的中無料公開中

※この記事は、2018/4/22 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね19 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』4月22日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

04/22(日)
京都11R
読売マイラーズカップ(G2)
3連複 3連単 馬連
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 4 5 サングレーザー レコード
2 6 9 モズアスコット 11/4
3 3 4 エアスピネル 1/2
払戻金
単勝 5 680円 4番人気
複勝 5
9
4
160円
130円
120円
4番人気
2番人気
1番人気
枠連 4-6 1,010円 5番人気
馬連 5-9 1,270円 5番人気
ワイド 5-9
4-5
4-9
410円
280円
230円
5番人気
3番人気
1番人気
馬単 5-9 2,840円 11番人気
3連複 4-5-9 860円 2番人気
3連単 5-9-4 7,060円 15番人気
WIN5 8,363,170円 4番人気

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 4 5 サングレーザー 6.8 4 57.0 牡4 福永祐一 栗東浅見秀一 482.0
7着 5 8 ロジクライ 4.4 3 56.0 牡5 川田将雅 栗東須貝尚介 506.0
2着 6 9 モズアスコット 3.5 2 56.0 牡4 C.ルメール 栗東矢作芳人 486.0

予想買い目の収支
3連複
フォーメーション
馬番
15点
4,500円
2,580円
-1,920円
57.3%
馬/組番:15組
3連単
フォーメーション
馬番
9点
1,800円
14,120円
+12,320円
784.4%
馬/組番:9組
フォーメーション
馬番
9点
900円
0円
-900円
0.0%
馬/組番:9組
馬連
ながし
馬番
2点
2,800円
17,780円
+14,980円
635.0%
馬/組番:5ー**
合計購入金額:10,000円   払戻金:34,480円  
収支:+24,480円   回収率:344.8%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【京都11R】マイラーズC G2(芝1600m外)
仮柵:Cコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝14cmー18cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ロジクライ
 想定番手馬:ヤングマンパワー


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 ヤングマンパワー  A B 5  2  1  8
 02 ガリバルディ    B S 10 11 6  7
△03 ベルキャニオン   A S 9  10 4  5
△04 エアスピネル    S B 1  4  2  6
◎05 サングレーザー   S B 2  7  7  2
△06 ムーンクレスト   C C 11 1  9  11
 07 ダッシングブレイズ A B 6  13 11 4
▲08 ロジクライ     S A 4  5  10 9
○09 モズアスコット   S C 3  3  13 3
△10 ブラックムーン   C C 7  12 3  1
 11 ピークトラム    C ― 14 8  12 14
 12 テイエムイナズマ  C E 12 9  5  12
 13 カデナ       C F 13 14 14 13
 14 グァンチャーレ   B B 8  6  8  10


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[マイラーズC レースLAP傾向]京都芝1600m外

平均勝ちタイム 1.32.20
レース1F平均 11.53

前半34.90ー中盤23.57ー上がり33.73
前半800m:46.98ー後半800m:45.23(前後半差:1.75秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

―〓〓〓〓〓〓〓〓〓 12.38 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 10.98 〓〓〓〓〓――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 11.55 ―――――――――― 1200m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.08 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.50 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.38 〓―――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 10.95 〓〓〓〓〓―――  400m
            ↓
―――――――――― 11.40 〓―――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先6ー差9ー追1

   1着:逃1ー先3ー差1ー追1
   2着:逃1ー先0ー差5ー追0
   3着:逃0ー先3ー差3ー追0


[レースのポイント]
 →→ 前半の方が遅いラップになりやすい、京都外回り特有の傾向が強いレース
 →→ 開幕週でもあり高速決着で、先行好位で高速馬場に強いタイプ有利


+++++++++++++++


京都施行に替わって今年で7回目。
過去6回の3着以内好走馬を見てみると、近3走以内に1400mのレースを走っている馬が目立ちます。
12年の1着馬シルポートに始まり、13、15、16年は該当した2頭が馬券圏内に好走。昨年も1着のイスラボニータが前走で阪神Cを走っていたので該当していまず。
1600mの重賞なのに、近走で1400mを走った経験が活きるのは、開幕週の高速馬場のため、過去平均勝ちタイムが1.32.2と速く、レースラップの平均も前半34.90ー中盤23.57ー上がり33.73と、1400m戦とほぼ変わらない速さになり、なおかつ前半のほうが遅いラップバランスなので追走が楽であるということが関係しています。
今年は近3走で1400mを走った該当馬が少なく、1600mよりも長い中距離に多く出走していた馬の比率が高い。
例年以上に、1400mを走っていた経験がアドバンテージとして活きると考えて良さそうだ。


◎サングレーザー
前走、3走前に1400m重賞を走って、1、3着。
そして今回と同じコースで行われるマイルCSで、勝ち馬と0.1秒差の3着と好走。
コース実績に加えて1400mの経験でスピードへの対応も問題なしとなれば、今回は堂々の本命候補。


◯モズアスコット
前3走すべてが1400m戦。
初重賞で1番人気に推された阪神Cは、やはりいきなりG2でG1レベルの馬との対戦では荷が重かったのか4着に敗れましたが、着差はわずか0.4秒差。
前走は逃げたダイアナヘイローが粘る流れを、大外からレッドファルクスとともに伸びてタイム差なしまで差を詰めたように、短距離界の新星としてここはクリアしてG1戦線へと歩を進めるものと思います。


▲ロジクライ
超高速上がりを要求されると厳しいタイプですが、今回は逃げ不在で展開が相当に有利に働くこと。
そしてこの馬自身、上がり34秒台の脚は常に使えているので、楽逃げからその上がりを繰り出せば何頭かに差されても馬券圏内には残る可能性が高く、京都マイル3戦3連対(内回り含む)というコース実績からも相手軸くらいには考えておきたい。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《2点》
◎5 ー ◯9(14%)
◎5 ー ▲8(14%)


【3連複】
フォーメーション《15点》
◎5 ー ◯9,▲8,△4 ー ▲8,△1,3,4,6,10(45%)


【3連単】
フォーメーション《9点》
◎5 → ◯9,▲8,△4 → ◯9,▲8,△4,10(18%)

フォーメーション《9点》
◯9,▲8,△4 → ◎5 → ◯9,▲8,△4,10(9%)


*****************************



【東京11R】フローラS G2(芝2000m)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:オスカールビー
 想定番手馬:ノームコア

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 サラキア      A C 2  9  11 16
△02 オスカールビー   B C 11 1  1  2
★03 ウスベニノキミ   B C 9  12 7  5
▲04 サトノワルキューレ S S 1  14 13 8
△05 ノーブルカリナン  A S 5  13 2  9
 06 ファストライフ   B E 12 5  15 13
△07 デュッセルドルフ  A S 7  7  9  4
 08 ラブラブラブ    C C 13 16 14 15
 09 ハイヒール     E B 15 3  3  6
○10 オハナ       A S 4  10 6  10
 11 カーサデルシエロ  A S 8  4  10 14
◎12 レッドベルローズ  B B 3  6  12 12
 13 ヴェロニカグレース C F 14 15 5  3
 14 ディアジラソル   C D 10 8  16 11
 15 パイオニアバイオ  C E 16 11 4  1
△16 ノームコア     S C 6  2  8  7


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[フローラS レースLAP傾向]東京芝2000m

平均勝ちタイム 2.01.29
レース1F平均 12.13

前半36.59ー中盤49.68ー上がり35.02
前半1000m:61.33ー後半1000m:59.96(前後半差:1.38秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.87 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 11.80 〓〓〓――――――― 1800m
            ↓
―――――――――― 11.92 〓〓―――――――― 1600m
            ↓
―――――――――― 12.11 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.63 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――〓〓〓〓〓 12.57 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.37 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.54 〓〓〓〓〓〓――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.46 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――― 12.02 〓―――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃2ー先11ー差13ー追1

   1着:逃0ー先4ー差4ー追1
   2着:逃2ー先4ー差3ー追0
   3着:逃0ー先3ー差6ー追0


[レースのポイント]
 →→ 前半中盤はとにかくスロー、勝ち切るのは上がり1位、2、3着は上がり順位4位以下で粘る馬
 →→ 直線を向いてから2ハロンの11秒台急加速ラップで突き抜けられる馬が強いレース


+++++++++++++++


過去10年の平均ラップは前半36.59秒ー中盤49.68秒ー上がり35.02秒で、中盤が緩んだスローの上がり勝負。
ただこの時期の3歳牝馬にとって2000m戦で直線の長いコースというのはタフすぎるので、上がりのラスト1ハロンは12秒台まで失速する。
勝ち切るのは上がり1位の馬が多いが、2、3着は上がり順位4位以下ながら先行して粘る馬というパターンがよく見られる。


◎レッドベルローズ
マイル戦で出遅れて後方待機から脚を伸ばすというレースを3回続けた後に、2000mに距離を伸ばした前走で、先行して抜け出すという王道の形で500万下の特別戦を完勝。
区間ごとのラップも前半3位、中盤4位、上がり3位と文句無しで、この距離を先行して前で立ち回れば重賞連対馬が居ない今回の相手関係なら面白い。


◯オハナ
前走のクイーンCは、前半800m46.0秒ー後半800m47.7秒と速いラップで流れたわりに、インコースの馬場が有利すぎる偏った状況で、前で粘る馬と後方から伸びる馬の上がりラップがほとんど差がないという、スローの上がり勝負でよく見られるような特殊な決着でした。
そんななか、伸びない馬場の中央を4着まで押し上げてきた内容は強い敗戦と言えるレースで、同様に外を伸びてきていたレッドベルローズとセットで激走する可能性は十分。


▲サトノワルキューレ
あまりこのレースでも例がない前走2400m組。
当然スローの上がり勝負しか経験がないので、2000mへの距離短縮でペースが速くなるようだと危ない人気馬でしたが、逃げる馬が見当たらないような出走メンバーで、超スローが濃厚。
それならば、弱くはない牡馬(エタリオウ)相手に中距離戦を互角以上に走り、勝ちきってきた事実を評価しておきたいところ。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《3点》
◎12 ー ◯10(14%)
◎12 ー ▲4(20%)
◯10 ー ▲4(20%)


【3連単】
1頭軸流しマルチ《36点》
◎12(軸)ー ◯10,▲4,△1,3(36%)


*****************************



【東京12R】4歳上1000万下(ダ1600m)

《このレースで求められる適性:速力+バラ》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:アポロナイスジャブ
 想定番手馬:ゴールデンブレイヴ

印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ラインフェルス   C C 6  15 12 14
△02 アオイサンシャイン B A 10 4  1  5
 03 ロゼッタストーン  C B 13 9  14 12
△04 ディアコンチェルト B C 3  7  11 6
 05 サクラエンパイア  A S 1  8  13 16
 06 スフェーン     S C 15 1  4  8
△07 ピックミータッチ  C S 2  13 16 3
○08 ゴールデンブレイヴ A S 5  6  2  15
△09 ダイワインパルス  C C 4  12 10 4
 10 アポロナイスジャブ A C 11 3  3  10
◎11 パイロキネシスト  C E 9  10 8  13
 12 ダイチトゥルース  E F 16 16 15 11
 13 ポップアップスター A C 7  14 9  7
△14 ベバスカーン    C F 14 2  7  2
 15 フォーカード    B C 12 11 6  1
▲16 ジェイケイライアン S F 8  5  5  9


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎パイロキネシスト
東京ダートは高い気温とよく晴れて湿度がかなり低いため、乾いてパサパサの状態。
後方から差すのがかなり難しい状態で、こういうダートなら先行好位のポジションが取れて、その位置から上がり37秒くらいの脚が使えれば勝負になります。
さらに土曜のダート1600mでは、前走中山ダ1800mで先行していた馬の好走が目立っていたように、距離短縮ローテになる外枠寄りの馬に有利な状況もこの馬にとってはプラスです。


◯ゴールデンブレイヴ
新馬、500万下勝ちともにこの東京ダ1600mという馬。
先行して上がり37秒台の脚も2走前にすでに使っています。
前走は直線で挟まれる不利と、苦手な道悪馬場が敗因。
500kg近くあるクロフネ産駒で、乾いたダートでこそ、のタイプ。


▲ジェイケイライアン
7戦連続で東京ダ1600mを使われているように、陣営もかなり狙ってこのコースを走らせていることが明白。
未勝利勝ちを芝で挙げているように、芝でも走れるタイプの馬で、本来は渋ったダートで高速化した馬場のほうがベスト。
このクラスで常に上位争いをしていて、先行して上がり36秒が出せることを考えると、芝を走る距離の長い大外枠の今回はチャンスですが、馬場がかなり乾いている点はこの馬にとって歓迎材料ではないですね。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《9点》
◎11 ー ◯8(30%)
◎11 ー ▲16(16%)
◎11 ー △7(6%)
◎11 ー △9(4%)
◎11 ー △4(12%)
◯8 ー ▲16(14%)
◯8 ー △7(8%)
◯8 ー △9(2%)
◯8 ー △4(8%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)
※この記事は、2018/4/22 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ『ゴールド』JRA重賞・メインR+勝負R 予想印&見解&買い目(PC版)(メルマガ 月額2,074円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
TOP