レジまぐストア
的中無料公開中

※この記事は、2016/5/15 12:30 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月4日 〜 2016年12月3日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)869-2

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/15(日)
京都9R
パールステークス
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 6 7 リラヴァティ 1:45.3
2 4 4 レッドオリヴィア クビ
3 6 6 ボンジュールココロ 1 3/4
払戻金
単勝 7 610円 3番人気
複勝 7
4
6
180円
150円
1,500円
3番人気
1番人気
11番人気
枠連 4-6 740円 3番人気
馬単 7-4 2,160円 6番人気
馬連 4-7 950円 2番人気
ワイド 4-7
6-7
4-6
370円
6,370円
3,340円
2番人気
46番人気
35番人気
WIN5
3連複 4-6-7 21,220円 63番人気
3連単 7-4-6 87,870円 295番人気
05/15(日)
新潟10R
胎内川特別
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 4 ステイザコース 2:12.6
2 2 2 フォルトファーレン
3 7 13 ヴァルコイネン 1 1/4
払戻金
単勝 4 250円 1番人気
複勝 4
2
13
140円
250円
250円
1番人気
5番人気
4番人気
枠連 2-3 660円 1番人気
馬単 4-2 2,080円 4番人気
馬連 2-4 1,400円 4番人気
ワイド 2-4
4-13
2-13
540円
510円
1,260円
4番人気
3番人気
12番人気
WIN5
3連複 2-4-13 3,350円 5番人気
3連単 4-2-13 13,730円 16番人気
★東京7R 4歳上500万 ダート2100m


 金曜レポで取り上げたワトソントリック 
前走は9ヶ月ぶり。追い切りの動きにも大型馬の久々という重苦しさが残って
いたが、ひと叩きしたことでそのあたりが解消。体に締まりが出たぶん、フッ
トワークも格段に軽やかになった。もともとが攻め時計は地味なタイプ。この
時計が出れば十分。


◎8ワトソントリック 


〇3キネオフォルツア
東京2100はベストの条件。前回良馬場の時計を0.7詰めており
乗り替りであるが相性のいい騎手に変ることから、ここも好勝負必須とT氏

▲2ブラックブリーズ
減量レオと逃げてナンボのペイシャが競る可能性も鑑みれば
この馬のしぶとく伸びる脚に期待。
幾分まだ、道中遊びながら走るところがあり集中出来て走れれば
前進十分とT氏

☆7レオナビゲート
ワンパンチ足りないが先行していい成果を残せるようになり
流れに乗れているのが大きいと陣営。
自分のリズムで走れれば今回も好勝負と見る


△6インパルション

△5ペイシャゴンジセ

馬連

8-3 8-2 2-3

8-7 8-6 8-5


3連複
◎〇フォーメション   14点




京都9R パールS
4歳上1600万 芝1800m


昨年の段階から来春のヴィクトリアマイルに何としても出したい馬という
厩舎の大きな期待を聞いていたレッドオリヴィア

その後、体調を崩してしまい、その影響もあってのスタート難が致命傷になる競馬続き。
3走前の東京戦などは、あまりに酷いゲート難に、鞍上の蛯名が
故障したかと思ったと、無理できなかったという裏話もあるとN氏。

そんな馬が、ココに来てようやく本調子を取り戻してきたという。
前走もスタートは一息だったが、上手くリカバーした結果、勝ち馬に迫るクビ差2着。
勝っていれば大目標のヴィクトリアマイル出走も視野に入っていただけに、
レース後の厩舎サイドは落胆を隠し切れなかったようだが、
やっとこの馬の力を見せられたと、収穫があったことも強調の陣営。
入厩10日での競馬となる今回も、上手く調整できましたと担当は納得の仕上がり
何とか勝たせてやりたいと、期待は大きい。


次いで金曜レポで取り上げたアスカビレン
前回から8週の競馬となるが、4月の終わりからプールを併用して
乗り込みも入念に行なわれ臨戦態勢は十分というN氏
秋華賞では勝ち馬と0.3であれば限定戦のここならいきなりでも好勝負であろうとN氏


◎4レッドオリヴィア

〇9アスカビレン

▲8ヒルノマテーラ
もう完全に軌道に乗ったと陣営。前々走は取りこぼしたけど、
あれはジョッキーもすんませんって。実質、連勝で来てると思ってくれていいと陣営。
トモがパンとして、発馬からスッと流れに乗れるようになった。決め手はもともとあったし、
これならもう大崩れはないという。
早めに抜け出したおかげで後ろから詰められたけど、そこからもうひと伸びした
あそこで抜かせないのは、本格化した証拠と諸氏
オーナー地元であれば要警戒だ。


☆5カゼルタ
ココに来て完全に本格化の様相。デビュー時からその素質を評価されながら、
なかなか結果を出せずに回り道。その過程において素質開花が待たれていた背景がある。
そんなこの馬が連勝を果したとあれば、当然、この馬に期待していた陣営のトーンも上がるとN氏
今回は京都替わり、しかもコーナー2つのコースとここ2戦とは条件が大きく変わるわけだが、
今は本当に馬が充実していると、完成してきた今なら克服可能というのが見立て。
降級を控える4歳馬ではあるが寄り道はもうしたくないというのが、厩舎サイドの本音。

△1セウアズール

△2アカネイロ

△7リラヴァティ


馬連
4-9 4-8 8-9

4-5 4-1 4-2 4-7


3連複
◎〇フォーメション 19点



新潟10R 胎内川特別
4歳上500万 芝2200 内

スローペースが必須の様相


ヴァルコイネンに白羽の矢
◎13

前走もブリンカー着用で盛り上がっていた陣営
スタートが悪くて後方からとなり、向正面から早めにマクって4角先頭も
直線で後退というチグハグな競馬。
折角ブリンカーを着けたが、思ったような競馬が出来なかったと陣営としても不完全燃焼とT氏
幸いこの中間も反動は無く、それどころか最終追い切りは僚馬に4馬身先着するなど
状態はさらに上昇中。今回もブリンカー着用。実績のある新潟2200mで改めてと、
反攻を期す一戦。


〇4ステイザコース
自在に動けるこの馬。間隔があいたが中間の稽古の内容も上々と陣営
内回りの新潟なら坂もなく伸びが鈍ることもないであろうとN氏

▲2フォルトファーレン
当該コースは巧者 良馬場の2200なら能力的に足りると陣営
先行位置で立ち回れれば、好勝負出来るとT氏も期待

☆14ヤマニンエルフィン
末勝利馬ながらここ二戦で上位に食い込み、後1歩というところ。
好勝負出来る目処は十分であり、前回の勝馬も元1000万馬であれば
ここも要注意

△7タイタニウム

△8ダブルイーグル

△3ラウレアブルーム

△5メリーモナーク


馬連
13-4 13-2 2-4

13-14 13-7 13-8 13-3 13-5


3連複
◎〇フォーメション 24点


京都10R 葵S
3歳OP 芝1200m


期待の矢は金曜レポで取り上げたメイショウスイヅキ
1200なら十分レベル上位のレッドラウダが要注目


有り余るスピードの反面、前向き過ぎる気性がネックとなり、
どうしても道中で鞍上とケンカして燃え尽きてしまう個性のレッドラウダ。
ゆえに、絶対に1200mかダートとはあらゆる関係者が口を揃えることであり、
今回の距離短縮を喜ぶ関係者は極めて多い

この中間に外傷を負うアクシデントこそあったものの、その後のケアは上手くできており、
動きを見ても影響は感じられませんとは担当。
当初からこのレースを目標に間隔を取っていただけに、そう心配する必要もないだろうとN氏。
持ち前のスピードを如何なく発揮する形なら、このメンバーに入っても押し切れる。


金曜レポで取り上げたメイショウスイヅキ


1400でも長い。マイルはどう乗っても保たないとは前走時の陣営
今回は満を持しての短距離戦出走。1200mこそこの馬の能力を存分に発揮できる条件
ココで結果を出さないとシャレにならないと、本田厩舎サイドの意気込みは強いとN氏。
この中間もCWで好時計をマークするなど調子落ちは皆無。
新馬戦以来となるスプリント戦で、これまで溜まった鬱憤を一気に晴らす腹積もり。
テキは勝ってCBC賞か函館SSに行きたい。50キロで出られると、
夏の展望を描いているそうで。ピンかパーで狙い


◎8レッドラウダ

〇9メイショウスイヅキ

▲5ラズールリッキー
1200mでは崩れ無し。ここ3戦はレベル上位の相手に善戦
メンバーも落ちここならチャンス

☆10ネバーグリット
一連の成果から決め手はOPレベルとT氏。
前回負かした馬はNZTで2着。流れ次第も要警戒

△1スキャットエディ

△6サイモンゼーレ

△7バシレウスライオン

△11エリシュヴァ


馬連
8-9 8-5 9-5

8-10 8-1 8-6 8-7 8-11


3連複
◎〇フォーメション 24点



以上第二弾です。 この後ex


※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2016/5/15 12:30 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
ページの先頭へ