的中無料公開中

※この記事は、2017/7/2 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)1048

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

07/02(日)
函館11R
巴賞
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 6 サトノアレス 1:46.5
2 7 7 アングライフェン クビ
3 4 4 ナリタハリケーン 3/4
払戻金
単勝 6 150円 1番人気
複勝 6
7
4
110円
120円
870円
1番人気
2番人気
8番人気
枠連
馬連 6-7 320円 1番人気
ワイド 6-7
4-6
4-7
180円
1,910円
2,910円
1番人気
20番人気
23番人気
馬単 6-7 420円 1番人気
3連複 4-6-7 7,280円 22番人気
3連単 6-7-4 17,000円 52番人気
WIN5 1,073,580円 1番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
7着 1 1 マイネルディーン 29.3 6 56.0 牡8 丹内祐次 美浦鹿戸雄一 476.0
4着 2 2 ダンツプリウス 7.3 3 56.0 牡4 丸山元気 栗東山内研二 500.0
5着 3 3 スーパームーン 11.9 5 57.0 牡8 蛯名正義 美浦藤沢和雄 510.0
8着 5 5 トウシンモンステラ 37.0 7 56.0 牡7 小崎綾也 栗東村山明 486.0
1着 6 6 サトノアレス 1.5 1 54.0 牡3 C.ルメール 美浦藤沢和雄 510.0
2着 7 7 アングライフェン 4.1 2 56.0 牡5 岩田康誠 栗東安田隆行 472.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:14点
購入金額:1,400円
払戻金 :0円
収支  :-1,400円
回収率 :0.0%
馬/組番:14組
馬連
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:5点
購入金額:500円
払戻金 :320円
収支  :-180円
回収率 :64.0%
馬/組番:6ー**
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー7
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー7
合計購入金額:2,100円   払戻金:320円  
収支:-1,780円   回収率:15.2%
昨日の開幕週である福島で
早速の万券GETです。
▼ ▼ ▼
福島11R
〇ワンスインナムーン
▲アレスバローズ
△ユキノアイオロス
(11人気・単勝56.1倍)
3連複 1万4660円的中
馬連  1000円的中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
平坦巧者のユキノアイオロス 9歳馬ですがある意味福島専用機
△に拾えるのが現場の諸氏

夏はドル箱が合言葉です。 本日もどうぞご期待下さい。

尚 天候は中京は晴れる予報 福島は夜から降雨ですので
ご留意ください。

次週の川崎スパーキングLはここで公開です。
https://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=3260 


本日の予想

中京7R 3歳500万 ダート1800
牝馬

注目オーナーで取り上げた金子氏のジャーマンアイリスに期待の矢
ここ二戦で好位の競馬でスピードの持続力は高いと吉田師
限定戦の勝ち得となるここは予定通りの参戦
晴れる日曜日なら多少渇くであろうからこの馬としては期待大

◎16ジャーマンアイリス


〇1アオイテソーロ
骨折のため約5ヶ月ぶりの競馬。この厩舎らしく帰厩してからの本数が少なめで、
やや急仕上げの印象は拭えないところだが、
今週の動きは抜群だったし、態勢は整ったと見たいと厩舎は色気タップリ。
減量起用で多少恵まれた面はあったにせよ、前走が完勝と言っていい競馬。
鞍上も最後はモノ見をしていたくらいだし、上のクラスでも通用しますと言い切っており、
実際、負かしたテイエムアンムートが既に500万を勝っている。
その比較からしても現級通用の下地アリ。
牝馬同士なら何とかなっていいと、馬券的には一発目のココが狙い目という声は少なくない上
うるさ型の新興オーナーに名手が52で騎乗から大駆け十分とN氏

▲13カリーニョミノル
多少使い詰めゆえに大きな上積みはないようだが、ソフトな調整でレースを使うこの厩舎らしく、
痛みはないという報告。現級連続2着と既にクラスのメドは立っており、
今のうちに勝たせておきたいと、厩舎サイドのトーンは高い。
中京コースは初めてとなるが、2走前に東京で走った時の走りが悪くなかった。
むしろ適性は高いと見ているとは助手の話で1800ベストであれば好勝負であろう

☆5アドマイヤウイング
セレクトセールで兄弟馬が上場 休養明けとなるが外厩しがらきで乗り込んでいる
ことから厩舎のコメントは慎重だが1800ベストで狙い済ましての使いであり
セール前でオーナー的に欲しい賞金と言える


△15ヒダロマン

△2ショウナンアーダ

△7ラックアサイン

△8エキドナ

△12エヴォリューション


押さえ9


馬連
16-1 16-13 1-13

16-5 16-15 16-2 16-7 16-8 16-12

三連複◎〇フォーメーション


中京8R
3歳上500万下 芝1200m

降級馬0のここ アタックバイオに白羽の矢

唯一の勝ち星はダートだが、手っ取り早く勝てる条件を使うという方針で、
一番相手が弱いところを選んだ結果。
厩舎は誰一人としてこの馬をダート馬だとは思っておらず、立て直してパワーアップしている今回
コレは勝ち負けと自信を持っているらしい。
線の細い馬が多いこの母系にしてはシッカリしたタイプで、
以前からこの血統の中で一番楽しみがあるとも言われていた素材。
ここ改めて真価を問う一戦。

◎6アタックバイオ

〇14サウンドテーブル
準地元オーナー馬で重賞に合わせての使いであるが距離短縮の前回で変り身を
見せての4着。陣営いわく前で運べるこの距離の方がいい 多少時計が掛かるのは
プラスと評価

▲9ビックリシタナモー
ここ3戦がメンバー最速の上がり。それで差し切れるところまで行かないのは、
前半で位置を取れないせいであり、まだ甘いのだが、厩舎サイドは2走前あたりから
体質がシッカリして稽古の良さを実戦で活かせるようになってきたと話しており、
この馬に対しては意外に評価が高いとN氏。
使い詰めとなる今回にしても疲れは見られないし、稽古の動きは相変わらずイイと前向きな話
流れ次第で後方一気が利きやすい中京コースで、待望の2勝目を狙っている

☆15アンバーミニー
新馬戦で快勝後、気性の悪い部分が出て凡走していたが距離を縮めて
やや復調ムード。1200が現状ではベストでしょうと陣営。
癖を掴んでいる騎手で仕上がりの良さがレースで出れば期待していいとN氏


△7ペスカネラ

△12エスペランサリュウ

△5ダッシャークワトロ

△3ナーウル


馬連
6-14 6-9 9-14


6-15 6-7 6-12 6-5 6-3

三連複◎〇フォーメーション


福島9R 雄国沼特別
3歳上500万下 芝1800m

金曜レポで取り上げたのが
マツリダウメキチ

2016年の千葉サラブレッドセールで最高価格の8640万円で取引された馬。
セレクトセールで1億超えとなった兄(中央未勝利で現在は高知競馬のドラゴンテリー)
もそうだが、兄弟ともに詰めが甘く、
マツリダウメキチも5戦目にしてようやく初勝利をあげたばかり。
普通に考えれば、昇級初戦の今回はどうかと思うが、
社台F担当は、相手なりに走る馬だし、器用さがあり前で競馬ができて
渋太いタイプだから小回りの福島はピッタリのイメージ。
現場担当の話では勝った後に休ませて体も成長しているし、
稽古の動きも以前よりキビキビした動きができているとのことなので楽しみにしているとのこと。
ここ3戦手綱をとった戸崎騎手が中京で騎乗することから北村宏司騎手に乗り替わるが、
乗り難しい馬ではないので問題はないだろうと陣営。
降級4歳馬不在のここは勝ち負けになってもいいとT氏

オーナー準地元であるここは期待大

◎8マツリダウメキチ

〇2アピールバイオ
去年の福島1週目に8馬身差の圧勝で新馬勝ちを収め、
クラシックを目指してレベルの高いレースで善戦を続けてきたが
結局2勝目には手が届かず、春はG1への出走は叶わなかったのだが、
立て直して古馬500万からの出直しとなる今回は結果が求められる一戦。
使い詰めで最後はガタガタになってしまったので放牧へ。
しっかり疲れは取れて良い状態で戻ってきたし、福島は強い勝ち方をした舞台と
陣営の期待は大きいとT氏。


▲11ミッシングリング
1800の適性は高評価のこの馬。古馬対戦の前回では好時計で上がりの競馬に
持ち込んで3着はこの相手なら上位の評価とT氏
馬場が不良になるとどうかだが、開幕週の馬場なら先行策から克服可能と陣営。

☆9ヨシノザクラ
近2走は新味を求めてダート戦を使ったが結果が出ず、
やはり芝向きという結論になったということで今回は芝の1800m戦に臨む
今回の注目は条件より状態。今回はデビュー以来一番と言えるデキと厩舎サイドが豪語するほど
この中間の休養がかなり良い効果になったとT氏。
元々関係者の期待は高かった良血馬で、今回の雰囲気なら好勝負に持ち込めるだろう。
オーナー氏は例年この時期福島に入るのが恒例であり要警戒である


△3セイウングロリアス

△12パフォーム

△4プレシャスギフト

押さえ6

馬連
8-2 8-11 2-11

8-9 8-3 8-12 8-4


三連複◎〇フォーメーション


函館11R 巴賞
3歳上オープン 芝1800m

G1馬サトノアレスを始め久々の馬は次の函館記念を見据えていたり、
使えるレースがないので、やむを得ずに出走の馬で8頭と淋しい頭数になってしまった
レースである
その中でアングライフェンだけは、この巴賞が目標のレースだとAH氏。
小回りのココを考えて、前走から横山騎手に出して行く競馬をしてもらいました。
スタートで遅れたのでハナは行けませんでしたが、それなりの手応えはあり良い内容。
中間も順調だし、前走の競馬が今回活きると思いますと陣営。
この巴賞に賭ける気合はメンバー中一番とAH氏


サトノアレス
ゲートさえ出れば勝ち負け

古馬相手は初となるものの、朝日杯を勝っているこの馬なら
このメンバーでは力が上と考えて良いだろう。
競馬場こそ違えど、札幌でコーナー4つの洋芝は経験済み(2着、2着)。
皐月賞後はダービーやNHKマイルをスパッとやめて休みに入り、
ここに照準を合わせてき順調な仕上がり。
54キロの斤量も有利で取りこぼしは許されない状況に思えるが、
ゲートだけが問題。まだ今の函館は前が残るだろうから。
ルメール騎手もそのあたりは分かっているので上手く出てくれれば勝ち負けになると思うと陣営。
万が一、前残りになったらもう1頭のスーパームーンが頑張ってくれるんじゃないかとは現場担当。
サトノアレスとスーパームーンは同じ藤沢和厩舎の馬で、同じ社台Fの生産馬。
つまり藤沢和厩舎、社台Fは2段構えであわよくばワンツーを狙っているということだ。


◎6サトノアレス

〇7アングライフェン

▲3スーパームーン
洋芝適性から条件的に期待していいが不安はマユ毛騎手
このところ爪の不安でコンスタントに使えていないので前受けしないと
脚の持続力が残るかどうか 不安あり。

☆1マイネルディーン
オープン特別では3着2回とソコソコ 地元騎手の丹内騎手とすれば
このレース相性がよく上位にマークしておきたい1頭とAH氏


△2ダンツプリウス

△5トウシンモンステラ

馬連
6-7 6-3 7-3

6-1 1-7 6-2 6-5

三連複◎〇フォーメーション


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2017/7/2 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ