的中無料公開中

※この記事は、2018/11/10 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1267-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/10(土)
東京10R
三鷹特別
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 デスティニーソング 1:20.2
2 6 8 ダイアトニック クビ
3 3 3 ライラックカラー 11/4
払戻金
単勝 1 1,550円 6番人気
複勝 1
8
3
240円
120円
140円
5番人気
1番人気
2番人気
枠連 1-6 1,540円 6番人気
馬連 1-8 1,560円 6番人気
ワイド 1-8
1-3
3-8
510円
650円
220円
6番人気
8番人気
1番人気
馬単 1-8 4,560円 19番人気
3連複 1-3-8 1,480円 3番人気
3連単 1-8-3 19,240円 61番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 デスティニーソング 15.5 6 55.0 牝4 田辺裕信 栗東松下武士 450.0
3着 3 3 ライラックカラー 3.3 2 56.0 牡3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 456.0
8着 4 4 ニシノウララ 12.9 5 54.0 牝3 三浦皇成 美浦伊藤大士 458.0
7着 5 6 スイーズドリームス 23.3 7 57.0 牡4 横山典弘 栗東須貝尚介 504.0
2着 6 8 ダイアトニック 2.4 1 56.0 牡3 C.オドノヒュー 栗東安田隆行 476.0
6着 6 9 ペルソナリテ 31.5 8 55.0 牝5 柴田大知 美浦相沢郁 442.0
4着 7 11 ミカリーニョ 6.9 4 54.0 牝3 福永祐一 美浦木村哲也 446.0
10着 8 12 グランドボヌール 6.6 3 57.0 牡4 戸崎圭太 栗東鈴木孝志 476.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
1,480円
-920円
61.7%
馬/組番:24組
馬連
ながし
馬番
7点
700円
0円
-700円
0.0%
馬/組番:3ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー8
合計購入金額:3,200円   払戻金:1,480円  
収支:-1,720円   回収率:46.3%
11/10(土)
京都10R
観月橋ステークス
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 6 インティ 1:49.4
2 8 9 テルペリオン
3 8 8 ドラゴンカップ 11/4
払戻金
単勝 6 110円 1番人気
複勝 6
9
8
100円
120円
200円
1番人気
2番人気
5番人気
枠連 6-8 190円 1番人気
馬連 6-9 260円 1番人気
ワイド 6-9
6-8
8-9
160円
400円
820円
1番人気
5番人気
11番人気
馬単 6-9 280円 1番人気
3連複 6-8-9 1,090円 4番人気
3連単 6-9-8 1,890円 5番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 1 1 ジュンスパーヒカル 61.9 7 57.0 せん6 岩田康誠 栗東友道康夫 470.0
6着 4 4 ヴァローア 13.2 3 55.0 牝6 C.デムーロ 栗東奥村豊 474.0
9着 5 5 クリノリトミシュル 30.6 5 55.0 牝5 藤岡佑介 栗東渡辺薫彦 512.0
1着 6 6 インティ 1.1 1 57.0 牡4 武豊 栗東野中賢二 516.0
× 3着 8 8 ドラゴンカップ 49.4 6 57.0 牡5 和田竜二 栗東中竹和也 454.0
2着 8 9 テルペリオン 10.4 2 57.0 牡4 松若風馬 栗東寺島良 524.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
9点
1,800円
2,180円
+380円
121.1%
馬/組番:9組
馬連
ながし
馬番
4点
800円
520円
-280円
65.0%
馬/組番:6ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:4ー9
合計購入金額:2,700円   払戻金:2,700円  
収支:0円   回収率:100.0%
福島9R
3歳上500万下 ダ1150m


金曜レポで取り上げたコロニアルスタイルに期待の矢

当初は先週の予定もあったが、中1週を避けて今週まで待機。
水曜の本馬場で納得の動きを見せて改めてのGOサインとなったとN氏。
休み明けの前走時もデキはかなり良かったけど、1度叩いた今回はさらに良くなって
文句なしのデキと厩舎関係者。最悪の状態で現級を勝った能力を信頼。


◎1コロニアルスタイル

〇9タイセイマルス
好スタートを決めて、インの2列目の絶好位で流れに乗れた前走。
渋太く粘る勝ち馬にクビ差まで迫るが、交わすまでは行かずに2着。
500万クラスで上位の実績がある実力馬が、叩かれつつ調子を上げてきたとT氏。
芯が入って来て、これまでで一番と言えるくらいの良い状態に。
揉まれ弱いので、極端な内枠さえ引かなければ、今回も勝負になるでしょうと陣営。
真ん中の5枠ならば問題なさそうだとT氏。

▲4スマートアイビス
今週の金〇オーナーで取り上げた大川氏の馬。3歳昇級戦がハイレベルの相手で
勝ち馬タテヤマは降級で既に1000万勝利 スピードは500万なら通用すると陣営は強気
逃げれれば粘りこみに警戒

☆12ナムラストロベリー

△16コンテンポラリー

△6ホープフルスター

△14マッジョネラ

爆11プリンセスヨウク
今春、地方から出戻り後に一部でかなり盛り上がっていた1頭。
前々走まで乗っていた横山典騎手いわくとにかくうるさいと、テンションの高さがネックで
結果が出ていないが、集中力が続かなかった事で使ってみた前走の1000mは収穫があったそうだとT氏。
前半は追走に苦しんだが、終いはイイ脚でした。適性は高いと思いますとの事で、
ガス抜きもできて、イイ意味で刺激になったのだろう。その前走後からひと息入った格好だが、
むしろ気配は良く、この馬としては落ち着いている方です。今度は追走も楽になるでしょうし、
本来500万にいる馬ではありませんと、陣営の雰囲気も良く、結構盛り上がっているとT氏


馬連
1-9 1-4 4-9

1-12 1-11 1-16 1-6 1-14

三連複 ◎〇フォーメーション



京都 9R 宝ケ池特別
3歳上1000万下 芝1600m



トゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリーといった重賞ウイナーの弟にあたる血統の
トゥザクラウン

1000万条件は一度勝った上での今回降級戦、おまけにモレイラ騎手騎乗ともなれば
人気になるだろうが、現場担当は開口一番まだ重くて絞っているところと
休み明けで太目残りの懸念があるとの話だった。

今回は5月以来の約半年振りのレースとなるが、帰厩した際には550キロで
今週の追い切り前には530キロとまだ前走比10キロぐらいは重たいとのこと。
これならレースではびっくりするほどの馬体増になる事はないと思うが、
馬体を減らすにあたり、飼葉も量も調整されているはずで、急激には馬体を絞った場合
中身ができていないことはこの馬に限らず良くある話。
その上、息遣いも悪く、稽古に乗ったモレイラ騎手も
ノドが鳴っているのではと勘違いするほど。この感じでは70%ぐらいのデキ
残りの30%はこの馬の能力で補うしかないでしょうが、
今回に限ってはちょっと厳しいかもしれませんと最後までテンションは低いままであったとN氏。


逆に金レポで取り上げたメイショウオワラ
春の京都開催以来、約5ヶ月半ぶりの出走となるが、帰厩後はCWコースで長めから
意欲的に乗り込みを消化。先週は2歳馬とは言え、厩舎でもトップ3に入るほど
攻め駆けするシャドウエンペラーとほぼ互角の走りを見せたとN氏。
今週の坂路もゴール前で軽く気合をつける程度で4ハロン51秒3、ラスト1ハロン12秒5を計測。
休み明けから盤石の態勢が整っていると見ていいだろう。

休養前は体調が整わず、なかなか結果が出なかったが、もともと昨秋のローズSで0秒4の5着
がある力量馬。1000万下に降級すれば、地力は一枚上と言っていい。
パドックからファイティングポーズを取るような気性で、久々は苦にしないタイプ。
実際、休み明けでは2勝と、鉄砲実績も十分。ココでガラリ一変がありそうだ。
休養前と比べても雲泥の差ですと自信の仕上げの陣営


◎2メイショウオワラ

〇1ラセット
休み明けでも上々の仕上がりを見せている。
追い切りに跨ったユースケはやっぱり力があります。クラス通用の力は持っていると思うし、
久々を感じさせないデキにあります。決め手比べなら見劣らないと思いますと
この馬を気に入っており、1頭になるとフラフラする面があるので、そういう意味では
最内枠を引けたのはプラス。抜け出すのが早くなりすぎなければ好勝負と陣営も手応え十分。

▲6クリアザトラック
準OPで上位の競馬がありながら降級後、4戦もワンパンチ足りなく一息の競馬。
上がりの勝負でそれなりの上がりは使えるが課題も金曜の降雨で多少上がりが掛かるような
馬場であれば圏内も期待出来る相手関係。スムーズに競馬が出来れば警戒


☆4トゥザクラウン


△3ネームユアポイズン

△8アドマイヤスカイ

三連複 ◎〇フォーメーション

馬連
2-1 2-6 2-4

1-6 2-3 2-8


東京9R オキザリス賞
2歳500万下 ダ1400m


金曜レポで取り上げたタガノカルラに白羽の矢

重い助手と軽い見習ジョッキー。乗り手の差があったとはいえ、好調な古馬500万級が
一杯に追われるのを横目に馬なりのまま追走→先着。
もともとがそこまで攻め駆けするタイプでもないことを思えば出色ともいえる内容で、
休み明けを5.3着ときての3戦目。いよいよデキはピークに達したとみていいとN氏。

後方から追い込む形になるため、東京ならばと考えての遠征のようだ。
新馬勝ちは中京で左回りは合っており、厩舎スタッフの中には
ノリさんならこれまでと違った面を引き出してくれるかもしれませんという期待を抱く者も。
厩舎としては全日本2歳優駿というプランを既に練っており、
期待度の高いレースであることは間違い無く 本田=横山ラインであれば勝負トーン


◎14タガノカルラ

〇1ナンヨーイザヨイ
ダート変わりで変り1400の距離も克服。中間の気配も動けており
オーナー地元の東京で好勝負は必定であろうとN氏

▲7ミヤジシルフィード
小倉2歳Sで3着、もみじSでも4着と芝のOPでも好走を続けていたが、
このタイミングでダートへ。厩舎筋によると決め手不足の面があるので、どこかでダートを試したいと
いう話は以前からあったとのことで、前向きな条件変更とN氏。
これまでは体質が弱くて強い追い切りをしてこなかったが、この中間は在厩のままで
初めてビッシリやれたと、状態的な上積みもあるようだ。距離に対応できれば勝ち負けまで。


☆2デルマルーブル


△4ペイシャルキス

△9パブロフテソーロ

△13マイネルバトゥータ

△10ニシノコトダマ


馬連
14-1 14-7 1-7

14-2 14-4 14-9 14-13 14-10

三連複 ◎〇フォーメーション


京都10R 観月橋S
3歳上1600万下 ダ1800m

前回で開催1位の時計で走り10馬身の快勝がインティ
同月開催で良馬場の1600万ロードアルベジオの時計を1.7秒凌駕

やや重のアイアンテーラーの時計を0.3上回る時計は流石であろうとN氏

4歳秋にして今回が6戦目というが詰めて使うのは今回が初めてですが、
前走のダメージが全くなかったからで順調な証拠です。
スタートを決めて前走みたいな競馬ができれば、多少強引でもだいたい大丈夫だと思いますと
陣営は体質強化を強調。
10馬身差をつけた前走に関しても体質面を考えれば、何もあんなに離して勝たなくても…。
もっと貯金を残すようなレースでも良かったのにと話していた慎重な調教師が使ってきた以上、
デキに関して問題はなさそうだとN氏。

◎6インティ

〇9テルペリオン
ベストは1700であり放牧明けであるが稽古の動きはいきなりでもやれる状態に
あるとN氏。それであれば平坦の京都で小頭数で先行出来る相手関係から
クラス上位の能力から評価すべき

▲4ヴァローア
渋る馬場が得意のタイプ。スタート難が改善されて先行出来ることで安定
時計勝負なら分がある

☆1ジュンスパーヒカル

△5クリノリトミシュル

押さえ8


馬連
6-9 6-4 4-9

6-1 6-5

三連複 ◎フォーメーション


東京10R 三鷹特別
3歳上1000万下 芝1400m


冒頭のルメール騎手と陣営の思惑がベストのライラックカラー
デビュー当初はオーナーの希望がありダービー路線を使われていたが
切れ勝負では分が悪く 錯誤した陣営は距離を短縮したところ
最速の上がりで勝利。ようやくこの距離にベストと判り
さらにこの東京で使うという判断に至る陣営。
相手関係も危険な人気馬が多くどうやら隠れ蓑が使えそうだと諸氏
帰厩してからの乗り込んでいる量も入念と言える内容で
いきなりからの態勢を陣営が敷いて来ているとH氏

東京地元オーナーサイドの縁でこの騎手
この厩舎で稼がすようにオーナーサイドの指定であるという本音

◎3ライラックカラー

〇8ダイアトニック
デビュー戦で僅差敗れたのがカンタービレ 夏の1000万では重賞ウイナーと僅差
前回は出遅れたうえにスローペース。本来は先行出来るタイプであれば
スタート五分なら好勝負以上だろうとN氏

▲4ニシノウララ
アーモンドアイに唯一土を付けた馬というキャッチが一人歩きしてしまい、
ある意味かわいそうでもあるが、今回は陣営としても何としても決めるという気持ちで
臨む一戦のようだとT氏
前走は放牧明けでプラス10キロ。充実していてそれ自体は良い傾向だが、
多少太さもあり、それが最後の坂で響いてしまったとのことで、休み明け2戦目、
クラス2戦目となる今回絶対に前走以上にやれるはずと強気の陣営。
アーモンドアイと互角、とは言わずとも、1000万なら楽に突破できるポテンシャルは持っているとT氏。


☆11ミカリーニョ

△12グランドボヌール

△1デスティーニーソング

△6スイーズドリームス

△9ペルソナリテ

三連複 ◎〇フォーメーション

馬連
3-8 3-4 4-8

3-11 3-12 3-1 3-6 3-9


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/11/10 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP