的中無料公開中

※この記事は、2016/11/26 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月9日 〜 2016年12月8日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)953

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

11/26(土)
東京7R
3歳以上500万下
3連複 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 7 11 サンタフェチーフ 2:28.5
2 7 10 ミヤビエンブレム 1 3/4
3 8 12 マコトギンスバーグ アタマ
払戻金
単勝 11 2,180円 6番人気
複勝 11
10
12
430円
160円
170円
6番人気
2番人気
3番人気
枠連 7-7 3,930円 13番人気
馬単 11-10 9,920円 32番人気
馬連 10-11 3,650円 13番人気
ワイド 10-11
11-12
10-12
1,130円
1,500円
370円
12番人気
17番人気
3番人気
WIN5
3連複 10-11-12 4,510円 13番人気
3連単 11-10-12 38,540円 130番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
6着 3 3 グランドバローズ 2.6 1 55.0 牡3 R.ムーア 美浦堀宣行 460.0
9着 4 5 ダイチラディウス 32.8 7 53.0 牡3 原田和真 美浦和田雄二 456.0
5着 6 8 アスコットチャンプ 7.0 4 55.0 牡3 大野拓弥 美浦新開幸一 474.0
10着 6 9 フォルトファーレン 8.3 5 57.0 牡7 石橋脩 美浦大和田成 468.0
2着 7 10 ミヤビエンブレム 4.2 2 55.0 牡3 内田博幸 美浦高橋文雅 506.0
1着 7 11 サンタフェチーフ 21.8 6 55.0 牝4 戸崎圭太 栗東斉藤崇史 474.0
3着 8 12 マコトギンスバーグ 4.7 3 57.0 牡4 蛯名正義 美浦尾形充弘 478.0

予想買い目の収支
3連複
買い方 :フォーメーション
指定方式:馬番
組合わせ:19点
購入金額:1,900円
払戻金 :4,510円
収支  :+2,610円
回収率 :237.4%
馬/組番:19組
馬連
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:100円
払戻金 :3,650円
収支  :+3,550円
回収率 :3,650.0%
馬/組番:10ー11
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:6点
購入金額:600円
払戻金 :0円
収支  :-600円
回収率 :0.0%
馬/組番:3ー**
合計購入金額:2,600円   払戻金:8,160円  
収支:+5,560円   回収率:313.8%
香港競馬 馬券販売にともない 12月11日の香港競馬G1
香港C 香港スプリント 香港マイル 香港ヴァーズ
予想配信をレジまぐ内にてプレミアオフレコにて配信の予定です。

http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=4960

監修はオーナーM氏です。
詳細などは後日改めてご案内します。


昨今の生産、馬主部門において最大手と言えば社台グループであることに
異論を唱える人は少ないだろう。生産者は社台グループの種牡馬を付け、
馬主は社台系生産馬を購入する。そして厩舎、騎手においても社台グループ関連の馬を
預かりたい、騎乗したいという考えを少なからず抱いていることは否定できない。

そんな状況下にあって社台グループと距離を置いているのが栗東の昆貢厩舎。

2000年の開業以来、クラブ法人をはじめとする社台系オーナーの所有馬は
一切預かっておらず、社台系生産馬という点においても管理したのは僅か2頭。

社台グループとのコネクションをほぼ持たない昆厩舎だが、
2008年ディープスカイで制した日本ダービーをはじめGI5勝を挙げるなど、
名だたる実績を残しているのはひとえに厩舎力によるものという関係者の声も多い。

その昆厩舎が土曜日京都5R2歳新馬へ管理するマイスタイル(父ハーツクライ)を送り込む。

以前よ走ってくれないと困ると明言していたほどの期待馬マイスタイルを評判馬が揃う
この一戦にあえてぶつけてきた昆厩舎だが、現在最も繋がり深いオーナーの1人である
寺田千代乃氏の所有馬となれば、そこに相応の覚悟があることは言うまでもない。
血統馬がいっぱいいるから、ウチのは相手にもされないだろうけどと
関係者は名だたる良血馬へのライバル心をチラつかせながらも、
その表情からは確たる意思が感じられたとN氏。


本日の予想

東京7R
3歳上500万下 芝2400m


未勝利を勝った際、鞍上のモレイラ騎手が
未勝利にまだこんな化け物がいたのかと大絶賛していたのがグランドバローズとT氏
能力的には重賞クラスというこの馬がなぜ夏の北海道まで未勝利にいたかと言えば、
やはり気性面。
石橋脩騎手に乗り替わった前走が出遅れ、向正面で持って行かれるように進出、
直線ガス欠という形で人気を裏切ったように、気が強すぎてコントロールが利かないところがある。
そういう馬だけに、今回の豪腕ムーア騎手への乗り替わりは絶好も絶好。
この秋猛威を振るった堀×ムーアの黄金コンビという点も踏まえ、
ココは大いに期待していいだろう。

◎3グランドバローズ

〇11サンタフェチーフ
今回が10ヶ月ぶりの復帰戦となる。休養前は成績的には奮わなかったが、
どうやら状態が一息のままダラダラと使い続けてしまったという話で、
結局脚元に不安が出て一旦リセット。
この休養中に高野厩舎から斉藤崇厩舎に転厩している。
ただ、3歳時から素質の高さは評判になっていた馬で、転厩先のスタッフも
動きを見る限り、このクラスなら即通用のレベルですと好感触を抱いているとのこと。
おそらく人気にはならないタイミング故に、先物買いのつもりで狙っても面白そうだと
N氏。ちなみに、鞍上の戸崎はこの条件への遠征を見据えて3週前から
エージェントから押さえていたようだ。


▲10ミヤビエンブレム
オーナー地元となるここ ベストではない福島を叩き条件好転の東京に合わせて
良化急と陣営。3歳春当時は現OP馬と3着があり、重賞勝利のある馬と2着があるレベル
長くいい脚が使えるタイプでここは期待十分


☆12マコトギンスバーグ
左回り巧者であり中々勝ち切れないタイプであるが展開次第ではチャンスありとT氏


△5ダイイチラディウス

△8アスコットチャンプ

△9フォルトファーレン

馬連
3-11 3-10 10-11

3-12 3-5 3-8 3-9

三連複◎〇フォーメション


京都7R
3歳上500万下 芝1800m外


前回人気を背負いスタートで出遅れてスローの上がり勝負で取りこぼしたのが

ロードプレミアム


約1ヶ月、厩舎でジックリ乗り込み態勢は万全。
500万が壁になる馬じゃありませんとスタッフも口を揃えており、
緒戦から注目を怠れない存在になりそうだとN氏。
まだ素質に体が追いついていない現状ではあるが、厩舎内でもデビュー時から評価の高い馬だけに、
ソロソロ軌道に乗せたいという意気込みは強いという。
鞍上はルメール。もちろん決めてもらいたいからこその依頼であり、
そのルメールは以前に乗った際に外回りコースだったら勝てると
広いコースへの適性を陣営に伝えていることからここは挽回の鞍


◎16ロードプレミアム

〇2サウンドバーニング
休み明けの前走は叩き台。そこを使ってココで勝負は既定路線であり、
この中間は型通りの良化を誇示とN氏。
少し馬体がフックラしてくれれば言うことナシと前置きしつつ、
前走とは比べ物にならないくらい良くなっていますと、担当も上積みの大きさを強調していたという。
現級勝ち馬であることだけでなく、かつては武豊も絶賛したほどの好素材。
粒揃いのメンバー構成ゆえに人気の盲点だろうが、
コレは一発の可能性を秘める楽しみな穴馬。


▲17アッフィラート
前走はゴール手前で勝ち馬が内にモタれ、大きくバランスを崩す不利。
勝っていたとは言わないが、間違いなく2着はあった。
この結果に陣営はあの不利は痛かったと話していたほどとN氏。
それでも、このクラスで十分に通用することがわかった。今回は休み明けをひと叩きした
上積みが見込めるし、1ハロン短縮もいい。改めて期待と助手が話しているように、
収穫はあった様子。前走は度外視していい一戦だけに、ここでの好走に期待。


☆15リーサルストライク
このクラスは勝利があり休養明けを叩き良化急と陣営。
その前回は勝利した馬が先週1000万も勝利のレベルで0.4差ならここなら通用のレベル

△18テイエムナナヒカリ

△9ココファンタジア

△6エールデュレーヴ

爆3ステファンバローズ
道中で引っ掛かってしまい、その分で終いまで余力が残らない競馬続き。
能力は間違いないんですが,少し競馬を覚えないことには厳しいですと、
乗り役も素質の高さを認めながらコントロールが難しい欠点を指摘している。
実戦に行って折り合えるかどうかに尽きるこの馬。陣営も手をこまねいているわけではなく、
この中間はポリトラック中心の調整パターンに変更、
馬はスムーズに折り合っていましたと、気分転換の効果を示唆しているとN氏。
そのまま実戦に繋がるかは何とも言えないが、追い切りの動きだけなら近走とは少し違うムード。
まだ見限れないものはあるとのこと。


馬連
16-2 16-17 2-17

16-15 16-18 16-9 16-6 16-3

三連複◎〇フォーメション


東京8R
3歳上1000万下 ダ1400m


芝は兎も角 ダートは脚抜きのいい高速ダートが予想される土曜

となれば渋馬場得意のレッドゲルニカに白羽の矢

昇級初戦だった前走からハナ差2着と強いレースを見せ、
そのレースで敗れたベストマッチョが続く準オープンも圧勝した点からも、
レッドゲルニカ自身このクラスどころかさらに上でも戦える能力を秘めていることは明らか。
特別登録を行なっていた日曜のシャングリラ賞では3歳馬にもかかわらず56キロの
トップハンデを課せられていた。
湿って時計の出る馬場が向くタイプなので木曜の降雪の影響がどこまで残るかが
ポイントだが、このクラス、この相手なら普通に回ってくれば結果は付いてくるだろうとT氏。

◎8レッドゲルニカ

〇12オホーツク
前走は休み明けに加えて距離も1ハロン長く、乗り慣れていない鞍上が
手応えに騙されて追い出しを待ち過ぎてしまうなど、色々と恵まれない要素があったとT氏
今回は上昇絶大の叩き2走目、ベストの1400m、外枠、鞍上もこの馬を完璧に理解している
石川騎手に戻るなど、全ての条件が好転している。
素質的には同じ馬場幸夫オーナーのアジアエクスプレスやベストウォーリア、
ベストマッチョにも劣らないと言われている期待馬であり
強敵となりそうなレッドゲルニカに前走競り勝ったのはこの馬と同じ馬場幸夫氏&手塚師の
ベストマッチョだったが、今回のオホーツクでそのレースの再現があっても不思議ではない。

▲15プリサイスエース
1000万では上位のレベルであり休養明けを使われて稽古の内容から一変とT氏
渋い馬場も2勝しており得意であり流れも早くなりそうで出遅れなければ争覇圏内

☆1ダウトレス
気性的なことで毎度出遅れながら騎手が掴んでおり、展開次第では十分上位が期待
中山1200は明らかに距離が足りないことから東京ラストのここ勝負態勢の陣営と考えていい

△11オーシャンビュー

△7ロゼッタストーン

△3ケンコンイッテキ

△10ウサギノカケアシ


馬連
8-12 8-15 12-15

8-1 8-11 8-7 8-3 8-10

三連複◎〇フォーメション


京都8R
3歳上500万下 ダ1400m


白羽の矢はメイショウノボサン


初勝利までに時間が掛かったことからも分かるとおり、
クラス慣れに時間が掛かるタイプなんですとは担当。
このクラスに関しても昇級当初はサッパリだったものの、使いつつ徐々にレース振りが安定
流れに慣れてきたことは明らか。近2走は違う形で連続好走と、もう完全にメドは立ったという。
今は本当に具合もイイし、今のうちに決めてもらいたいと、
阪神より京都向きという個性も踏まえてココが勝負処と見ている様子の陣営。
太宰もこの馬を完全に手の内に入れており、コレは土曜の星勘定と見ているそうだとN氏。


◎6メイショウノボサン

〇16マイネルラック
鞍上の進言もあって、今回は1400mに出走。
好走した2走前も少し忙しい感じだったから、この距離はイイと、陣営も納得しての距離延長であり、
ココで何とかしておきたいとモチベーションは高い様子。使い詰めで来ているだけに、
さすがに大幅な上積みはないものの、デキは高いレベルで安定していると担当。
ココは巻き返しの期待が高まる。

▲5メイショウヤクシマ
現在、調教師試験を受験中で2次で合格すればジョッキーを引退する予定の
武幸四郎騎手。

そのコンビでデビューしたのがこのメイショウヤクシマ。
初戦は4着に敗れたものの、幸四郎が次は勝てますって言っていたので
2戦目は兄の豊に乗せたんだ。幸四郎の言う通り、きっちり力の違いを見せてくれたと
笹田師は順当なVだったことを振り返る。

今回は休養明けでの昇級戦となるが武幸の一言に笹田調教師も自信満々なのだ。
デビュー時に幸四郎がこの馬はオープンまで行きますからって言って。
だからここも通過点だと思っている。前走にしても引っ張ったままでぶっち切り勝ちしてくれたから。
あの内容なら500万でも楽に勝てそうだし、今週の動きも素晴らしかった。
状態はいいし、まだまだ伸びしろもある。幸四郎の言葉通りならオープンでも
活躍が期待できるだけにここも負けられないくらいだと笹田師。
武幸四郎がべた惚れした逸材だけにオーナー二頭出しでワンツー十分とN氏

☆3ファビラスヒーロー
稽古の内容が実戦で活かせているここ数戦で安定性も増したことから
平坦京都なら終いに期待のレベル。54キロであれば好勝負


△14ミトノゴールド

△15セカンドエフォート

△4ボクノナオミ

△10サトノユニコーン

押さえ11


馬連
6-16 6-5 5-16

6-3 6-14 6-15 6-4 6-10

三連複◎〇フォーメション

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2016/11/26 11:00 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ