的中無料公開中

※この記事は、2019/3/2 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1314

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/02(土)
中山7R
3歳500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 14 フォッサマグナ 1:34.5
2 5 8 タニノミッション 21/2
3 3 4 ギルマ 1/2
払戻金
単勝 14 150円 1番人気
複勝 14
8
4
110円
120円
150円
1番人気
2番人気
3番人気
枠連 5-8 310円 1番人気
馬連 8-14 290円 1番人気
ワイド 8-14
4-14
4-8
170円
260円
380円
1番人気
2番人気
5番人気
馬単 14-8 400円 1番人気
3連複 4-8-14 700円 1番人気
3連単 14-8-4 1,810円 1番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
9着 2 2 ミヤコローズ 15.6 5 54.0 牝3 F.ミナリク 美浦宗像義忠 422.0
4着 2 3 ブルーアガヴェ 9.1 3 56.0 牡3 田辺裕信 美浦奥村武 444.0
3着 3 4 ギルマ 12.1 4 56.0 牡3 三浦皇成 栗東高橋義忠 482.0
2着 5 8 タニノミッション 3.8 2 54.0 牝3 M.デムーロ 栗東角居勝彦 480.0
6着 6 10 スカイシアター 39.7 7 54.0 牝3 石川裕紀人 美浦高柳瑞樹 412.0
1着 8 14 フォッサマグナ 1.5 1 56.0 牡3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 474.0
7着 8 15 スペキュラース 36.2 6 54.0 牝3 柴田大知 美浦高橋祥泰 464.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
700円
-1,200円
36.8%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
290円
-310円
48.3%
馬/組番:14ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:8ー15
合計購入金額:2,600円   払戻金:990円  
収支:-1,610円   回収率:38.1%
03/02(土)
中山8R
潮来特別
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 5 ノチェブランカ 2:34.8
2 7 7 マイネルヴンシュ 11/4
3 2 2 グラットシエル
払戻金
単勝 5 290円 2番人気
複勝 5
7
140円
160円
1番人気
2番人気
枠連 0- 0円 0番人気
馬連 5-7 480円 2番人気
ワイド 5-7
2-5
2-7
190円
200円
270円
1番人気
2番人気
4番人気
馬単 5-7 950円 3番人気
3連複 2-5-7 450円 1番人気
3連単 5-7-2 2,100円 2番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 2 2 グラットシエル 4.3 3 57.0 牡5 C.ルメール 栗東石坂正 502.0
4着 3 3 サトノシャーク 7.1 4 57.0 牡5 大野拓弥 美浦田中博康 532.0
7着 4 4 ヒラボクビューン 8.5 5 57.0 せん5 田辺裕信 美浦大竹正博 470.0
1着 5 5 ノチェブランカ 2.9 1 54.0 牝4 M.デムーロ 美浦国枝栄 454.0
5着 6 6 マスラオ 27.1 7 57.0 せん5 武藤雅 美浦金成貴史 444.0
2着 7 7 マイネルヴンシュ 2.9 1 57.0 牡5 柴田大知 美浦水野貴広 472.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
450円
-950円
32.1%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
480円
-20円
96.0%
馬/組番:7ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:2ー6
合計購入金額:2,000円   払戻金:930円  
収支:-1,070円   回収率:46.5%
03/02(土)
小倉9R
4歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 インターセクション 1:49.8
2 7 11 ウインハイラント ハナ
3 4 6 ペガーズ 3/4
払戻金
単勝 3 430円 2番人気
複勝 3
11
6
170円
230円
540円
2番人気
3番人気
8番人気
枠連 3-7 1,500円 9番人気
馬連 3-11 1,640円 6番人気
ワイド 3-11
3-6
6-11
620円
1,460円
2,400円
6番人気
16番人気
26番人気
馬単 3-11 2,450円 5番人気
3連複 3-6-11 11,030円 38番人気
3連単 3-11-6 37,910円 129番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 1 1 ステイキングダム 7.6 5 57.0 牡6 吉田隼人 栗東吉村圭司 426.0
1着 3 3 インターセクション 4.3 2 57.0 牡4 藤岡康太 栗東大久保龍志 488.0
3着 4 6 ペガーズ 27.6 8 54.0 牡5 服部寿希 栗東中尾秀正 500.0
4着 5 7 サンライズサーカス 3.9 1 57.0 牡6 荻野極 栗東河内洋 528.0
5着 6 9 パフォーム 9.5 6 52.0 牝5 藤田菜七子 美浦中野栄治 460.0
2着 7 11 ウインハイラント 7.3 4 56.0 牡5 横山武史 美浦金成貴史 456.0
9着 8 14 ナンヨーマーズ 5.5 3 57.0 牡5 秋山真一郎 栗東清水久詞 446.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
11,030円
+9,130円
580.5%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
0円
-600円
0.0%
馬/組番:7ー**
通常
馬番
1点
100円
1,640円
+1,540円
1,640.0%
馬/組番:3ー11
合計購入金額:2,600円   払戻金:12,670円  
収支:+10,070円   回収率:487.3%
ここまで、成績アップが顕著なのは金曜レポでご紹介した西村淳也騎手。
今年2年目の騎手ですが、昨年は13勝(障害入れると14勝)で、今年は既に11勝。
先週も2勝と勝ち星を重ねて、現在4週連続で勝ち星をあげています。

狙い目となるデータを公開しておくと…
デビュー以来、トータル24勝中、最も騎乗が多いのが所属厩舎の田所厩舎ですが、
勝ち星は2勝で、最も多く勝っているのは南井厩舎の3勝。これは1勝差なので何とも言えません。

そこでこれまで15回以上の騎乗がある厩舎の成績を調べると…

★勝率
1位:岡田厩舎(12.5%)
2位:南井厩舎(10.3%)
3位:藤沢則厩舎(6.7%)

★連対率
1位:岡田厩舎(31.3%)
2位:荒川厩舎(26.7%)
3位:南井厩舎(17.2%)

★複勝率
1位:岡田厩舎(37.5%)
2位:荒川厩舎(33.3%)
3位:藤沢則厩舎(26.7%)
このようになっています。現時点は岡田厩舎の馬に騎乗の際、最も注目ということになります。
頭の中に留めておいていただきたいと思います。


今日のルメール&デムーロ騎手

先週、遂に勝ち星で武豊騎手に並び、2着の差でリーディングトップに立ったルメール騎手。
昨年の勢いを考えると遅いぐらいですが、ここから他を突き放して独走状態になるのでしょうか?

土曜日は中山で8鞍に騎乗。複勝率ベスト5の厩舎においては4位、藤沢和厩舎にて、
7Rのフォッサマグナ、9Rのラボーナに騎乗します。
フォッサマグナは前走、1戦1勝の身で共同通信杯に挑戦し、さすがに4着に敗れましたが、
札幌2歳Sで3着、京都2歳Sを勝ったクラージュゲリエとは4分の3馬身差であったことを思えば、
自己条件のここは力が一枚上ではないでしょうか?

もう1頭のラボーナは前走は3着もそれまでの3戦が10、11、12着ですから、
その数字だけみるとアテにできないタイプとなりますが、
実はその3戦を終えた後に去勢手術を受けて、前走はセン馬となった初戦。
それで3着に好走したのですから、去勢効果はありと考えるべきで、
叩き2戦目で更なる前進を期待してもいいでしょう。

その他ではこちらも2頭に騎乗する堀厩舎に注目。
今年、ルメール騎手が掘厩舎の馬に関してその騎乗数が増えていることは何度も
お伝えしておりますが、大いに注目すべきは12Rのデルタバローズ。
今回初ダートですが、どうやらこれは待望のダート替わりだそう。
能力が高いので芝でもそこそこ走ってしまうことから、なかなかオーナーがダートを
使う事を了承してくれなかったそうですが、厩舎サイドは以前から
ダートの方がいいとの判断をしているそうです。ダート替わりの初戦から狙うべきでしょう。

そして重賞戦、オーシャンSはモズスーパーフレアに騎乗。
ここ3戦オープン特別で3、2、1着と好走する中、久々の重賞挑戦になるこのタイミングで
ルメール騎手を乗せるのですから、もちろん勝負態勢であるのは言うまでもないでしょう。
中山はここまで3戦して1、2、1着と連対率100%。

一方のデムーロ騎手はこちらも先週は5勝をマーク。
騎乗数がそれほどない中、キッチリと勝ちを狙う騎乗で、相変わらず勝率は10回以上の
騎乗がある騎手で断然の1位。リーディングも4位に浮上してきました。

土曜日は中山で7鞍に騎乗。複勝率ベスト5の厩舎では2位、森田厩舎にて、
11RオーシャンSのダイメイプリンセス、12Rのナムラムートに騎乗。
凄く気になるガ、そのオーシャンSのダイメイプリンセスの騎乗。

このレース、森田厩舎はダイメイプリンセス以外にもラブカンプー、ダイメイフジと3頭出し。
実績からすると昨年、勝ち星はなかったもののスプリンターズSでの2着をはじめ、
重賞戦で2、3着と好走したラブカンプーで、実際にその前走はデムーロ騎手が騎乗。

それでありながらその鞍上を三浦騎手に譲れば、過去に騎乗経験のあるダイメイフジにも乗らず、
テン乗りのダイメイプリンセスに騎乗する。
ラブカンプーは前走、シルクロードSで18着に大敗しており、これに乗らないということは、
まだ復調していないと考えるべきかもしれません。
それにダイメイフジも先週阪急杯で17着と大敗しての連闘ですから、
森田厩舎としては一番可能性のあるダイメイプリンセスにデムーロ騎手を乗せるという
ことなのでしょうか?

その他では角居厩舎のタニノミッションに注目。
角居厩舎と言えば、同厩舎が調教停止を受けるまではデムーロ騎手が主戦と言っても
よいほどでしたが、今年、厩舎が復帰してからは、5回の騎乗で3着は2回あるものの勝ち星がなし。
そもそも以前にお話ししたように、角居厩舎の馬を一時、預かった中竹厩舎が飛躍的に
勝ち星を伸ばした訳ですが、角居厩舎自体、再出発後はまだ3勝と低迷。
そろそろこのペアの躍進があっても不思議ではありません。
チューリップ賞にも登録がありながら、自己条件を使う以上はもちろん確実に勝利を
狙っての事でしょうから、大いに注目したいと思います。

本日の予想

阪神7R 3歳500万 芝1400


金曜レポで取り上げたアイラブテーラー

正直、乗り込み量の豊富さと仕上がりの良さだけで勝ったような初戦だったが、
この中間は動きの良さが別馬のレベル。
何しろ1週前の坂路でそれまでの自己ベスト(53秒7)を1秒7も更新し、
今週はさらにそれを1秒1短縮して50秒台に突入。
付きっ切りで乗っている岡田祥Jも満面の笑みを隠せなかったとN氏。

中心はダノンジャスティス

デビュー2戦目でデイリー杯にトライしたが伸びきれなくそれでいてばてない
競馬で4着という内容に陣営いわく、ハミを嚙んでしまうので現状は1400向きと判断
それゆえ前回で2着と成果が出たという。
3ヶ月ぶりになるが今週の稽古ではダノンプレミアムと併せて先着
自己条件でベストの1400なら負けられないとのこと

ダンチヒの系統のこの馬であり短距離ベストであろうとN氏

◎6ダノンジャスティス


〇5ディープダイバー
朝日杯で11人気ながら△指定で5着。1400ベストでコース相性も上位
ただ相手なりのタイプという側面もある印象とN氏
他に比べてそれほどのトーンではないのが気になる


▲8アイラブテーラー

☆1クラヴィスオレア

爆4ショウナンタイガ
使いながら適性を探り、ようやく行き着いた芝の短距離で
ものの見事な直線一気を決めた馬。
攻め気配も良くなる一方で、先週のCW、今週の坂路とも絶品の動きとN氏。
芝の短距離であれば昇級でも即勝ち負けだろうと関係者は連勝を意識している。

△3グラナタス

△7ヒラソール


馬連
6-5 6-8 5-8

6-1 6-4 6-3 6-7

三連複◎〇フォーメーション


中山7R 3歳500万
芝1600

ミルコ騎乗で重賞を止めて自己条件参戦のタニノミッションであるが
白梅賞の内容が不利が生じたが案外の競馬
初の関東圏の輸送が不安 厩舎と相性のいいミルコであるが混合戦で信頼は乏しい

逆に相手が揃う中で重賞4着はキャリアから考えれば好走の部類の
フォッサマグナ

瞬発力勝負ながらこの馬なりの34.0を駆使しての敗戦であり
前で競馬ができるタイプなので上がりが多少掛かる中山であれば通用していいと陣営。


◎14フォッサマグナ

〇15スペキュラース
メンバーレベルの高かった菜の花賞で人気以上の走りとT氏
今週の注目のオーナーのBRであり中山コースで注意

▲8タニノミッション
中間は毎週のように追い切りに乗っているデムーロ騎手とのコンビで、
今度こそ実力発揮を期すと陣営。輸送をクリアすれば期待

☆3ブルーアガヴェ

△10スカイシアター

△4ギルマ

△2ミヤコローズ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
14-15 14-8 15-8

14-3 14-10 14-4 14-2

中山8R 潮来特別
4歳上1000万下 芝2500m

期待の矢はマイネルヴンシュ


左前肢の繋靭帯を痛めた影響が長引いての1年以上の休み明け。
本当に良い頃と比べれば物足りないし、成長分もあるが馬体は休む前より20キロほど
増えていると陣営が話すように、仕上がりや実戦勘がポイントになるが、
菊花賞4着に加えて準OPで2着、中山2500mでは現級勝ちという実績はこのメンバーなら断然とT氏。
脚部不安は既に解消しているので最終追い切りまでビシっとやれており、
終わってみればアッサリという場面を期待してもいいだろう。
今週のオーナーサイドで取り上げたラフィアンGであれば緒戦から注目


◎7マイネルヴンシュ

〇2グラットシエル
昨年にこのクラスを勝利し1600万のこの距離で2着がある
その後降級後、掲示板が1杯であるが本来使える脚が短いタイプであり
中山コースに変るのはプラスと陣営。
4ヶ月ぶりになるが稽古は動けており出たこと勝負の遠征とN氏

▲6マスラオ
前走は最下位の10着に敗れてしまったが、直線内で詰まりっぱなしで何も出来ないままという
不完全燃焼なもの
積極的な競馬をして欲しいとオーダーしたにもかかわらずあのような競馬を見せられた
金成師は、レース後は相当な不満ぶりだったそうだとT氏。
今回は改めて切れるタイプではないので積極的に運ばせたいと話しており、
能力を出し切ればあんなには負けない馬とも付け加えていたという。
中山の長丁場は実績も十分で先行騎乗が上手な武藤で1発

☆5ノチェブランカ
国枝厩舎は滅多な事でデムーロ騎手を乗せない事を思うと、
ここはオーナーサイドが勝つためにデムーロを乗せた可能性が大
後は久々の54キロが課題

△3サトノシャーク

△4ヒラボクビューン

三連複◎〇フォーメーション

馬連
7-2 7-6 2-6

7-5 7-3 7-4

小倉9R
4歳上500万下 芝1800m

金曜レポで取り上げた地元オーナー馬
サンライズサーカスに期待

ひと押し足らずの競馬が続くが、ここ2走はともに大外枠。
しかもこれまでとは異なりハナにこだわらない形で12人気3着→7人気3着と奮闘。
陣営もハナを切ってなんぼだったのに、休養を挟んだ2走前から馬が一段階良くなって
競馬を覚えてきた感じ。今回は1ハロン短縮にもなるし、
少しでも内目の枠が引ければ勝ち負けできるんじゃないかと前進に期待。
間隔を詰めて使えるのも順調な証だろうとN氏。

◎7サンライズサーカス

〇11ウインハイラント
500万でも通用すると思って戻してきた2走前が勝ち馬から0.8とマズマズの内容。
出戻り2戦目で厩舎は前進を期待していたが、鞍上はそんなに気がなかった前走。
前半はインの中団から追走。勝負どころの3~4角で下がってしまったロスがあり、
直線で良く脚を伸ばしてきたが4着まで。
引き続き小倉に滞在してデキは安定。前走は失敗しました。これは今週勝たせたいと
鞍上も前走で手応えを掴んで、今回はヤル気十分だったとT氏。


▲3インターセクション
使い詰めていたこととワンターンの競馬の前回でタコ負けしたが
放牧を経て仕上がりは良好と陣営。ベストのコーナー4つの競馬となる今回
期待できる状況とN氏


☆1ステイキングダム

△9パフォーム

△14ナンヨーマーズ

△6ペガーズ

三連複◎〇フォーメーション

馬連
7-11 7-3 11-3

7-1 7-9 7-14 7-6


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2019/3/2 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP