的中無料公開中

※この記事は、2017/7/29 13:10 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1059-3

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

07/29(土)
小倉12R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 7 アサケパワー 0:58.5
2 6 9 シルバードリーム クビ
3 8 14 フライングニンバス 2 1/2
払戻金
単勝 7 260円 1番人気
複勝 7
9
14
120円
160円
130円
1番人気
3番人気
2番人気
枠連 5-6 530円 2番人気
馬連 7-9 690円 2番人気
ワイド 7-9
7-14
9-14
310円
240円
420円
2番人気
1番人気
3番人気
馬単 7-9 1,180円 3番人気
3連複 7-9-14 840円 1番人気
3連単 7-9-14 4,510円 3番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
9着 3 3 タマモスズラン 22.9 8 52.0 牝4 富田暁 栗東木原一良 440.0
8着 4 5 マルクデラポム 16.5 6 53.0 牝4 荻野極 栗東松下武士 472.0
1着 5 7 アサケパワー 2.6 1 54.0 牡3 幸英明 栗東大橋勇樹 504.0
13着 5 8 メイショウカズヒメ 19.3 7 52.0 牝3 田中健 栗東南井克巳 500.0
2着 6 9 シルバードリーム 5.4 3 52.0 牝4 川又賢治 栗東加用正 478.0
5着 8 13 メモリーフェーブル 16.3 5 52.0 牝3 松山弘平 栗東大久保龍志 448.0
3着 8 14 フライングニンバス 3.2 2 55.0 牝5 松若風馬 栗東野中賢二 510.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :840円
収支  :-1,060円
回収率 :44.2%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:14ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :690円
収支  :+590円
回収率 :690.0%
馬/組番:7ー9
合計購入金額:2,600円   払戻金:1,530円  
収支:-1,070円   回収率:58.8%
小倉11R 薩摩S
3歳上1600万下 ダ1700m

先行タイプが揃う今回であり人気はナムラアラシ マインシャンツ
となりそうだが、両馬ともに1700が初となり長く脚が使える展開になるかは
展開次第。逃げてナンボのアースコネクターを前にやり自分のペースで
競馬が出来れば降級のコクスイセンは期待出来るレベルとN氏


元々稽古駆けする馬ではあるが、今週の追い切りでは自己ベストに迫る好時計を馬なりでマーク。
前走後は降級、小倉のココを狙って仕上げてきたという陣営も
文句ナシ。ココはキッチリ決めてオープンに返り咲きますと、自信を持って使ってきているよう。
以前に小倉を使った際は、内枠で痛恨の出遅れで完全に参考外。
できれば真ん中より少し外目の枠が欲しいと希望していたところに来て、
まさに絶好とも言える枠も引けたことで、厩舎サイドは、直前になって
さらにトーンを上げていたとN氏。

◎11コクスイセン

〇2ヒデノインペリアル
人気を裏切ってしまった前走に関しては、東京戦で痛恨の除外を食らったことが影響していた。
ベストの条件に向けてビッシリ仕上げていたから。テンションが上がってしまってと、
実は戦前からイヤな話をする厩舎スタッフもいた
ミルコの消極的な騎乗もあって見せ場なく凡走に終わってしまったというわけだ。
ただ、その経緯を知る者にとっては、今回が馬券的な狙い頃。
前走後はココ目標に造り直した。現状、1800mでも長いみたいだから、
100mでも距離が短くなるのは大きいとは担当。
鞍上も最も手が合う。アイツが乗るとなぜか出遅れないと、
厩舎サイドが絶対的な信頼を寄せる川須にスイッチ。
何やら巻き返しがありそうなムードが漂っているというN氏。

▲12ドラゴンバローズ
ベストは中京コースであるが流れに乗れる先行力があるこの馬
休養明けでベストではない渋馬場ながら粘りこんで2着 叩き二戦目で状態上昇
好位から粘りこみに期待


☆4マインシャンツ
ある程度出していけるが恐らくこの屋根で控えるケースが想定
早々に逃げタイプが捕まる流れなら当該クラス実積上位から警戒すべき

△1ナムラアラシ

△14エポック

△3マッシヴランナー

△10イクラトロ

馬連
11-2 11-12 12-2

11-4 11-1 11-14 11-3 11-10

三連複◎〇フォーメーション

新潟11R 佐渡S
3歳上1600万下 芝2000m ハンデ

外ワンターンの2000であり少頭数であり  
先行出来るケンホファヴァルトに白羽の矢

中間は、札幌での出走との両睨みだったとのことで、栗東ではなく函館で調整されていたが、
舞台を考慮して札幌ではなく、あえて新潟を狙ったと陣営。
最近は騎乗数も減っている柴田善騎手が騎乗しますが、
森厩舎の馬に騎乗することは非常に珍しく、空いていたといった具合での騎乗依頼で
あることも見え隠れしていますが。
そのような経緯からギリギリまで陣営が吟味していたことは伺え
より結果を出せるところへといったこの陣営の判断が功を奏するであろうとT氏
開幕週の馬場もアドバンテージになりそう

◎3ケンホファヴァルト

〇2マローブルー
昨年の佐渡Sにも出走し、2番人気で3着だったマローブルー。
デビュー以来掲示板を外したことがなく、1秒以上負けたこともないという超堅実派。
その一方で既に丸2年勝ち星もなく、勝ち味が遅いという評価もあるが、
休み明けの方が走るタイプだし、今回はいつも以上に仕上がりがいい。
前走はデキ落ちの感じもあったので、その時よりは確実に走れると、
久々に厩舎サイドが強気とT氏。この雰囲気なら勝ち負けはおろか、久々の勝利にも手が届きそう。

▲8ロッカフラベイビー
戸崎騎手で52キロなら人気になると思うけど、とにかくエンジンの掛かりが遅い馬だから、
開幕週では悠長に構えていると届かない。戸崎騎手の仕掛けどころがカギになると
陣営のトーンが上がらず。現場担当は、使い込むと目に見えない部分で疲れがあるのか
結果が出ないことが多いので、間隔があいたのはプラス。ロスなく追走できれば勝負になると思う。
決して乗りやすい馬ではないけど、戸崎騎手なら上手く乗ってくれると
こちらも最後は戸崎騎手頼みのような話であったので展開次第か

☆4ロイカバード

△9クリノラホール

△1シャドウウィザード

馬連
3-2 3-8 2-8

3-4 3-9 3-1

三連複◎〇フォーメーション

札幌12R 阿寒湖特別
3歳上1000万下 芝2600m

金レポで取り上げたステイパーシストに期待の矢

昨秋のセントライト記念でも穴人気になった素質馬。実際、1000万は1戦で卒業。
ここ2戦の準オープンでも3.4着だから、降級すれば明らかに胸を張れる存在といっていい。
陣営も前走後はココを目標に。先週まで函館で乗って札幌へ移動。
完璧に仕上がったよと豪語。ルメールで確勝を期すとAH氏。

◎5ステイパーシスト

〇1ダノンアローダ
芝の長いところを求めてココに参戦という経緯。
戻って来た時は560キロくらいあり超太めでしたが、それを2週で急ピッチで仕上げました。
できる限りの事はやって、脂肪はだいぶ落とせましたが、
まだ筋肉が着き切っていないのがどうかですが
ただ、素質溢れる馬で、できれば離したくないので、あとは潜在能力に期待しますと
担当が大のお気に入りだという。太め残りだが降級馬、地力でカバーの可能性はあるとAH氏

▲2ウインヴォラーレ
現級勝利後に放牧。再度の同条件で中山2500ベストな馬だけに
この条件はベストであろう。松岡騎手怪我のためチャンスが転がりの丹内騎手
先週の重賞2着があり展開利もあれば逆転も

☆6アグリッパーバイオ
このクラスでは安定した成績であり長い距離は大きく崩れ無し。
時計が早いとやや不安であるが。。。


△7エムオーグリッタ


馬連
5-1 5-2 5-6

5-7 1-2

三連複◎フォーメーション


小倉12R
3歳上500万下 ダ1000m

1000万クラスでも連対歴のある実力馬のフライングニンバス、
500万に入れば圧倒的に速力が上の存在ながら、さすがに休みが長過ぎて
息持ちがと聞いていた前回の結果はスピードは見せたものの、最後は息切れしての大失速。
担当者の見立ては悪い方で当たってしまったわけだ。

しかし、裏を返せば前走の敗戦も想定内だったということ。
一度使ってグンと上向いている。今回は終いの踏ん張りが変わってくると、
担当者も前走とはトーンが変わってきている。現級勝ちがこのコース。
内の馬を見ながら進められるこの枠もむしろプラスに働く公算大。
前走の大敗が嫌われるようなら好都合、2戦目のガラリ一変を要警戒で◎

◎14フライングニンバス

〇7アサケパワー
歩様の硬さがある馬で、初戦はそれが影響して力を発揮できず。
その時点から厩舎サイドは間違いなく走ってくるとかなり高い評価を与えていたとN氏。
その後、爪の不安が出てしまい完治までに時間が掛かってしまったが、
復帰緒戦の前走でも中間の稽古から幸がコレは走りますと感触を掴んでおり、
結果はあの好時計楽勝。そのレース後に突然各方面で評価が上がったようだが、
そもそもデビュー時から聞いていた話からすれば、あのくらい走って当然だったとのこと。
長欠明け激走の反動も見られず、この中間は元気一杯で中1週使いが決まったとのこと。
1000mにも対応できるスピードはあるし、前走もまだ余裕残しだったから上積みも大きい。
連勝できると思っていますと、厩舎サイドは今回も強気一辺倒。

▲9シルバードリーム
デンのスピードは500万では上位のランク。降級二戦目で平坦替り
52キロで粘り腰に期待


☆13メモリーフェーブル

△5マルクデラポム

△3タマモスズラン

△8メイショウカズヒメ

馬連
14-7 14-9 7-9

14-13 14-5 14-3 14-8

三連複◎〇フォーメーション

本日は以上です。

ご自身の判断の上 御楽しみください。


オムモ太郎

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。

omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2017/7/29 13:10 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ