的中無料公開中

※この記事は、2018/3/10 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1159-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/10(土)
阪神9R
ゆきやなぎ賞
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 サトノワルキューレ 2:27.0
2 8 10 エタリオウ 1/2
3 5 5 シュナイデン クビ
払戻金
単勝 4 450円 4番人気
複勝 4
10
5
140円
120円
250円
2番人気
1番人気
5番人気
枠連 4-8 260円 1番人気
馬連 4-10 540円 2番人気
ワイド 4-10
4-5
5-10
220円
700円
610円
1番人気
8番人気
7番人気
馬単 4-10 1,330円 7番人気
3連複 4-5-10 1,950円 6番人気
3連単 4-10-5 8,270円 29番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
5着 3 3 ドレーク 4.2 3 56.0 牡3 川田将雅 栗東藤岡健一 464.0
1着 4 4 サトノワルキューレ 4.5 4 54.0 牝3 M.デムーロ 栗東角居勝彦 450.0
3着 5 5 シュナイデン 15.6 5 56.0 牡3 武豊 栗東石坂正 472.0
4着 7 8 ゴールドフラッグ 29.6 6 56.0 牡3 岩田康誠 栗東須貝尚介 500.0
9着 8 9 ヴェルテアシャフト 2.8 1 56.0 牡3 C.ルメール 栗東池江泰寿 494.0
2着 8 10 エタリオウ 3.2 2 56.0 牡3 和田竜二 栗東友道康夫 456.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:9点
購入金額:900円
払戻金 :0円
収支  :-900円
回収率 :0.0%
馬/組番:9組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:5点
購入金額:500円
払戻金 :0円
収支  :-500円
回収率 :0.0%
馬/組番:9ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :540円
収支  :+440円
回収率 :540.0%
馬/組番:4ー10
合計購入金額:1,500円   払戻金:540円  
収支:-960円   回収率:36.0%
中京9R
4歳上500万下 芝1200m


期待の矢はプレイヤードとT氏


3ヶ月半ぶりだった前走、以前に比べて終いの脚を確実に使えるようになって来たので、
上手く流れに乗れれば、いつでもチャンスはあると思いますとの話で4着。
相変わらず出脚がつかずに後方からですが、追ってからの伸びはとても良かった。
一度使った上積みがあるし、直線の長い中京コースに替わるのもプラス。
極端に前が残る流れにならなければ、まとめて差し切るシーンもあるでしょうと
期待十分の陣営。


◎5プレイヤード

〇14ポンテファブリチオ
鞍上に戸崎を配して勝負態勢の前走。好位で流れに乗り、
坂上で突き抜けそうな感じで伸びて来たが、ゴール前で脚色が鈍ってしまい、
馬混みに飲まれてしまい7着。
福島から中京に行ったりして、使い詰めで疲れが出てしまった様。
なので放牧に出して一息入れました。減った体も回復していると思うし、
左回りの方がスムーズなので、改めて期待と反撃ムードの陣営とT氏。

▲10スパイチャクラ
前回はハミが抜けなく行き過ぎたというのが敗因
仕掛けのタイミング次第になるが能力は上位でコース相性もベストとN氏

☆6ロックオン

△8ティーエスバラ

△13トーホウビスカヤ

△2プリンセスオーラ

馬連
5-14 5-10 10-14

5-6 5-8 5-13 5-2

三連複◎〇フォーメーション


阪神9R ゆきやなぎ賞
3歳500万下 芝2400m外

金レポで取り上げたヴェルデアシャフトに白羽の矢

デビュー戦の際、ノーザンF担当がクラシックに出走させたいと言う一方で、
現場担当はその期待が大き過ぎるためか素質は高いがまだ幼い。
サンラモンバレーの方が現時点では全然上だと思いますと辛口なコメントをしていた。
結果は押し出されるような形でハナを切り、道中フラフラしながらもそのまま押し切っての勝利。
現場担当はその当時を振り返り、ミルコの感触もそのうちって感じだったのに、
やはり能力は高い。今年、厩舎で一番走ってくるかもと評価は急激に上昇という。
本来は昨年末に2戦目の予定だったのですが、馬運車の中で外傷を追ってしまい、
ここまで復帰が遅れました。ただ、この馬ならダービーは間に合うでしょう。
テキもここを勝ってダービートライアルを考えているようですとの話をしていたとN氏。
池江厩舎と言えば先週に弥生賞で3着のジャンダルム、すみれSの強い勝ち方が印象的な
キタノコマンドールがいるが、それ以上に走ってくるというのだから、当然楽しみ。
まずはここを確実に勝ち上がってもらいたいとのこと。



◎9ヴェルデアシャフト

〇4サトノワルキューレ
これはミルコの評価が極めて高い馬。今年の3歳牝馬路線に目立ったお手馬がいなく
有力トライアルに一切騎乗していないことでもお分かりいただけるだろうが、
角居厩舎のどちらかでオークスを狙うと、実は以前から近しい関係者に語っているという裏話。
その1頭が来週のフラワーCを予定しているカンタービレであり、もう1頭がこの馬なのであるとN氏。
こちらは、1800mデビューから2戦目に2400mを使ってきたところからも、
厩舎が長距離適性を認めていることは明らか。
牡馬相手のスタミナ比べは楽ではないが、勝って賞金を積んでおきたいと、
オークス出走を狙って今回は何やら勝負気配が濃いという報告。


▲10エタリオウ
友道厩舎らしく長距離適性の高いスタミナタイプで、厩舎としても
ダービーに出したいと、大きな舞台を狙っている期待馬でもある。
前走の直線がそうだったように、まだモタれるなど致命的な若さが残っている現状ではあるが、
それでも能力は相当高いですと、騎乗する和田も認めているとN氏。
ジックリ間隔を取ってココ目標に調整。上がりの掛かる阪神に替わる点は好材料。
中間の動きも絶好。あとはレースに行って和田が上手く御してくれれば勝てると、
大目標に向かってもう足踏みできない時期だけに、ココは勝負掛かりの厩舎。

☆3ドレーク

△5シュナイデン

△8ゴールドフラッグ


馬連
9-4 9-10 4-10

9-3 9-5 9-8

三連複◎フォーメーション


中山9R 房総特別
4歳上1000万下 芝1200m

降雨の影響が残るであろう中山芝
安定度ではショウナンアエラである オーシャンsで好走のダイメイフジと
好勝負なら人気。ただ相手なりのタイプなので今回も〇


期待の矢はナンヨーアミーコ

1000万条件に上がってからは大崩もない反面、勝ち切れなかったが、
ここ2走は10番人気で3着、7番人気で2着ともうソロソロ順番のところまできた。
現場担当によるとこの馬の事を一番分かっている善臣騎手の話だと、
トモの感じが良くなった事と、スタートが安定してきたのが好走の要因。
久々に1200Mになりますが、1400Mでも折り合いを欠きそうになるので、
むしろいいと思いますし、善臣騎手もスタートさえ出てくれば全く問題ないから
楽しみと言ってくれていますという。
休み明けを2戦使って恐らくここを使うとデキも落ちてくると思うので、
何とか決めてもらいたいですとのことの陣営
前走の2着も折り合いを欠き気味であったし、前が詰まって脚を余した感もあった。
ダメな時はダメとハッキリと言うタイプの善臣騎手が楽しみと言っているのならば
期待してもいいだろうとT氏。

◎13ナンヨーアミーコ

〇3ショウナンアエラ
近2走はどちらもハイペースで逃げて追い込み馬の展開を作りながら2着と、
その実力は確か。東京開催をパスしてこの条件を狙ってきた本気度からも期待は高まるとT氏。

▲5クリーンファンキー
中山コースではここまで実績がないが、関係者は中山で走った時に限って
控えてしまって持ち味を出せていない。本質的には合っているはずと気にしておらず、
前走は関西遠征で好走したが、反動無く今回も順調にきている。
渋った馬場も合うし、前走以上の結果を期待していると、
今回は勝ち負けを意識してレースに臨んでいるようだとT氏。


☆12アイファープリティ

△14トーホウハニー

△8ジュンザワールド

△2イキオイ

△16イノバティブ


馬連
13-3 13-5 3-5

13-12 13-14 13-8 13-2 13-16

三連複◎〇フォーメーション

中山10R サンシャインS
4歳上1600万下 芝2500m ハンデ


内2500ということと降雨の影響の芝であればカラビナに白羽の矢


格上挑戦した日経新春杯では結果が出なかったが、今回は自己条件に戻り、
2走前にパフォーマプロミスの2着まで迫った中山2500mという舞台。
不良馬場での圧勝歴もあり、馬場悪化は歓迎で、あらゆる面において条件が好転している。
帰厩して日は浅いけど、今週の動きを見る限り態勢は整ったというのが関係者のジャッジ。
順当に上位争いとなりそうだとN氏。

◎1カラビナ

〇6ステイパーシスト
放牧を挟んで再びこの条件というのは予定通りだし、元々休み明けは走るタイプ。
好勝負になりますと陣営が期待を寄せているのがステイパーシスト。
前走は大外枠が響いて最初にポジションを取れなかったのが最後まで響いてしまった印象で、
今回は3着だったグレイトフルSから更なる前進は必至であるとT氏。

▲3ホウオウパフューム
末脚勝負のタイプであるが前回で内2500を克服
昇級となるが負かしたイチダイがその後1600万で3着から十分通用していいレベル
53キロなら食い込んでいい。


☆12フェイズベロシティ


△2マイネルレオーネ

△9ヴァフラーム

△5エリモジバング

馬連
1-6 1-3 3-6

1-12 1-2 1-9 1-5

三連複◎〇フォーメーション

中京11R トリトンS
4歳上1600万下 芝1400m


金曜レポで取り上げたリライアブルエースに期待

水曜の坂路では、中谷を背に53.1-38.5-25.2-12.6を馬なりで計測。
1週前(3/2)には51.7-37.5-24.5-12.1をこれまた馬なりで計測しており、
相変わらずケイコの動きは文句なしとN氏

2戦目の未勝利を勝ち上がった時から将来性を高く評価されていたディープインパクト産駒。
長期ブランクがあり、なかなか軌道に乗ってこなかったが、ここに来ての充実ぶりは本物。
本格化なったと判断していいだろう。
担当する厩務員もようやく本物になってきた。重賞を勝つぐらいまで出世して欲しいと
自信に満ちた表情で話していたとN氏。

マイル以下を走れるスピードがありながらもストライドが大きいのは、高い資質の証明。
実績がある中京コース、そして前走勝ち上がった1400mはベストの舞台設定に思える。
500万から一気の3連勝でオープン入りする可能性も十分。

◎17リライアブルエース

〇14シャンデリアハウス
混合で好メンバーが揃った前走の東京戦で鮮やかに勝利。
6歳にして本格化と思わせる走りだったが、今回が引退レースとなる。
これで終わりなのがもったいないくらいにデキは良いです。血統的に繁殖としての価値も高いだけに、
もうひとつ勝利を上乗せして、花道を飾って欲しいですと厩舎サイド。

▲8ロワアブソリュー
ムーアを配して期待されたが内枠で進路がふさがりジエンド
殆ど追えていないのでダメージ無しと陣営。
当該コースは好相性で巻き返し十分とN氏


☆5スターオブペルシャ

△7ドーヴァー

△12エントリーチケット

△13サダムリスペクト

△15ココファンタジア

押さえ10

馬連
17-14 17-8 8-14

17-5 17-7 17-12 17-13 17-15

三連複◎〇フォーメーション



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/3/10 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ