中山は向いてそうなので巻き返したいと強気だとT氏。
開幕週で積極的に行ければ穴


☆2ショワドロワ

△4コスモヨハネ

△10トーセンリスト

△7ナムラムツゴロー

5押さえ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
6-1 6-11 1-11

6-2 6-4 6-10 6-7


阪神11R エニフS
3歳上オープン ダ1400m


期待の前回が馬主勝負馬券での◎エアアルマス

このタイミングしかないとの事で満を持してのダートに挑戦の前走。
芝コースからスタートして、ダートコースに入ってから、多少気にする素振りを見せたが、
すぐに落ち着いて追走。直線に向いても楽な手応えで、軽く気合をつけただけで
抜け出して先頭に立ち、そのまま押し切り勝利。
ダートへの高い適性を示した一戦だった。今回は一息入っての3か月ぶりだが、
今週のひと追いで態勢は整ったとの事。
オープンでも楽々通用しますと鞍上川田騎手も自信満々でココは連勝を狙う構えとN氏


◎8エアアルマス

〇3ヴァニラアイス
ユニコーンSでは激しい早い時計で勝ち馬の後で追走して4着。
放牧を経て上々の仕上がりと陣営。斤量が軽く最大5キロあれば通用していいとN氏


▲7タガノディグオ
1700の前回は先行馬が崩れるハイペースを逃げて沈没
今回の距離であれば東京1600で4着時のように対応出来るであろうと陣営
同型シュウジが59キロであれば楽に先手取れそうで要警戒


☆4ブルミラコロ


爆1ダノンフェイス
オープン勝ちのある実績馬だが、3月に長期休養から復帰した後は今一息の成績が続いている。
なので今回は放牧を挟んでもう一度立て直したとN氏。
これまでは脚元を気にしての調整でしたが、今回は馬主さんにも許可をもらい、
調教でも壊れるのを覚悟でハードな負荷をかけて、刺激を与えています。
今のところは負荷にも耐えてくれているので、これがキッカケになり変わってくる
可能性はあると見ていますと陣営。二頭出しの厩舎であり能力上位で注意


△6プレスティージオ


△2ドンフォルティス


三連複◎〇フォーメーション

馬連

8-3 8-7 7-3

8-4 8-1 8-6 8-2



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2019/9/7 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP