的中無料公開中

※この記事は、2017/2/4 10:30 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)983

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

02/04(土)
京都7R
4歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 2 2 メイケイレジェンド 2:29.2
2 5 5 ニホンピロカーン クビ
3 1 1 タニノアーバンシー 1 3/4
払戻金
単勝 2 300円 1番人気
複勝 2
5
1
120円
160円
140円
1番人気
4番人気
3番人気
枠連 2-5 1,500円 4番人気
馬連 2-5 1,120円 4番人気
ワイド 2-5
1-2
1-5
360円
240円
490円
4番人気
2番人気
7番人気
馬単 2-5 1,860円 7番人気
3連複 1-2-5 1,390円 3番人気
3連単 2-5-1 7,650円 22番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
3着 1 1 タニノアーバンシー 3.5 3 54.0 牝4 C.ルメール 栗東角居勝彦 512.0
1着 2 2 メイケイレジェンド 3.0 1 56.0 牡4 武豊 栗東木原一良 478.0
4着 3 3 スティルウォーター 19.2 6 54.0 牝4 岩田康誠 栗東寺島良 400.0
5着 4 4 フォンス 3.3 2 56.0 牡4 福永祐一 栗東藤原英昭 490.0
2着 5 5 ニホンピロカーン 7.2 4 56.0 牡4 幸英明 栗東服部利之 470.0
7着 7 7 ジュンファイトクン 12.4 5 54.0 牡5 森裕太朗 栗東森秀行 460.0
8着 8 9 レントラー 26.4 7 56.0 牡5 小崎綾也 栗東松永昌博 470.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :1,390円
収支  :-510円
回収率 :73.2%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :0円
収支  :-100円
回収率 :0.0%
馬/組番:1ー4
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :1,120円
収支  :+520円
回収率 :186.7%
馬/組番:2ー**
合計購入金額:2,600円   払戻金:2,510円  
収支:-90円   回収率:96.5%
次週京都記念にはマカヒキが参戦で小倉ウインター開催が
開幕ですが

京都記念と小倉プレミアでは恒例のまさかが起きるのが
競馬界隈の常識

2014年の京都記念
勝ち負け印上位は◎ラキシス
▲トーセンラー、特注★デスペラードとして買い目示唆
▲★馬連4270一撃的中
まさかが起きた現実が真実であります。

更に小倉プレミアでは、関門橋ステークスにて◎カチューシャから
◎○ 1040円○◎△で
馬連 1040 3連複 18190 3連単62810
ズバリ一撃的中

是非とも京都記念、小倉プレミアはお見逃しなきように
是非便乗して見て下さい。

詳細は月曜日に。


本日の予想

京都4R 4歳上500万
ダート1800


金曜レポで取り上げたシゲルキハダマグロが穴

トレセンでは、とにかく稽古駆けしないことで知られているこの馬。
前走時も、休み明けの転厩初戦だったとは言え、3週続けて坂路で一杯に追われて
それぞれ56秒8、55秒4、56秒8、終いもバタバタというヒドイ有様。
それがひと息入れたこの中間
1週前に53.1-38.9-25.3-12.6で自己ベストをマークすると、
今週の最終追い切りでも54.4-38.9-25.2-12.7。同馬にしては非常に優秀な部類と言え、
厩舎も全然動かないって聞いていたけど、この2週に限って言えばそんなに気にならなかった。
ココにきて馬が変わってきたのかもしれないと話していた。

もともと現級で2着2回、現オープン・ピットボスと0.2差の好走歴もある実力馬。
明け4歳、本格化ムード漂う今なら500万ならアッサリ突破しても驚けないとN氏

勝ち切れるとは断言できませんが、まず間違いなく大幅に前進してくれると陣営期待で〇

◎6オーパ
1頭入魂の岡田騎手 手の内に入れた馬では概ね馬券に貢献している
前回は先行した馬が勝利する展開で隊列が大きく離れたケース
それでも終いの脚は上がり最速であり馬群が固まる展開ならここでは上位

〇1シゲルキハダマグロ

▲5ロバストミノル
長くいい脚が使えるようになりつつあると陣営。前回の競馬も相手が強いことも
あれば、クラスでの目処がたつ競馬と評価すべきとN氏
二度目の騎乗の騎手も手ごたえは掴めた様で好勝負必須

☆10サウスオブオーダー

△2ミスターウインディ

△4グラスレグナム

△12コパノアラジン

△13シルバーソード


馬連
6-1 6-5 1-5

6-10 6-2 6-4 6-12 6-13

三連複◎〇フォーメーション



京都7R
4歳上500万下 芝2400m外

金レポで取り上げたメイケイレジェンドに白羽の矢


2走前に乗った四位が、稽古の段階でオープン馬の動きと絶賛した背景。
長欠明けを叩き、鞍上も武豊に替わった前走で見せ場タップリの2着と、
早々に変わり身を見せるあたりが、名手も認めたポテンシャルという。
その後も大きな反動は見られず順調そのもの。
むしろ叩き3戦目で状態はピークとは担当。
ユタカも前走で手応えを掴んでおり、今回は決めに行く騎乗になるでしょうとは
近しいN氏の話。厩舎サイドからも頭数も頭数だし何とか決めてほしいと、星勘定の声。

◎2メイケイレジェンド

〇1タニノアーバンシー
地元大物オーナーの谷水氏 陣営からは放牧を経てじっくり仕上げて
いきなりでもやれるレベルと豪語。休養前の対戦相手のヴォージュが既に1600万
折り合いに不安もないので好勝負十分とN氏


▲4フォンス
今週のオーナーで取り上げたダーレ軍団。放牧明けであるが乗り込み豊富で
こちらもいきなりでもやれるレベルとN氏。シャケトラやショパンとソコソコの競馬
メンバーの低下から通用のレベル

☆5ニホンピロカーン
服部厩舎にとって、この馬は数少ない金の卵だという。
初勝利に時間が掛かったものの、勝ち上がる前の段階からこの馬はこれから良くなる。
先々は上のクラスまで行けるはずと、この厩舎にしては並々ならぬ期待を聞いていたとN氏。
昇級後も流れが噛み合わず勝ち切るところまで行っていないが、
レース内容はドンドン良くなっていますと乗り手も認めている。
前走は雪の影響もあって滑りやすい馬場に完全に脚を取られており、向正面でバランスを崩し、
4角でも横滑りするような格好を見せていた。あれは完全に参考外。
今週の坂路で自己ベストをマークするなど、ソロソロ出番がありそうなムード。


△3スティルウォーター

△7ジュンファイトクン

△9レントラー


馬連
2-1 2-4 1-4

2-5 2-3 2-7 2-9

三連複◎〇フォーメーション


東京7R
3歳500万下 ダ1400m

ダ-レの二頭出しでありワンツーも十分有り得るここ

中ではアフターバーナーに期待の矢


初勝利こそ福島の1150m戦だったが、左回りの1400mが合うタイプということで
昇級後は東京、中京のこの距離にこだわって使われている。
前走は強い関西馬に逃げ切られてしまい展開が合わなかったが、
東京の方が差し脚が活かせそうだし、今回はほぼ関東馬同士のレース。
ここまで戦ってきた相手を考えれば巻き返せると陣営は巻き返しに向けてヤル気十分。
まだまだ見限れない1頭であり 中心視

◎8アフターバーナー

▲9ジョイフル
攻め駆けするタイプにしても、1週前に見せた美浦坂路の動きは素晴らしいとT氏
馬なりの手応えで、昨年末マークした自己ベスト52秒2を0.7も更新。

今週はサッと流して53.7-38.7-25.6-12.8。
年明けからココまで緩めることなくシッカリと乗ってきました。今週はもう微調整程度。
動きはもちろん、馬体に太め感もなく、キッチリ仕上がっていますと陣営
態勢は整っていると見て良さそうとT氏。

〇14ミセスワタナベ
デビュー戦で負かした2着馬が500万特別で3着 レベルの高い関西遠征で
同着のオールPはその後500万で3着というレベルで関東馬中心のここなら
スピード上位で差す形でも対応できたことで気性の粗さがあるので如何にカバー
するかだけと陣営

☆15キャプテンキング
行き脚がない分置かれてしまうが末脚の切れは中々とT氏
コース相性も抜群であり、オーナー地元のここ。流れ次第では要警戒の減量騎手

△3サンマルライバル

△5アニマルインミー

△13トロピカルスパート

△4ファンヴィー

爆2ミスパイロ
ダート替わり初戦を快勝し、続く500万条件でも3着と中山ダート1200mで好内容の競馬を見せた
関係者の間では1200mは本質的には少し忙しい。東京に替わればさらにやれると言われていた。
今回はさらなる前進が見込めるタイミングだとT氏。
外からスムーズな競馬をしたいと陣営は話していたのでこの枠だけが懸念だが、
今年好調の鞍上が上手く捌けば勝負になるはず。


馬連
8-14 8-9 9-14

8-15 8-3 8-2 8-5 8-13 8-14 8-4

三連複◎〇フォーメーション


東京8R
4歳上500万 ダート1600


金曜レポで取り上げたレレマーマ
姉にウリウリ、弟にマカヒキがいて、いずれも金子オーナーの馬。
この馬が兄弟と違うのは父がディープではなく、カネヒキリであること。
父がカネヒキリということでこれまでダートを使われ、3戦1勝。
素質的には1勝で終わるような馬じゃないと陣営。
骨折があったり、体質が弱くて順調に使えず、今回も1年半ぶりのレース。
ノーザンの担当が現場に話を聞いたところ
これだけ休みが長くなると走る気を出してくれるか心配だが
能力的には1000万でも通用すると思っているので、500万ならいきなり好勝負になってもとのこと。
マカヒキの兄ということから人気になるかもしれないが、
休み明けが嫌われてそれほど人気がないなら、押さえるのはありとT氏

今回は18ヶ月ぶりであり▲

逆に人気のカンタオールであるが前回は重馬場で脚抜きがよく
時計が早い日であり過信は禁物

それ故当該コースで2-4-0-6の東京専用馬であるラインフェルス
は良馬場の秋の東京1600で1000万フクノGと0.2の競馬
乗りなれた石橋騎手で差しの展開になりそうな今回は期待大の地元オーナー馬で◎


◎16ラインフェルス

〇15カンタオール

▲8レレマーマー

☆2アキトプレスト
◎と0.3の競馬 先行タイプで今回1枠。自分のリズムで先行できそうな今回
実力的には十分上位に期待と陣営

△4カズノテイオー

△3プライズコレクター

△7ベバスカーン

△11スケールアップ

押さえ14

馬連
16-15 16-8 15-8

16-2 16-4 16-3 16-7 16-11


三連複◎〇フォーメーション


京都9R 稲荷特別
4歳上1000万 芝2000


人気のサトノケンシロウであるが金レポで取り上げたように危険な人気馬

今回も牧場で休んでいたんだけど、なかなか気性が良くならなくて、
ここまで間が開いた。正直、まだ状態面は本物じゃないけど、
さすがに2億を超える馬を骨折でもないのにずっと置いておくわけにはいかないからという事情で
の出走。人気になっても今回ばかりは過信できないというのが生産サイド。


となれば番手の競馬でオウケンブラックに白羽の矢
前走7着に蛯名騎手は下がってくる馬も居て、変な流れになってしまったと敗因を挙げて
陣営はなかなか勝てない鞍上に嫌気・・。今回2年前に2着している同レースでデムーロ騎手が
空いているのを見つけ、陣営は願ったり叶ったりで京都遠征を決断した経緯。
陣営はこのクラスは勝てる力を持っているし、スムーズな競馬ならと改めて期待しているとのことです。
大外枠ならば前走のようにゴチャつく競馬に巻き込まれることはなく、
ヒルノが逃げて番手で運べれば本来の堅実さが発揮できるとT氏


◎10オウケンブラック

〇7ヒルノドンカルロ
休養明けを使われつつ良化。前回では粘り腰を発揮
今回は内コースで前回より有利に運べる条件。クラス上位は明らかで
差タイプがサトノをマークするのは明白であり展開利から粘りこみに期待

▲8サトノケンシロウ

☆1リエセンヌ

△9ウェスタールンド

爆5メジャーステップ

ノドの手術を施し、ダートから芝への路線変更、そして初ブリンカーと、
ありとあらゆる手を尽くしてきた今回。休み明けの前走を叩いて馬の気配はガラッと変わって
きているらしく、それも合わせて復活するなら今回しかないと、厩舎スタッフは密かに色気を持っている
とT氏。ココで何もないようなら引退という話も出ているとのことで、今回はまさに背水の陣。
どんな走りを見せるか要注目。変わり身材料に溢れている以上、馬券的にも押さえは必須。

馬連
10-7 10-8 7-8

10-1 10-9 10-5

三連複◎〇フォーメーション

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2017/2/4 10:30 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ