的中無料公開中

※この記事は、2018/10/27 12:40 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1261-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

10/27(土)
東京8R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 スパイラルダイブ 1:46.8
2 6 8 サトノマックス 3/4
3 1 1 エイムアンドエンド 31/2
払戻金
単勝 3 410円 2番人気
複勝 3
8
1
120円
110円
170円
2番人気
1番人気
4番人気
枠連 3-6 260円 1番人気
馬連 3-8 360円 1番人気
ワイド 3-8
1-3
1-8
190円
500円
300円
1番人気
7番人気
4番人気
馬単 3-8 1,050円 3番人気
3連複 1-3-8 1,070円 3番人気
3連単 3-8-1 5,960円 18番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 エイムアンドエンド 10.6 4 55.0 牡3 大野拓弥 美浦奥村武 484.0
1着 3 3 スパイラルダイブ 4.1 2 57.0 牡4 C.オドノヒュー 美浦古賀慎明 430.0
5着 4 4 グレンフィナン 17.1 5 55.0 せん3 浜中俊 美浦鹿戸雄一 480.0
9着 6 7 レッドオールデン 4.7 3 55.0 牡3 武豊 美浦藤沢和雄 496.0
2着 6 8 サトノマックス 1.7 1 57.0 牡4 J.モレイラ 美浦堀宣行 492.0
10着 7 10 シャイニーピース 21.9 6 57.0 牡4 藤岡康太 栗東武幸四郎 488.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
14点
1,400円
1,070円
-330円
76.4%
馬/組番:14組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
360円
-140円
72.0%
馬/組番:3ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー8
合計購入金額:2,000円   払戻金:1,430円  
収支:-570円   回収率:71.5%
10/27(土)
京都9R
萩ステークス
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 サートゥルナーリア 1:49.6
2 2 2 ジャミールフエルテ 13/4
3 7 7 セグレドスペリオル 21/2
払戻金
単勝 1 120円 1番人気
複勝 1
2
7
100円
100円
260円
1番人気
2番人気
5番人気
枠連 0- 0円 0番人気
馬連 1-2 170円 1番人気
ワイド 1-2
1-7
2-7
120円
470円
890円
1番人気
7番人気
10番人気
馬単 1-2 210円 1番人気
3連複 1-2-7 1,250円 4番人気
3連単 1-2-7 2,470円 9番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 サートゥルナーリア 1.2 1 55.0 牡2 M.デムーロ 栗東中竹和也 488.0
2着 2 2 ジャミールフエルテ 4.3 2 55.0 牡2 C.ルメール 栗東大久保龍志 458.0
4着 4 4 クオンタムシフト 22.6 4 55.0 牡2 和田竜二 栗東牧田和弥 496.0
6着 6 6 ルモンド 7.6 3 55.0 牡2 川田将雅 栗東中内田充正 454.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
3点
300円
0円
-300円
0.0%
馬/組番:3組
馬連
ながし
馬番
3点
300円
170円
-130円
56.7%
馬/組番:1ー**
合計購入金額:600円   払戻金:170円  
収支:-430円   回収率:28.3%
10/27(土)
新潟10R
岩船特別
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 8 12 トーセンアイトーン 2:15.9
2 7 11 ナムラドノヴァン 3/4
3 4 4 シャドウブリランテ 3/4
払戻金
単勝 12 190円 1番人気
複勝 12
11
4
110円
550円
140円
1番人気
11番人気
2番人気
枠連 7-8 1,210円 4番人気
馬連 11-12 3,150円 9番人気
ワイド 11-12
4-12
4-11
860円
180円
1,490円
7番人気
1番人気
21番人気
馬単 12-11 3,510円 9番人気
3連複 4-11-12 2,850円 7番人気
3連単 12-11-4 16,280円 39番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 4 4 シャドウブリランテ 3.7 2 57.0 牡4 津村明秀 栗東藤岡健一 490.0
5着 4 5 インペリアルフィズ 31.6 8 57.0 牡4 木幡巧也 美浦和田勇介 464.0
8着 5 6 ルックスマート 34.6 9 54.0 牡3 丹内祐次 美浦小島茂之 476.0
4着 5 7 ジョブックコメン 6.4 3 52.0 牝3 菱田裕二 美浦小桧山悟 416.0
2着 7 11 ナムラドノヴァン 36.7 10 54.0 牡3 鮫島克駿 栗東杉山晴紀 484.0
1着 8 12 トーセンアイトーン 1.9 1 54.0 牡3 北村友一 栗東藤原英昭 440.0
7着 8 13 テイエムオスカー 26.3 5 54.0 牡3 森裕太朗 栗東山内研二 496.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
19点
1,900円
2,850円
+950円
150.0%
馬/組番:19組
馬連
ながし
馬番
6点
600円
0円
-600円
0.0%
馬/組番:4ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:5ー12
合計購入金額:2,600円   払戻金:2,850円  
収支:+250円   回収率:109.6%
京都8R
3歳上1000万下 ダ1400m

期待の矢はデロングスター


今回は再昇級も既に現級で2着があるデロングスター。
休養明けがどうかだが久々でも仕上がっています。悪い時は歩様が良くない馬で、
勝った前走もそう。もっと中身がシッカリして欲しいけど、今の状態でも1000万は
何とかなるはず。体重も470キロくらいで太目もありませんと
厩舎サイドはデキに自信アリだとN氏。
詰めて使うよりは間隔をあけた方がいい馬ですから問題ない印象とN氏

◎3デロングスター

〇6ニホンピロタイド
地元オーナー馬が二頭出し。昇級の小倉で2着と距離を克服して収穫大。
二戦前の1400mの走破時計も特筆べきレベルでありこの相手でも通用するとN氏
ベストの距離でここも好勝負

▲16ヒップホップスワン
アテにならないタイプだが、パフォーマンスを落とす55キロの前走で走れたのは収穫。
前走は具合が良い証拠でしょう。外枠は絶好だし、連続好走のチャンスは十分あると見ていますと
厩舎サイド。2走前は内でモマれてしまったのが全てで、やはり、外枠を引いた前走では
キッチリ巻き返した。今回もスムーズなら勝ち負けの可能性は高いが基本ベストは1200
どう乗るか

☆13サンキュー

△12タマモカトレア

△11タイセイアベニール

△15リリーウイナー

爆5タガノリアン
前走は降級して再度500万条件だったとはいえ、5か月ぶりの実戦で差し切り勝ちを決めた
展開が向いたのもありますが、まだ良化途上の中で勝てたのは大きかったと陣営。
また、18キロ増に関しては成長分とのこと。昇級の今回は、一度使ったことでしっかりしてきました。
今度はさらに動けると思うし、展開次第ではこのクラスでもやれるはずとかなりの色気を持って
送り出してきているとN氏。


押さえ14

三連複◎〇フォーメーション

馬連
3-6 3-16 16-6

3-13 3-12 3-11 3-15 3-5


東京8R
3歳上500万下 芝1800m

金曜レポで取り上げたエイムアンドエンド
1勝馬ながら共同通信杯3着、ラジオNIKKEI賞5着という重賞実績の持ち主。
それを思うと休み明けとはいえ前走が負けすぎだが、
厩舎関係者は久々であの展開は厳しかったと意に介していない。
もとより東京コースは3.1.3着。鞍上の大野Jも叩いてこの舞台なら違いますと
巻き返しに自信ありげ。

キャラ的に勝ち切れないタイプなので

強敵スパイラルダイブに期待の矢


前走は覚醒したサトノキングダムの走りに屈して2着だったものの、
自身も3着以下には1馬身半差を付けて、実力上位であるところを見せた
その後は放牧を挟み、前走で左回りや速い上がりの勝負にも対応できたと、
東京開催を目標に調整。馬場が悪い中でもしっかり走れていたし態勢は整った。
普通に回ってくれば勝ち負けと強気の陣営。不安無くレースに臨めているとT氏。

◎3スパイラルダイブ

▲1エイムアンドエンド

〇8サトノマックス
デビュー当時は同期で朝日杯を制したサトノアレスと同等、あるいはそれ以上との話もあったほど。
当然それほどの期待があった馬だけに、新馬戦を勝つと2戦目に皐月賞の出走を目指し、
堀厩舎にしては珍しく、弥生賞へ格上挑戦をしたが、
後ろから行って、大外を回すといったように上手く乗れなかったこともありコンマ3秒差の5着。
その後は長期休養に入り、ようやく今年の5月がデビュー4戦目。

サトノアレスがオープンの巴賞を勝ち、この春の安田記念でも4着と健闘する走りをしていている事を
思えば、一向にその差は詰まっていない。
現場担当はハナ差とは言え、前走は勝たなければならないレースだった。
久々になるけど、休み明けを苦にするタイプではないし、仕上がりもいいです。
さすがに弥生賞で5着だった馬をいつまでも500万条件で走らせる訳にはいきません、
ここは楽勝してもらわないと困りますと勝利宣言。
その5着だった弥生賞の勝馬カデナこそ、その後は尻すぼみではあるが、
2着マイスタイル、3着ダンビュライト、4着ベストアプローチは現在オープン馬。
それだけに確かにこの馬もここでは負けられないだろうとT氏。

☆7レッドオールデン
先週藤澤厩舎に騎乗は久しぶりの豊。この日はレッドオールデンに加えて
神無月Sのマリームーン、アルテミスSのシェーングランツにも騎乗。
藤沢和雄厩舎といえば絶縁状態と言われていた横山典騎手
がすずらん賞のクラヴィスオレアで5年ぶりに騎乗した際にちょっとした話題となったが、
オーナー筋によると定年が近付いて、懐の広さが出てきたということだそうだ。
レッドオールデンは十分勝ち負けを狙える存在であり
ひと息入れたことで適度にリフレッシュされ、状態はかなり良いとのことで、
今週からBコースに替わるので先行力を活かしたいこの馬には有利と、
展開利も見込めるとT氏。


△4グレンフィナン

△10シャイニーピース


三連複◎〇フォーメーション

馬連
3-8 3-1 1-8

3-7 3-4 3-10

京都9R 萩S
2歳OP 芝1800m


金曜レポで取り上げた
サートゥルナーリア
緒戦で負かした2.3着馬は既に勝ち上がり、新馬でこの馬は流す余裕のレース内容
1週前の稽古をみた諸氏からは、負ける要素がないと豪語
中間は抜群の動きで6月以来の競馬だが夏を越してパワーUPしており要注目の1頭
何も考えず普通に走ってくれば勝ちますと厩舎スタッフもかなり強気だったとN氏

◎1サートゥルナーリア

〇3ブレイキングドーン
手脚が重くてダート向きなので、前走は馬場もマッチしました。
ただ、そうは言っても、アドマイヤジャスタに完勝したんですからポテンシャルは高いと
厩舎サイドが能力の高さを疑わないとN氏。
今回は新馬を勝った後も10キロ近く増えて良くなっています。目標は京都2歳Sですが、
そこでよりパフォーマンスを上げるために参戦しましたとのことだが、この中間も力強い動きを披露。
いきなりから動けそうだ。

▲2ジャミールフエルテ
ルメール騎手、大久保厩舎の馬に騎乗することは多くなく、この1年で僅かに4回。
しかし2勝、2着2回と複勝率どころか、連対率は100%。

それに大久保厩舎は現在4週連続、レースで言えば27レース勝ち星がありません。
今週は全部で4頭の出走となりますが、ルメール騎手が騎乗のこの馬で
勝利を狙っているのは間違いないところで状態は上々で幼い点が鍵とN氏


☆6ルモンド

△4クオンタムシフト

馬連
1-3 1-2 2-3

1-6 1-4

三連複◎フォーメーション


東京9R 国立特別
3歳上1000万下 芝1400m
ハンデ

今週からBコース それゆえハンデ戦で先行イン差しは有利であろう

中で期待はモアナ


前走は完全に勝ちパターンの競馬を差されて2着に終わったが、
あれは勝ったレッドヴェイロンを褒めるしかないだろうとT氏。
今回は取りこぼせない気持ちと陣営が改めて強い意欲を見せているように、
このクラスでは一枚上の存在だ。1400mは元々得意としていた距離で、
東京に限れば一度も崩れていない。
この中間も至って順調となれば、信頼の置ける存在と考えて良さそうで
オドノヒュー騎手に用意された社台のボーナス馬
55キロでも中心視

◎2モアナ

〇16プリュス
フランスに遠征したジュニアルの下でオーナーも同じ豊と縁の深い松島氏
それゆえ今回51キロでの騎乗を受託 東京1400で3着時の勝ち馬は既に1600万
前回同様に外枠でもまれなく走れればここで一発に期待

▲3アルモニカ
3ヶ月ぶりのレースとなるが、体に幅が出たし、走りもパワフルになって短距離馬らしくなって
きましたと、この中間の休養で目覚しい成長を遂げているようだとN氏。
前走に関してはハナを切る形になり、後続の良い目標にされてしまった。
本当はもう少し抑えて最後に脚を使うレースをしたかったと、厩舎的には不完全燃焼だったようで、
今回は好位の内目で脚を溜められるポジションを狙ってくるだろう。
短距離なら重賞でもと厩舎が見込む逸材だけに、ここ数戦の結果だけで評価は落とせない。

☆9ピースユニヴァース

これまでの自己ベストが51秒7。時計的にはそれに及ばなかったものの、
中間は3回連続で2本ずつの登坂。ラスト2Fを24秒台でまとめたのも初めてのことで、
日曜にも51秒8をマークしていることを考えると直前のこの内容は極めて中身が濃いとN氏。
夏場に一戦して再びひと息入ったが態勢は万全といえる。

△15ウインドライジズ

△1アイスフィヨルド

△7プレトリア

△8エスターテ

△5ヨシノザクラ

馬連
2-16 2-3 3-16

2-9 2-15 2-1 2-7 2-8 2-5

三連複◎フォーメーション



新潟10R 岩船特別
3歳上500万下 芝2200m


未だにこのクラスにいるのが誤算と言えるのが地元オーナー馬
シャドウブリランテとトーセンアイトーン


内2200という距離を考えたらシャドウブリランテに期待の矢

前走、好位から前を見ながらソツなく運べて、直線は内を突いて一瞬先頭に立つ勢いを
見せたが、勝ち馬の渋太さに屈して2着確保が精一杯。
暑さに弱く、前走でもギリギリ。ひと息入れて立ち直ったし、涼しくなり体調も上向いています。
ココは能力的にも勝ってもらわないと困りますと陣営。
3走前に現級勝ちがあり、常に1番人気に推されている実力馬。
今回も上位争いは間違いなさそうだとN氏


◎4シャドウブリランテ

〇12トーセンアイトーン
何とか菊花賞に出走させたいという思いがあり、ここ2走はなんとしても勝って望みを繋ぎたかったが、
皮肉な事にともに2着。牡馬にしては小柄で成長も欲しかったので、
その後は無理せずに休ませて、3ヶ月ぶりの競馬
もう少し体の成長が欲しいところですが、稽古の動きは申し分ないし、
普通に回ってくれば500万は楽に勝てる力があります。左回りはスムーズだし、
仕切り直しのココは好スタートを決めたいと陣営。

▲5インペリアルフィズ
上にはアプリコットフィズ、ダービーフィズといった重賞ウイナーがいる良血馬ではあるが、
この馬自身はいまだに1勝の身。
現場担当によると、実際にクビ差の2着があるように500万条件が天井になる馬ではないのですが、
気性面に問題があり、なかなか力通りに走ってくれません。
それで以前はブリンカーを着用していたのですが、ハミをずっと噛んでしまうので
外していたのですが、今回は再装着する予定。

と、言うのもブリンカーを外すと、集中力が全く続かず、それならまだ付けて走った方がいいだろうと
いうことになった経緯。乗り辛いし、色々噛み合わないと走ってくれませんが、
切れるというよりは渋太い脚を使うタイプなので、新潟の内回りはピッタリだと思うので
頑張ってもらいたいですとのことだったとT氏。
全兄のダービーフィズは3勝目をあげたのは2勝の2年後。そこから5カ月の間に1600万、
函館記念を勝っている事を思えば、この馬を早熟と考える必要はないだろう。

☆7ジョブックコメン

△13テイエムオスカー

△11ナムラドノヴァン

△6ルックスマート


馬連
4-12 4-5 12-5

4-7 4-13 4-11 4-6

三連複◎〇フォーメーション



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/10/27 12:40 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP