的中無料公開中

※この記事は、2018/5/27 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね16 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』5月27日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/27(日)
京都10R
安土城ステークス
馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 2 ダイメイフジ 1:20.7
2 1 1 モズアスコット クビ
3 2 3 ボンセルヴィーソ ハナ
払戻金
単勝 2 1,140円 3番人気
複勝 2
1
3
230円
110円
290円
3番人気
1番人気
5番人気
枠連 1-1 760円 3番人気
馬連 1-2 730円 2番人気
ワイド 1-2
2-3
1-3
310円
1,520円
490円
2番人気
14番人気
4番人気
馬単 2-1 2,500円 9番人気
3連複 1-2-3 2,490円 6番人気
3連単 2-1-3 19,510円 52番人気
WIN5 418,600円 3番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
2着 1 1 モズアスコット 1.5 1 56.5 牡4 坂井瑠星 栗東矢作芳人 488.0
1着 1 2 ダイメイフジ 11.4 3 55.0 牡4 酒井学 栗東森田直行 512.0
10着 7 14 ムーンクレスト 49.4 10 55.0 牡6 四位洋文 栗東本田優 476.0

予想買い目の収支
馬連
ながし
馬番
2点
2,000円
0円
-2,000円
0.0%
馬/組番:1ー**
ながし
馬番
2点
5,000円
18,250円
+13,250円
365.0%
馬/組番:1ー**
ながし
馬番
2点
3,000円
0円
-3,000円
0.0%
馬/組番:1ー**
合計購入金額:10,000円   払戻金:18,250円  
収支:+8,250円   回収率:182.5%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京10R】東京優駿 G1(芝2400m)
仮柵:Cコース1週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ジェネラーレウーノ
 想定番手馬:ダノンプレミアム

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
◯01 ダノンプレミアム  S S 1  1  15 14
△02 タイムフライヤー  B B 14 8  11 10
 03 テーオーエナジー  B E 18 14 18 18
 04 アドマイヤアルバ  B A 15 3  13 5
◎05 キタノコマンドール S S 2  16 9  12
△06 ゴーフォザサミット B A 9  13 17 13
 07 コズミックフォース A A 17 11 4  9
△08 ブラストワンピース B B 7  15 8  15
 09 オウケンムーン   C A 16 10 3  2
 10 ステイフーリッシュ A C 13 6  5  3
 11 ジャンダルム    S S 10 9  2  1
 12 エポカドーロ    S S 3  2  1  6
▲13 グレイル      A B 11 18 16 4
 14 エタリオウ     A S 8  12 7  7
△15 ステルヴィオ    S S 5  4  14 11
 16 ジェネラーレウーノ A A 12 5  6  17
△17 ワグネリアン    S S 4  17 12 16
 18 サンリヴァル    A A 6  7  10 8


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[東京優駿 レースLAP傾向]東京芝2400m

平均勝ちタイム 2.25.05
レース1F平均 12.09

前半35.65ー中盤74.64ー上がり34.76
前半1000m:60.43ー後半1000m:59.55(前後半差:0.88秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―――――〓〓〓〓〓 12.63 ―――――――――― 2400m
            ↓
―――――――――― 10.88 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2200m
            ↓
―――――――――〓 12.15 ―――――――――― 2000m
            ↓
――――――――〓〓 12.33 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.45 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.49 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.59 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.53 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 12.26 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.63 〓〓〓〓〓―――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.34 〓〓〓〓〓〓〓〓――  400m
            ↓
―――――――――― 11.80 〓〓〓―――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先5ー差14ー追4

   1着:逃0ー先2ー差4ー追2
   2着:逃0ー先2ー差6ー追0
   3着:逃1ー先1ー差4ー追2


[レースのポイント]
 →→ 中盤区間は12秒台半ばまで緩むスローから、上がりで11秒台が3区間続く瞬発ラップ
 →→ 良馬場ならとにかく上がり重視、上がり33秒台をマークした実績のない馬は厳しい


+++++++++++++++


先週のオークスに引き続き、日本ダービーも上がりの速さが特に重要。
過去10年のうち良馬場で行われた8回で上がり2位以内だった馬が(6-1-4-6)で複勝率64.7%、複勝回収率155%と圧倒。
日本ダービーで上がり2位以内をマークした馬のうち、前走が上がり最速だった馬はダービーで(5-0-1-3)。
該当馬がいた7回中5勝を挙げている。

今年の皐月賞は、前で飛ばして逃げた3頭が後続を大きく引き離す変則的ハイペースで、2番手グループの先頭と2番手(全体の4、5番手)にいた2頭の「行った行った」。
実質的にはスローの前残りと言って良い決着でした。
その流れに乗れずに後方から脚を余した馬が多数で、上がり最速タイで4ー6着した3頭は、ギリギリ前で踏ん張って残った3着馬とタイム差なしだったように、流れとコース替わりひとつで逆転が見込める内容の負け方でした。


◎キタノコマンドール
皐月賞で3着とタイム差なしの5着で上がり34.8秒は最速タイ。
4コーナーを最後方の大外を回るレース内容で、前が残った流れを考えると一番ロスの多いレース運びをしていた。
それでいて急坂を上ったあとのラスト200mは、近いポジションにいたステルヴィオ、ワグネリアンを上回るスピードで伸びていて、文字通りの負けて強しの内容。
新馬、すみれSと2連勝はともに超スローの上がり勝負で、レースラップのラスト3ハロンの区間内に11秒を切るくらいの超加速区間があった。
全姉のデニムアンドルビーも超スローの瞬発力比べに高い適性を持つ馬だったが、この馬の瞬発力は姉以上。
皐月賞に出走していたアイトーン、ケイティクレバーが賞金で除外になり、スローの上がり勝負が見込まれるだけに、この馬の切れに切れる脚が世代の頂点に輝く可能性が高い。


◯ダノンプレミアム
先行して上がり順位上位の脚を使えるタイプで、逃げるジェネラーレウーノをスローで番手マークと、かなり展開上有利。
ただスロー過ぎると後続馬群との差も小さくなるので、より切れる馬に差されて2、3着争いまでという可能性がある。
距離に関しては、速いラップで先行しても、中盤区間で緩めてタメを作るレース運びを経験しているので、かかってレースにならないという状況にでもならない限りは、距離延長でも対応できるとみる。


▲グレイル
イン有利馬場で不発に終わった共同通信杯以外は、スローで切れる上がりを見せてきた馬。
前走の皐月賞もラスト200mの伸びは際立っていて、ゴール板通過後もまだ伸びていた。
共同通信杯出走時は爪の状態も今ひとつだった模様(新型のエクイロックスを塗布していた)。
折り合いには問題ないので、距離延長で穴になるならその筆頭格。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《3点》
◎5 ー ◯1(20%)
◎5 ー △8(10%)
◎5 ー △17(5%)


【馬単】《1点》
◎5 → ◯1(10%)


【ワイド】《3点》
◎5 ー ▲13(10%)


【3連複】
2頭軸流し《3点》
◎5,◯1(軸)ー △8,15,17(30%)

2頭軸流し《3点》
◎5,◯1(軸)ー ▲13,△2,6(15%)


*****************************


【東京12R】目黒記念 G2(芝2500m)
仮柵:Cコース1週目(野芝約10ー12cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:ウインテンダネス
 想定番手馬:ノーブルマーズ

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ホウオウドリーム  A C 11 16 11 15
▲02 ゼーヴィント    S S 3  2  12 6
 03 ウインテンダネス  B C 15 8  15 12
○04 ノーブルマーズ   D B 12 7  10 4
△05 サウンズオブアース A A 2  4  1  1
 06 ヴォージュ     B E 14 1  14 11
△07 ハッピーモーメント B S 8  3  4  5
△08 パフォーマプロミス S S 5  6  6  8
△09 ブライトバローズ  A S 13 10 13 2
◎10 チェスナットコート B C 4  9  2  3
 11 ソールインパクト  S C 6  5  5  16
 12 トウシンモンステラ B C 10 12 3  14
 13 コウキチョウサン  D C 16 15 9  9
△14 フェイムゲーム   S C 1  14 8  10
 15 リッジマン     C B 9  13 7  7
△16 ポポカテペトル   S S 7  11 16 13


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[目黒記念 レースLAP傾向]東京芝2500m


平均勝ちタイム 2.31.29
レース1F平均 12.10

前半36.03ー中盤80.02ー上がり35.24
前半1000m:60.81ー後半1000m:59.57(前後半差:1.24秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――――――  7.22 ―――――――――― 2500m
            ↓
―――――――――― 11.23 〓〓〓〓〓〓〓〓〓― 2400m
            ↓
―――――――――― 11.32 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 2200m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.48 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.41 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――――〓〓 12.28 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――――〓〓 12.31 ―――――――――― 1400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.47 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 12.28 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 12.04 〓―――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.49 〓〓〓〓〓〓――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.62 〓〓〓〓〓―――――  400m
            ↓
―――――――――― 12.13 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先8ー差15ー追2

   1着:逃1ー先2ー差6ー追0
   2着:逃1ー先2ー差6ー追0
   3着:逃0ー先4ー差3ー追2


[レースのポイント]
 →→ 中盤で緩むものの超スローまではいかない、持続力優先のレース
 →→ 残り800mから12秒フラット前後のロングスパート、高速上がり向きのステイヤーに注目


+++++++++++++++


◎チェスナットコート
東京芝2500mはステイヤーの領域。
スタート地点が坂下からになるため、スタート直後とゴール前の2度坂を上るタフなコース。
目黒記念でもたびたび2500m以上の距離実績があるステイヤーが好走している。
この馬は年明けから条件戦を連勝して、日経賞で2着、前走の天皇賞春でも0.3秒差の5着と好走。
長距離でも上がり順位上位の脚をシッカリと使えていて、高速上がり向きのステイヤーとして適性はピッタリ。


◯ノーブルマーズ
上がりの速さはないものの、長距離戦での持続力はかなりのものがあり、ハンデ重賞なら通用しておかしくないレベル。
今回は逃げ馬を前に見ながらイン2番手追走からの抜け出しが叶いそうなメンバーと枠順。
重賞でこの鞍上なので人気が無いのも当然だが、今日はこの馬に騎乗するためだけに東京遠征。
長い距離の方が穴傾向のある騎手だけに一発を期待。


▲ゼーヴィント
なかなか順調に使えない馬で、長期休養明けだけだった前走は2桁馬体重増で明らかに太め。
中長距離で後半に長く脚を使う流れなら出番のあるタイプで、内枠有利のコースも加味すると馬券圏内には走っておかしくない。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《4点》
◎10 ー ◯4(5%)
◎10 ー ▲2(10%)
◎10 ー △8(20%)
◎10 ー △16(10%)


【ワイド】《2点》
◎10 ー ◯4(14%)
◎10 ー △7(5%)


【3連複】
フォーメーション《18点》
◎10 ー ◯4,▲2,△16 ー ▲2,△5,7,8,9,14,16(36%)


*****************************


【京都10R】安土城S(芝1400m外)
仮柵:Dコース3週目(野芝約8ー10cm、洋芝14cmー18cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:ボンセルヴィーソ
 想定番手馬:トウショウピスト


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
◎01 モズアスコット   A C 1  5  16 2
▲02 ダイメイフジ    C A 2  12 2  5
△03 ボンセルヴィーソ  C C 11 4  14 12
△04 アポロノシンザン  C E 10 16 15 15
 05 タガノブルグ    C B 6  17 9  8
△06 コウエイタケル   A C 7  11 8  4
 07 マイネルバールマン B F 14 9  13 17
 08 ユキノアイオロス  C F 17 3  6  1
 09 ミスエルテ     A S 12 15 10 9
 10 スマートカルロス  C B 9  7  3  3
 11 トーキングドラム  C D 5  13 17 13
 12 トウショウピスト  C C 4  10 12 14
 13 アルマワイオリ   C C 15 2  7  10
○14 ムーンクレスト   C C 8  1  4  11
△15 カラクレナイ    B C 3  8  1  7
 16 ラングレー     C C 16 14 5  6
 17 モンドキャンノ   C B 13 6  11 16


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎モズアスコット
次週の安田記念に登録があったのでてっきりそちらに出走するものだと思っていたら、除外対象(補欠1番手)のため今週使ってきました。
勝てば連闘で安田記念に向かうらしいですが、陣営は高松宮記念をパスしてまで春の大目標を安田記念としていただけに、何が何でも出走させたいというところなのでしょう。
馬の方は1400mがベストのタイプで、OP特別のこの相手では役者が違うと言っていいくらいレベル差があります。
1600mだった前走は、追走スピードの違いで先行しましたが、1400mなら中団あたりからの差しになるはず。
そうなると、ただでさえ先行有利のコースだけに、前に行く馬が何頭か残るという形に注意。


◯ムーンクレスト
先行ポジションが取れる馬で、逃げ候補のトウショウピストの外という枠の並びは絶好の位置を引きました。
昨年もこのレースに出走して2番人気11着と大きく人気を裏切りましたが、昨年は1400m→1400mという同じ距離でのローテ。
2年前のスワンSで5着と健闘したときのように、1600mからの短縮でいつもよりやや番手が下がる形になれば、自然といつも以上に差しやすい形になります。


▲ダイメイフジ
京都の芝1200m、1400mで好位が残る形になればこの馬の出番。
前走は4コーナー手前で挟まれて後退する不利が全て。
スムーズなら見直せます。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《6点》
◎1 ー ◯14(10%)
◎1 ー ▲2(25%)
◎1 ー △3(15%)
◎1 ー △4(15%)
◎1 ー △6(10%)
◎1 ー △15(25%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)
※この記事は、2018/5/27 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP