的中無料公開中

※この記事は、2018/11/24 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1273-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/24(土)
東京12R
3歳以上1000万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 キャナルストリート 1:20.7
2 8 14 ヴェルスパー 1/2
3 7 12 ラストプリマドンナ 1/2
払戻金
単勝 1 270円 1番人気
複勝 1
14
12
130円
200円
290円
1番人気
3番人気
6番人気
枠連 1-8 940円 2番人気
馬連 1-14 1,030円 2番人気
ワイド 1-14
1-12
12-14
430円
830円
1,230円
2番人気
9番人気
14番人気
馬単 1-14 1,590円 3番人気
3連複 1-12-14 3,670円 11番人気
3連単 1-14-12 11,890円 28番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 キャナルストリート 2.7 1 55.0 牝4 田辺裕信 美浦大竹正博 450.0
4着 3 4 シグナライズ 10.2 5 54.0 牝3 北村友一 栗東藤原英昭 492.0
6着 4 5 オルレアンローズ 19.0 7 55.0 牝5 江田照男 美浦高木登 488.0
8着 4 6 キラービューティ 3.1 2 55.0 牝4 R.ムーア 栗東高野友和 460.0
7着 5 7 エクラミレネール 59.1 10 55.0 牝5 北村宏司 美浦高橋裕 462.0
11着 6 10 シンボリティアラ 8.6 4 54.0 牝3 岩田康誠 美浦菊川正達 458.0
3着 7 12 ラストプリマドンナ 13.5 6 54.0 牝3 津村明秀 美浦和田正一郎 436.0
2着 8 14 ヴェルスパー 6.9 3 54.0 牝3 戸崎圭太 美浦加藤征弘 440.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
3,670円
+1,270円
152.9%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,030円
+330円
147.1%
馬/組番:14ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:6ー10
合計購入金額:3,200円   払戻金:4,700円  
収支:+1,500円   回収率:146.9%
11/24(土)
京都12R
3歳以上1000万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 14 エントシャイデン 1:33.5
2 8 13 エアアルマス クビ
3 5 7 メイショウオーパス クビ
払戻金
単勝 14 950円 4番人気
複勝 14
13
7
280円
130円
350円
5番人気
1番人気
7番人気
枠連 8-8 1,280円 5番人気
馬連 13-14 1,210円 3番人気
ワイド 13-14
7-14
7-13
500円
1,540円
640円
5番人気
20番人気
7番人気
馬単 14-13 3,070円 12番人気
3連複 7-13-14 4,210円 14番人気
3連単 14-13-7 26,660円 92番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 2 2 サウンドバーニング 59.4 9 57.0 牡6 国分恭介 栗東安達昭夫 422.0
4着 3 4 メイショウグロッケ 17.1 7 55.0 牝4 浜中俊 栗東荒川義之 464.0
10着 4 5 アバルラータ 6.3 3 55.0 牝4 M.デムーロ 栗東鮫島一歩 456.0
3着 5 7 メイショウオーパス 14.5 6 56.0 牡3 武豊 栗東飯田祐史 498.0
6着 6 10 エルビッシュ 9.5 4 55.0 牝5 C.デムーロ 栗東中竹和也 448.0
5着 7 12 トゥザクラウン 3.5 2 57.0 牡4 J.モレイラ 栗東池江泰寿 532.0
2着 8 13 エアアルマス 2.4 1 56.0 牡3 川田将雅 栗東池添学 482.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
15点
1,500円
4,210円
+2,710円
280.7%
馬/組番:15組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
1,210円
+510円
172.9%
馬/組番:13ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:7ー12
合計購入金額:2,300円   払戻金:5,420円  
収支:+3,120円   回収率:235.7%
東京9R カトレア賞
2歳500万 ダート1600

金曜レポで取り上げたワシントンテソーロ


ゲートに手こずったというデビュー前でも稽古では時計以上に迫力ある動きを見せていた馬。
とはいえ初戦の勝ちっぷりは衝撃で、初めて跨った鞍上もとにかく周りとは全然違っていましたと
興奮を隠せなかったほどだとT氏。ひと叩きの効果は絶大。攻めどおりなら間違いなく
V2当確レベルにある。


社台Gが海外遠征も視野に入れているのがメイクハッピー
早い流れでやや重馬場ながらロマンティコより内容は優秀とT氏
藤澤厩舎で騎乗経験のあるロマンティコよりこれを選んだ節のあるルメール
爆発力は相当と高評価


◎3ワシントンテソーロ

〇14メイクハッピー

▲10ロマンティコ
時計が出やすい馬場状態での勝利の前回。時計勝負にいなれば期待できるが
良馬場での未経験がどうでるか。体の張りは前回以上で状態は上昇急とT氏

☆6キンゲン

△5セイウンコービー

△4ラインカリーナ

△2エヴァキュアン

△7ペイシャリルキス

馬連
3-14 3-10 14-10


3-6 3-5 3-4 3-2 3-7

三連複◎〇フォーメーション


東京10R 銀嶺S
3歳上1600万下 ダ1400m ハンデ

期待の矢はスピーディクール


降級して4戦目となるスピーディクールにとってはそろそろ決めておきたい一戦。
前走も休み明けから仕上がっていて、レースも3着とはいえ僅差の競馬だったが、
レース後に鞍上から硬さがあったという指摘があり
中間は間隔を空けて立て直してきているとT氏。
状態は間違いなく今回の方が良くなったと厩舎サイドは自信を見せており、
この条件の準OPならば崩れる心配はないだろう。あとは他とのハンデ差だけ。


息子騎乗のパイルーチェ
前回は武史騎手の事情で敢えて騎手がオーダーをキャンセルしてこの馬に騎乗。
陣営の意図が成功してここへ来てベストの距離を掴んだ。
斤量も53キロで余裕があり昇級となる今回 好調でり勝ち負け十分と陣営。
T氏いわく東京オーナーで活躍馬が引退した経緯からこの馬にオーナーも期待大とのこと


◎11スピーディクール

〇10パイルーチェ

▲2エレクトロポップ
昨年の12月に2着してから堅実な走りを続けており
得意の東京1400Mならクラスが上がってもまず大崩れすることはないと思います。
時計的にはやや劣勢ですがハンデ戦で55キロ 複勝率1位のルメール騎手騎乗ベスト5の
厩舎1位の田村厩舎で東京巧者であれば期待大


☆3レイダー

△15スマートダンディー

△7ウォリアーズクロス

△6プリサイスエース

△14スティンライクビー

押さえ1

馬連
11-10 11-2 2-10

11-3 11-6 11-14 11-15 11-7

三連複◎〇フォーメーション


京都10R 花園S
3歳上1600万下 ダ1900m
ハンデ

金曜レポで取り上げた今週のオーナー馬

サトノティターン

前走時、芝では切れ味不足、ダートはまだ底をみせておらず1600万条件でもと
いった現場担当の話をお伝えしたが、結果はハナを切る競馬で2着。
前半にスンナリと行けた訳ではなかったこともあってそれでいて2着は
やはり力がある馬
現場担当は前半、楽に行けた訳でもないのにハナにこだわって乗る必要はなかったと
厩舎内には田辺騎手の乗り方に不満の声もありましたという。
それでも半馬身差の2着でしたし、勝った馬は嵌った感もありましたから
内容的には悪くなかったと思います。
今回は初の関西への長距離輸送ですが、大型馬なので輸送減りの心配などはしていません。
それよりも右回りが初めてですから、これがどうでるかじゃないですか?
調教では問題ないですが、レースになるとまた違いますからと話している。
そういった不安があるにも関わらず、関西へ連れていくのはモレイラ騎手の騎乗を
優先させたと考えられるが、気性的に問題のある馬なので初めての
右回りのレースを気にする可能性もなくはないだろうが

馬を御すことには定評があるモレイラに替わり、前進も見込めそうだとT氏

◎16サトノティターン

〇9メイショウタチマチ
最近で崩れたのは2走前だけで(6着とは言ってもコンマ4秒差だが)、
ソフトに仕上げた前走は2着と巻き返している。N氏によると、この馬、輸送でテンションが上がる馬で、
それがないこの夏の北海道で好成績を残している。
それだけに、栗東から競馬場への輸送があるこのパターンでは当週にソフトに仕上げる
パターンが丁度良いのかもしれないとのこと

▲10エイコーン
現在2連勝中。この2戦は早めに動いて結果を出しており、夏場の成長を経て
充実期に入ったようにも映るとN氏。手綱をとるユーイチもこの馬をかなり気に入っており、
競馬が上手で前走も着差以上の強さ。安心して乗っていられる馬だし、
来年はダートの重賞路線ですと、ここも通過点のような口ぶり。
今回の斤量なら3連勝のチャンスも十分ありそうだとN氏。強い3歳ダート世代であり警戒

☆7ビッグアイランド

△14アンデスクイーン

△4ビスカリア

△12タガノヴェローナ

△8マイネルクラース



三連複◎〇フォーメーション

馬連
16-9 16-10 10-9

16-7 16-14 16-4 16-12 16-8


東京11R キャピタルS
3歳上オープン 芝1600m


オープン大将で重賞では足りないダイワキャグニー
東京コース5勝は専用機 今回のキャピタルSは連覇の掛かるレースでもあり、
マイル戦は東京新聞杯でも3着に善戦しているように好相性。
再び重賞に挑戦する上で、しっかり勝ち切っておきたいところ。
毎日王冠の際には横山典弘騎手がアエロリットには負けられないと話していたほどで、
能力的には重賞を狙える器。

ライバルとすればタワーオブロンドン


1番人気に推されたNHKマイルカップは直線で狭いところに入ってしまい、
残り200mを切ったところで挟まれる不利。
その後は鞍上も追わずにゴールしたため、14着という結果については気にしなくてもいいだろうとT氏。
夏場は丸々休養に充てて成長を促し、今回は半年振りの復帰戦。
厩舎の狙い通り、かなりパワーアップした姿で帰ってきたようだ。
今回コンビを組むビュイック騎手が追い切りに乗ろうかと打診したところ、
唸っているから乗らない方がいいと言われたそうで、この表現からも
成長とデキの良さが感じ取れるとT氏

ゴドルフィンにビュイック騎手であれば期待大


◎8ダイワキャグニー

〇9タワーオブロンドン

▲3ショウナンアンセム
ここ2走の重賞戦はハナを切れずに2桁着順に終わっているが、
今回のメンバーならこれといった同型もおらずスンナリと逃げることができそうなので
見直したいとT氏。3走前のパラダイスSは1400Mだったとはいえ、スワンSをその後に勝った
ロードクエストに2馬身半差をつけて快勝しているのだからオープン特別なら力は見劣らない。
東京は今年4戦して4、2、1、1着で安定しており、吉田隼人騎手の騎乗時も2、4、1、1着と好相性。
この馬もダイワ同様にOP大将の印象であればここは、狙いどころ

☆14プロディカルサン

△11ハクサンルドルフ

△7ソーグリッタリング

△10ブラックスピネル

△12ハーレムライン

三連複◎〇フォーメーション

馬連
8-9 8-3 3-9

8-14 8-11 8-7 8-10 8-12


東京12R 3歳上1000万下
芝1400 牝馬

期待の矢は金レポで取り上げたヴェルスパー

この馬に関しては現場担当の話も一貫しており
加藤征弘師も毎回話されていますが、この馬に関しては一にも二にもゲートが全て。
前走のようにゲートさえ出れば末は確実なのでクラスが上がっても
良いレースができると思います。もちろん前回ゲートを出たから、もう心配ないといった馬ではないので、
今回もゲート次第とはなりますが、戸崎騎手もこれで3回連続の騎乗となるので
上手に出てくれるのではないでしょうかとゲートが全てといった話である。

以前からゲート練習をしても改善がみられる事なく、
厩舎サイドはもう出遅れは常に覚悟していると諦めていたが、
前走はスンナリと出て久々に勝利をあげた。決め手だけなら1000万でも通用しそうだし、
今回は牝馬限定戦を思えば好走を期待してもいいとT氏
ここ戸崎騎手のお手馬のラストプリマドンナと、ヴェルスパーがぶつかる格好。
2頭を選べる状況で後者を選んだ辺り、純粋に鞍上の手応えでヴェルスパーが上位と
判断して良いでしょう。

◎14ヴェルスパー

〇6キラービューティ
1400で3勝をあげる専用機で当該条件は春に1度卒業しており
先行力があるのでクラブとすれば二頭使いで狙うは、ワンツー

▲10シンボリティアラ

☆12ラストプリマドンナ

△1キャナルストリート

△7エクラミレネール

△5オルレアンローズ

△4シグナライズ


三連複◎〇フォーメーション

馬連
14-6 14-10 10-6

14-12 14-1 14-7 14-5 14-4

京都12R 3歳上1000万下
芝1600


期待の矢はエアアルマス


前走は松山に手綱を譲った川田だが、これはトゥザフロンティアの先約が
あってどうしてもエアアルマスに乗れなかった為。
レース前にもエアにアッサリやられると話していたが、レース後も閉め倒しても
アッサリと抜け出されましたから。やっぱり、力が2枚も3枚も違いましたとエアの能力を絶賛。
昇級緒戦でも勝ち負け必至のムードだとN氏。


◎13エアアルマス

〇12トゥザクラウン
前走出走時は久々で太目残り。必至で絞っているところだが
今回に限ってはモレイラ騎乗でも厳しいかもしれませんと危険な人気馬になる可能性が
あることをお伝えしたが、実際レースではプラス14キロとやはり太目で最後伸び切れずに4着。
今回改めて現場担当に話を聞くと急仕上げでもあったので息遣いも良くありませんでした。
今回もまだゴツい感がありますが、体も絞れてきたし、前回よりはかなり上向いてきていると思います。

鞍上も2度目ならキッチリと決めてくれるんじゃないですかと
良化途上も調子が上向いていることを話しているとN氏。
太目だった前走でもコンマ4秒差で格好はつけていたので、降級2戦目となる今回は
勝ち負けまで期待してもいいだろう

▲7メイショウオーパス
二頭使いで先行タイプのメイショウ軍団。武豊の逃げでグロッケが壁役であれば
前残りには警戒。

☆5アバルラータ

△10エルビッシュ

△4メイショウグロッケ

爆14エントシャイデン
前走が500万の身でありながら格上の1000万に挑戦して勝利。
しかも、上がり32秒3というメンバー最速の上がりを使って差し切った。
今回は勝って再び1000万条件だが、東京ではなく京都にしたのは、末脚をより生かすため、
じっくり脚を溜められるマイルの方がいいと思った。
少し左にささる面があるのがどうかですが、これは楽しみですと厩舎サイド。

△2サウンドバーニング


三連複◎〇フォーメーション

馬連
13-12 13-7 13-5

12-7 13-14 13-10 13-4 13-2


本日は以上です。明日も御座いますのでご無理のない範囲で御楽しみください

オムモ太郎


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/11/24 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP