的中無料公開中

※この記事は、2018/5/6 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね19 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』5月6日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

05/06(日)
新潟11R
新潟大賞典(G3)
単勝 ワイド
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 1 1 スズカデヴィアス 2:00.0
2 7 14 ステイインシアトル 3/4
3 1 2 ナスノセイカン 3/4
払戻金
単勝 1 820円 5番人気
複勝 1
14
2
280円
940円
1,020円
4番人気
10番人気
11番人気
枠連 1-7 1,710円 10番人気
馬連 1-14 10,890円 36番人気
ワイド 1-14
1-2
2-14
3,080円
3,370円
14,750円
34番人気
39番人気
94番人気
馬単 1-14 20,690円 70番人気
3連複 1-2-14 106,860円 248番人気
3連単 1-14-2 581,000円 1283番人気
WIN5 103,276,720円 5番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 1 1 スズカデヴィアス 8.2 5 56.5 牡7 三浦皇成 栗東橋田満 512.0
8着 4 8 ハクサンルドルフ 8.1 4 55.0 牡5 丸田恭介 栗東西園正都 462.0
13着 6 11 ハッピーユニバンス 37.4 10 51.0 牝6 藤懸貴志 栗東平田修 470.0

予想買い目の収支
単勝
通常
馬番
1点
3,000円
24,600円
+21,600円
820.0%
馬/組番:1
ワイド
通常
馬番
1点
600円
20,220円
+19,620円
3,370.0%
馬/組番:1ー2
ながし
馬番
2点
1,600円
0円
-1,600円
0.0%
馬/組番:1ー**
3連複
フォーメーション
馬番
26点
2,600円
0円
-2,600円
0.0%
馬/組番:26組
馬連
通常
馬番
1点
1,000円
0円
-1,000円
0.0%
馬/組番:1ー8
通常
馬番
1点
1,200円
0円
-1,200円
0.0%
馬/組番:1ー10
合計購入金額:10,000円   払戻金:44,820円  
収支:+34,820円   回収率:448.2%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【東京11R】NHKマイルC G1(芝1600m)
仮柵:Aコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:テトラドラクマ
 想定番手馬:カシアス

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 カツジ       A C 8  15 15 12
 02 ファストアプローチ B S 12 14 17 11
 03 テトラドラクマ   A D 13 4  2  6
 04 フロンティア    B S 10 12 13 8
△05 プリモシーン    A S 3  11 5  5
 06 リョーノテソーロ  C B 16 3  7  17
○07 タワーオブロンドン S S 1  5  1  7
△08 ダノンスマッシュ  A A 6  8  3  10
▲09 ギベオン      S S 5  18 14 15
◎10 パクスアメリカーナ S S 4  9  10 4
△11 ケイアイノーテック A E 7  6  8  1
△12 アンコールプリュ  B S 11 7  4  3
 13 ルーカス      S A 17 16 11 13
 14 デルタバローズ   A A 15 10 16 16
 15 カシアス      A B 14 2  9  2
△16 ミスターメロディ  S S 2  1  6  18
△17 レッドヴェイロン  A B 9  13 12 9
 18 ロックディスタウン A S 18 17 18 14


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[NHKマイルC レースLAP傾向]東京芝1600m

平均勝ちタイム 1.32.92
レース1F平均 11.62

前半34.44ー中盤23.69ー上がり34.79
前半800m:46.20ー後半800m:46.72(前後半差:0.52秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――〓〓〓〓〓〓 12.19 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 10.84 〓〓〓〓〓〓〓〓―― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.41 〓〓―――――――― 1200m
            ↓
――――――――〓〓 11.76 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――〓〓〓 11.93 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.39 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.44 〓〓――――――――  400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 11.96 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃4ー先7ー差14ー追5

   1着:逃3ー先2ー差3ー追2
   2着:逃0ー先3ー差5ー追2
   3着:逃1ー先2ー差6ー追1


[レースのポイント]
 →→ やや前傾の平均的なラップが基本形で、持続力の高い逃げ先行馬が軸に最適
 →→ 上がりの速さより、長く11秒台のラップで走れる持続力のある差しにも注目

+++++++++++++++


今年からアーリントンCの施行時期が変更になり、新たにNHKマイルCのトライアル戦となった。
従来からトライアルとして存在するニュージーランドトロフィーとファルコンSは、本番につながらないレースで、過去10年のこの両トライアルの勝ち馬が本番も制した例は、2012年のカレンブラックヒル1頭のみ。
アーリントンCの行われる阪神芝1600m外は、朝日杯フューチュリティステークスと同じコースで、直線が長くゴール前に坂のあるタフなコース設定。
その阪神施行朝日杯の勝ち馬はまだNHKマイルCに出走してきた例が無いが、同コースのアーリントンCがトライアルになったことで、より本番に近いレースが繰り広げられる舞台が整ったことになる。
 

◎パクスアメリカーナ
今年のアーリントンCは、朝日杯3着のタワーオブロンドンが勝利。
朝日杯の1、2着馬はNHKマイルC不出走なので当然有力候補の一角だが、今回はアーリントンC2着だったコチラの馬で勝負。
アーリントンCは前半800m46.5秒ー後半800m46.9秒で、やや前半が速い平均ペース。
差した馬が上位独占したように、前に行った馬や早めに動いた馬に厳しい流れだったことを考えると、上位3着以内で一番最初に動いたパクスアメリカーナは強い内容の2着。
そしてこの馬は2走前に、朝日杯4着、ニュジーランドT2着のケイアイノーテックを並ぶ間もなく差し切るというレースを見せている。
東京のマイル重賞を3勝したホエールキャプチャの全弟という血統背景からも、今回の舞台はベストの可能性が高い。


◯タワーオブロンドン
ベスト条件は、2歳時に好タイムで連勝しているように、1400m。
ただ同世代限定ならマイルでも好内容のレースを見せていて問題なし。
そもそもこのレースは、本質的にはスプリンター指向の強いレースで、古馬になると1400mや1200mがベストというタイプの馬のほうが好走率が高い。


▲ギベオン
好タイム決着だった毎日杯で、ブラストワンピースの2着。
毎日杯で同タイム3着に負かしたインディチャンプが、前出のアーリントンCで0.2秒差4着だったので、タイム差比較からは◎◯に並ぶ評価が妥当。
問題は1600mの経験がなく、追走区間が速いラップのレースを走っていないため、東京のマイルでスプリント寄りの適性が問われた場合に不安が残る。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎10 ー ◯7(13%)


【3連複】
フォーメーション《19点》
◎10,◯7 ー ◯7,▲9 ー ▲9,△5,8,11,12,16,17(57%)


【3連単】
フォーメーション《30点》
◎10,◯7 → ◎10,◯7,▲9,△16 → ◎10,◯7,▲9,△11,12,16,17(30%)


*****************************



【新潟11R】新潟大賞典 G3(芝2000m外)
仮柵:Bコース2週目(野芝約7ー10cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:マイスタイル
 想定番手馬:カレンラストショー

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
◎01 スズカデヴィアス  B C 4  7  5  5
△02 ナスノセイカン   B A 6  16 9  9
△03 ケントオー     E F 16 11 11 11
 04 シャイニープリンス C E 14 2  3  14
 05 トーセンマタコイヤ C B 8  15 2  8
 06 ラインルーフ    C C 10 3  15 16
 07 カレンラストショー C E 15 13 14 10
○08 ハクサンルドルフ  C E 11 12 7  2
△09 ナイトオブナイツ  C C 9  6  6  3
△10 トリオンフ     C A 2  8  4  4
▲11 ハッピーユニバンス C E 7  14 8  7
△12 マイスタイル    C S 5  5  16 15
△13 ステファノス    B S 1  10 10 13
△14 ステイインシアトル C S 3  1  12 12
 15 ロッカフラベイビー C B 12 9  1  1
 16 アウトライアーズ  C C 13 4  13 6


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[新潟大賞典 レースLAP傾向]新潟芝2000m外

平均勝ちタイム 1.58.26
レース1F平均 11.82

前半35.49ー中盤48.21ー上がり34.56
前半1000m:59.53ー後半1000m:58.73(前後半差:0.80秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.71 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 11.26 〓〓〓〓〓――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.52 〓〓〓――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 11.73 〓――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.31 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.25 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――〓 11.92 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.65 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 10.98 〓〓〓〓〓〓〓〓――  400m
            ↓
―――――――――〓 11.93 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃0ー先7ー差15ー追8

   1着:逃0ー先2ー差6ー追2
   2着:逃0ー先3ー差6ー追1
   3着:逃0ー先2ー差3ー追5


[レースのポイント]
 →→ 3コーナー手前の小さなアップダウンで一気にラップが緩む中盤スローの流れ
 →→ 残り800mから動き出す超瞬発ラップ戦で、コース適性を重要視

+++++++++++++++


◎スズカデヴィアス
今回が初の新潟出走。
上がりの脚が切れるタイプではないものの、ややスロー寄りの平均ペースで後半に速いラップが続く流れは得意。
近年の傾向は重ハンデ馬の差しで、その傾向にも合っている。


◯ハクサンルドルフ
重賞を勝てるレベルの末脚を毎回見せているものの、とにかく後方一気しか策のない馬で、勝つにはペースとコースの条件が揃わないと難しい。
1600mや1800mでは追走区間がやや速くて流れに乗りきれないところがあるので、ワンターンコースの2000mと、脚をタメる区間がたっぷりある今回の条件なら、重賞に手が届いてもおかしくない。


▲ハッピーユニバンス
オープンクラスでは全く結果が出ていないが、それはG2以上と、小回りコースでのもの。
新潟外回りは(2−0−1−0)、新潟コース全体でも4戦して3着を外したことがない得意コース。
このコースなら確実に上がり33秒を切る脚を使えているので、51kgのハンデなら一発大駆けの期待。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎1(30%)


【馬連】《2点》
◎1 ー ◯8(10%)
◎1 ー △10(12%)


【ワイド】《3点》
◎1 ー ▲11(8%)
◎1 ー △2(6%)
◎1 ー △9(8%)


【3連複】
フォーメーション《26点》
◎1 ー ◯8,▲11,△9,10 ー ▲11,△2,3,9,10,12,13,14(26%)


*****************************


【新潟6R】3歳未勝利(芝1000m直)
仮柵:Bコース2週目(野芝約7ー10cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:プリンシアブラスカ
 想定番手馬:ドロテーア

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 ナイトジュレップ  B B 3  6  9  9
 02 マイネルフィリップ C F 10 7  7  5
△03 ドロテーア     C B 5  9  12 12
 04 ヴァイザッハ    B A 14 11 6  3
△05 サラドリーム    D B 1  4  4  6
 06 ビューティアイリス D F 16 10 10 11
 07 レジェンドソウル  B A 8  7  8  7
 08 グッディソング   C E 12 ―  ―  ―
○09 ドゥルガー     C F 6  3  1  1
△10 カクカクシカジーカ C F 7  5  5  8
◎11 プリンシアブラスカ C C 2  1  3  4
 12 スズカシャルム   E D 13 ―  ―  ―
 13 ウインソリティア  C B 9  13 11 10
▲14 モシモ       C F 4  2  2  2
 15 タガノホタル    B C 11 ―  ―  ―
 16 トミケンフィーナ  D E 15 12 13 13


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎プリンシアブラスカ
昨年秋に新潟千直3着のあと、福島、小倉で前半から飛ばすレースで連続2着。
スピードなら未勝利脱出は目前で、外目の枠+減量騎手騎乗で一気の逃げ切り濃厚。


◯ドゥルガー
千直は昨年夏に2回走ってともに3着と適性は高い。
当時より、出走メンバーのレベルが格段に落ちる時期の未勝利戦だけに、仮に成長がなく同じだけしか走れなかったとしても馬券圏内。


▲モシモ
千直は2回走って、4、5着。
千直向きのスピードに長けているとまでは言えないタイプも、今回は外枠に勝負になるレベルの馬が少なく、その点では有利。
最初の2ハロンを22秒台でついていければ。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【3連複】
フォーメーション《12点》
◎11 ー ◯9,▲14,△5 ー ▲14,△1,3,5,10(48%)


【3連単】
1着1頭軸流し《12点》
◎11(軸)→ ◯9,▲14,△5,10(24%)

フォーメーション《18点》
◎11,◯9 → ◎11,◯9,▲14,△5 → ◎11,◯9,▲14,△5,10(18%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)
※この記事は、2018/5/6 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP