的中無料公開中

※この記事は、2018/12/28 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1288

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/28(金)
阪神6R
2歳500万下
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 サトノルークス 1:47.4
2 7 11 オールイズウェル 1/2
3 8 13 カントル クビ
払戻金
単勝 1 190円 1番人気
複勝 1
11
13
110円
250円
170円
1番人気
5番人気
3番人気
枠連 1-7 1,360円 5番人気
馬連 1-11 1,460円 4番人気
ワイド 1-11
1-13
11-13
530円
230円
950円
4番人気
2番人気
11番人気
馬単 1-11 2,080円 5番人気
3連複 1-11-13 2,090円 3番人気
3連単 1-11-13 8,980円 17番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 サトノルークス 1.9 1 55.0 牡2 川田将雅 栗東池江泰寿 466.0
4着 3 3 ロードマイウェイ 46.0 9 55.0 牡2 藤岡康太 栗東杉山晴紀 464.0
12着 5 6 ファクトゥーラ 65.5 11 54.0 牝2 吉田隼人 栗東吉村圭司 458.0
5着 5 7 ヴィッテルスバッハ 35.1 8 55.0 牡2 石川裕紀人 美浦池上昌和 458.0
6着 6 8 キラープレゼンス 19.3 5 53.0 牝2 坂井瑠星 栗東高野友和 510.0
2着 7 11 オールイズウェル 16.5 4 55.0 牡2 藤岡佑介 栗東佐々木晶三 500.0
7着 8 12 トーセンカンビーナ 4.4 2 55.0 牡2 浜中俊 栗東中竹和也 456.0
3着 8 13 カントル 5.5 3 55.0 牡2 北村友一 栗東藤原英昭 468.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
16点
1,600円
2,090円
+490円
130.6%
馬/組番:16組
3連単
ボックス
馬番
6点
600円
0円
-600円
0.0%
馬/組番:6組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:12ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー13
合計購入金額:3,000円   払戻金:2,090円  
収支:-910円   回収率:69.7%
12/28(金)
中山7R
ヤングJSFR中山1
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 7 プレシャスブルー 2:02.0
2 3 3 ルックスマート 11/4
3 2 2 ハナザカリ 1/2
払戻金
単勝 7 250円 1番人気
複勝 7
3
2
150円
340円
870円
1番人気
6番人気
9番人気
枠連 3-5 990円 4番人気
馬連 3-7 1,570円 6番人気
ワイド 3-7
2-7
2-3
850円
1,640円
5,260円
9番人気
17番人気
39番人気
馬単 7-3 2,650円 9番人気
3連複 2-3-7 15,580円 40番人気
3連単 7-3-2 50,380円 144番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 3 3 ルックスマート 13.8 6 56.0 牡3 渡辺竜也 美浦小島茂之 478.0
10着 4 5 ナスノカツラ 7.2 4 54.0 牝3 荻野極 美浦矢野英一 470.0
1着 5 7 プレシャスブルー 2.5 1 57.0 牡4 服部寿希 美浦相沢郁 438.0
6着 5 8 イルルーメ 9.3 5 56.0 牡3 横山武史 美浦高市圭二 492.0
4着 6 9 コスモレリア 4.9 3 56.0 牡3 義英真 美浦奥村武 470.0
5着 8 13 ジョブックコメン 4.6 2 54.0 牝3 長谷部駿弥 美浦小桧山悟 424.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
0円
-1,400円
0.0%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
0円
-500円
0.0%
馬/組番:9ー**
通常
馬番
1点
100円
1,570円
+1,470円
1,570.0%
馬/組番:3ー7
合計購入金額:2,000円   払戻金:1,570円  
収支:-430円   回収率:78.5%
本日の予想

今日のルメール&デムーロ騎手

ルメール騎手に関しては先週の日曜日までに211勝をあげ、
武豊騎手の年間最多勝である212勝に並ぶのか?そして更新するのか?

既にリーディングジョッキーは決定しており、また年間獲得賞金も歴代1位をマークしている
ルメール騎手。ここまできたら武豊騎手の記録を抜きたいといった気持ちはなくはないでしょうが、
特にそれで特別なボーナスがでることもないのですから、
むしろ力を入れるのはG1のホープフルSの勝利かもしれませんね。

そのルメール騎手がホープフルSで騎乗するのはアドマイヤジャスタ。
ルメール騎手自身、デビュー戦で騎乗して2着し、一度未勝利を勝った際は福永騎手でしたが、
前走再度ルメール騎手が乗って紫菊賞を勝っています。

そのアドマイヤジャスタを管理する須貝厩舎とルメール騎手はこの1年で31回の騎乗があり、
複勝率は54.8%。約2回に1回は複勝圏内ではありますが、
そもそもルメール騎手自身今年の複勝率が57.6%なのですから、
正直、物足りない数字ではあります。

ではアドマイヤジャスタは狙い辛いかと言えば、そうでもありません。
それはルメール騎手がアドマイヤジャスタのオーナーである近藤氏の馬に乗った際の
複勝率がこの1年で71.4%と高い数字をマークしているからです。

あれほど秋競馬で猛威を振るっていたルメール騎手ですが、
ここ10戦の重賞で1着はジャパンCのアーモンドアイのみ。
最後の最後に今一度、G1をゲットできるのか?その走りには注目です。

ホープフルS以外で目立つのは加藤征弘厩舎に3頭騎乗することです。
しかし、ルメール騎手が加藤征厩舎の馬に乗った際、この1年の複勝率は37.5%ですから、
さすがにあれこれも好走と言う訳にはいかないでしょう。
4Rの2歳未勝利はダート替わりの初戦、5Rは新馬戦ですから、
狙うとしたら8Rのレッドアネラになるではないでしょうか?

デムーロ騎手は失礼ながら4鞍の騎乗と既にお休みムード?
ホープフルSは1番人気必至のサートゥルナーリアに騎乗ですし、
残り3頭のうち2頭は堀厩舎の馬ですから少数精鋭と言った方が良いでしょう。

サートゥルナーリアは皆様もご存じでしょうが、あのシーザリオの仔。
兄にはエピファネイア、リオンディーズといったG1ウイナーがいる良血馬。
これまでの兄弟の中でも完成度が高く、現時点では朝日杯を勝ったリオンディーズよりも上とのこと。

厩舎は中竹厩舎ですが、角居厩舎のスタッフもいて、そう言うのですから、
かなりその話、信憑性は高いと言えるでしょう。
父は今年、牝馬ながらアーモンドアイという怪物を輩出したロードカナロア。
来年はこの馬がクラシックを賑わす事になるかもしれませんね。

堀厩舎の新馬、エールディヴァンはかなりの素質の持ち主だそうで、
これまで堀厩舎がデビューさせた馬においても上位にランクされるほどだそう。
ただし、1週前にハードな追い切りをしたところ馬体が減ってしまっているそうで、その点が気になります。

1週前まで520キロあった体が現在は510キロぐらいだそうですから、
これよりもさらに大きく減っているようだと危ないかもしれません。
12Rのレジーナドーロは前回、上がり32秒4をマークしたものの届かず。
中山ならそれほどスローになることもないでしょうから、上手くいけば、
デムーロ騎手、11、12Rと連勝が期待できると思います。


阪神6R 2歳500万 芝1800

特別レポで取り上げたトーセンカンビーナに期待の矢
アイビーSでは1番人気を裏切って5着に敗れてしまったが、
4角でブツけられて気持ちが萎えてしまったと騎乗していたM.デムーロ。
力を出し切っての敗戦とは言えないだろう。
今回はホープフルSに使うこともできた中、1つでも多くの勝ち星を加算するため、
自己条件のコチラへ(ホープフルSなら厩舎3頭出しになる事情もある)。
結果がほしい一戦となる。


◎12トーセンカンビーナ

〇13カントル
ダービー馬ワグネリアンの下。エンジンの掛かりがやや遅いので
内コースから外コースに変るのはプラスと陣営。
リーディング首位とはいえ中竹厩舎と3勝差で中竹厩舎が多頭数出しで来ており
藤原師としてもこれだけの素質馬だけに勝ち負けを狙う1頭とN氏


▲1サトノルークス
モレイラで勝ちに出た前回、押しだされて逃げる形ではあるが能力の違いで
勝利。中間も順調に来ており昇級戦でも通用のレベルとN氏
後が楽になるので何とか結果を出しておきたいところと連勝を期待していた陣営


☆11オールイズウェル

△3ロードマイウェイ

△6ファクトゥラー

爆7ヴィッテルスバッハ
初戦、未勝利ともに石橋が高評価していた馬で、石川はこの馬のために金曜は阪神遠征。
未勝利を勝った後は放牧に出して間隔が空いているが、
体重は10キロから15キロくらい増えていますが、体がひと回り大きくなって増えた分は成長分。
しっかり調教を積んできているので太目感もありません。エンジンの掛かりが遅いので、
直線の長い阪神の外回りはピッタリと厩舎サイド。
関東馬というだけで人気の盲点となりそうだが、陣営のトーンは思いのほか高いとT氏。


△8キラープレゼンス

馬連
12-13 12-1 1-13

12-11 12-7 12-3 12-6 12-8

三連複◎〇フォーメーション

三連単12.13.1BO


中山7R YSJファイナルR 中山第1戦
3歳上500万 芝2000


大井ファイナルラウンド2戦が終わり 櫻井騎手が1.2着でポイント1位
荻野騎手が1着1回 長谷部騎手が3着2回 横山武騎手が2着1回
ところが櫻井騎手とすれば中山ラウンドは乗り馬が冴えないレベル

人気のジョブックコメンだが流石に使い倒しで成績が下降
堅実面は評価できるが4キロ増とプラス状況ではない

逆にジョブックコメンに前回で負けているコスモレリアは休養明け
を使われてのここ 当該コースで勝利があり 3歳時500万戦では現1600万
グロンディオーズと僅差の2着。内コースに変り目標としいていたレースであり
チャンス十分と陣営。

◎9コスモレリア

〇7プレシャスブルー
春の中京でこのクラス勝利。その後降級して新潟戦以外は好勝負
チャロネグロと3着など対戦レベルからも上位は明らか
ここ二戦はスローで上がり最速を駆使して好走 
ただこの馬は脚の使いどころが難しい。前走は津村騎手が乗りに来てくれたから良かっという話から、
騎手が抽選というのも歓迎ではないだろう。
キャリアの少ない騎手(1勝)は不安も
地力勝負ではやはり上位とT氏


▲3ルックスマート
新潟内コースで勝利その後500万で現OPと0.4差 
夏場はよくない印象で放牧から乗り込んでいるのでスムーズに流れに乗れさえすれば
この相手なら好勝負になるだろうと陣営

☆13ジョブックコメン

△8イルルーメ

△5ナスノカツラ

馬連
9-7 9-3 9-13

3-7 9-8 9-5


三連複◎〇フォーメーション

阪神7R 3歳上500万 ダート1800



プラチナアッシュ
去勢手術後の初戦となるが見直し必要で白羽の矢

N氏からデビューから3戦は芝を使われて勝てず、ダートに切り替えるといきなり勝利をあげ、
厩舎としても前走の500万でも通用すると期待していたのですが12着に惨敗。
これは話しを聞いたところ、京都競馬場の地下道でテンションが上がり、
既に返し馬の段階でコントロールが利かなくなるほどイレ込んでしまったのが原因。
この先が思いやられるので、前走後に去勢されたという。

普段はそれほどうるさいところも見せていないので、陣営も
当日にテンションが上がることなく、普段の姿でレースに臨めれば500万なら
勝ち負けになると話していたとN氏。
勝った際に阪神では何ともなかったことを思うと、京都の地下道がネックなのかもしれませんが、
今回は阪神ですし、去勢の効果も含めれば見直すべきといった報告が届いている。

◎11プラチナアッシュ

〇3アルゴセイコウ
先行策で前回は2着好走。緩く運べる1800がベストの印象とN氏
再度減量起用で注文をつけて行くタイプが少ない今回
前で運べれば好勝負十分であろうと陣営。

▲16メイショウテンシャ
使い詰めであるが前回ダートでやれる目処がついたことで中3週で勝負トーン
前が流れそうな構成で外から流れに乗れるこの枠なら上位に期待とN氏

☆8メトロポリス

△9ダノンテアトロ

△12クルスデルスール

△1エルティグレ

△6ロイヤルバローズ


押さえ5

馬連
11-3 11-16 3-16

11-8 11-9 11-12 11-1 11-6

三連複◎〇フォーメーション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/12/28 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP