的中無料公開中

※この記事は、2017/2/11 12:30 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)986-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/11(土)
京都8R
4歳以上500万下
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 7 フォンターナリーリ 1:50.6
2 2 2 ドルチェリア クビ
3 1 1 インテグリティー 1 1/2
払戻金
単勝 7 350円 2番人気
複勝 7
2
1
130円
110円
140円
2番人気
1番人気
3番人気
枠連 2-7 430円 1番人気
馬連 2-7 580円 1番人気
ワイド 2-7
1-7
1-2
250円
370円
240円
2番人気
4番人気
1番人気
馬単 7-2 1,170円 2番人気
3連複 1-2-7 800円 1番人気
3連単 7-2-1 3,390円 1番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 インテグリティー 5.6 3 56.0 牡4 武豊 栗東高橋義忠 478.0
2着 2 2 ドルチェリア 2.5 1 56.0 せん4 岡田祥嗣 栗東笹田和秀 520.0
10着 4 4 トウショウコマンチ 15.9 7 56.0 牡4 鮫島良太 栗東角田晃一 516.0
8着 5 5 アドマイヤカロ 10.7 6 57.0 牡6 和田竜二 栗東中尾秀正 538.0
4着 6 6 ワンダーアビルマン 10.0 5 56.0 牡4 小牧太 栗東佐藤正雄 490.0
1着 7 7 フォンターナリーリ 3.5 2 54.0 牝4 M.デムーロ 栗東中内田充正 482.0
6着 8 10 チャイマックス 9.0 4 54.0 牝4 S.フォーリー 栗東池添学 478.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :800円
収支  :-1,100円
回収率 :42.1%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:6ー7
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー**
合計購入金額:2,600円   払戻金:800円  
収支:-1,800円   回収率:30.8%
京都7R
4歳上500万下 ダ1200m


期待の矢はダノンメモリー

先行する脚を見せたものの、直線は失速してズルズル後退。
内容的には見せ場に欠けるものだったが、キャリア2戦目、長欠明けと明らかに厳しい条件が
揃った一戦であり、実際、厩舎サイドもココは叩き台。使ってからの勝負になると、
戦前の段階で弱気な話に終始していたという経緯
そんな仕上がり途上の段階を考えれば、むしろあれだけ走れたことに大きな収穫とN氏。
やはり走りますとなった今回は、前走とは打って変わってキッチリ仕上げる中間の調整。
スピードはもちろん、ハイペースだった前走でもハミを噛んで走るほど前向きな馬で、
この距離短縮も大歓迎という見立て。
コレは勘定していますと、テキは随分自信を持っているようだ。


◎15ダノンメモリー

〇16オンリーワンスター
理想が阪神であることは否定しないが、ココに来て馬が完全に本格化しているという報告。
テキも具合の良さにかなり自信を持っているようで、
決められると思うよと、関係者に自信のほどを語っていたというN氏。
前走は狙っていた進路を締められる痛恨のロスがあり、立て直して伸びるも
時既に遅しといった内容。
ボクが上手く乗っていれば勝っていた競馬と鞍上の森裕も語っており、
その意味で今回は雪辱に燃えている1戦。
鞍上もこの時にある程度の手応えをつかんでいたみたいと、
以前のようにハナにはこだわなくなりレースの幅が広がっていることも強調材料と陣営

▲8カジノスマイル
流れに乗れた前回はいい競馬が出来たと陣営。
中間の状態も好気配で前走以上と石橋師。
底を見せていないレベルの馬で先行押し切りも十分とN氏


☆2タガノフォルトゥナ

自己ベストを楽にマークした1週前追い切りの時点で体調の良さを聞いていた馬だが、
当週になってもトーンは落ちることなく、むしろコレは一発あるぞとさらに盛り上がりを増した様子。
前走が物足りない内容だったことは確かだが、
それを差し引いても期待したくなる話と、この厩舎に精通したR氏も色気アリの報告を入れてきている。
2走前は鞍上の完全なヘグリで、直線丸々何もできず入線した結果で度外視可能。
3走前は現級で小差の競馬、実は相手ひとつで通用の下地は見せておりオーナー地元で脅威。


△3カフェライジング

△4ワキノハガクレ

△11ハーツジュニア

△14モズワッショイ


馬連
15-16 15-8 16-8

15-2 15-3 15-4 15-11 15-14

三連複〇◎フォーメーション


京都8R
4歳上500万下 ダ1800m

馬場状態からフォンターナリーリが人気であろうが
アドマイヤカロやドルチェリア トウショウと逃げたいタイプが揃い
展開的に有利がノースHのインテグリティー◎


未勝利勝ちの内容が良く、昇級してもすぐに通用すると札幌でウワサになっていた馬。
その後、クラス慣れに少々時間が掛かっている印象もあるが、
休み明けの当時はあんまりデキが良くなかったというのが、担当の本音。
使いつつ徐々に良化してきたとのことで、ようやく胸を張れる状態が整った前走で2着と健闘、
まだまだ上積みがあります。休養明けで一番イイという今回が、勝ち上がりを狙う勝負鞍。
武豊も2度乗って完璧に個性を把握した様子で、展開さえ向けばいつでも勝てるとジャッジ。
かなり相手に恵まれた今回は、何としても結果を出しておきたいところとN氏。


〇7フォンタナリーリー
未勝利戦で8馬身完勝時が不良馬場 先般1000万を勝利したマインシャンツと
3歳当時僅差の好時計で2着。単騎で脚抜きのいい馬場で行けれるようなら
好機のタイミング。立て直した今回状態はベストと陣営。後はスタートだけ

▲6ワンダーアビルマン
以前はテキがワンダーアキュートの後釜になってもらいたいとまで期待していた馬。
実際、評価通りの出世が期待できる内容で走っていたこともあるのだが、
無駄使いした一戦を契機に一旦は完全に失速。コレは時間が掛かると、
和田や厩務員が揃って残念がっていたこともあったとN氏。

そんなこの馬に、久々にイイ話が入っていたのが前走。
良かった頃の気配が戻ってきた。ソロソロ見せ場は造れると思うと、トーンが上がっていたのである。
結果、馬券には絡めなかったが、終いに目を引く脚を見せて掲示板確保。
キッカケが掴めたと、大いに盛り上がったレース後の厩舎。
更なる着順アップが期待できる鞍。小牧とも手が合うタイプだけに、
一気に勝ち上がりまで視野に入るところとN氏

☆10チャイマックス
〇と同系のオーナーサイド。周りを気にする性格で砂を被ると競馬をしないタイプ
今回は頭数も少なく外枠でブリンカー効果が出れば力はあるので密かに期待という陣営


△5アドマイヤカロ

△2ドルチェリア

△4トウショウコマンチ

馬連
1-7 1-6 6-7

1-10 1-5 1-2 1-4

三連複〇◎フォーメーション



小倉9R
4歳上500万下 ダ1700m


金曜レポで取り上げた小倉専用機九州オーナーのカシノランドに期待の矢

年明けに復帰して9.9.4着。もともとがタフに使い込んで結果を出してきた馬らしく、
今回もハードなローテに応えて着実な上昇カーブを描いてきた印象とN氏。
そもそも通算(1-6-4-22)のうち、(1-4-3-13)が中1~2週。
まして今回は得意の小倉ダート千七。勝ち負けを期待と厩舎サイド。オーナー地元で
もう目が離せない。

◎10カシノランド

〇7ウォーターバオバブ
3ヶ月の休み明けの上に今回初の1700mに挑戦。
太め感なく仕上がりは良いです。2走前に2着とこのクラスでもメドが立っていますが、
1200mだと追走に手一杯で忙しく追走でかなり脚を使って最後苦しくなってしまいます。
距離延長は歓迎のクチでしょう。京都の1400mも考えましたが、京都では相手が揃うので、
ローカルの1700mの方が可能性があると見てコチラにしましたと陣営。
色気があるからこその遠征と踏んでいいとN氏。

▲15テイエムマンカイ
デビューが遅れて既走馬相手に2着。その後名古屋に転出し6勝を上げ
再度転厩してきたこの馬。体質が強化されたことでテンから揉まれる競馬も克服
オーナーも期待していた1頭であるとN氏、
マンハッタンスカイの下、故に先行出来ればここは要警戒の地元オーナー馬


☆2レーヌドオリエント
前走の中京戦、勝ち馬に目標にされて2着だったが、3着以下は4馬身の差をつけて
地力上位のところを示した。
一度美浦に戻ってまた小倉までの輸送となりましたが、落ち着きがあり気配は安定しています。
小回りコース向きの先行力があるるし、牡馬混合でも崩れないと思いますと陣営。

△5リリーシューター

△8スノードルフィン

爆11ライトブリンガー
休み明けの前走は早めに押し上げる格好。ラストは甘くなったが、
結果的に差し馬向きの流れとなっただけにばったりと止まっていないレース内容は評価していい。
今回がクラス2走目。ひと叩きされての上積みは大きいようだとN氏。
前走はまだ7割ぐらいの仕上がりだったが、それでも十分に見せ場は作ってくれた。
クラスにメドは立ったのではないかな。乗りやすい馬でコースは問わない。
状態も上向いているし、減量騎手を起用して押し切れないかと期待を込める陣営

△14ウインランブル

馬連
10-7 10-15 7-15

10-2 10-11 10-5 10-8 10-14


三連複〇◎フォーメーション


京都10R 飛鳥S
4歳上1600万下 芝1800m外


金レポで取り上げた今週勝負の近藤オーナー
中でもクイーンC同様に期待が高くオーナーから幸四郎への餞別が
アドマイヤリード


ようやく本物になったとは須貝厩舎。かつて松田博厩舎に在籍していた頃から
クラシック候補と騒がれていた逸材が、ココに来ていよいよ本格化した様子。
前走にしても内伸び馬場をモノともしない大外一気で鮮やかな差し切り勝ち。
他馬に騎乗していたジョッキーも口を揃えて
1頭だけ別のクラスの馬が走っていたと舌を巻き、騎乗した福永も、
いや~強い。コレは大きいところを狙えますと大絶賛だったそうだ。
その後はこのレースを目標に調整に抜かりナシ。直前になって福永が乗れず、
幸四郎に替わった点だけが一抹の不安と言えばそうだが、
もう引退間近の彼に、アドマイヤ側からのプレゼントという意味合いも強い代打騎乗。
本人的にもかなり気合が入っているそうで、コレはマイナスどころか
意気込みの分でプラス材料にもなり得るだろうとN氏。


◎10アドマイヤリード

〇8ナムラシングン
準オープンならタダ貰いとまで言われた前走がまさかの2着。
厩舎としてはG1も狙えると見ているだけに、足踏みさせられたことに不満はあるようで、
だからこそ今回は絶対に結果が欲しいと力の入る鞍となっている様相。
間隔は開いたが中間から素晴らしい動きを見せており、仕上がりに抜かりはない。
鞍上池添にとっても惚れ込んでいる1頭
(神戸新聞杯では、先に決まっていたミッキーロケットをこの馬のために断っているほど)であり、
再び巡ってきた騎乗チャンスに相当燃えているという。
舞台設定に申し分はなく、荒れ馬場もこなすクチ。骨っぽい相手が揃った一戦でも、
負けられませんと、ここ勝負掛かりの一戦で逆転ならこの馬


▲5エイシンエルヴィン
昨春はエイシンヒカリの帯同馬としてヨーロッパに遠征、2戦1.10着で戻ってきて暮れに復帰。
当初はまだ馬がボーッとしてるという状態だったが、使いつつスイッチが入って攻め馬でも
本来の動きを取り戻してきた。今回3走目、週末の天気が崩れそうで面白い存在とN氏


☆6ジョルジュサンク
前回陣営とすれば、この上ない条件で取りこぼした。
短期放牧に出して乗り込んできており使われた上積みから前進は可能であるが
外コースに変り決め手勝負の馬が多く条件的にはやや不安
ただし渋るようなら先行策で期待はある

△1スズカルパン

△3マサハヤドリーム

△9ストーンウェア

△11ノガロ


馬連
10-8 10-5 10-6

8-5 10-1 10-3 10-9 10-11

三連複〇◎フォーメーション



※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2017/2/11 12:30 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ