的中無料公開中

※この記事は、2016/4/9 13:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

詳細分析データ(プレミアムメニュー 競馬ゴールドメンバー限定)

【 直近30日間のデータ(2016年11月9日 〜 2016年12月8日)

予想件数 的中数 的中率 平均買い目数/R 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 全予想の通算データ 】※2016年8月〜

予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
中央競馬 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%

【 月別のデータ 】

中央競馬 予想件数 的中数 的中率 平均予想点数 支払額 払戻金 収支 回収率
2016年12月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年11月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年10月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年09月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
2016年08月 ** ** **.**% *.* **,*** ***,*** ***,*** ***.**%
件名:

走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)853ex

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/09(土)
福島11R
吾妻小富士賞
3連複
福島11R 吾妻小富士賞
4歳上1000万 芝1200m ハンデ


金曜レポートでお伝えしたミンナノプリンセス


昨秋の福島開催で的中馬券をお届けしているお馴染み
体がパンとしなくて使うと反動が出るし、気性的な危うさもあって使い込めないというタイプで、
休み明けの一発目こそが狙い目とN氏。
前走の中京戦も激走の疲れが出ていたようで、18着という結果は力負けではない。
カワカミプリンセスの初仔ということで関係者の思い入れも深く、また秘める素質も確か。
リフレッシュして力を出し切れる状態の今回は再び注目という

◎5ミンナノプリンセス

〇3ハッピーノリチャン
福島巧者でとにかくスピードの有り余っている馬という強みを活かすべく、
狙い澄まして福島開幕週を使ってきたとT氏
今回は1000万への昇級初戦となるが、陣営は年を越しての成長もあるし、
スピードはこの相手でも通用すると強気。
軽ハンデに好枠と条件にも恵まれ、今年も福島で存在感を見せれる

▲10マンハッタンヘンジ
牧場から帰厩したのが浅いことから1回使われてからかも知れないが
仕上がり自体は良好と陣営。
コース相性も抜群で厩舎の稼ぎ頭だけに55キロでなら現級2着の力から
好勝負とT氏

☆1エルカミーノレアル
現1600万オウノミチ相手に前回、好勝負。
コース相性もこの馬も良く、脚の使いどころ次第では
今回も走破圏とN氏 56キロはやや貰う形であるが2勝の実積から仕方なし

△11リッパーザウイン

△9ボブキャット

△16スプリングサヴァン

△4クリノスイトピー

参考買い目
馬連
5-3 5-10 3-10

5-1 1-3 5-11 5-9 5-16 5-4


3連複 ◎〇フォーメーション





中山11R ニュージーランドTG2
芝 1600m 3歳OP/国際


NHKマイルCの前哨戦、今年は本番でも楽しみな好素材が揃ったと諸氏
特に、2勝目が挙げられなかったが、ルメールの手によって2勝目を挙げ、
今回は元々の主戦に戻るサーブルオールとアストラエンブレムは、
ここでのレース振りはもちろん、権利を獲得した場合の本番で騎乗するジョッキーまで踏まえ、
その過程と理由が馬券に直結することになる可能性も。
この2頭はもちろんだが、このほかのメンバーレベルもなかなかのモノであり。
今年は、2012年のカレンブラックヒル以来の、このレースの勝ち馬から
NHKマイルCの優勝馬を輩出するかも知れないという

週中の雨の影響から多少上がりが掛かりそうだが
上位評価はこの2頭



◎3アストラエンブレム

好スタートを決めた前走、逃げるという形で運んで、押し切り勝ち。
スタートが良かったので、強気に入って、最後まで頑張れた
その後は厩舎で調整して、このレースを目標にして来ました。
落ち着きがあって、前走以上の雰囲気だし、今回は折り合って終いを生かす形で運ぶイメージで
乗ってもらえれば、結果はついてくると思いますと陣営サイド。
秋華賞馬ブラックエンブレムを母に持つ良血。
早い時期からクラシック路線を意識していた兄達とは違い、
この馬は一貫してデビューからマイルの距離に拘ってきた
ここは権利取りが最低限のノルマ、クラブとしては勝ち負けと強気



〇5ダンツプリウス
前走アーリントンCは9番人気の低評価だったが、
噛み合えば上位争いに加わって来てもおかしくないと密かに期待は持っていたと陣営。
直線で勝ち馬と併せる形で伸びてきて2着。惜しくも勝ち星は逃したが、
2着でキッチリと賞金は加算。その後は短期放牧を挟んで、このレースを目指してきており
以前よりも柔らか味が出てきて、確実に成長を感じています。中山は勝っているコースだし、
併せてからの根性もあるので、混戦になったら渋太さを発揮すると思いますと陣営。
鞍上の丸山騎手にとっても2013年函館2歳Sでのクリスマス以来の重賞勝利に力が入るところ。



▲11ハレルヤボーイ
出走メンバー中、唯一皐月賞トライアルを経ての出走となる
スプリングSに関してはさすがに相手が強かった感もあるが、やや前目のポジションは明らかに
勝負に行ってのもの。最後もジワジワと脚を使っており、着順ほど悲観する内容ではないとT氏。

ラストの脚力こそが最大の武器であることは
未勝利戦やスマートオーディンに次ぐ上がりタイムを記録した東京スポーツ杯の内容は、
間違いなく重賞レベルと呼ぶに相応しい。今回はベストの舞台となるマイル戦。
本来の待機策が叶うメンバー構成である以上、ここで評価を落とすわけにはいかないとT氏


☆9サーブルオール
黄梅賞ではルメール騎手に乗り替わったが、今回はデビューから2戦騎乗の柴山騎手に
手綱が戻る。前走から大きく変わった点はありませんが、キャリアを積むごとに競馬を覚えています。
マイルへの適性の高さも見せたし、まだまだ時計が詰まる余地もあるので、
重賞でも楽しみはありますと陣営。最終追い切りも加減せずにビッシリとできた事も好材料。
素質の高さはこの中でも見劣らず、好勝負を期待出来るとT氏。


△14ボールライトニング

△13カープストリーマー

△6モンスターキング

△2レインボーライン

爆1マディディ
前走のファルコンS、後方からの追走だったが、直線大外から追い上げて4着
前走を見てもわかるように、気難しいところがあるので、今回コンビを組む三浦騎手が、
水曜日に栗東に行き、追い切りに騎乗。
自ら進んでいく感じがなく、言われたとおりに難しいところがあります。
ただ、乗った騎手達が口を揃えて、褒めるように背中は抜群で能力は重賞級のものを感じました。
器用さがないので中山は不向きですが、ゲート練習もして、備えました。
集中して走れる様なら、勝ってもおかしくないだけのものはありますとは騎手の感想。
上がりが掛かれば通用していいとN氏

馬連
3-5 3-11 11-5

3-9 9-5 3-1 3-14 3-13 3-2 3-6


3連複 ◎〇フォーメーション
3.5-3.5.11.9-5.11.9.1.14.13.2.6


阪神12R 4歳上1000万
ダート1800m

金曜レポで取り上げた地元馬
ヒデノインペリアルに白羽の矢

今週の土曜阪神でJRA所有馬3頭全てが出走予定のヒデノ軍団。
ヒデノホープ、7Rヒデノヒロインもチャンスありだが、
目玉は12RのヒデノインペリアルとN氏。

今回は武豊→荻野琢の乗り替わりとなるが、
これは調教中に暴れて助手(元騎手の西原)が骨折、
怖くて乗りたくないと武豊サイドから断りが入ったからなのだが、荻野琢はこの中間、
付きっきりで調教をつけており、かなりの好感触という。
気性に難があるタイプだけに、普段から跨っていること自体、プラス材料と考えていいだろう。

前走は1番人気を裏切っての5着も、前が圧倒的に有利な馬場で出遅れと、
敗因はハッキリ。人気が少しでも落ちるようなら馬券的な狙い目も十分。

◎3ヒデノインペリアル

〇8オールブラッシュ
2戦前には、上のクラスで好勝負のラインルーフ相手に僅差の競馬で
3着以下を離した内容から前回は期待されたが控えたことが裏目となり
伸びあぐねて倶楽部サイドの意向でルメール騎乗という経緯
500万勝利の時同様先行出来れば、押し切りまで期待出来るレベルとN氏

▲7デモニオ
パワータイプのダートが条件ベストと陣営
前回は良馬場でコース変わりも好転して善戦
今週攻勢のサンデーRでもあり屋根を川田に変えてここ上位に警戒

☆15ゴーザトップ
結果を出した途端に馬が激変するというケースは枚挙に暇がなく、
今回のこの馬にも何やらそんな雰囲気が漂っているとN氏。
稽古の動きがこれまでとは段違いにイイとは担当者であり、
時計だけ見てもこれまでにないくらい動いている。昇級戦でもこれだけ動けるデキなら通用と
一気にムードが良くなったこの中間。抜けた馬のいないメンバー構成のココなら、
アッと驚く連勝劇も十分とN氏


△1アドマイヤランディ

△16レッドサパス

△2パフュームボム

△11フクノグリュック

馬連
3-8 3-7 7-8

3-15 8-15 3-1 3-16 3-2 3-11



3連複 ◎〇フォーメーション


本日は以上となります。明日のG1も御座いますので
ご無理のない範囲で御自身の判断の上御楽しみください。

オムモ太郎

※買い目は注釈がない場合、馬連、3連複◎○のフォーメション
となります。


omowaku.keiba@gmail.com
走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)
※この記事は、2016/4/9 13:20 に、走らせる側の思惑競馬投資術(フィーチャーフォン版)(メルマガ 月額4,093円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ