的中無料公開中

※この記事は、2018/1/27 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1140-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

01/27(土)
京都9R
梅花賞
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 メイショウテッコン 2:28.9
2 7 7 エタリオウ ハナ
3 5 5 サトノワルキューレ 21/2
払戻金
単勝 4 800円 4番人気
複勝 4
7
5
190円
140円
150円
4番人気
1番人気
3番人気
枠連 4-7 1,370円 6番人気
馬連 4-7 1,500円 5番人気
ワイド 4-7
4-5
5-7
500円
490円
280円
6番人気
4番人気
2番人気
馬単 4-7 3,560円 15番人気
3連複 4-5-7 1,820円 4番人気
3連単 4-7-5 15,390円 53番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
9着 1 1 シースプラッシュ 13.4 5 56.0 牡3 荻野極 栗東本田優 494.0
6着 2 2 キボウノダイチ 17.6 7 56.0 牡3 藤岡佑介 栗東松元茂樹 496.0
1着 4 4 メイショウテッコン 8.0 4 56.0 牡3 武豊 栗東高橋義忠 500.0
3着 5 5 サトノワルキューレ 3.3 2 54.0 牝3 M.デムーロ 栗東角居勝彦 456.0
8着 6 6 ウォーターパルフェ 15.8 6 56.0 牡3 酒井学 栗東田所秀孝 478.0
5着 8 8 ジェシー 3.2 1 56.0 牡3 川田将雅 栗東中内田充正 474.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :1,820円
収支  :-80円
回収率 :95.8%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:5ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:7ー8
合計購入金額:2,600円   払戻金:1,820円  
収支:-780円   回収率:70.0%
01/27(土)
東京10R
クロッカスステークス
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 4 リョーノテソーロ 1:22.3
2 2 2 アンブロジオ クビ
3 5 6 ムスコローソ 11/4
払戻金
単勝 4 1,520円 5番人気
複勝 4
2
6
320円
150円
170円
6番人気
2番人気
3番人気
枠連 2-4 2,820円 12番人気
馬連 2-4 2,760円 11番人気
ワイド 2-4
4-6
2-6
760円
1,040円
340円
7番人気
14番人気
3番人気
馬単 4-2 7,090円 25番人気
3連複 2-4-6 3,600円 14番人気
3連単 4-2-6 28,080円 96番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 2 2 アンブロジオ 3.6 2 56.0 牡3 C.ルメール 美浦菊沢隆徳 446.0
5着 3 3 マドモアゼル 14.9 4 54.0 牝3 松田大作 美浦斎藤誠 442.0
1着 4 4 リョーノテソーロ 15.2 5 56.0 牡3 吉田隼人 美浦武井亮 510.0
3着 5 6 ムスコローソ 5.2 3 56.0 牡3 戸崎圭太 美浦手塚貴久 494.0
4着 5 7 アイスフィヨルド 20.0 6 56.0 牡3 田辺裕信 美浦武藤善則 444.0
7着 6 8 ミッキーワイルド 1.9 1 56.0 牡3 福永祐一 栗東安田隆行 490.0
8着 6 9 ヒシコスマー 35.9 8 56.0 牡3 大野拓弥 栗東清水久詞 476.0
6着 7 10 ビリーバー 65.1 9 54.0 牝3 杉原誠人 美浦石毛善彦 446.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:24点
購入金額:2,400円
払戻金 :3,600円
収支  :+1,200円
回収率 :150.0%
馬/組番:24組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:7点
購入金額:700円
払戻金 :0円
収支  :-700円
回収率 :0.0%
馬/組番:8ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー6
合計購入金額:3,200円   払戻金:3,600円  
収支:+400円   回収率:112.5%
京都9R 梅花賞
3歳500万下 芝2400m外

期待の矢はサトノワルキューレ
勝つには勝ったが、新馬戦はまだビッシリ仕上げていなかったという裏話。
休養を挟んだ今回は、中間から初戦とは別馬のような息遣いの良さが評判になっており、
これはあと2つくらい上のランクの走りが見られそうと、一部で盛り上がっているとN氏。
ミルコも1週前の追い切りに乗って、好感触を掴んでいるという。
勝って大きいところへ行きたいと陣営、コレはどんな走りを見せるか要注目。


◎5サトノワルキューレ

〇7エタリオウ
休み明けを叩いて状態はグンと上昇。2週続けて追い切りに乗った和田も
デキの良さに満足しており、コレは勝ち負けと関係者に吹き回っているとN氏。
デビュー戦で乗った福永がスタミナは相当ある。長距離戦に使っていけば楽しみな馬と
語っていたところからも、この距離延長は自信が持てる条件変更。
デビュー2戦目からブリンカーを着用していたように、まだ気性面に繊細な面を残る馬ではあるが、
それだけに少頭数とバラける外回りは大歓迎だろうとN氏。

▲8ジェシー
生産は2年連続で最優秀障害馬となったオジュウチョウサンで知られる坂東牧場。
このジェシーはキャロットファームがオーナー。
デビュー戦、2戦目は2着に終わったが、3戦目の前走で初勝利。
4馬身差の完勝ではあったが、現場担当は慎重でテンションが高く、返し馬の段階で
引っ掛かっていたのでレースも心配していたが案の定、行きたがってしまった。
鞍上が喧嘩するぐらいならと、ハナを切る競馬を選択。
2着馬にマークされながら最後突き放したのだから、強い競馬には間違いないけど、
先を考えると、ビュンビュン行ったところで通用しなくなるからと。
今後はこのイレ込みがネックになるかもしれないけど、今回の相手なら何とかしてもらいたいと報告。


☆6ウォーターパルフェ

△1シースプラッシュ

△2キボウノダイチ

△4メイショウテッコン

馬連
5-7 5-8 7-8

5-6 5-1 5-2 5-4

三連複◎〇フォーメーション


東京9R 銀蹄S
4歳上1600万下 ダ1400m


先行タイプが少ないここ 金曜レポで取り上げた
ハルクンノテソーロやタイセイプレシャスは後方からのタイプ
となればラユロットにはかなり有利と考える

2018年に入ってから、先週までの3週7日間で僅か7頭しか出走自体がなかった
藤沢和雄厩舎だが、この厩舎が正月の中山開催でお休みモードになるのはいつものこと。
東京開催がスタートする今週からが、この厩舎の本格的な始動。
このラユロットも東京開幕に向けてスタンバイしてきた1頭で、
前走は牡馬相手の昇級戦でアタマ差2着。このクラスも突破のメドは立っているし、
東京の1400mはベストと、鞍上にルメールを押さえて星勘定といったムードとT氏

◎11ラユロット

▲8ハルクンノテソーロ
この中間も例によって坂路のみの調整だが、追い日にはしっかり2本ずつ登坂して負荷は十分。
とりわけこの日は異様に馬場が重く、どんな攻め巧者でも上がり24秒台を出すのは不可能な状態。
そんな中で余力を残しつつの25秒4は、掛け値なしに優秀な数字だと断言できるとT氏。


〇16タイセイプレシャス

3走前が12着、4走前が13着で、ここ2走が1、2着。いかにもセン馬で、
気性的にアテにならないタイプの馬らしい成績。
ここ2走は安定して走っていますが、厩舎のスタッフに聞くと、普段から反抗的で、
馬運車に乗る際もかなり苦労している。とにかく気分良く走らせることが重要。
そういった意味では本来、乗り替わりはどうかと思いますが、吉田隼人騎手は以前に乗って
2着していますから、問題ないでしょうと陣営。
後は枠順と展開次第との報告が届いている。

☆2タイセイエクレール

△4プリサイスエース

△15ショウナンカサロ

△10イーグルフェザー

爆14エニグマ
先週の中山で除外されてこのレースにスライドしてきたが、
厩舎内からもむしろ除外で東京を使うことになって良かったという声が挙がっているように、
東京コースは[2-0-2-1]と安定している。
前走は6着だったが、良馬場かつ1600mと、この馬向きではない条件での昇級戦という点を
踏まえれば評価に値するものとT氏。今回は得意の重馬場になりそうな状況で、距
離も1400mに短縮。着順を上げてくる可能性は高いとの報告

馬連
11-16 11-8 8-16

11-2 11-4 11-14 11-10 11-15

三連複◎〇フォーメーション


中京10R はこべら賞
3歳500万 ダート1400

金曜レポで取り上げたグローリーグローリに白羽の矢

デビュー当初はソエ気味だったし、使っていた番組(芝二千とダート千八)が合っていなかったと
厩舎。立て直してダート千四にシフトしてからは5.1.2着。
昇級の前走でも鋭い伸びで早々にメドを立てている。
2走前に圧勝した中京コースに戻って勝機十分とN氏。
オーナーは中京五奉行の1人深見氏であれば期待は大きい

◎5グローリーグローリ


〇3バイラ
中京スペシャルで前回◎で2着。直線で内にささる事象がありきで今回は
陣営いわくハミを替えて挑むというN氏
1400に変るのは流れに乗りやすいのでプラスと陣営

▲11グリム
ダート替りで勝利しての昇級戦であるがスピード上位のタイプで
評価が高いとR氏。前受けできればここでも通用のレベルという。
課題は人気の康太であろう

☆13スリーヘリオス

△2ラブリーイレブン

△14ティカル

△9タガノアム

△16スーパーアキラ

馬連
5-3 5-11 11-3

5-13 5-2 5-14 5-9 5-16

三連複◎〇フォーメーション


京都10R 木津川特別
4歳上1000万 芝1600 外


金曜レポで取り上げたトゥザクラウンに期待の矢

一時は未勝利を勝つのも厳しいのではと思われていた馬が、
昨年9月、番組上、未勝利戦が終わるぎりぎりに初勝利をあげると、
500万条件を1戦でクリアして、1000万条件もクビ差の2着と好走したのだから、
その成長ぶりには本当に驚かされたとN氏。
前走の1000万条件出走に際しては、連勝して放牧に出す予定のところ、
ムーア騎手が乗れるということで、調子が下降気味の中、使ったのにあれだけ走るのだから、
やはり能力は相当という。
ひと息入れて帰厩した際は30キロぐらい増えたが、先週の時点で10キロ程度は減っており、
当日はさらにもう少し減るとは思いますが、まだ余裕残しは、確かです。
それでも、心配されたノドも全く問題なく、この中間の動きも抜群でしたから、
多少太くてもこのクラスなら勝ち負けになると思いますと陣営の評価はうなぎ登り。
当然、その血統からまだまだ上を目指せるはずなので、
現場担当がいうように1000万クラスなら少々太目でも突破してもらえるだろうとN氏

◎8トゥザクラウン

〇1ドゥーカ
京都コースは荒れ芝で傾向として洋芝同様に上がりが掛かる印象とN氏
その芝なら上がりに限界のあるこの馬に期待したいとの報告
今週から芝はBコースに変ることで1枠を引けたことからインベタが出来ることから
台頭のチャンスと言える。渋といタイプでここは上位に期待とN氏

▲11タガノアスワド
控える競馬を試みて収穫のある前回。休養明けを使われて気配は上昇
元より春にはG1馬と0.3の競馬や1600万の馬と好勝負からクラス上位
後は初の1600で折り合い次第とN氏

☆4プリンセスアスク

△7ティーエスクライ

△2サトノグラン

△9ロッテンマイヤー

馬連
8-1 8-11 11-1

8-4 8-7 8-2 8-9

三連複◎〇フォーメーション

東京10R クロッカスS
3歳オープン 芝1400m

金曜レポで取り上げたミッキーワイルドに期待

左回りの中京で新馬勝ちした後はひと息入れてこのレースから始動。
早くから目標はNHKマイルCに置いて逆算してレースを使っているとN氏。
母ワイルドラズベリーも3歳の春の段階でOP入りしたように、早い段階から完成度の高いタイプ。
新馬の時計は遅かったが、ほとんど持ったままだったし、追えばいくらでもタイム短縮はできる。
東京芝1400の舞台もピッタリだし、これは楽しみ。勝てると思って連れて行きますと
自信の東上の陣営。後はこの騎手が安田師の期待に応えられるか


◎8ミッキーワイルド

〇6ムスコローソ
東京芝1400mでは2戦2勝のムスコローソ。その一方で新潟2歳Sと朝日杯FSでは
大敗を喫しているものの、新潟2歳Sは最内枠と展開に泣いた不運な敗戦、
朝日杯FSは輸送の疲れが敗因であり、元より厩舎サイドがこの世代でも最有力の1頭と
見込んでいた素材。単なる2勝馬で終わることはないはずで、陣営も前走も決して力負けではない。
得意の府中で力を出し切ればOPでも勝ち負けになると反撃へ意欲を見せているとT氏。

▲3マドモアゼル
1400で2勝を挙げておりりんどう賞では先週500万勝利のアリアを負かしており
1400であれば強敵相手の経験が活きれば混合戦でも通用していいとT氏

☆2アンブロジオ

△7アイスフィヨルド

△4リョウノテソーロ

△10ビリーバー

爆9ヒシコスマー
デビューから1着か大惨敗かという極端な成績になっているが、これはひとえに気性難のせい。
勝った2戦はどちらも馬群から離れた大外一気で、他のレースは直線に入る前から馬が
勝手に競馬を止めているような内容だったとN氏。
陣営も能力は足りるが、マジメに走らないんじゃどうしようもないと、レースで力を出せるかに
関しては半ばサジを投げている感じではあるが、新馬勝ちしたコースだし、1400mは合っていると、
色気を持っての遠征であることは確か。ノビノビと走ることが出来れば3走前の大穴の再現も。
オーナー地元となるので注意は必要


馬連
8-6 8-3 3-6

8-2 8-7 8-4 8-10 8-9

三連複◎〇フォーメーション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2018/1/27 12:50 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ