的中無料公開中

※この記事は、2018/5/20 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね19 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』5月20日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/20(日)
京都10R
鳳雛ステークス
3連複
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 3 3 ハーベストムーン 1:53.4
2 7 7 グレートタイム クビ
3 5 5 コマビショウ 11/4
払戻金
単勝 3 570円 3番人気
複勝 3
7
5
130円
110円
110円
3番人気
2番人気
1番人気
枠連 3-7 850円 3番人気
馬連 3-7 870円 3番人気
ワイド 3-7
3-5
5-7
270円
210円
140円
4番人気
2番人気
1番人気
馬単 3-7 1,840円 7番人気
3連複 3-5-7 380円 1番人気
3連単 3-7-5 3,790円 11番人気
WIN5 295,190円 3番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
4着 1 1 フィールシュパース 13.8 5 56.0 牡3 藤岡佑介 栗東中竹和也 534.0
3着 5 5 コマビショウ 2.6 1 56.0 牡3 浜中俊 栗東南井克巳 486.0
2着 7 7 グレートタイム 2.6 1 56.0 牡3 岡田祥嗣 栗東藤原英昭 472.0

予想買い目の収支
3連複
通常
馬番
1点
1,500円
0円
-1,500円
0.0%
馬/組番:1ー5ー7
通常
馬番
1点
2,800円
10,640円
+7,840円
380.0%
馬/組番:3ー5ー7
通常
馬番
1点
1,000円
0円
-1,000円
0.0%
馬/組番:5ー7ー9
通常
馬番
1点
1,000円
0円
-1,000円
0.0%
馬/組番:1ー3ー7
通常
馬番
1点
400円
0円
-400円
0.0%
馬/組番:1ー7ー9
3連単
フォーメーション
馬番
6点
1,800円
0円
-1,800円
0.0%
馬/組番:6組
合計購入金額:8,500円   払戻金:10,640円  
収支:+2,140円   回収率:125.2%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】優駿牝馬 G1(芝2400m)
仮柵:Bコース2週目(野芝約8ー10cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:サヤカチャン
 想定番手馬:オールフォーラヴ

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 リリーノーブル   S B 3  4  15 14
△02 ラッキーライラック A B 4  2  10 16
△03 マウレア      S A 5  5  16 12
 04 トーセンブレス   C B 出走取消
 05 カンタービレ    A S 9  7  1  1
 06 オールフォーラヴ  B S 8  3  13 10
 07 トーホウアルテミス B D 12 6  9  13
○08 サトノワルキューレ S S 2  16 12 9
 09 シスターフラッグ  A D 15 11 7  6
△10 レッドサクヤ    S S 6  10 2  3
 11 パイオニアバイオ  C D 10 13 6  5
 12 サヤカチャン    C F 17 1  14 17
◎13 アーモンドアイ   S B 1  8  8  15
 14 ランドネ      B S 7  9  3  2
▲15 ウスベニノキミ   B C 13 14 5  7
 16 ウインラナキラ   B D 16 15 11 4
△17 ロサグラウカ    A C 14 17 17 11
 18 オハナ       B S 11 12 4  8


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[優駿牝馬 レースLAP傾向]東京芝2400m

平均勝ちタイム 2.25.06
レース1F平均 12.09

前半35.71ー中盤74.35ー上がり35.00
前半1000m:60.49ー後半1000m:59.68(前後半差:0.81秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.54 ―――――――――― 2400m
            ↓
―――――――――― 11.00 〓〓〓〓〓〓〓〓〓― 2200m
            ↓
―――――――――〓 12.18 ―――――――――― 2000m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.45 ―――――――――― 1800m
            ↓
――――――――〓〓 12.33 ―――――――――― 1600m
            ↓
――――――――〓〓 12.31 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.59 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.39 ―――――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 12.29 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.70 〓〓〓〓――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.48 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――― 11.83 〓〓〓―――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先2ー差16ー追5

   1着:逃0ー先1ー差4ー追3
   2着:逃1ー先1ー差4ー追2
   3着:逃0ー先0ー差8ー追0


[レースのポイント]
 →→ 中盤区間は12秒台半ばまで緩むスローから、上がりで11秒台が3区間続く瞬発ラップ
 →→ 桜花賞と適性は近く、上がり順位上位をマークできる差しが圧倒的有利


+++++++++++++++


近年のオークスは上がりの速さが特に重要。
過去10年で上がり3位以内だった馬は(10-6-5-11)で複勝率65.6%、複勝回収率149%と圧倒的。
これらオークスで上がり3位以内をマークした馬のうち、前走も上がり3位以内だった馬に限定すると(6-4-4-5)で複勝率は73.7%まで跳ね上がる。
今年の出走馬で前走上がり3位以内だった馬は6頭いるが、桜花賞組からはラッキーライラックとマウレアがこのデータで脱落してしまう。

そして近3年のオークス3着以内馬全てに共通するデータが「前3走以内に1600m以上の重賞で、自身後半1000m59.2秒以内かつ、上がり33秒台か上がり順位2位以内をマーク」。
速い上がりはもちろん必要だが、後半1000mを速いラップで走れるという、高速対応のスピードも求められるのがオークスというレース。
今年の出走馬でこれに該当するのは5頭いるが、前出のデータで脱落した2頭も該当馬に入っているので実質的に狙えるのは3頭だけ。


◎アーモンドアイ
桜花賞で、レース上がりを1.2秒上回り、上がり次位に1.0秒の差をつける圧倒的な脚を見せつけた。
これは強烈な末脚で桜花賞を制したブエナビスタ、ハープスターらを上回る記録で、二冠達成はほぼ手中にあると言っても良いくらいの歴史的なラップをすでにマークしたことになる。
そして前出の「前3走以内に1600m以上の重賞で、自身後半1000m59.2秒以内かつ、上がり33秒台か上がり順位2位以内をマーク」のデータもらくらくクリア。


◯サトノワルキューレ
フローラSをレースレコードとなる1.59.5で制覇。
従来のレースレコードだった2016年は勝ち馬のチェッキーノがオークスで2着、チェッキーノと上がり最速タイをマークしていたビッシュがオークスで3着している。
サトノワルキューレはもちろん上がり最速で走っており、オークスで馬券圏内に絡む走りが期待できる。
2戦目の梅花賞で、エタリオウに寄られる不利がなければおそらく勝てていたので、実質的には無敗の3連勝だと考えておくべき馬。


▲ウスベニノキミ
3番手評価はトーセンブレスの予定だったが、無念の回避。
そこで4番手評価だったこの馬を繰り上げて狙う。
トーセンブレスを高評価していた根拠と同じ理由になるが、今年のフラワーCはレース後半1000mが60秒を切る速さのレース。
これまでにレース後半で60秒を大きく切ってきた馬は、オークスで2着したエバーブロッサム、昨年のファンディーナがいる。
ファンディーナは高速小回りの皐月賞へ出走したため結果が出せなかったが、牝馬路線を歩みオークスを目指していればおそらく上位が狙えたはず。
話を戻すが、今年のフラワーCは長く脚を使い差してきた馬が、距離延長の差し勝負で大駆けする可能性があるラップだった。
ウスベニノキミは前走のフローラSでも、最初のコーナーでの不利が無ければ3着争いには加われるほどの脚を見せていた。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎13 ー ◯8(40%)


【3連単】
フォーメーション《8点》
◎13,◯8 → ◎13,◯8 → ▲15,△3,10,17(40%)

フォーメーション《2点》
◎13,◯8 → ◎13,◯8 → △2(20%)


*****************************


【新潟11R】韋駄天S(芝1000m直)
仮柵:Bコース4週目(野芝約9ー12cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:グラミスキャッスル
 想定番手馬:レッドラウダ

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 レッドラウダ    C A 6  1  2  4
 02 タイムトリップ   C D 5  15 14 13
 03 グラミスキャッスル D C 12 2  1  2
△04 レジーナフォルテ  C C 4  4  10 12
▲05 ヨンカー      C D 10 10 13 14
△06 シンボリディスコ  C F 9  3  4  8
 07 スペチアーレ    C A 8  6  5  5
 08 テイエムヒッタマゲ C C 13 12 16 16
○09 アペルトゥーラ   C B 1  6  2  1
△10 ナインテイルズ   C C 7  9  11 11
△11 ダイメイプリンセス C A 3  8  6  7
◎12 オールインワン   B B 2  10 7  9
 13 ノットフォーマル  E F 15 16 15 15
 14 スズカアーサー   C F 14 13 12 6
△15 ラインミーティア  D F 11 14 9  3
△16 ブラックバード   D F 16 5  8  10


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎オールインワン
ダッシュ力の鋭いレッドラウダ、グラミスキャッスルが内枠に入り、向かい風が強くない日曜午後の状況では、オープン特別にしてはオーバーペースではない平均的な流れを想定。
それならば初の千直でも、1200mで前半34秒台の逃げ先行経験豊富なこの馬で、先行押し切りが可能とみる。
逃げ先行型と言っても上がりが遅いタイプでもなく、タメて脚を使う走りにも転換できそうで千直の適性は高いのでは?


◯アペルトゥーラ
3ー5走前の3連勝が示す通り、千直の鬼として今年のアイビスサマーダッシュが楽しみな馬。
コーナーのあるコースでは右にもたれるので、スタートから外枠側に向けて斜めに走ることができる千直になれば一変した走りが期待できる。
ハンデも56kgなら許容範囲内。


▲ヨンカー
昨年のアイビスサマーダッシュ勝ち馬のラインミーティアが当時と同じ8枠15番に入り人気を背負いそうだが、さすがにハンデ57kgはこのレースでは厳しい。(昨年もトップハンデ馬は5着まで)
ならば、前走の初千直で4着に走ったダート実績馬のこの馬を。
千直の適性が高いと読んで前走も狙ったが、スタートから行き過ぎてしまい惜しくも4着に。
今回はこの馬より速い馬がいるので、自然と位置取りは2列目あたりでタメの効く走りができそう。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】
フォーメーション《34点》
◎12,◯9 ー ◯9,▲5,△11 ー ▲5,△1,4,6,10,11,15,16(34%)

フォーメーション《9点》
◎12,◯9 ー ◯9,△10,11,15 ー △10,11,15(18%)


【3連単】
フォーメーション《40点》
◎12,◯9 → ◎12,◯9,△10,11,15 → ◎12,◯9,▲5,△10,11,15,16(40%)

フォーメーション《8点》
◎12,◯9 → ◎12,◯9,△10 → ◎12,◯9,△10,11(8%)


*****************************


【京都10R】鳳雛S(ダ1800m)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:コマビショウ
 想定番手馬:メイショウオーパス


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
▲01 フィールシュパース A F 8  4  1  5
 02 メイショウオーパス C C 2  8  7  7
△03 ハーベストムーン  B B 4  3  8  8
 04 アスクハードスパン C C 6  6  5  2
○05 コマビショウ    A C 3  9  9  4
 06 ワークアンドラブ  C F 7  7  2  6
◎07 グレートタイム   S S 1  5  6  1
 08 バーンフライ    C C 9  2  4  9
△09 テイエムディラン  C C 5  1  3  3


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎グレートタイム
少頭数で前へ行く馬が少ないレース。
コマビショウ、メイショウオーパスがスローで先行して、そのコマビショウを捕まえに行くという形のレースが濃厚。
そうなると、ダートながら上がり37秒を切る速い上がりをマークできる馬が有利。
グレートタイムは、連闘で初の東京だった前走こそ4着に敗れたものの、4戦連続で京都ダ1800mを連対。
なおかつ上がりも最速が3回、うち2回は36秒台という強烈な脚を持つ。
現3歳の中距離馬ではトップクラスの一角で、大井のジャパンダートダービーへ向けてここは負けられない。


◯コマビショウ
2走前の小倉での好タイム勝ちがフロックでは無かったことを証明したのが、前走の伏竜S。
ペース自体は、向正面が強い向かい風だったこともありスローだったが、昨年暮れの全日本2歳優駿でハイレベルな戦いを演じた、ルヴァンスレーヴ、ドンフォルティス相手に僅差で食い下がっての3着。
今回は格段に楽に先行できる組み合わせで、先行して37秒台の上がりが使えるこの馬にとっては、かなりチャンス。


▲フィールシュパース
今回が休養明けだが、休む前はルヴァンスレーヴと0.6秒差の3着、ドンフォルティスと0.3秒差の2着。
対戦比較からはコマビショウと同じくらい走れて当たり前の馬。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】《5点》
◎7 ー ◯5 ー ▲1(15%)
◎7 ー ◯5 ー △3(28%)
◎7 ー ◯5 ー △9(10%)
◎7 ー ▲1 ー △3(10%)
◎7 ー ▲1 ー △9(4%)


【3連単】
フォーメーション《6点》
◎7 → ◯5,▲1 → ◯5,▲1,△3,9(18%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)
※この記事は、2018/5/20 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP