的中無料公開中

※この記事は、2016/7/16 13:10 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月7日 〜 2016年12月6日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)895-ex

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

07/16(土)
函館12R
臥牛山特別
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 ロングスピーク 2:00.2
2 3 3 アドマイヤアロマ 1 1/4
3 4 4 ダブルフラワー クビ
払戻金
単勝 1 170円 1番人気
複勝 1
3
4
110円
200円
390円
1番人気
4番人気
7番人気
枠連
馬単 1-3 1,020円 4番人気
馬連 1-3 770円 3番人気
ワイド 1-3
1-4
3-4
290円
600円
1,460円
3番人気
9番人気
17番人気
WIN5
3連複 1-3-4 3,260円 12番人気
3連単 1-3-4 9,730円 32番人気
07/16(土)
福島12R
3歳以上500万下
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 9 ミネット 1:48.0
2 3 6 クラウンディバイダ クビ
3 4 8 シャララ クビ
払戻金
単勝 9 780円 5番人気
複勝 9
6
8
240円
230円
340円
5番人気
3番人気
6番人気
枠連 3-5 1,140円 3番人気
馬単 9-6 4,260円 15番人気
馬連 6-9 2,140円 7番人気
ワイド 6-9
8-9
6-8
740円
1,310円
1,360円
6番人気
15番人気
17番人気
WIN5
3連複 6-8-9 10,850円 37番人気
3連単 9-6-8 62,450円 221番人気
福島11R 安達太良S
3歳上1600万下 ダ1700m


金曜レポで取り上げたリッカルド

約3ケ月ぶりの出走になるが、実は当初は休ませる予定は無かったとか。
少し休んで出走というサイクルが合っていたのか特に調子落ちもなく好走を繰り返しており、
当初は6月末(宝塚記念の1つ前のレース)の阪神戦を予定していた。
ところがここで除外になってしまい、久しぶりに中約3ケ月の出走間隔に。
陣営も調子が良いなら続けて使う方針にした経緯があったのだが、
今回に関しては除外されたとはいえ3週前にしっかり出走可能な状態に仕上げた経緯があるとT氏
上手い具合に休養兼ガス抜きが出来た様子で、物凄く体調が良くなったと陣営
こうした経緯から普段どおりの現級勝ち負けが期待できそうな状態にある。

さらにオーナーサイド二頭出しでいた好レベルの
ブラゾンドゥリスが除外になり他の有力馬も軒並み除外となりかなり期待出来ると考える

◎7リッカルド

〇3パワーポケット
オープンに上がっての2戦はいずれも大敗だったが
あの2戦は両方サンマルデュークが差し切ったことからも明らかなように、
先行馬には相当苦しい流れ。さらに担当が疲れがあって本調子ではなかったと語るように、
度外視が妥当とT氏。今回は立て直されての降級戦。
揉まれ弱いのでハナに行くことが条件だが、デキは好調時のものに戻ってきたし
福島も合っているので勝負になると反撃の機運を見せている。

▲2タマモネイヴィー
向正面から動いて豪快にマクる形が持ち味のこの馬
準オープンに上がってからはワンパンチ足りない競馬が続いており、
陣営も直線が長いとどうしても最後に甘くなると嘆いていただけに、
今回の福島コース替わりは前進への可能性を秘めている。
先週を除外されてコチラに回った形だが、却って良かった。流れが速く
直線の短い小回りコースはベストのはずなので、勝負になってもと
ココは陣営も色気を覗かせており、狙う価値はあるとN氏。

☆10ルファルシオン
セレクトセール上場の兄弟がいることで当初は先週に出る予定でいたが
敢えて事情があり1週延期
今回除外が多く降級馬は2頭という顔ぶれは、現級好走歴の多い5歳以上の
実力馬に利が大きいとN氏
出遅れながらも上位に食い込むなど、前回を振り返れば実力的には1600万下でも上位のレベル。
調教の動きも良く、ここでもしっかり実力を見せてくれそう

△9イントロダクション

△1トウケイウイン

△4セイカフォルテ

爆14タガノビリーヴィン
準オープンに上がってからの状況は頭打ち。
近4走は全て2秒差以上離されての2桁着順と、どうにもならない状況に見えるこの馬だが、
実は今回陣営が妙に強気とN氏。
汗をかくこの時期は体が絞れて良い感じになる。年明けの3戦は30キロは太い体で走っていた
状態だけなら去年のこのレースより上ですと期待できそうなトーンで話していた。
その去年のこのレースが人気薄での4着。近走は鞍上選びも雑になっていたが、
今回は福島得意の柴田大知を確保している。人気はサッパリだろうが、
気を付けておきたい1頭。


馬連
7-3 7-2 2-3

7-10 7-9 7-1 7-14 7-4


3連複 ◎〇フォーメーション 24点



函館12R 臥牛山特別
3歳上500万下 芝2000m


函館Rを狙っている須貝厩舎のエルリストンに期待
3戦連続で騎乗した福永騎手も素質の高さを評価していた1頭であり
賞金加算を狙って出走した京都新聞杯では瞬発力勝負で劣り6着も、
続く3歳同士の500万下では小差の3着と巻き返している。
ここを勝利したメイショウタチマチは1000万下でも4着と健闘しているように、
力の比較だけなら当馬も500万なら勝ち負け十分の位置にいるとAH氏。
前走は浜中騎手らしい早目に動き出す積極的な騎乗がアダとなって終いが甘くなった。
ひと叩きして文句なしに良くなっていますと、陣営が話すように調子も上向いていて、
厩舎としても星勘定に入っている。
1Fの延長と、函館で乗れている岩田騎手に替わることも当然プラスに働くだろう

◎6エルリストン

〇1ロングスピーク
疲れもないとのことで連闘で勝負。中間もテンションが上がることなく落ち着きがあり、
滞在競馬ならでは。先行馬はいるものの、この頭数ならば主導権争いは決着し、
同馬がハナを切る可能性大であろうとAH氏。
走破タイム2分1秒1は、前日の準オープンと同タイム。勝ち馬には及ばなかったが、
3着には3馬身半差をつけており負けて強しの好内容。

自分の型になればマークされても粘り強く、普通のメンバーレベルならばアッサリ勝ち上がれるはず。
自分の型になれば強力に粘ることは、強豪ミッキーロケット相手に踏みとどまった
前走で実証済み。ここは力の違いを見せつけるはずで、順当に上位評価


▲5コンチャフラメンカ
3ヶ月ぶりの前走でも期待していたが、道中は後方からの追走。
直線では鋭く追い込んできて最速の上がりを使っているが4着まで。
今回は鞍上が岩田騎手から香港の期待の若手ティータンに変る。
現在26歳で、2016年シーズンもリーディング上位の成績を挙げているとT氏。
この函館でも時としてメチャクチャな乗り方をして、
関係者からの不満の声も上がっている岩田騎手からの乗り替わりもプラスになるだろうとAh氏。


△3アドマイヤアロマ

△7ウイングジャパン



馬連
6-1 6-5 1-5
6-3 6-7

3連複 ◎〇フォーメーション 14点




中京12R 3歳上500万下 ダ1800m

前回当時から中京が勝負と陣営が言われていたエイシンナセル

降級戦とは言え5ヶ月振りの実戦となった前走はさすがに最後脚が上がってしまった。
もともと休み明けは仕上げ切らず、叩いて作っていく厩舎だけに、
一度叩いたことで状態面の上昇が見込めるとN氏。
今回はルメール騎手が不在となるため、早い段階からかつてコンビを組み
【1・1・2・0】と結果を残している福永騎手に手綱が託された。
もちろんこのタイミングで騎乗依頼を受けた福永騎手としても星勘定に入れてと考えていい


◎12エイシンナセル

〇2ザイディックメア
半弟はラジオN賞を勝利 兄はパワータイプでダートのほうがいい様子
今回降級となるがダートに転じてから安定しており中京コースでも対応できると陣営
実力的に逆転も十分とN氏

▲10シーサイドバウンド
500万に入ってから初めて馬券圏内に突入した前走だが、
実はその前走から担当が手替わりしていたという裏話。
印スッコ抜けの低評価ながら、一部では変わるかもしれないというウワサはあった。
離されはしたものの、いつもより積極的に動けたあたりに、馬の変化は顕著で的中に貢献。
このクラスでもやれるメドが立ちましたと、レース後の鞍上も好感触を伝えていた。
そんな前走の好走を契機に、この中間はさらなる上積みを誇示。
助手曰くこんなに動いたのは初めてと言うほどの動きを披露し、まさに状態はピーク。
前走好走はフロックではない様子。今回も軽視できないとN氏。

☆8ヒデノインペリアル
ゲート難が生じてここ数戦は後方からの競馬が多い。
陣営いわくゲート練習も積み 大丈夫という。レースでスタート五分なら降級の今回
それなりの期待は見てはいいとN氏
後はこの騎手だろう。。。

△1エレメンツ

△7メイショウブーケ


△11サウスオブボーダー

△4ディープオーパス


爆16タガノアーバニティ
前走は先行馬が上位を占める流れ。上がり時計のかかるレースではあったが、
好位追走から前をきっちりと捕らえた。
パンチ不足の競馬が続いていたが、使われるたびに体も締まり、内容が上向いているとN氏。
速い時計への対応が課題にはなるが、まだまだ奧のありそうなレースぶり。
勝った後は放牧でひと息入れたが、息遣いや動きともに悪くはなかった。
変わらず力を出せる状態にはありそうと陣営。
昇級戦で古馬との対戦になるが、相手を問わずに動けるタイプ。
ここでも差は無いとN氏



馬連
12-2 12-10 12-8

2-10 12-16 12-1 12-7 12-11 12-14

3連複 ◎〇フォーメーション 29点


福島12R
3歳上500万下 芝1800m

ココが降級2戦目のラフィアンGのホワイトウインド。
前走も力上位なので何とかしたいと陣営のトーンは高かったが、
長期休養明けで馬体に余裕があり、東京コースでの追い比べも分が悪かった。
その点、今回は状態面も条件面も大きく好転。
中間の動きはさらに良くなっていますし、福島ならば1800mでも大丈夫と
テキからも今度こその構えと報告のT氏


◎3ホワイトウインド

〇6クラウンディバイダ
セレクションセールに兄弟が上場 11Rでオーナー期待のクラウンシャインが
除外となり北関東オーナーGとすればここは是が非でも好走が本音
コーナー4つのコースで好走しておりさらに前回の時計も前日の500万を凌ぐレベル
で期待大とT氏

▲5シンボリラパス
元々関係者の間では素質の高さを評価されており、未勝利を勝ち上がるのが遅すぎるくらいだった
という。前走はこれまでに無い瞬発力を披露。減量が効いた感じがありましたが、
今回は古馬との対戦なのでさらに軽くなって51キロ。これなら楽しみと、
陣営は昇級戦でも期待が大きい様子。セレクションセールに兄弟が上場馬
人気が集まらないようなら面白い存在

☆9ミネット
昇級緒戦の前回で前週の◎と同時計 能力的には通用のレベル
コーナー4つの競馬は9着と敗れているが苦手と評価するのは早計であろう
瞬発力をいかせる競馬が出来れば克服可能とT氏

△1セルバンデス

△8シャララ

△10ウインステージ

爆16ムーンドロップ
前走は1400m戦で後方から追い込むも、4着
レース後に横山典がもう少し距離が長い方がこの馬の脚も生きるのではと進言
この1800m戦に使われることとなりましたという陣営。
できれば枠は内側の方がよかったのですが、大外であっても、
この馬の力を発揮できれば十分やれるでしょうという。
北関東Gのオーナーだけに要警戒


馬連
3-6 3-5 5-6

3-1 3-9 3-8 3-10 3-16


3連複 ◎〇フォーメーション 24点


本日は以上です。 明日の競馬もありますのでご無理のない範囲で
御自身の判断の上 馬券購入を御楽しみください。

オムモ太郎


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2016/7/16 13:10 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ