的中無料公開中

※この記事は、2018/12/23 10:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1286

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/23(日)
中山5R
2歳500万下
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 9 ジョウラン 1:10.8
2 8 15 オリオンパッチ 13/4
3 4 8 スマートセラヴィー 11/2
払戻金
単勝 9 3,040円 7番人気
複勝 9
15
8
440円
140円
140円
8番人気
1番人気
2番人気
枠連 5-8 1,610円 4番人気
馬連 9-15 3,500円 9番人気
ワイド 9-15
8-9
8-15
980円
1,120円
230円
9番人気
12番人気
1番人気
馬単 9-15 10,040円 29番人気
3連複 8-9-15 3,440円 7番人気
3連単 9-15-8 44,520円 115番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
12着 2 3 スマートスリロス 28.0 6 54.0 牝2 三浦皇成 栗東安田隆行 494.0
4着 3 5 パイロテクニクス 4.1 3 55.0 牡2 O.マーフィー 美浦武藤善則 496.0
10着 4 7 キタノオドリコ 12.3 4 54.0 牝2 石川裕紀人 美浦相沢郁 488.0
3着 4 8 スマートセラヴィー 2.7 1 55.0 牡2 C.ルメール 栗東矢作芳人 506.0
1着 5 9 ジョウラン 30.4 7 55.0 牡2 田辺裕信 美浦黒岩陽一 478.0
9着 7 13 セイウンコービー 204.0 15 55.0 牡2 勝浦正樹 栗東森秀行 520.0
13着 7 14 エヴァキュアン 15.0 5 55.0 牡2 福永祐一 栗東中竹和也 476.0
2着 8 15 オリオンパッチ 3.3 2 55.0 牡2 M.デムーロ 美浦加藤征弘 494.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
3,440円
+1,040円
143.3%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:5ー15
合計購入金額:3,200円   払戻金:3,440円  
収支:+240円   回収率:107.5%
12/23(日)
阪神7R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 10 グロワールシチー 1:23.2
2 7 14 ブライトエンパイア 31/2
3 7 13 タガノプレトリア 1/2
払戻金
単勝 10 620円 4番人気
複勝 10
14
13
180円
130円
140円
4番人気
1番人気
2番人気
枠連 5-7 630円 4番人気
馬連 10-14 1,190円 3番人気
ワイド 10-14
10-13
13-14
440円
490円
240円
5番人気
6番人気
1番人気
馬単 10-14 2,640円 10番人気
3連複 10-13-14 1,230円 2番人気
3連単 10-14-13 7,630円 13番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
6着 2 4 トウカイシュテルン 5.5 3 53.0 牝4 富田暁 栗東松元茂樹 482.0
9着 3 5 アスカノハヤテ 8.1 5 57.0 牡4 国分優作 栗東川村禎彦 478.0
1着 5 10 グロワールシチー 6.2 4 57.0 牡4 菱田裕二 栗東岡田稲男 466.0
3着 7 13 タガノプレトリア 3.7 2 56.0 牡3 藤岡康太 栗東宮徹 454.0
2着 7 14 ブライトエンパイア 3.1 1 56.0 牡3 鮫島克駿 栗東浅見秀一 444.0
8着 8 15 レナータ 31.3 7 54.0 牝3 小崎綾也 栗東小崎憲 450.0
15着 8 16 ジャスパーゲラン 42.3 8 55.0 牡3 川又賢治 栗東高野友和 484.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
1,230円
-670円
64.7%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
1,190円
+590円
198.3%
馬/組番:14ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー13
合計購入金額:2,600円   払戻金:2,420円  
収支:-180円   回収率:93.1%
レジまぐ予想記事にて
\\\\\∨/////

今週も土曜から 
万馬券ズバリ!! 

日曜の大勝負へ向けて
視界良好!! 

/////∧\\\\\
情報をご覧になった会員様、本当におめでとうございます!

レジマグ予想記事ダブル的中。
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379

阪神1◎ペイシャクレア1着 ◎〇△2950円 4570円的中
回収率286%

世間の競馬ファンの中には
まず有馬の資金作りということで
「アップトゥデイトは絶対大丈夫でしょ!」
とその好走を過信して、何の疑いもなくズドンとブチ込み、
レース後立ち直れなくなった人も少なからずいたようです。

――でも、現場の諸氏は違いました。

アップトゥデイトは本命にあらず!
中山10◎タイセイドリーム2着 ◎▲△4460円 10250円的中
回収率1050%

阪神Cでは不的中に至り失礼しました。
さあ有馬記念 前売りでオジュウが2番人気 鴨ですね
八百長しない限り 厳しいでしょう
大一番【有馬記念】についても、諸氏が尽力して渾身の結論をお届けします


今日のルメール&デムーロ騎手

昨日お伝えしたように、ルメール騎手、武豊騎手の年間最多勝利数である
212勝を超えるためには重要な今週ですが、本日は残念ながら1勝止まり。
朝の1レースで3着に終わると、その後も2、3着と続き、
ようやく4レース目で勝利して、そこからエンジンが掛かると思っていたのですが、
2、5、9、5着ときて、重賞の阪神Cでは、ムーンクエイクで致命的な出遅れをしてしまい
14着に惨敗。あれほどこの秋、重賞を勝ちまくっていたルメール騎手ですが、
実はアーモンドアイのジャパンCを除けばJBCスプリントを4番人気のグレイスフルリープで
勝った後は10戦、それも今日のムーンクエイクを除き、1、2番人気のいずれかで重賞で負けているのです。

もちろん、武豊騎手の記録を抜かねばならない理由も本人にはなく、
重賞戦も特別な記録が掛かっている訳もなく、プレッシャーなどあるはずもないので、
これはやはり流れが悪いと言うしかないです。

明日は中山で9鞍に騎乗。複勝率ベスト5の厩舎では土曜日に続き、
藤沢和厩舎に2頭の騎乗があり、そのうちの1頭がご存じのとおり、有馬記念のレイデオロ。
来週のホープフルSでもルメール騎手、アドマイヤジャスタに騎乗があるので、
有馬記念が今年最後の重賞戦とはなりませんが、
もちろん有馬記念とホープフルSでは格差もあり、ルメール騎手としては最後にここで
有馬記念を勝って1年を締めたいという気持ちでしょう。

それにルメール騎手としては先週に同じ藤沢和厩舎のグランアレグリアで1番人気ながら
3着に負けているので、それを考えても何とかしたいと考えているでしょう。
レイデオロはこの秋まだ2戦しかしておらず、余力も十分。
ジャパンC組はそのレコードタイム決着の反動も考えなければならず、
いずれにしても有利な状態にあると言えるでしょう。
むしろ折り合いに不安があるので相手は自分自身と言っても良いかもしれませんが、
頑張ってもらいたいとN氏。

その他では中山5R、矢作厩舎のスマートセラヴィーに注目。
何しろ矢作厩舎は藤原英厩舎、中竹厩舎とリーディング争いをしており、
そんな中で、ルメール騎手に依頼するぐらいですから、勝ち星を計算しているのではないでしょうか?
このレース、平場のわりにはメンバーが揃った感がありますが、注目したいと思います。

続いてデムーロ騎手ですが、こちらも昨日は1勝。
インヴィクタは6着でした

さて、デムーロ騎手ですが、明日は5鞍に騎乗し、複勝率ベスト5の厩舎における騎乗はありません。
そんな状況でまず注目するには音無厩舎、中山10Rに出走のビックリシタナモーです。
それでいうと音無厩舎は14回騎乗でも複勝率は71.4%と高い数字。

仮にこれを15回の騎乗で計算しても66.7%となりますので、
デムーロ騎手のベスト5の5位厩舎に相当します。
馬自身は追い込み馬なので展開に左右されますが、ここ最近は堅実に追い込んできています。
中山も3戦して1着、2着と好走しているので問題ないです。

もう1頭は自ずと有馬記念のモズカッチャンでしょう。
管理する鮫島厩舎は、この1年では複勝率56.3%でベスト5には入っていませんが、
過去に何度もデムーロ騎手の複勝率ベスト5に入っている厩舎ですから、問題はありません。

またデムーロ騎手自身、何度もお伝えしてきたように、この秋は一体何があったのと
思える不振というかG1を含めて重賞を勝てていませんでしたが、
阪神Cこそダメだったものの、チャレンジCをエアウインザーで勝つと、
チャンピオンズCをルヴァンスレーヴ、そして先週朝日杯をアドマイヤマーズでVと勢いが戻ってきています。

中には弟のクリスチャンが来てからは、その愚痴など聞いてもらえることもあって、
ストレスが軽減されたのでは?という話もあるそうですが、
それはさておき、最後の有馬記念、とても不気味ですよね。

モズカッチャン自身もG1ウイナーですし、牡馬相手もよくよく考えてみれば、
負けてはいるものの、京都記念ではレイデオロとハナ差、ドバイシーマクラシックでも
レイデオロとは1馬身程の差ですから、全く敵わないとは言えないでしょう。

まだ来週の28日に競馬はありますが、1年を締め括る意味での有馬記念で
ルメール騎手とデムーロ騎手は一体どういった競馬をするのでしょうか?
ほんとにその結果は楽しみです。

来週12/28はホープフルS
 今年最後の開催に潜むヤリ話
リーディング下位の厩舎であっても調教師によっては、一年の目標をシッカリと定めているところもあり、
年末に何としても勝ち星を重ねるために、勝負馬をスタンバイしている事も多いんです。
逆に厩舎によっては年の目標を達成したら、勝てそうな馬を全部年越しに回したりするところもあります。
この勝負情報は1/5,6の正月競馬で、『オフレコ情報』になる可能性が非常に高いので
現時点ではお教えできませんが、このように正月競馬には馬券に直結する勝負情報が多数存在します。

まだまだ「有馬記念で1年の競馬が終り」という考えの方もいらっしゃるようですが、
有馬記念が終わってもホープフルS週。そして、1/5(土)からは毎年的中ラッシュをお届けしている
『正月競馬』と、まだまだ馬券勝負できるチャンスは続きます。
年末年始の情報も見逃さずチェックして下さい。


本日の予想

☆中山5R 2歳500万 ダート1200

金曜レポで取り上げたスマートセラヴィーに期待の矢

もともとデビュー前から快時計を連発していたように、攻め馬は追えばいくらでも動くタイプ。
ただし、ラストまで引っ張りきりの手応えでこれだけのタイムを出したのは今回が初めてのこと。
9月のデビュー戦からしっかり月1走のローテを守られているのも好感で、
まだまだ上積みを見込んでよさそうとN氏
オーナー二頭使いで期待

◎8スマートセラヴィー

〇15オリオンパッチ
前回阪神へ遠征が星勘定であり惜敗。初の1200に対応できたことは陣営の
目算通りとのこと。遠征の疲れも不安なく、外枠を引けたのは有利とT氏

▲5パイロテクニクス
函館デビューで1.2.2着。なかなか詰めて使えない弱みはあるが、それでいて負けた2戦も
オープン特別でほぼほぼ勝ちに等しい内容。
ポテンシャルの高さはかなりのものと断言できるとT氏。
土曜の芝と迷ったが、今回は順調だから勝てる方とここを選択。
厩舎関係者は余裕綽々。

☆7キタノオドリコ

△3スマートスリロス

△14エヴァキュアン

△9ジョウラン

△13セイウンコービー

馬連
8-15 8-5 5-15

8-7 8-3 8-14 8-9 8-13

三連複◎〇フォーメーション


阪神7R 3歳上500万 ダート1400

期待の矢はブライトエンパイア

1200で出遅れた前々走を除けばすべて4着以上の(1-3-3-3)。
相手なりに手堅く、出色の安定感を誇っている。
2走前はメンバーを見て1200に回ったのが裏目に出てしまったけど、
しっかり縛って練習して距離を戻した前走は力どおりの走りを見せてくれた。
当然、詰めて使う今回は状態面の上積みがあるし、雨の影響で馬場が軽くなるのも大歓迎のタイプ。
今回もスタートを決めれば圏内を外すことはないと思うと厩舎。
ゲートの巧いユーイチから鮫島駿に替わる分、外めの偶数番を引けたのも大きいとN氏。

◎14ブライトエンパイア

〇13タガノプレトリア
道中で脚を溜めた前走は、直線だけで勝ち馬をコンマ1秒差まで追い詰めた。
これで戦法はハッキリしたようで2走前は行き過ぎて、前走はタメる形に戻したらやっぱり
巻き返せました。前走みたいな感じでレースができれば1400でも突き抜ける可能性は
十分あると思います。雨が降っても問題ないタイプなのでこれは何とかしたいと厩舎サイド。


▲4トウカイシュテルン
降級とはいえ、9ヶ月ぶりの実戦だった前走は5着に敗れた。
叩いた今回はどうかというとこれは変わってくるでしょうと陣営。前走は休みが長かったし、
多少、急仕上げで競馬でも坂を上った後は止まってしまいましたから。
それを考えれば掲示板に載ったのはよく頑張っていると思います。
今回は反動なく来れているし、減量も効きそうと色気タップリ。
元々は1000万でも走れていた馬だけに、2戦目で変わる余地は十分あるとN氏。


☆10グロワールシチー

△15レナータ

△5アスカノハヤテ

△16ジャスパーゲラン

三連複◎〇フォーメーション

馬連
14-13 14-4 4-13

14-10 14-15 14-5 14-16



中山7R
3歳上500万下 芝1200m

期待の矢はシルク追撃のキャロFライレローズ


デビューからしばらくはマイル戦で走っていたが、
2走前から1400mに距離を短縮し、いよいよ今回は1200mのスプリント戦に参戦。
関係者によるとゆくゆくは短い距離の方が合うだろうという考えがあり、
段階を踏んで距離を縮めてきたとのことで、この1200m戦は結構力が入っているそうだとT氏。
以前の課題だったカイ食いの細さや馬体減も見られないとのことで、状態も良好。
勝ち負けを狙える1頭だろう。


◎9ライレローズ

〇15リンシャンカイホウ
オーナーが重用していた藤田騎手からここへ来て敢えてルメール
中々勝てないことが影響しているとT氏 放牧を経て上々の気配であり
コースも経験しており逃げれれば期待度は上がる


▲1ポンテファブリチオ
夏場の2戦が案外でひと息入れたが、帰厩後はプールを交えつつ坂路とウッドで
入念な攻め馬を消化。ひと追いごと本来の素軽さを取り戻し
同厩の古馬1600万と併せて楽々併入に持ち込んでみせた。
かなり外めを回ったことを思えば時計的にも申し分なく、立て直した効果は絶大といえそうだとT氏。

☆3ハイヤーアプシス

△16プラトリーナ

△4グットクルサマー

爆5ハウナニ
前走は1年ぶりの復帰戦だったのに加えて、ダートに使ったのが裏目。
パサパサのダートが向いていなかったと陣営は振り返っている。
レース後は反動を考慮して間隔を空けつつ調整してきたが、
仕上がりに関しては前走と比べれば明らかに上ですとのこと。
能力や血統的にはもっと上を目指せる馬だと思うので、芝のレースで改めて期待していますと、
巻き返しを見込める気配だとT氏。


△7キングドンドルマ

馬連
9-15 9-1 1-15

9-3 9-5 9-16 9-4 9-7

三連複◎〇フォーメーション




※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/12/23 10:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP