的中無料公開中

※この記事は、2018/12/1 10:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1276

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

12/01(土)
中山7R
3歳以上1000万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 スビールアスール 1:10.1
2 4 8 ヤサシサ 11/2
3 2 3 ボクノナオミ 13/4
払戻金
単勝 1 920円 4番人気
複勝 1
8
3
250円
190円
840円
4番人気
2番人気
13番人気
枠連 1-4 930円 4番人気
馬連 1-8 1,700円 5番人気
ワイド 1-8
1-3
3-8
580円
3,700円
2,370円
3番人気
43番人気
29番人気
馬単 1-8 3,960円 11番人気
3連複 1-3-8 15,400円 42番人気
3連単 1-8-3 76,760円 222番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 スビールアスール 9.2 4 55.0 牝4 大野拓弥 美浦武藤善則 486.0
14着 4 7 ニシノオリーブ 62.7 14 54.0 牝3 勝浦正樹 美浦武藤善則 458.0
2着 4 8 ヤサシサ 4.7 2 55.0 牝4 浜中俊 栗東奥村豊 500.0
16着 5 9 コマノレジェンド 31.1 9 52.0 牝4 木幡育也 美浦伊藤圭三 474.0
4着 5 10 シェーナ 15.6 5 54.0 牝3 戸崎圭太 美浦萩原清 458.0
9着 6 11 メイショウタラチネ 16.8 6 55.0 牝6 丸田恭介 栗東高橋義忠 470.0
13着 7 13 オジョーノキセキ 5.0 3 54.0 牝3 田辺裕信 美浦伊藤大士 504.0
5着 8 16 オーヴォドーロ 2.8 1 54.0 牝3 J.モレイラ 美浦久保田貴士 468.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
0円
-2,400円
0.0%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,700円
+1,000円
242.9%
馬/組番:8ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:11ー13
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,700円  
収支:-1,500円   回収率:53.1%
★今週のルメール・Mデムーロ騎手★

先週には昨年マークした自己最多となる199勝に並んだルメール騎手。
武豊騎手に続き、史上二人目の年間200勝突破も確実であり、
それどころか2005年に武豊騎手が記録した年間最多勝利212勝超えも
十分に視野に入っている状況。

そんなルメール騎手ですが土曜日は阪神で7鞍に騎乗。
複勝率ベスト5の厩舎においては2位の松田厩舎、阪神9のシンギュラリティ、
4位藤沢和厩舎、阪神11Rのレイエンダです。

まずは松田厩舎のシンギュラリティですが、1000万条件は上位争いの常連で、
3、5、3、2、2、3、2、2着と堅実。その上、ルメール騎手が松田厩舎の馬に騎乗した際は
近5走において1、3、1、1、1着で、更に遡れば今年の5月にマーナガルムという馬で
2着を皮切りに14戦して8勝、2着4回、3着1回で、馬券圏内を外したのは1度だけ。
複勝率92.9%なのですから、これは絶対に無視できない馬と言えるでしょう。

レイエンダはご存じ、レイデオロの弟。新馬勝ちをした後に骨折したことから
春のクラシックには間に合わなかったものの、復帰後は500万、1000万を連勝して
セントライト記念でも2着に好走。負けはしたものの相手は京成杯の優勝馬で、
皐月賞でも3着だったジェネラーレウーノ。それにジェネラーレウーノは先行したのに対して、
レイデンダは15番枠から追い込んで届かずのレースでしたから、悲観すべき内容では
なかったと思います。まだ底を見せていませんから、古馬相手の重賞戦と言っても
この相手なら勝ち負けになると思います。

一方、デムーロ騎手ですがジャパンCではまたもやルメール騎手に主役を譲り、
スワーヴリチャードで3着とG1を勝つことができませんでした。
チャンピオンズCにて騎乗のルヴァンスレーヴは十分、チャンスはあると思いますが、
その話はまた明日にするとして、土曜日は阪神にて6頭に騎乗。

複勝率ベスト5の厩舎では1位の森田厩舎、2Rのダイメイコスモス、
7Rのカフジローズの2頭に騎乗します。
森田厩舎は今年ここまで18勝でリーディング64位ですから上位厩舎とは言えません。
そんな厩舎だけにデムーロ騎手に騎乗依頼をする際は選りすぐって勝ち負けできると
厩舎サイドが考える馬に限定されるのでしょう。
その結果、18勝中6勝はデムーロ騎手であげたものでこれは断然の成績。
ただし、夏以降は2着が5回に対して勝ち星がないのです。
で、あれば今回はこの2頭、勝ち負けを十分意識しての騎乗依頼であり、
デムーロ騎手もあわよくば2つとも勝ちたいと考えているはずです。

その他では以前にも紹介しましたが、今年7月までは4鞍の騎乗しかなかったものの、
好成績が続くことから9月以降に5鞍と騎乗数が増える河内厩舎の2頭にも注目が必要。
今年、デムーロ騎手が河内厩舎の馬に乗ったのは9回ですが3勝、2着3回、3着2回で
馬券圏外となったのは僅かに1度だけ。

それ故に河内騎手のデムーロ騎手に対する信頼も高くなり、
今回は1日に2鞍の騎乗に繋がったのでしょう。その信頼を得るキッカケとなったと言える
10Rのホウシュウナウはもちろんのこと、もう1頭の4Rウォーターブレイクもデビュー戦、
和田騎手でしたが3着に好走しているので叩き2戦目のここは勝ち負けを期待してもいいと思います。

重賞のチャレンジCはエアウィンザーに騎乗。前走はデムーロ騎手本人は天皇賞・秋で
東京に遠征したために騎乗していませんが、過去にこの馬に5回の騎乗があり、
3勝、2着2回と連対率は100%。以前は気を抜く面があって乗り辛いと評されていた馬ですが、
3連勝したことを思えば気性面の成長があるのでしょう。

重賞3勝馬であるエアスピネルの弟ですから、弟のこの馬が一気にここで重賞を勝っても
不思議ではありませんよね。恐らく人気はルメール騎手のレイエンダでしょうが、
偉大な兄を持つ同士の対決はかなり楽しみです。


本日の予想

中京7R 3歳上500万 ダート1200


金曜レポで取り上げたタンゴに白羽の矢

合うと思って使った前走の千直戦は、1枠2番を引いた時点でジエンド。
さらに状態はすごく良かった。条件が合わなかったということとは鞍上の丸田の弁。
引き続きイイ状態で使える今回は5戦3勝のダ千二。
前2走で馬柱が汚れてきたが、2走前は内枠からスタートで後手を踏んでポジションを取れずにアウト。
本来の先行策なら一変は必然とT氏。
オーナーサイドは二頭使いであり期待大。外なら

◎13タンゴ

〇4レッドアネラ
前走時は勝って放牧に出した際に可愛がっちゃったぶん体調としては今ひとつ。
しかも出遅れてモマれ、道中はほぼほぼ絶望的という位置取りながら
ゴール前イン強襲には、心底驚かされたものだったとT氏。
叩いた今回は見違えるような動きと厩舎関係者。しかも調教師が心配はジョッキーだけと
嘯くほどだから、裏では相当に自信を持っていることが読み取れるとのこと

▲5ホープルスター
前回はオーナーの縁の深い福島で勝負トーンでいたが僅差で惜敗。
決め手勝負の差が出たと陣営。流れ次第では十分警戒すべき1頭とN氏
ダート路線に変更してから、5着→5着→2着と右肩上がり。中2週になりますが、
適度に間隔を開けて疲れを取っているので、デキ落ちはありませんと、
引き続きの順調をアピールの陣営。ココも上位争いの一頭。

爆9ナムラストロベリー
ここ二戦で先行しての好走は評価。前が有利の中京1200減量で2キロ減は有利
後は坂を克服できれば好勝負

☆11へーザ


△3イナズママンボ

△2メイショウマイカゼ

△10サマニー

押さえ15


馬連
13-4 13-5 4-5

13-11 13-9 13-3 13-2 13-10

三連複
◎〇フォーメーション



中山7R 3歳上1000万 ダート1200 牝馬

関西馬ヤサシサは現クラスの混合戦で2着 今回限定戦を目標に好仕上がり
負かした3着馬がその後東京戦でハイレベルの相手に好勝負
先行タイプが多いが時計勝負なら一律の長があるとN氏


◎8ヤサシサ

☆1スピールアスール
前回はハイペースを押し切りの勝利。昇級になるが二戦前には好メンバー相手に
僅差の競馬。元来このクラスで好走歴があり限定なら通用していいと陣営。

▲11メイショウタラチネ
ハイレベルの相手に差し脚を使い0.5の競馬は評価と陣営。
今回は遠征となるが限定戦 展開利も生じそうで癖を知る騎手であり
今週31頭使いのオーナーサイドだけに要警戒

△16オーヴァードーロ

△10シェーナ

△9コマノレジェンド

〇13オジョーノキセキ
今回は休み明けで古馬との初対戦、しかも初ダートとなるが、
陣営はココは狙っていたレース。ダートは問題ないし、この馬の力を信頼と強気一辺倒。
重賞だった前走以外では掲示板を外しておらず、関西圏でのOP特別でも2着のある快速馬。
ダート替わりで一変を見込むというよりは、牝馬同士の1200m戦ならば本質的な能力が違うと
見ているようだ。レースのしやすい外枠を引けたのはプラスで、
これなら陣営の自信に乗る手は十分。

△7ニシノオリーブ

三連複
◎〇フォーメーション

馬連
8-13 8-11 11-13

8-1 8-16 8-10 8-9 8-7


中京8R
3歳上500万下(若手騎手)ダ1800m

今週大挙31頭使いのメイショウ軍団 

メイショウゴテツに期待の矢


ココ3走、西村淳騎手が騎乗するようになって成績が安定。
減量の効果が絶大なのは確かですが、今本当に調子がいい。
以前はムラのある走りでしたが、最近は安定して力を出せるようになりました。
今回も大崩れはなさそうです。コンスタントに使っているので、そう大きな上積みはないですが、
相手関係も楽になるし、調子の良い今のうちに何とかしたと厩舎サイド。


◎9メイショウゴテツ

〇13メイショウダブル
試験的な芝使いは参考外でダートでは当該コースで逃げ切りの勝利があり
中間の稽古でかなりの動きをみせていたとN氏 54キロで先手が取れれば粘りこんでいいとN氏


▲2ダノンスパーク
前回勝負トーンでの福島遠征もスタートで後手を踏んで後方の競馬になり
敗北。稽古の動きは上々でスタート五分なら巻き返し十分と陣営

☆5シゲルマツタケ

△3テイエムギフテッド

△15タイセイカレッジ

△12ショウナンマシェリ

三連複
◎〇フォーメーション

馬連
9-13 9-2 2-13

9-5 9-3 9-15 9-12


阪神8R
3歳上500万下 ダ2000m


期待の矢はイベリア


未勝利勝ちは、見た目には辛勝だったが、使い込んで疲れが溜まっていた
スタートで躓いたという中での勝利。ダート適性は相当高いというのが陣営の評価で、
リフレッシュして挑んだ前走の3着は、昇級+休み明けという条件だったが期待通りの走りだろうとN氏。
16キロ増と太かった前走を叩いて挑む今回
大外枠だったのはこたえましたが、クラスにメドが立つ競馬はしてくれました。
今度は絶好枠が引けましたし福永騎手も2000でも大丈夫ということでこのレースにと陣営。
体に余裕のあった前走を使ってグンと気合も乗ってきたし、中身は当然、行きっぷりからして
今度は違うと思いますと厩舎サイド。オーナーは地元兵庫の御仁で勝負トーン


◎1イベリア

〇9ヒルノアトラーニ
今回が9ヶ月ぶりの実戦となるヒルノアトラーニ、
トモに筋肉がついて明らかに動きが変わってきていますと陣営。
7Rのヒルノアマランテと同じく、中京の予定をメンバーを見て阪神に使ってきているが、
休み明けでも一発ムードが漂っている。
ただ、ゲートがどうしても遅いとのこと。1コーナーまで距離があるので挽回できると思いますとスタッフ。
現級勝ちのある実績馬、いきなりから動ける態勢にはあるだけに、
スタートさえ決めれば勝ち負けだろうし昆厩舎=横山騎手でヤリ

▲3リッキー
休養明けで乗り込んで十分通用する状態と吉村師 オーナー地元の今回
ルメール騎乗で勝負とN氏

☆11ダウンザライン

△10ビップデヴィット

△5ブルベアラグーン


三連複
◎フォーメーション

馬連
1-9 1-3 3-9

1-11 1-10 1-11 1-5


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/12/1 10:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP