的中無料公開中

※この記事は、2017/9/3 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1075

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

09/03(日)
札幌8R
3歳以上500万下
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 2 キングラディウス 1:45.6
2 6 9 アドマイヤカロ 2 1/2
3 3 4 アルセナーレ
払戻金
単勝 2 230円 1番人気
複勝 2
9
4
140円
180円
230円
1番人気
3番人気
4番人気
枠連 2-6 870円 3番人気
馬連 2-9 990円 2番人気
ワイド 2-9
2-4
4-9
400円
460円
850円
2番人気
3番人気
9番人気
馬単 2-9 1,520円 3番人気
3連複 2-4-9 2,300円 4番人気
3連単 2-9-4 9,680円 14番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 2 2 キングラディウス 2.3 1 57.0 牡4 丸山元気 栗東羽月友彦 466.0
3着 3 4 アルセナーレ 9.2 4 55.0 牝4 勝浦正樹 美浦新開幸一 524.0
5着 4 5 ティーコア 24.7 7 54.0 牡3 蛯名正義 栗東牧田和弥 504.0
2着 6 9 アドマイヤカロ 7.4 3 57.0 牡6 藤岡康太 栗東中尾秀正 544.0
14着 7 11 レッドゼノン 4.1 2 54.0 牡3 古川吉洋 栗東昆貢 454.0
4着 7 12 フィルムフランセ 10.6 5 49.0 牝3 横山武史 栗東牧浦充徳 494.0
12着 8 13 ライトブリンガー 25.5 8 56.0 牡4 坂井瑠星 栗東佐々木晶三 476.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :0円
収支  :-1,900円
回収率 :0.0%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :990円
収支  :+390円
回収率 :165.0%
馬/組番:2ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:11ー12
合計購入金額:2,600円   払戻金:990円  
収支:-1,610円   回収率:38.1%
いよいよ秋競馬到来

秋のトライアル重賞ではG1に出走するため、なんとしてもココで権利を獲るしかない
次のG1だと足りないので、トライアルの今回がメイチといった『ヤリ』話や、
ココは叩き台。とりあえず回ってくるだけといった『ヤラズ』話など、様々な話が入ってきます。

関西重賞の勝負馬は当然のことですが、関東重賞に数少ない関西馬を送り込む
大ヤリも現場の諸氏は事前に入手しています!

だから関西馬オフレコで勝てる!

広い東京コースがベストや弱い関東馬が相手のレースを狙ってといった勝負話が
多く存在する関西馬の関東遠征。会員様もご存じの通り、
この秋の中山&東京開催で遠征する関西馬も、馬券的に“絶好の狙い”となります。

これまでも関西馬の関東遠征で何度も的中をお届けしましたが、
秋の中山&東京では関西ジョッキーも積極的に遠征する機会が多く、
日常的に話を聞いている関西騎手+関西馬のコンビが実現すれば、
情報的な信頼度は大幅に上昇します。

もちろん、関東ジョッキーを起用した関西馬の関東遠征でも、
徹底的に騎手側の感触を調べ尽くしたうえ、GOサインが出た場合のみ情報公開いたします。

だから関西馬の関東遠征で大きく獲れる!

今年の秋競馬も現場の本音と馬主席に便乗して大きく儲けて参りましょう。
秋競馬の詳細は月曜に ブログなどで公開


本日の予想

台風の影響で北海道は影響があるかもしれないですが 
各々でご確認を

札幌7R3歳上500万下 芝1200m

最終週となる北海道競馬

連闘勝負できたのが4頭 中ではサクラヴィオーラが放牧明け2戦で
お釣りありとAH氏


前走は入厩して10日競馬の上に、直前の輸送を考慮し過ぎてしまい太め残り。
それで出遅れながら2着とメドの立つ内容だった。
この連闘で体が絞れると思うし、今回は滞在しているので輸送もありません。
休ませた効果で体調が戻っていました。疲れがないので連闘も問題ないし、
乗り役さんも手の内に入れているので再度上位争いになると陣営。

◎1サクラヴィオーラ

〇4コロラトゥーレ
夏場の滞在専用機と言えるこの馬。函館で取りこぼしたことで予定が狂う陣営
それでも崩れなく走れている点は評価すべき
好枠を引けたことは何よりで人気もほどほどなら期待したいとAH氏


▲15サンマルバロン
デビューから3戦が芝、その後18戦ダートで使われ、2走前からまた芝使い。
事実ダートでも馬場が渋っていた際に好勝負していたため芝戻しの選択は間違いではないとT氏。
前2走についてはタメて勝負という形になったが、いずれも上がり2位の脚を駆使し、
流れ一つで馬券圏内も十分に可能。芝なら適度に時計の掛かる馬場の方がいいし
滞在2戦目で上積みも期待できる。たとえ太一この鞍上でも、今回だけは馬券の匂い。


☆6ルノトール

△11マカレア

△12ゲンパチケンシン

△7メイショウギガース

△9ヴィーナスフローラ


爆14ユトリチャン
勝った後も緩めることなく、引き続き横山武が付きっ切りで乗って絶品の動きを連発。
先週の予定を延ばしたのもいい方に出ましたとのことで、デキはピークに到達した感。
あとは昇級しての力関係だが、今の感じならアッサリ通用しても驚けないとAH氏


馬連
1-4 1-15 4-15

1-6 1-11 1-12 1-7 1-9 1-14

三連複◎〇フォーメーション


札幌8R
3歳上500万下 ダ1700m


地元オーナー キングラディウスに白羽の矢


巻き返しを期待していた前走のニセコ特別だったが、4角で外から進出した時に
内の馬がフラついたので外に振られてしまい、その影響で直線は大外に出すロス。
ゴール前は急追して来たが2着まで。
連闘ですが疲れはありません。前走は4角の不利が響きました。
スムーズな競馬で今度こそ決めたいですと反撃ムードの陣営とAH氏

◎2キングラディウス

〇11レッドゼノン
3ヶ月ぶりの前走、仕上がりが悪かった訳ではないが、まだ良化の余地を残すデキ。
スタート一息で後方からの競馬を強いられたが、勝負どころから良い脚を使い3着まで追い上げた。
一度使って気持ちが入って来て前走以上。距離短縮でも対応できると思うし、
3歳でまだ伸びシロもあるので、ここはチャンスと陣営。
ある意味四位より古川の方が走る昆厩舎 スタミナ十分で好勝負必定


▲12フィルムフランセ
今週のオーナーで取り上げた社台オーナーズ馬。
連闘後となるが大きなダメージもない様子とAH氏
再度49キロで使えるし好位で競馬が出来れば期待出来ると陣営は強気

☆13ライトブリンガー

△4アルセナーレ

△5ティーコア

△9アドマイヤカロ

馬連
2-11 2-12 11-12

2-13 2-4 2-5 2-9

三連複◎〇フォーメーション


札幌9R
3歳上500万下 芝1800m

前回上位の評価で期待に応えてくれたコーカス
初芝ながら4角で外に振られる形がありながら3着は陣営も高評価
連闘となるが想定通りの使いであり 反動もないのでここも好勝負とAH氏

◎2コーカス

〇11アルマレイモミ
久しぶりのダート戦でもヤリ話の前走、好位で流れに乗り、勝負どころで苦しい展開になり
5着と掲示板は確保した。ダートでも見せ場十分で惜しいところ。レース後も順調だし、
柔らか味があり引き続き状態は良いです。芝に戻して、今回はブリンカーを着けます。
それで大きな変わり身があるかもしれませんと今回も陣営の期待は大きいとAH氏

▲13ウェイト
例年夏の北海道で稼ぐ黛騎手だが殆どいいところなしの今夏
中で上位の賞金を取れたのがこの馬で今回先手が楽に取れそうな相手関係
今週複数使いの勝負週のラフィアンG 二頭出しのここは僚馬が壁になれば
チャンス到来

☆5アドマイヤアルパマ

△3スパーキングジョイ

△1ピックーミータッチ

△6ティーエスクライ

△14グリニトル


馬連
2-11 2-13 11-13

2-5 2-3 2-1 2-6 2-14


三連複◎〇フォーメーション


札幌10R すずらん賞
2歳オープン 芝1200m

函館2歳Sで期待されていたモルトアレグロ
感冒で取り消し。実は直ぐに回復したのだが、治療の為に投与した薬の影響が残ってしまうので、
出走を取り消した経緯。
当時からダートで勝っていますが芝でも問題ないと言われていた、
今回落ち着いていて馬の気配は良いです。距離は延びた方が良いと思うし、
ココは仕切り直しといきたいですと改めて期待の様子の陣営。

陣営サイドはこの後門別の重賞に行く予定でいるので勝利が必須の様子とAH氏


◎7モルトアレグロ

〇14ウインジェルベーラ
直前の乗り替りで松岡騎手としてはここは下手な競馬は出来ないところ
緩いペースに恵まれた感はあるがスタートが抜群であり
時計のかかる馬場も歓迎であり後は55キロだけか


▲1オジョーノキセキ
前走の新馬戦、心配していたゲートもポンと出て、スピードの違いでハナに立ち、
押し切っての逃げ切り勝ち。前走後はこのレースを目標に美浦で乗り込んでから札幌に移動。
輸送もクリアしてカイバも良く食べています。札幌の芝での最終追いの感触も良かったし、
ダート戦でデビューを考えたほどのパワータイプなので洋芝でも問題ないと陣営。

☆4ハッピーグリーン

△13トランプ

△6オーヴァーライト

△15サフランブーケ

△5ソイカウボーイ

馬連
7-14 7-1 1-14

7-4 7-13 7-6 7-15 7-5

三連複◎〇フォーメーション




※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2017/9/3 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、ご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ