的中無料公開中

※この記事は、2019/7/13 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1372

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

07/13(土)
函館9R
3歳以上1勝クラス(500万下)
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 6 カレンモエ 1:09.4
2 6 11 スズカフェラリー 11/2
3 5 8 エンジェルカナ ハナ
払戻金
単勝 6 190円 1番人気
複勝 6
11
8
110円
150円
150円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 4-6 640円 3番人気
馬連 6-11 680円 2番人気
ワイド 6-11
6-8
8-11
280円
250円
500円
2番人気
1番人気
4番人気
馬単 6-11 860円 2番人気
3連複 6-8-11 1,280円 1番人気
3連単 6-11-8 3,410円 2番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 2 3 サンドスピーダー 54.0 11 54.0 牡4 団野大成 美浦和田勇介 452.0
× 9着 3 4 メイクアンシー 19.9 6 54.0 牡3 横山和生 美浦高市圭二 450.0
6着 3 5 モハー 8.6 4 55.0 牝5 四位洋文 栗東上村洋行 494.0
1着 4 6 カレンモエ 1.9 1 52.0 牝3 北村友一 栗東安田隆行 462.0
3着 5 8 エンジェルカナ 4.7 2 51.0 牝3 横山武史 美浦高橋祥泰 422.0
8着 5 9 ブラウンローズ 17.7 5 55.0 牝5 石川裕紀人 美浦高橋裕 482.0
2着 6 11 スズカフェラリー 6.7 3 55.0 牝4 武豊 栗東橋田満 418.0
4着 8 14 メイショウベルボン 22.8 7 55.0 牝5 藤岡康太 栗東南井克巳 452.0
11着 8 15 ドゥモワゼル 50.1 10 55.0 牝5 勝浦正樹 美浦粕谷昌央 464.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
29点
2,900円
1,280円
-1,620円
44.1%
馬/組番:29組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
680円
-20円
97.1%
馬/組番:6ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:5ー11
合計購入金額:3,700円   払戻金:1,960円  
収支:-1,740円   回収率:53.0%
07/13(土)
中京9R
マカオJCトロフィー
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 トップソリスト 1:08.8
2 4 4 ヴィルデローゼ 11/2
3 3 3 ブルベアオーロ 11/4
払戻金
単勝 1 240円 1番人気
複勝 1
4
3
110円
160円
170円
1番人気
3番人気
4番人気
枠連 1-4 580円 2番人気
馬連 1-4 540円 2番人気
ワイド 1-4
1-3
3-4
260円
310円
540円
2番人気
3番人気
8番人気
馬単 1-4 890円 3番人気
3連複 1-3-4 1,300円 4番人気
3連単 1-4-3 4,190円 12番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 トップソリスト 2.4 1 52.0 牝3 福永祐一 栗東中竹和也 462.0
3着 3 3 ブルベアオーロ 8.2 4 54.0 牡3 鮫島克駿 栗東川村禎彦 452.0
2着 4 4 ヴィルデローゼ 4.6 3 55.0 牝5 川田将雅 栗東石坂正 474.0
11着 6 7 トーホウビスカヤ 37.0 6 55.0 牝5 松山弘平 栗東川村禎彦 490.0
6着 7 9 メイショウトコシエ 134.1 10 57.0 牡5 岡田祥嗣 栗東安田隆行 456.0
9着 7 10 タガノカルラ 13.9 5 54.0 牡3 太宰啓介 栗東本田優 434.0
8着 8 11 エイシンゾーン 2.8 2 52.0 牝3 M.デムーロ 栗東藤岡健一 430.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
1,300円
-600円
68.4%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
540円
-60円
90.0%
馬/組番:4ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー11
合計購入金額:2,600円   払戻金:1,840円  
収支:-760円   回収率:70.8%
07/13(土)
福島9R
雄国沼特別
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 9 グロオルロージュ 1:48.4
2 5 6 ホウオウジャンプ 1/2
3 2 2 フィデリオグリーン クビ
払戻金
単勝 9 270円 1番人気
複勝 9
6
2
150円
250円
970円
1番人気
6番人気
11番人気
枠連 5-6 610円 1番人気
馬連 6-9 1,430円 5番人気
ワイド 6-9
2-9
2-6
540円
2,630円
6,040円
5番人気
27番人気
49番人気
馬単 9-6 2,100円 7番人気
3連複 2-6-9 21,590円 64番人気
3連単 9-6-2 72,710円 236番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 マジックリアリズム 4.7 2 52.0 牝3 戸崎圭太 美浦尾関知人 434.0
3着 2 2 フィデリオグリーン 43.3 11 54.0 牡3 野中悠太郎 美浦根本康広 494.0
7着 3 3 フィリアーノ 6.5 3 54.0 牡3 丸山元気 美浦手塚貴久 448.0
2着 5 6 ホウオウジャンプ 11.9 6 57.0 牡5 津村明秀 美浦池上昌和 506.0
11着 5 7 マードレヴォイス 10.1 5 54.0 牡3 内田博幸 美浦田村康仁 456.0
1着 6 9 グロオルロージュ 2.7 1 54.0 牡3 三浦皇成 美浦斎藤誠 444.0
9着 7 11 マイネルザウバア 6.5 3 57.0 牡5 柴田大知 美浦小笠倫弘 444.0
13着 8 12 トーセンクロノス 32.4 9 57.0 牡4 西田雄一郎 美浦松永康利 438.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
21,590円
+19,190円
899.6%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,430円
+730円
204.3%
馬/組番:9ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:3ー11
合計購入金額:3,200円   払戻金:23,020円  
収支:+19,820円   回収率:719.4%
競馬の世界において、
『投資は回収の前提の元で行われる』
という当たり前のお話。

もちろん回収の見込みがない投資というのも世の中には存在するかもしれませんが、
それは「夢」や「道楽」、あとは「慈善活動」といったもの。
と言われれば「競馬=道楽」というイメージはあるかもしれませんが、
少なくとも『セレクトセール』に来場するオーナー様には当てはまらないお話。

『投資は回収の前提の元で行われる』
つまり
『回収が約束されている支出』という資本主義の世界では普通ではない話が、
年間を通した他の季節とは比較のレベルにならないほど発生するこの時期であり、
その裏側には実に緻密で、そして狡猾な予定が組まれているということも
決して珍しい話ではありません。

それを踏まえて1オーナー辺りの購買金額内訳ですが、
落札額「1億円以上」『37名』という“選ばれし人間の動向。

ざっくばらんに申し上げれば「いくらお金を使ったか」と「昨年との比較」ということになりますが、
その全てを頭に入れておく必要はなくとも、
自分なりにまとめて覚えておくということは絶対に損にはならないというランキング。

その中で赤字 所謂前年比マイナスというオーナーが4人
野田みづき氏 サトミホースカンパニー DMM 田中成奉氏が回収が急務であろうということ

今週野田夫人は0ですがサトミホースカンパニー土曜福島12R サトノアルテミス
土曜中京11R サトノソルタスは勝負トーン 田中オーナーは土曜函館7R タイセイアヴァンセ
函館9R タイセイスパーブ 函館11R タイセイソニックと勝負トーン

億単位の落札の大馬主では金子オーナーや湘南国本氏が複数出ししており上位入線での賞金回収は
至上命題でしょう

今週だけではなく次週以降も覚えておくべきところです。



本日の予想


中京8R 3歳上1勝クラス 芝2000
牝馬

期待の矢は金曜レポで取り上げたエリンズロマーネ

中8週あいていた前走時は例の薬物禍による除外もあってさらに調整が難しかったが、
叩いて中2週の今回は立ち上げもスムーズで日→水→日→水と順調な調整過程。
とりわけ重い助手の手綱で好時計。最後まで余力を残したままシャープに伸び切り、
まさに上昇急をアピールとN氏。

ベストはコーナー4つのコースであればここは期待とN氏


◎5エリンズロマーネ

〇6ミリオンドリームズ
フランケル産で中々期待に反して活躍が遅れているが前回は、直線窮屈な面が
あり仕方なしの敗戦。敢えて福島ではなく広いコースを求めての遠征であり
49キロの減量であれば勝負トーンとT氏。輸送が克服出来れば好勝負必定


▲10サムシングジャスト
ここへ来て体に成長が覗えると陣営サイド。君子蘭賞ではオークス上位の馬と0.1差
今回49キロは魅力に映る。血統背景からタフな馬場は合うだろうとN氏


☆3アスタービーナス

△15アドマイヤローザ

△13マーブルフレンチ

△11タンタラス

△1モアナアネラ

押さえ12


三連複◎〇フォーメーション

馬連
5-6 5-10 10-6

5-3 5-15 5-13 5-11 5-1


福島8R 3歳上1勝クラス ダート1700
牝馬


金曜レポで取り上げたベルキューズ

デビュー当初は見たこともないフケは来るし、ケタ違いのビビリと担当さんを泣かせていた馬だが、
注射やブリンカー着用の効果でそのあたりが改善。
今はレースに行ってしっかり走れるようになったと目を細める。
ここ2戦でクラスのメドも立っており、今週はアツイ連闘で勝ちに行く構えとT氏。

◎6ベルキューズ


〇8ミンネザンク
セールで億単位の購入資金を費やした金子オーナー。今週早々に複数出しで補填
ベストは1400であるが渋る馬場で流れが早くなる分対応可能
渋る馬場は得意で時計勝負なら上位とT氏

▲7アドアステラ
今週のオーナーサイドで取り上げたラフィアンGで今週は勝負トーン
社台系クラブのシルクRにおされ完売にならないクラブとすれば非常に危うい状況
でありここは販促から好勝負が必定。キャリア10戦ながら常に上位入線の堅実タイプ
揉まれなく前受けできればここは通用していいと陣営


☆11パールデュー


△2フクキタル

△15ロジシルキー

△9ブルベアクワイ

△12ラインアストリア

三連複◎〇フォーメーション

馬連
6-8 6-7 7-8

6-11 6-2 6-15 6-9 6-12


函館9R 3歳上1勝クラス
芝1200m

ディープインパクトが種付け中止、キングカメハメハが種牡馬引退となり、
これからさらなる産駒の活躍に期待が高まるロードカナロア産駒。
そのロードカナロア同様に、安田隆行厩舎がスプリント王者に育てたカレンチャンに、
ロードカナロアを配合した近年のスプリント最強血統馬ともいえるのが
カレンモエ。


1勝クラスの平場戦に出走するような器ではなく、ここはあっさり通過できるだけの能力も
受け継いでいるとR氏。
現役時代に頂点に登りつめた父と母の配合だけに、父母同様の活躍を求めるのは酷ではあるが、
成長すればもっと上のクラスで戦える下地あり。
現段階では能力だけで走っている感はいなめないが、それでも1勝クラスなら通過点として不思議はない。
前走は3着に敗れたものの、行った行ったの流れで展開を加味すれば上々の内容。
先物買いという観点からも、◎カレンモエ
担当は母も父も担当した腕利きであれば渾身の仕上げとR氏

◎6 カレンモエ

〇11 スズカフェラリー
今週複数出しの永井オーナー。次週のセレクションセール資金補填が明白
函館はこれで3戦目となるがゲートの出が悪いが終いの脚は堅実。
馬場が悪化で外差し有利になれば橋田=豊ラインだけに警戒

▲5モハー
前回時にお伝えしたが、四位騎手は調教師試験受験のため今年は乗り鞍セーブして
受験勉強に勤しんでいる。それゆえ今週も4頭のみで今日の1押しはこれ
早めに動いた分、前回内を掬われたが差し馬場になる後半開催であり末勝負なら
ここでも好勝負と陣営。


☆14メイショウベルボン

△8エンジェルカナ

△15 ドゥモワゼル

△9 ブラウンローズ

△3 サンドスピーダー

押さえ4

三連複◎〇フォーメーション

馬連
6-11 6-5 11-5

6-14 6-8 6-15 6-9 6-3


中京9R マカオJCT
3歳上1勝クラス 芝1200


金曜レポートで取り上げたヴィルデローゼに期待の矢

勝ち気な気性で休養前はオーバーペースで飛ばして失速がパターン。
そこで前走はブリンカーを外して挑むも、スタート直後に躓くアクシデント。
それでも逃げ馬の後ろからレースを進め、3,4コーナーで内に入ると我慢が利き直線で
伸びて来た点は評価できると陣営。隊列が決まるまでスムーズさを欠いたことを踏まえれば
価値は高い2着だ。

今回は芝変わりだが、これは雨馬場を想定してのもの。
また川田騎手を確保して挑むあたり、ノーザンFとキャロットクラブの本気度は相当。
肝心の状態も申し分なく、坂路でも引っ張りきりで52.7-38.1-25.2-12.8。
前走の馬体を維持しており、血統や馬体、走法から適度に時計の掛かる芝は歓迎。
ここは妙味十分の一戦とN氏。


◎4ヴィルデローゼ

〇1トップソリスト
昇級しても好調を維持している。ずっと厩舎に置いているけど、具合は本当にいいですと陣営。
昇級直後は7番人気での好走だったが、前走は1番人気で2着。
道悪もOKだし、52キロなら引き続き上位争いできそうだとN氏。
今が成長期で、ちょっとずつ良くなってきてる。完成はまだ先だけど、
今回は前回以上の状態なので楽しみと先行策での雪崩れ込みを予定しているという陣営。


▲11エイシンゾーン
距離短縮で爆発力が増した印象。3角でごちゃついてポジションを落としたけど、
そこから盛り返しての3着で内容は濃いとN氏。
やっぱり左回りは合う。千二も全く問題ないし、外目の枠だったら自分のタイミングで動いていける。
ミルコももっと走れる感触は持ってくれてると距離2戦目で更なる前進を狙っている陣営。
手ごろな頭数ならまず上位争い。


☆3ブルベアオーロ

△10タガノカルラ

△7トーホウビスカヤ

△9メイショウトコシエ


三連複◎〇フォーメーション

馬連
4-1 4-11 1-11

4-3 4-10 4-7 4-9


福島9R 雄国沼特別
3歳上 1勝クラス 芝1800m

期待の矢はグロオルロージュ

前走の南相馬特別はソツ無く立ち回ってほぼ勝ちに等しい2着。
今回は最終週はメンツが揃いそうだったので、今週の登録馬と見比べて予定を前倒しした
という理由で中1週の競馬になるのがどちらに転ぶかだが、
厩舎スタッフは疲れは取れているし前走くらいのデキなら大丈夫。むしろ、一度使ったことで
前半の行きっぷりは更に良くなりそうと、状態面に関しては不安を見せていないとT氏。
力通り走れば当然勝ち負け候補の1頭。


◎9グロオルロージュ


〇3フィリアーノ
前走はルメール騎手からレーン騎手への乗り替わりが効いて初勝利を挙げた
今回は丸山元気騎手への乗り替わりとなるが、春の重賞戦線で数多くのノーザン系の有力馬に
代打で騎乗するなど、ノーザンFから高い評価を得ていたことは以前からお伝えしていた通り。
あの勝ちっぷりなら1勝クラスは即通用。脚質的に福島も絶好と陣営の期待度は高く、
しっかり騎乗で応えたいところとT氏。

▲11マイネルザウバア
前回はスタートから激しい展開ながら最後まで粘れておりクラス上位は示した印象。
今回は単騎逃げの見込める相手関係で、渋る馬場で粘りが増すなら好勝負


☆6ホウオウジャンプ

△ 12トーセンクロノス

△7 マードレヴォイス

△2 フィデリオグリーン

△1 マジックリアリズム


三連複◎〇フォーメーション

馬連
9-3 9-11 11-3

9-6 9-12 9-7 9-2 9-1


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2019/7/13 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP