的中無料公開中

※この記事は、2018/2/11 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1147

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/11(日)
京都10R
松籟ステークス
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 5 ガンコ 2:28.2
2 7 7 アドマイヤロブソン 31/2
3 6 6 イチダイ
払戻金
単勝 5 280円 2番人気
複勝 5
7
6
120円
110円
470円
2番人気
1番人気
8番人気
枠連 5-7 300円 1番人気
馬連 5-7 290円 1番人気
ワイド 5-7
5-6
6-7
170円
1,080円
910円
1番人気
14番人気
13番人気
馬単 5-7 650円 2番人気
3連複 5-6-7 1,920円 6番人気
3連単 5-7-6 6,820円 20番人気
WIN5 4,393,240円 2番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
6着 1 1 スズカルパン 28.0 6 55.0 牡9 小牧太 栗東西橋豊治 478.0
8着 2 2 グラットシエル 4.4 3 55.0 牡4 M.デムーロ 栗東石坂正 514.0
4着 4 4 マイネルレオーネ 13.1 4 54.0 牡6 D.バルジュー 栗東清水久詞 400.0
1着 5 5 ガンコ 2.8 2 56.0 牡5 藤岡佑介 栗東松元茂樹 504.0
2着 7 7 アドマイヤロブソン 2.2 1 56.0 牡4 川田将雅 栗東友道康夫 518.0
5着 8 9 コウエイワンマン 32.1 7 54.0 牡7 太宰啓介 栗東川村禎彦 530.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:9点
購入金額:900円
払戻金 :0円
収支  :-900円
回収率 :0.0%
馬/組番:9組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:5点
購入金額:500円
払戻金 :290円
収支  :-210円
回収率 :58.0%
馬/組番:7ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:2ー9
合計購入金額:1,500円   払戻金:290円  
収支:-1,210円   回収率:19.3%
さて京都は雨天の影響で土曜は大外でないと差し馬には厳しい馬場
それでもかなりのコースロスにはなるので果たしてバルジュー騎手どうなのでしょう??
ムーンクエイクで5着と飛ばしており 渋馬場苦手な馬ではないのですが
58キロのアメリカズCに負けている点 負けていいレースですから
ドバイG1が取れればここは言い訳のつくレース


土曜日 折り合いを欠いた1頭を除いて卒のない騎乗のムーア騎手
京都8◎バレーロ2着 ◎☆△1040円 10650円的中

意外に人気の☆でしたが関東圏の新聞では印が薄いのですがさすが関西競馬ファン
です。
毎週のように万馬券 高配当が的中のメルマガ本日もご期待下さい。

予想記事では

『そろそろ順番が回ってきていい頃合い』

という声も出ていた大ヤリ関西馬ビッグデータ(昆厩舎)と、
前走は1400mを除外になって1200mに再投票。希望通りの番組となる
今回はもう一段上のパフォーマンスに期待できる
という内部関係者しか知り得ない裏事情を紹介していた
人気薄大ヤリ関西馬グランロックハート(浜田厩舎・7人気)でズバリ!!

    ↓↓↓
----------------------
≪2/10・京都3R≫
~~~~~~~~~~~
[3連単]1万8640円的中!
[3連複]  1520円的中!!
[馬連◎○]1090円的中!!
----------------------

「朝から180倍お見事!」

「グランロックハートとか新聞で無印だし自分では買えなかったよ!」

「◎○的中すごい!ワンコインのワイド1点(460円)も全部獲りました!!」

などなどなどお喜びの声を多数頂戴しております。

上記の的中からも、情報をご覧になった会員様には、

『表沙汰にならない勝負の関西馬を知る事ができれば競馬で勝てる』
ということをご理解頂けたものと思いますが、

以降にもまだまだ大きく儲けにいけるヤリ話が揃っています!!
http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=3379


本日の予想

東京6R
4歳上500万下 ダ2100m

堀厩舎の攻勢=ム-ア騎手
グランドバローズに期待
今回の来日では最初の堀厩舎とのタッグとなるのがこのグランドバローズ。
前走は、芝では頭打ちになったのでという後ろ向きなダート参戦だったが、
一変の走りを見せて2着。
集中力が続かず、レースを途中で止めてしまうことがあるという馬なので、
ムーア騎手の豪腕は頼りになるだろうとT氏。
未勝利戦を勝たせたモレイラ騎手が重賞級と絶賛していたこともあったように、
秘めるポテンシャルは相当な馬で、ココは負けられないところ。


◎3グランドバローズ

〇11フォースリッチ
長い距離があうようで、ばてない強みをいかせられる点から2100も対応可能と陣営
使われて3戦目で気配は上々で上位に期待とT氏

▲5エンパイアカラー
先行馬が少なくここはペースを握れる公算が強い。
転厩してからの2戦は安定した競馬で長い距離はベストのようだと陣営
渋り粘る展開になれば要警戒。

☆2アオスタ

△4ドラゴンイモン

△8スターフラッシュ

△9ジャコバイティズム

△6トミケンチャダル

馬連
3-11 3-5 11-5

3-2 3-4 3-8 3-9 3-6

三連複◎〇フォーメーション


☆京都7R
4歳上500万下 ダ1200m


期待の矢は本日複数出しのオーナーサイドの
ブラックランナー


左回りだと手前を換えるのに手間取る面があり、前走もそれを意識した秋山が
早めに抜け出しすぎた格好と陣営。
コレは京都で走らせれた方がイイと言われており、距離も絶対に1200mと、
この番組を狙い撃ってきたという経緯があるとN氏。
あと一歩の詰めを欠きますが、500万ならいつでも勝てるだけの馬。
条件的には今回がベストだと思っているので、何とかして欲しいところと完全に星勘定の陣営。
鞍上も勝手知ったる幸なら手替わりの不安はない。

◎8ブラックランナー

▲14ラララルジェス
昨年は6戦してこの500万クラス、2着が2度あるものの、負ける時は1秒以上の負けがあるように、
ムラ掛けタイプ。ここ2走も1秒1差、1秒2差と、勝ち負けからほど遠い走り。
ではあるが、今回、現場担当はトーンが高いとN氏
前走の中京はデキが良くて期待していたが、ブツけられてトモを落としてしまった。
以前は慢性の骨膜が良くならず、なかなか満足の行く形で使えなかったが、
もう、その心配もなくなっているし、今回は叩き2戦目。
スムーズなら突き抜けてもいいと陣営。人気はないだろうが、穴党の方は注目

〇4ワイルドフォックス
引退前の福島師でかつ地元オーナーにオーナーご用達の騎手
スピードは上位であり1200はベストなら好勝負とN氏


☆13タテヤマ
今月で勇退を決めている調教師の管理馬であり、その厩舎にあって勝ち星を計算できる
数少ない馬の1頭。ゆえに、今回は目一杯やってもらうと、何やらヤリのムード。
良いイメージを持っている松山に手綱を託したのも、その意気込みの表れとN氏。


△7ローゼンタール

△1カズマベッピーノ

△5リッカクロフネ

△9ボストンビリーヴ

馬連
8-4 8-14 8-13

14-4 8-7 8-1 8-5 8-9

三連複◎〇フォーメーション


京都9R 宇治川特別
4歳上1000万下 芝1400m外
ハンデ


地元オーナー馬のタガノアスワドに期待の矢


前走後、すぐに決まったこの距離短縮。陣営関係者はコレに盛り上がりを見せているとN氏

元より、その素質は高く評価されており、デビュー前の稽古に乗った国分恭も
久しぶりに素晴らしい馬に乗れた自分が乗れる保証がないくらいの馬とまで言い切っていた。
しかし、その出世を妨げているのが深刻な気性難。
それもあって、以前から短い距離かダートを使ってきた時が勝負と言われていた背景。
期待の大きい馬ということもあって、なかなかその選択に踏み切れなかったようだが、
今回、ようやく使ってきたこの条件。
稽古の動きは相変わらず凄い。この条件で噛み合えば楽勝まであると、
馬券的にもココが買い時と話す者はトレセン内でも多かったという。
53キロなら◎

◎3タガノアスワド

〇16サフランハート
前走は見ての通りのドン詰まり。バラけた瞬間に抜けるつもりだったけどと
福永も悔しそうに話していたレース後.
元々、内に外にとモタれるところがある馬だけに、あまり道中で動かせないという弱みのある馬。
あの乗り方は仕方ないものであり、厩舎としては,開けば突き抜けるだけの手応えを感じられたと、
クラス突破のメドが立ったことに収穫を感じていたというN氏。
当然、使った上積みは大きいようで、デキは前走以上。福永も前走の雪辱を果たしたいと、
今回の騎乗は特に気合いが入っているそうだ。

☆4キアロスクーロ

▲8アドマイヤリアル
現場担当は、能力的にはオープンまで行ける馬だと思っているが、何しろ気性が悪くて、
出世を妨げている。なかなかこの気性的なものは、どうにかなるものではなく、
本来なら距離を短くすればいいのだろうけど、
一度短いところを使うと距離を延ばせなくなるからと言っていたが、遂に今回は1400Mを使ってきた。
現場担当は、小細工なしで行ける1400なら押し切っても不思議じゃない。
気分屋だからアテにはできないけど、このまま短いところにシフトチェンジして使っていけば
もっと上を目指せるようになるだけの力はあるはずと距離短縮のここを楽しみにしている様子。


爆10グロワールシチー
昇級の前走がサッパリだったが、押せ押せの中1週で攻め馬もごく軽め。
プラス4キロという数字以上に中身が重かった可能性は十分にあるとN氏。
中間はじっくり間隔を取って好タイム。それまでの自己ベストを1秒3も短縮してきたとなれば、
見直す余地はありそう。

△12オーマイガイ

△5コウエイダリア

△7アクセラート


押さえ6

馬連
3-16 3-8 8-16

3-4 3-12 3-10 3-5 3-7

三連複◎〇フォーメーション

京都10R 松籟S
4歳上1600万下 芝2400m外
ハンデ

重賞で3着のガンコだが今回荒れ馬場に56キロ 馬場の適性から
同じ56キロでアドマイヤロブソンに期待の矢


いかにも友道厩舎らしく、長距離で崩れず安定して走るタイプ。
ただ、デビュー当時から本当に良くなるのは古馬になってからと言われていた馬であり、
これまでは素質頼りで走っていた印象は強いとN氏。
昨年秋に1000万クラスを突破すると、無理せず休養を挟んで成長を促進。
先月中旬から時計を出し始め、豊富な乗り込みを消化。
中間、2週続けて川田を乗せて感触を確かめ、最終追い切りは助手騎乗でビッシリ。
計算通りの仕上げ。完璧に仕上がりましたと担当も自負する好態勢で、
イキナリからの勝ち上がりを狙っている。
今年は重賞戦線で活躍しなければいけない馬。当然、ココは通過点にする腹積もり。

◎7アドマイヤロブソン

〇2グラットシエル
放牧明けであるがいい状態に外厩で仕上がり好気配とN氏
デビューから大きく崩れていない成績からやや斤量は、見込まれたが
長い距離とタフな馬場はいいと陣営

▲9コウエイワンマン
古都Sでは渋馬場で54キロで2着。2400では0-1-1-0と好相性
当時僅差の競馬が万葉S勝利の馬であれば、この斤量と条件から要警戒

☆5ガンコ

△4マイネルレオーネ

△1スズカルパン

馬連
7-2 7-9 2-9

7-5 7-4 7-1

三連複◎〇フォーメーション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/2/11 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ