的中無料公開中

※この記事は、2018/10/6 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1251-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

10/06(土)
東京8R
3歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 12 チリーシルバー 1:24.0
2 3 6 ケイアイマリブ クビ
3 5 10 カナメ クビ
払戻金
単勝 12 140円 1番人気
複勝 12
6
10
110円
220円
480円
1番人気
4番人気
7番人気
枠連 3-6 280円 1番人気
馬連 6-12 630円 3番人気
ワイド 6-12
10-12
6-10
350円
900円
3,040円
3番人気
9番人気
25番人気
馬単 12-6 830円 3番人気
3連複 6-10-12 5,380円 15番人気
3連単 12-6-10 13,080円 33番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 クインズプルート 7.1 2 57.0 牡5 内田博幸 美浦奥平雅士 518.0
7着 2 4 コスモコレクション 24.0 5 57.0 牡5 柴田大知 美浦田島俊明 492.0
5着 3 5 マートルリース 7.3 3 53.0 牝3 石川裕紀人 美浦相沢郁 450.0
2着 3 6 ケイアイマリブ 10.7 4 55.0 牡3 丸田恭介 美浦和田正一郎 478.0
× 11着 4 8 スズノフブキ 81.9 10 57.0 せん4 勝浦正樹 美浦高橋裕 482.0
15着 6 11 アラスカノオーロラ 27.4 6 55.0 牡3 田辺裕信 美浦小島茂之 462.0
1着 6 12 チリーシルバー 1.4 1 55.0 牝4 C.ルメール 美浦萩原清 494.0
16着 8 16 フジマサクイーン 47.4 8 55.0 牝4 西田雄一郎 美浦菊川正達 458.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
24点
2,400円
0円
-2,400円
0.0%
馬/組番:24組
馬連
フォーメーション
馬番
6点
600円
630円
+30円
105.0%
馬/組番:6組
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:1ー11
合計購入金額:3,100円   払戻金:630円  
収支:-2,470円   回収率:20.3%
10/06(土)
東京9R
本栖湖特別
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 5 ヘリファルテ 2:27.7
2 7 7 ブラックプラチナム クビ
3 8 8 サンデームーティエ 11/4
払戻金
単勝 5 250円 2番人気
複勝 5
7
8
120円
110円
160円
2番人気
1番人気
4番人気
枠連 5-7 270円 1番人気
馬連 5-7 260円 1番人気
ワイド 5-7
5-8
7-8
160円
430円
280円
1番人気
6番人気
3番人気
馬単 5-7 470円 1番人気
3連複 5-7-8 640円 2番人気
3連単 5-7-8 1,820円 3番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
6着 2 2 シャリオヴァルト 22.5 7 54.0 せん5 田辺裕信 美浦尾関知人 456.0
7着 3 3 スプマンテ 7.5 3 57.0 牡4 戸崎圭太 栗東池江泰寿 480.0
1着 5 5 ヘリファルテ 2.5 2 57.0 牡4 J.モレイラ 美浦堀宣行 488.0
2着 7 7 ブラックプラチナム 2.2 1 57.0 牡5 C.ルメール 美浦栗田博憲 494.0
3着 8 8 サンデームーティエ 8.8 4 55.0 牡4 柴田大知 美浦谷原義明 446.0
8着 8 9 フォーラウェイ 17.5 5 55.0 牡5 和田竜二 栗東北出成人 430.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
9点
900円
640円
-260円
71.1%
馬/組番:9組
馬連
ながし
馬番
5点
500円
260円
-240円
52.0%
馬/組番:5ー**
通常
馬番
1点
100円
0円
-100円
0.0%
馬/組番:7ー8
合計購入金額:1,500円   払戻金:900円  
収支:-600円   回収率:60.0%
東京8R
3歳上500万下 ダ1400m

2勝馬が東京オーナーのクインズプルートとチリーシルバーだけという低レベル
となれば休養明けであるがスピードで押し切り濃厚が
チリーシルバー


3日間開催の東京は500万条件のダート1400m戦が土曜に2鞍、
月曜に1鞍の計3鞍組まれており、もちろん1600mや1300mに動く馬もいるので
各レースにメンバーが分散。
このレースはチリーシルバーの一強のような面子となっている。ココでは唯一の降級4歳馬で、
久々でも勝ち負けになるようキッチリ仕上げてきたと陣営のトーンは高い。
前走に続いてルメールが乗るならば順当に勝ち負けだとT氏。


◎12チリーシルバー

〇1クインズプルート
二頭出しのオーナーサイド。このクラスを勝利したのが1400mであり
ベストは1700までであろうと陣営。先行できるタイプであり変り身に要警戒

▲11アラスカノオーロラ
新馬戦は2度除外されて調整が狂い、陣営も半信半疑で送り出しながらの勝利。
イキナリ勝てるとは思っていなかったと関係者の評価が上がり、2戦目は強敵相手でも密かに
一発を狙っていた。距離が延びた方が良さそうという陣営の考えとは逆に、
レースで折り合いを欠いてしまい13着に大敗。
今回は夏を休養に充てて、新馬戦を勝った1400m戦を目標に調整してきたとT氏。
初戦の走りから能力はこのクラスでも足りるはずだし、この距離で気分良く行ければと、
巻き返しのチャンスはありそうな雰囲気。

☆4コスモコレクション

△6ケイアイマリブ

△5マートルリース

△16フジマサクイーン

押さえ8

三連複◎〇フォーメーション

馬連
12-1 12-11 1-11

12-4 12-6 12-5 12-16


京都9R 北國新聞杯
3歳上1000万 ダート1800 牝馬

この時期ならではの牝馬1800ダート 

阪神開催を回避して開幕週の京都に出走してくる馬は多いんだとR氏

そのうちの1頭がタガノヴェローナ
オーナーの八木良司氏は京都馬主協会の重鎮の1人。
同馬の戦歴を振り返ってみれば分かる通り、阪神開催ではそれほど出走していない。
夏に北海道シリーズを使って、ここまで待機していたのは京都開催を狙い撃ってのもの。
今回の出走メンバーの中で、1頭だけ上のクラスで走っていた馬(降級馬)でもある。

北海道にいた時よりもカイ食いが旺盛。体はフックラしているし、前走以上だと思うと
デキに関しては文句なしのタガノヴェローナ。
ただ、勝負どころで急にペースの上がる広いコースに変わってどうかと陣営は、
未勝利時代に勝ってはいるが京都替わりを不安視してるが降級で限定ならとN氏


◎3タガノヴェローナ

〇6アームズレングス
爪に慢性的な不安を抱える馬。以前に比べると良くなってはいるようだが、
やはりまだ続けて使うことができてはいない。
それでも辛口の加藤師が爪があんな状態で良く走っていると言うほど。
相変わらず、休み休みになり、今回も8月以来のレースですが、いつになく爪の状態は良いようです。
先生もこれなら、出遅れさえなければやれるだろと自信を持っての遠征と期待を寄せていたとT氏。
前走も半年ぶりの久々のレースでコンマ1秒差の3着。先着を許したのが
現在OPのチュウワウィザードと1600万条件アナザートゥルースであることを思えば、
この馬も十分1000万で通用するだけの力はある。
久々、初の関西圏の競馬など超えなければならないハードルはあるが、
後入れの偶数枠でここは普通に楽勝しないと困ると陣営は強気。


▲12グアン
武豊贔屓のオーナーの1人キーファーズ松島氏
フランスにオーナー馬二頭が凱旋門当日のG1参戦で渡仏
オーナー馬の滞在費捻出にこの馬とて期待されている
幸四郎に初勝利をプレゼントしたオーナー馬 昇級緒戦で目処がついており
先行力をいかせれば好勝負とN氏

☆2ザクイーン

△11フレグランドブレス

△9ノーブルスノー

△5ファームフェイス

△7ワンダーレアリサル


三連複◎〇フォーメーション

馬連
3-6 3-12 12-6

3-2 3-11 3-9 3-5 3-7


東京9R 本栖湖特別
3歳1000万下 芝2400m ハンデ


ハンデ差6キロのレベルの高低が出ているレース
当該クラス勝利が2頭でるが スプマンテはハンデ55での1000万勝利
G2勝利のウインに5着があるとはいえ完敗

逆に金レポで取り上げたヘリファルテ
昨秋の東京で1000万条件を勝ち上がり、放牧を挟んで1月東京の早春Sを目標にしていたが、
1週前追い切り後に歩様が乱れて早春Sを回避。
放牧先で検査した結果、特段の異常は見つからなかったが、
先のある馬だからと慎重に立て直すこととなり、結果的にほぼ1年ぶりの復帰戦となった経緯。
NF空港でジックリと乗り込んでから9月頭には帰厩しており、
長期休養明けでも仕上がりは申し分ない。素質が一枚上だし確実に勝負になると
関係者の期待はかなり大きく、普段は慎重な表現の多い堀師も珍しくオーナーサイドに
勝ち負けの競馬ができると自信の程を伝えていたそうだとT氏。

昨秋の東京で現OPアドマイヤロブソンを負かせており期待大


◎5ヘリファルテ

〇7ブラックプラチナム
現クラスでは勝ち切れないが前回ではスプマンテに0.8先着
東京コースは3歳春以降で3-1-1-0 相手なりに走れる強みから好勝負十分


▲8サンデームーティエ
今年の2月開催の東京で現OP馬と僅差の2着 55キロでは陣馬特別で0.1の競馬
東京コースで単騎逃げが出来る今回粘りこんでおかしくないとT氏

☆3スプマンテ

△2シャリオヴァルト

△9フォーラウェイ

馬連
5-7 5-8 7-8

5-3 5-2 5-9

三連複◎フォーメーション

東京10R 西湖特別
3歳上1000万下 ダ1600m



金曜レポで取り上げたエングローサーに期待の矢

関西所属だが、11戦中9戦が関東圏(新潟含む)という珍しいキャリア。
芝からダート路線に舵を切ってパフォーマンスが上昇。
2走前のユニコーンSでは直線前をカットされるロスがありながらグレートタイムとアタマ差の3着。
グレートタイムがJDDで先週シリウスS勝ちのオメガパフュームと接戦、
4着ホウショウナウも先日古馬相手に1000万を快勝している。
前走は距離とコーナー4回で前半脚を使ったのが敗因。
ベスト舞台のココ目標に満足いく仕上がり。じっくり溜める自分の競馬なら好勝負と陣営も反撃ムード。


◎13エングローサー

〇5フォーカード
関西馬ながら今回で6戦連続の東京ダート1600mへの出走となる。
左回りの方が走りがスムーズで、長く良い脚を使うタイプ、それで結果も出ているので
東京地元のオーナーサイドからの要請もあるようだ。
前走は昇級かつ好走した反動でガタったきていたという話で参考外。
しっかり休ませて立て直し、降級戦となる今回は巻き返せるはずだとN氏。

▲12インザバブル
東京ダート1600は0-1-1-0 前回の勝ち馬は新潟OP勝利があり
レベル上位。夏場が苦手で放牧で鋭気を養い仕上がりも上々との報告
時計が掛かれば好勝負

☆16ジュンスターホース

△6ダイワインパルス

△8ラムセスバローズ

△7ベバスカーン


馬連
13-5 13-12 12-5

13-16 13-6 13-8 13-7

三連複◎〇フォーメーション


京都11R 平城京S
3歳上1600万下 ダ1800m

金曜レポで取り上げたスズカフリオーソに白羽の矢


坂路中心だった以前は全体的にひ弱な面が目立っていたが、
CWでしっかり追えるようになってからは
そんなところがすっかり解消。今年4戦3勝。休み明けの2着以外は負けていないのだから
完全に本格化したといっていいとN氏。
今週の攻めも目下の充実を裏づける絶好の動き。勢いに陰りはない。

坂のない京都なら上位に期待


◎3スズカフリオーソ

〇7メイショウタチマチ
降級してからなかなか勝てず、2走前に痺れを切らした陣営がダートを使ったところ
アッサリと勝ち、続く前走の1000万条件もモレイラ騎手の騎乗だったとはいえ、
2着に6馬身差をつけての圧勝。しかも陣営によると、函館から札幌への輸送で
体を減らしてマイナス16キロだった上に、イレ込みもキツく、レース当日には馬房の中で
暴れまわり、壁を何度も蹴っていたという。
そんな状態であの勝ち方ですから、ダートの適性は相当に高いでしょう。
今回は慣れた栗東ですし、それほどテンションも高くなっていないようで、
これなら平常心でレースに臨めそうだと陣営は話していました。とのこと
モレイラ騎手から太宰騎手になるので、その分、人気を被ることもないでしょうから、
ここも狙って損はないと思いますとN氏。


▲8モズアトラクション
今春に1600万を勝利 交流重賞では4着、期待された東京では出遅れて参考外
ここ二戦出遅れている点は不安だが叩き二戦目となるここ オーナー地元で巻き返し
スタート五分なら逆転まで


☆4アイアンテーラー

△10ファッショニスタ

△12キーグランド

爆6ロードアルペジオ
ムーア騎手で3走前に1000万条件を勝った際は5馬身差の圧勝。
それもあって1600万条件の初戦となった2走前の春光Sは1番人気にも7着に敗退。
続く前走の東大路Sも9着であり、この数字だけからすると1600万条件に壁がありそうな感じだが、
春光Sは距離が長く、前走はマクる競馬をしながら中途半端な競馬になったことが
敗因として考えらえるし、元々、春光Sは東京への輸送もあってかマイナス16キロと体を減らしており、
前走もプラス4キロと体が戻り切っていなかったことを思うとこの2走は本調子になかったとN氏。
4ヵ月の休養で体を戻していれば穴馬としての資格はあると思う。


馬連
3-7 3-8 7-8

3-4 3-10 3-12 3-6

三連複◎〇フォーメーション

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/10/6 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,167円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP