的中無料公開中

※この記事は、2018/12/22 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1285

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/22(土)
中山7R
3歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 4 ギャラルホルン 2:41.5
2 4 7 サンシロウ 3/4
3 8 16 ジャカンドジョー 31/2
払戻金
単勝 4 230円 1番人気
複勝 4
7
16
150円
240円
1,090円
1番人気
3番人気
12番人気
枠連 2-4 460円 1番人気
馬連 4-7 1,070円 2番人気
ワイド 4-7
4-16
7-16
500円
4,430円
4,740円
2番人気
41番人気
43番人気
馬単 4-7 1,480円 2番人気
3連複 4-7-16 25,230円 72番人気
3連単 4-7-16 63,260円 196番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 1 1 ドーファン 7.7 5 55.0 牡3 B.アヴドゥラ 美浦中川公成 540.0
6着 1 2 ミラクルヒッター 28.7 8 55.0 牡3 田中勝春 美浦菊川正達 496.0
15着 2 3 ペイシャエリート 61.0 10 55.0 牡3 石川裕紀人 美浦小笠倫弘 488.0
1着 2 4 ギャラルホルン 2.3 1 55.0 牡3 O.マーフィー 美浦高橋文雅 514.0
5着 3 5 ダンスメーカー 9.8 6 55.0 牡3 大野拓弥 美浦戸田博文 482.0
2着 4 7 サンシロウ 6.7 2 57.0 牡4 北村宏司 美浦柄崎孝 508.0
13着 7 13 アポロリベリオン 19.5 7 57.0 牡5 内田博幸 美浦栗田徹 506.0
4着 7 14 ワイルドゲーム 7.2 3 57.0 牡5 丸山元気 美浦石栗龍彦 500.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
0円
-2,400円
0.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,070円
+370円
152.9%
馬/組番:4ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー14
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,070円  
収支:-2,130円   回収率:33.4%
12/22(土)
阪神8R
3歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 11 サマーサプライズ 2:02.7
2 4 7 イベリア 3/4
3 1 2 アールスター 13/4
払戻金
単勝 11 490円 2番人気
複勝 11
7
2
150円
120円
190円
2番人気
1番人気
4番人気
枠連 4-6 600円 1番人気
馬連 7-11 620円 1番人気
ワイド 7-11
2-11
2-7
250円
610円
440円
1番人気
8番人気
4番人気
馬単 11-7 1,430円 3番人気
3連複 2-7-11 1,420円 3番人気
3連単 11-7-2 7,570円 14番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
13着 2 4 ブルベアラクーン 12.0 5 57.0 牡4 国分優作 栗東湯窪幸雄 548.0
4着 3 6 ナムラキヌ 93.7 10 54.0 牝3 藤懸貴志 栗東高橋義忠 472.0
2着 4 7 イベリア 2.2 1 56.0 牡3 福永祐一 栗東橋田満 500.0
9着 5 9 クリデュクール 6.2 3 57.0 牡4 北村友一 栗東佐々木晶三 502.0
7着 5 10 ワイズワン 23.7 7 56.0 牡3 松山弘平 栗東橋口慎介 496.0
1着 6 11 サマーサプライズ 4.9 2 57.0 牡4 松若風馬 栗東宮本博 486.0
5着 6 12 クリノカポネ 143.1 13 56.0 せん3 古川吉洋 栗東谷潔 446.0
8着 7 13 メイショウイザナミ 136.8 12 54.0 牝3 鮫島克駿 栗東中竹和也 442.0
× 15着 8 16 ダノンケンリュウ 254.5 16 56.0 せん4 川又賢治 栗東高柳大輔 466.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
29点
2,900円
0円
-2,900円
0.0%
馬/組番:29組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
620円
-80円
88.6%
馬/組番:7ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー11
合計購入金額:3,700円   払戻金:620円  
収支:-3,080円   回収率:16.8%
今日のルメール&デムーロ騎手

JRAにおける騎手の年間最多勝利数は2005年に武豊騎手が記録した212勝。
当時、この記録を更新するならば、武豊騎手本人以外にあり得ないと誰もが思っていたはず。
その大記録まであと7勝、記録更新まで8勝と迫っているのがご存じルメール騎手。

単純計算する訳にはいかないということは分かっていますが、
ルメール騎手の今年の勝率はここまで27.5%。今週は土、日で計18鞍に騎乗するので
計算上は5勝マークが成り立ちます。そうなると記録更新には来週28日(金)で3勝となるのですから、
今週次第と言う気はしますが、いずれにしてもまだ可能性は十分にあると言えるでしょう。

そのルメール騎手、土曜日は阪神で9鞍に騎乗。複勝率ベスト5の厩舎においては
5位、藤沢和厩舎、11R阪神Cにてムーンクエイクに騎乗します。
この馬、ご存知かもしれませんが、折り合いに難があり、今年の5月にはそれまで使ってきた
マイル戦をやめて、1400Mの京王杯SCに出走していきなり重賞を制覇。
それでもまだ折り合い面に不安が残るのか、その後は1200M戦を2戦使われたものの9、13着。

1200M戦では明らかに追走に苦労する面がみられ、再び1400Mのこの阪神Cに出走。
距離延長はプラスになるでしょうが、とにかく折り合い面を含めて
乗り辛いところがある馬ですから、ここはルメール騎手の腕次第ということになるのでしょう。

その他ですが、この1年で7回の騎乗しかありませんが、85.7%という複勝率が
目につく大久保厩舎に注目。85.7%という数字だと漠然と成績が良さそうくらいにしか思えませんが
実際のところは7回の騎乗で1、2、2、2、2、2、6着と、連対すら外したのは僅かに1回だけ。
しかも、その6着の際も差はわずかにコンマ2秒差ですから、
当然、【ルメール騎手&大久保厩舎】は狙うべき。

今回騎乗のニッポンテイオーにはルメール騎手は初の騎乗となりますが、
ここ近走の結果(11、4着)からすればそれほど人気になるとは思えませんので妙味もありそうです。


続いてデムーロ騎手ですが、土曜日は阪神競馬場にて6鞍に騎乗。
複勝率ベスト5の厩舎においては2位の友道厩舎、7Rのインヴィクタに騎乗。
この馬、大魔神こと佐々木主浩オーナーの馬ですが、調べてみたところ、
過去デムーロ騎手は佐々木オーナーの馬に13回騎乗して5勝、3着4回の成績で
複勝率は69.2%と高い数字をマークしています。
ところが、1着となると2016年の10月を最後に遠ざかっており、またこのインヴィクタ自身、
デムーロ騎手は2回騎乗して3、5着ですから、何とかしたいと考えていることでしょう。

その他ですが、やはり現在リーディングトレーナー争いをしている
中竹厩舎のグラディーヴァは無視できません。
特にこれまでも何度かお話してきましたが、デムーロ騎手は中竹厩舎にはそもそも騎乗が多くなく、
その一方、調教停止処分で管理馬が中竹厩舎に移籍の形をとっている角居厩舎での騎乗が
多数のジョッキー。実は今年で言えば、今もなおデムー騎手が最も騎乗してきた厩舎が
角居厩舎なのです。それで言えば、1月には再び、角居厩舎が復帰する中、
このグラディーヴァは元々、角居厩舎に入厩予定であった馬。
そうなると、角居厩舎の復帰にあたり、この馬は再び角居厩舎に戻る可能性が高く、
デムーロ騎手としても引き続き、今後も騎乗できる可能性が高いのですから、
そのあたりを考えても勝っておきたいところでしょう。


本日の予想

阪神7R 3歳上500万 芝2600

金曜レポで取り上げたラルムドールに白羽の矢

約9ヶ月ぶりだった前走時から坂路の時計自体は目立っていたが、
今週は馬場の内目を通っていたとは言え、持ったままの手応えで52.9-37.8-24.2-12.1。
先週も軽く仕掛ける程度で54.0-38.7-24.5-11.9を計測。
ひと叩きして気配はさらに上向いてきたとN氏。

初戦を勝ち上がった後はなかなか順調に使えず、3歳暮れにしてまだキャリア4戦。
期待ほどの結果を残すことができずにいるが、稽古で見せる脚力からは、
いつまでも500万下に留まっているような器とは思えないとのこと。
スタミナとパワーを感じさせたこの中間の動きから、阪神の急坂を2度通過する
芝2600mのタフな舞台設定も望むところだろう。

500キロを超える大型馬でもあり、この中間の攻め気配からも叩き2戦目でガラッと変わる
可能性は十分。前走が7番人気6着。一気の距離延長で一般ファンが手を出しづらくなりそうな
今回は馬券的妙味もあるはず。

◎8ラルムドール

〇5ナムラマル
有力馬の大半が差しタイプ 決め手勝負では分が悪いが2600ならスタミナを
いかせられる先行馬。使い詰めてはいるが中間の状態は好気配キープ
オーナー地元であるので注意

▲9トロピカルストーム
平坦ベストであるが阪神2600で3着があり持久力勝負には強い馬。
矢作厩舎主戦の坂井が敢えてこちらに乗ることから期待は大きい

☆4インヴィクタ

△15シエラネバダ

△3ニッポンテイオー
大久保厩舎騎乗で警戒のこの騎手

△7サトノシリウス

爆14マナローラ
6着に終わった前走追い出すのに手間取ってしまいました。スムーズなら権利はとれていましたと
振り返った藤岡祐。雨予報に関してはジリっぽいから荒れてくるのはいいとのことだったとN氏。
デキに関しても厩務員は前走と同じくらいか、それ以上に良いですとトーンが良く
本当はハナで競馬をさせたいと。騎手もスタートが決まれば極端な競馬をさせると
積極策を匂わせていた。条件が噛み合えば一変があっても。


馬連
8-5 8-9 9-5

8-4 8-15 8-3 8-7 8-14

三連複◎〇フォーメーション


中山7R 3歳上500万
ダート2500  


シルク271,761万1千円 キャロ242,896万4千円の馬主収穫賞金 
有馬記念でレイデオロが勝つ様であれば
逆転される そんな今週末はシルクに取ればノーザン傘下のプライドで多頭数出しで
抵抗であろう

ここ強いサンデーRの中心馬の影でヤリ


◎4ギャラルホルン

骨折明けをひと叩きしてまた2ヶ月半ほど間があいたが、
中間の調整過程を見ると中4週で未勝利を勝ち上がった時より数段濃い中身だとT氏。
ましてその前走の勝ち馬は先週の1000万特別を圧勝したサノサマー。
素質的にもキャリア的にも、今の500万では一枚上の存在といって過言ではない。
陣営も前走は出遅れがなければ際どかったし、能力的には上のクラスでもやれる馬。
久々でもコンディション的にはまったく問題ないので、いつもより馬が大人しいぶんで
ゲートをしっかり出てくれればまず勝ち負けになると余裕の構え。

〇1ドーファン
天栄で乗り込んで体の仕上がり自体は上々と陣営。
これまで現OPエイコーンや1000万上位のオメガドラクロワと競馬をしており
今回の相手なら期待出来るとT氏 上記のクラブの賞金事情から上位入線は
ノルマ

▲14ワイルドゲーム
◎同様にサノサマー相手に好勝負。ずぶいタイプで距離がさらに伸びるのは歓迎と
陣営。パワータイプであり中山で期待

☆7サンシロウ

△5ダンスメーカー

△2ミラクルヒッター

△3ペイシャエリート

△13アポロリべりオン


馬連
4-1 4-14 1-14
4-7 4-5 4-2 4-3 4-13

三連複◎〇フォーメーション


中山8R 3歳上500万 ダート1200

期待の矢は今週8頭使いのダノン野田オーナーのダノンチャンス

1000万で上位があり去勢後に降級の前回は、逃げて強さを示した好内容とT氏
外目で流れに乗れそうで今回も勝負になる

◎11ダノンチャンス
田中博康厩舎への転厩初戦でしっかりと結果を出した
体調も2戦目で順当に上向いていますと、陣営は引き続き期待している。
勝ち負けを意識できる1頭だろうとT氏


〇16シゲルベンガルトラ
青竜Sでは現OP馬と好勝負 現状では1400がベストであり1200もこなせるだろうと陣営
休養明けで4着とこのクラスでは上位を示した、前回に続いての騎手も歓迎
外枠なら期待とT氏

▲2アストロローグ
デビュー戦は距離が長く大惨敗、その後骨折して2戦目は7ヵ月後までズレ込んでしまい、
ブリンカーも効かず再び大敗、3戦目は去勢手術から3ヶ月で使って馬体重がマイナス22キロとなり
三度大敗。能力を発揮することのないまま未勝利で門別に転出していったが、
そこではハナを切れた2戦はどちらも大差勝ち。秘めている能力の高さを示して中央に戻ってきた経緯。
相変わらず気性の難しさがあって、中央のメンバー相手にどういう戦法を取れるかだが。
今後のためにも名前は覚えておきたい1頭。

☆13カタナ

△5アルベルティーヌ

△7リバティクイーン

△8シスル

△15ノヴィア

馬連
11-16 11-2 2-16

11-13 11-5 11-7 11-8 11-15

三連複◎〇フォーメーション


阪神8R
3歳上500万下 ダ2000m

期待の矢は地元兵庫オーナーのイベリア


昇級してからの2戦が馬券圏内にはいるものの、位置取りが後ろ過ぎて差し届かずという
競馬が続く。今回はそのあたりを解消するためにチークピーシーズを着用とのこと。
中間の追い切りから着けていますが、行きっぷりが全く違いますと効果はテキメンのようだ。
状態に関しても体も締まってきたし、今回がピークではないでしょうかと問題なし。
いよいよクラス突破が見えてきたとN氏。

◎7イベリア

〇11サマーサプライズ
オーナーの指示で前走後は放牧に出したという。
今回は約2ヶ月ぶりの実戦となるが放牧先でも緩めていなかったようで、
間隔は空いても前走と同じくらいかそれ以上の状態で出走できそうと、陣営。
現在、通算299勝の宮本厩舎。調教師はこの馬で300勝を狙っているとN氏。

▲4ブルベアラグーン
逃げが理想も前回は番手でシブトイ面を出せて3着好走。
〇の兼ね合いがポイントであるがオーナー地元であり無理に競らない競馬が出来るので
粘りに期待とN氏

☆9クリデュクール

△10ワイズワン

△12クリノカポネ

△13メイショウイザナミ

爆6ナムラキヌ
交流で3.2着であり威張れない成績だが、陣営いわく力はあるし昇級ではソコソコ評価
されていた馬。切れないタイプなので時計の早い小倉や決め手の勝負になりやすい
1800では足りない。ただし2000となると持久力が問われる競馬が多い
3歳馬でありここへ向けて調整したと陣営
走れる状態にあるようで雪崩れ込む競馬で要警戒とN氏

押さえ16

三連複◎〇フォーメーション

馬連
7-11 7-4 11-4

7-9 7-10 7-12 7-13 7-6


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/12/22 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP