的中無料公開中

※この記事は、2018/3/11 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 発行者の的中公開処理によって、配信記事を編集できない状態でロックした上で、無料で公開している情報です。

※フォローは無料です。フォローしておくと次回以降の的中情報がリアルタイムにお手元に届きます。

いいね16 コメント1
件名:

夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』3月11日(日)の予想と買い目

的中しました! 以下のレース、券種で的中しました。ご購読されていた方はおめでとうございます!

03/11(日)
阪神6R
3歳500万下
単勝
レース結果
着順 馬番 馬名 タイム
1 5 5 ケイアイノーテック 1:34.2
2 7 7 ナリタハーデス
3 8 8 プリンセスケイト 1/2
払戻金
単勝 5 120円 1番人気
複勝 5
7
8
100円
170円
540円
1番人気
3番人気
7番人気
枠連 5-7 350円 2番人気
馬連 5-7 390円 2番人気
ワイド 5-7
5-8
7-8
220円
920円
2,920円
2番人気
10番人気
19番人気
馬単 5-7 400円 2番人気
3連複 5-7-8 4,870円 13番人気
3連単 5-7-8 8,660円 25番人気
WIN5

該当記事での印・予想買い目・資金配分
着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
1着 5 5 ケイアイノーテック 1.2 1 56.0 牡3 川田将雅 栗東平田修 468.0

予想買い目の収支
単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:10,000円
払戻金 :12,000円
収支  :+2,000円
回収率 :120.0%
馬/組番:5
合計購入金額:10,000円   払戻金:12,000円  
収支:+2,000円   回収率:120.0%
みなさんおはようございます。
夏目耕四郎です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

※当メルマガは馬券購入を指南、勧奨するものではありません
本内容により生じたすべての事象に対し、当方では一切の責任は負いかねます
みなさまご自身の責任のもと、競馬をお楽しみいただくようお願い申し上げます
またデータの内容につきましては、主催者発行のものと照合し確認してください


*****************************
【競馬のレジまぐ】
本日開催中のレース予想一覧
https://regimag.jp/horse_racing/?integration_af=MU1UY3lOVGs9OQ%3D%3D
*****************************


【阪神6R】3歳500万下(芝1600m外)
仮柵:Aコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:ナリタハーデス
 想定番手馬:ロードダヴィンチ


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 シゲルコシアブラ  ― E 9  1  2  7
△02 キャッチミーアップ A C 4  4  4  3
△03 ミトノレインボー  C C 3  3  1  1
 04 ヌーディーカラー  A C 6  6  5  8
◎05 ケイアイノーテック S E 1  5  6  2
○06 ロードダヴィンチ  A S 5  9  7  4
 07 ナリタハーデス   A D 2  8  9  5
 08 プリンセスケイト  A A 7  7  8  9
▲09 メイショウドウドウ B C 8  2  3  6


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


◎ケイアイノーテック
ナリタハーデスの逃げを想定していますが、後続を引きつけながらの逃げで、どうみてもスロー濃厚。
阪神芝外回り1600mらしい上がり勝負で、朝日杯4着の脚を評価してこの馬から。
デビュー戦の(11.1ー11.2−11.5)というラップを上がり最速の33.5秒で差し切ったというのは、なかなかお目にかからない数字で、マイルならいずれ重賞を勝つレベルの馬だと思います。


◯ロードダヴィンチ
スローに流れを見越して、2番手グループで競馬できるスピードが強み。
それでいて上がりは出走メンバー中上位の脚を持っているだけに、◎以外の馬なら封じ込められるとみています。


▲メイショウドウドウ
連対がいずれも1200mまでで、距離不安からか人気は皆無。
その1200mでも特に速いタイムで走れているわけでもなく、おそらくベスト距離は自分のリズムで追走できる1400mから1600mでしょう。
基本的に前傾ラップで脚がたまらないレースを負けてきているので、スローで一変するならこういうタイプ。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎5(100%)


*****************************



【阪神11R】フィリーズレビュー G2(芝1400m)
仮柵:Aコース3週目(野芝約6ー8cm、洋芝12cmー16cm)

《このレースで求められる適性:速力+機動》

 想定ペース:ミドル
 想定逃げ馬:ラブカンプー
 想定番手馬:コーディエライト


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
△01 アンヴァル     A B 2  3  9  4
△02 デルニエオール   B S 1  17 15 8
△03 マドモアゼル    C C 15 5  2  9
★04 レッドシャーロット A A 12 13 10 13
 05 イサチルルンルン  C E 14 11 16 7
◎06 アマルフィコースト A D 6  9  14 16
△07 モルトアレグロ   A B 7  12 13 1
 08 ビリーバー     C F 16 2  12 3
△09 アンコールプリュ  B S 3  14 17 17
△10 リバティハイツ   A S 4  16 8  14
 11 ナディア      C C 13 18 6  5
 12 スウォナーレ    ― ― 18 6  7  10
 13 メイショウコゴミ  C B 5  15 18 18
▲14 アルモニカ     S C 8  7  4  11
△15 コーディエライト  A D 10 8  3  12
△16 ギンコイエレジー  B B 17 4  1  2
○17 ラブカンプー    A B 9  1  11 6
△18 アリア       C F 11 10 5  15


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[フィリーズレビュー レースLAP傾向]阪神芝1400m

平均勝ちタイム 1.22.28
レース1F平均 11.75

前半34.52ー中盤11.97ー上がり35.79
前半600m:34.52ー後半600m:35.79(前後半差:1.27秒前傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――――――〓〓〓〓 12.17 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――― 10.79 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 1200m
            ↓
―――――――――― 11.56 〓〓―――――――― 1000m
            ↓
――――――――〓〓 11.97 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.77 ――――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.78 ――――――――――  400m
            ↓
――――――〓〓〓〓 12.24 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃3ー先10ー差6ー追11

   1着:逃0ー先4ー差0ー追6
   2着:逃1ー先2ー差5ー追2
   3着:逃2ー先4ー差1ー追3


[レースのポイント]
 →→ ほぼ毎年前傾ラップになるが、前傾ラップを押し切れる先行馬がいる年といない年で決着パターンが違う
 →→ 過去10年の1着が先行4頭、追込6頭と両極端で、スタミナの有る短距離馬(距離短縮ローテ)がいればその馬を中心に


+++++++++++++++


フルゲートが16→18頭と拡大されて以降は、マイル路線からの転戦馬や、突出したスプリント力のある馬が参戦していて比較的人気サイドが信頼できるレースになっていましたが。
今年は一長一短のメンバーでかなりの混戦(僕の本命候補だったトロワゼトワルは抽選除外されましたし…)。
さらに今年からチューリップ賞がG2に格上げされたことで、マイルを走れる馬は当然賞金がG2にUPしたチューリップ賞へ向かうので、例年以上にスプリンター寄りのメンバーが揃ったレースとなりました。


◎アマルフィコースト
10回レースを走ったら10回とも違う勝ち馬が出そうなレースなので、当該コース実績を信用することにします。
と言っても、このレースは前傾ラップの消耗戦というのがレース傾向なので、当然コース実績でも前後半イーブンか前傾ラップでの好走を重視することはいうまでもありません。

この馬はデビュー戦が阪神芝1400mで、前後半イーブンのラップを踏み逃げ完勝。
タイム1.22.1は、2歳6月の阪神開催では史上2位の好タイムで、スピードとその持続力には高いものがあると判断しました。


◯ラブカンプー
17番枠ですが、テンのダッシュが速いのでおそらく逃げることになりそうです。
勝ち鞍2勝はいずれも1200mですが、評価したいのは未勝利2着だった阪神芝1400mのレース。
前半35.1ー後半35.3という前傾ラップで逃げて、タイム1.22.2で2着。
ラップのバランス、タイムともに優秀で、さらにこの未勝利戦で勝ったダノンスマッシュ以下0.9秒離された4着馬まで次走で勝ち上がるというハイレベルなレース。
オーバーペースで絡まれる逃げになってしまうと、さすがに厳しいでしょうけど、自身が34秒台半ばで行けるような逃げが打てれば粘り込みは十分にあると思います。


▲アルモニカ
この馬も阪神芝1400mの新馬戦で1.22.2という速いタイムをマークしたことを評価。
ただレース自体はやや後傾ラップだったため、このレースの傾向とはズレます。

さらに穴で狙っておきたいのが★レッドシャーロット。
前走の1200mはスローだったのに見るからに距離不足で追走に苦しみ、京都特有のラストまで失速しない上がりラップで脚を余す形で上がり最速の33.9秒をマークするも0.3秒差7着まで。
あの内容なら、道中のペースが上がり距離延長となる今回は差しのチャンス。
1400、1600mで連対実績があり、距離延長を問題にしない以上はぜひ狙っておきたい穴馬です。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【馬連】《1点》
◎6 ー ◯17(2%)


【ワイド】《4点》
◎6 ー ◯17(5%)
◎6 ー ▲14(12%)
◯17 ー ▲14(5%)
◎6 ー ★4(10%)


【3連複】
1頭軸流し《66点》
◎6(軸)ー ◯17,▲14,★4,△1,2,3,7,9,10,15,16,18(66%)


*****************************



【中京11R】金鯱賞 G2(芝2000m)
仮柵:Aコース1週目(野芝約6ー8cm、洋芝10cmー14cm)

《このレースで求められる適性:速力+バラ+変速》

 想定ペース:スロー
 想定逃げ馬:サトノノブレス
 想定番手馬:ヤマカツエース


印   馬名        騎 調 速力 機動 バラ 変速
 01 ヤマカツエース   B C 3  3  5  1
 02 メートルダール   S C 4  2  7  8
 03 ブレスジャーニー  B D 8  5  4  4
 04 サトノノブレス   C S 6  7  1  3
 05 サトノダイヤモンド S S 1  6  2  2
◎06 ダッシングブレイズ B C 7  1  3  7
 07 デニムアンドルビー A S 5  9  8  6
 08 アクションスター  C A 9  8  9  9
○09 スワーヴリチャード S A 2  4  6  5


+++++++++++++++


★夏目式オリジナル馬柱の見方★

 騎……騎手の直近6か月実績。S、A→Eの6段階
 厩……厩舎の直近6か月実績。S、A→Fの7段階

[競走能力順位]
 速力……スピード・コース適性をポイント化した、競走能力値。その馬が持つ競走能力のベースとなる

[ラップ適性順位]
 機動……3コーナーからゴールまでに他馬に追い抜かれないラップに対する適性
     前半3ハロンでスピードを出すレースに適性がある

 バラ……機動力と変速率双方を求められるラップに対する適性
     中盤を含めたレース全体でスピードを持続させるレースに適性がある

 変速……3コーナーからゴールまでに他馬を追い抜くラップに対する適性
     上がりでスピードを出すレースに適性がある

 ※各項目の数字は順位、小さい方が相対的に上位評価


+++++++++++++++


[金鯱賞 レースLAP傾向]中京芝2000m

平均勝ちタイム 1.59.42
レース1F平均 11.94

前半36.13ー中盤48.17ー上がり35.12
前半1000m:60.37ー後半1000m:59.05(前後半差:1.32秒後傾)


←遅――――――――区間ラップ――――――――速→

――〓〓〓〓〓〓〓〓 12.65 ―――――――――― 2000m
            ↓
―――――――――― 11.02 〓〓〓〓〓〓〓〓〓― 1800m
            ↓
――――〓〓〓〓〓〓 12.47 ―――――――――― 1600m
            ↓
―――――――〓〓〓 12.22 ―――――――――― 1400m
            ↓
―――――――――〓 12.02 ―――――――――― 1200m
            ↓
―――――――――〓 12.00 ―――――――――― 1000m
            ↓
―――――――――― 11.93 ――――――――――  800m
            ↓
―――――――――― 11.80 〓〓――――――――  600m
            ↓
―――――――――― 11.38 〓〓〓〓〓〓――――  400m
            ↓
―――――――――― 11.93 ――――――――――  200m


※「〓〓」が1F平均との差を表します
 「〓〓」が左に多いほどその区間ラップは遅い(右に多いほど速い)


3着内脚質:逃1ー先4ー差12ー追1

   1着:逃0ー先1ー差5ー追0
   2着:逃1ー先3ー差2ー追0
   3着:逃0ー先0ー差5ー追1


[レースのポイント]
 →→ レース全体を通じて緩むところのない超持続ラップのレース
 →→ 持続力勝負で逃げ追込といった極端な脚質は不利


+++++++++++++++


昨年この時期に移設されて、新設G1大阪杯のステップレースとなった金鯱賞。
その昨年、さっそく勝ち馬のヤマカツエースが大阪杯で3着し、金鯱賞に出走していたステファノスが2着で穴を開けました。
左回りの中京と右回りの阪神で、全く別のコースではありますが、金鯱賞、大阪杯ともに、前半1000mより後半1000mの方が速い後傾ラップで、しかも上がり3ハロンだけではなく後半1000mすべての区間が速い、後半ロングスパート戦という共通点があります。

2012年に新コースになって以降の平均ラップは、前半1000m60.37ー後半1000m59.05で、1.32秒後半のほうが速い。
さらに上がりの3ハロン区間のうち、残り600から400mの区間ラップの平均が23.18。
少なくともレース後半の1000mをかなり高速ラップを持続させて走れないと勝ち負けまでは厳しいレースだと言えます。

その「後半の1000mをかなり高速ラップを持続させて走れる」かどうかの判断基準としては、前走で2000m以下のレースに出走している方が望ましく、さらに3コーナーを8番手以内で通過しているとベスト。
該当馬は過去(2ー6ー2ー17)で複勝率37%、複勝回収率145%。
逆に9番手以降で通過していた馬は(0ー0ー2ー14)で複勝率12.5%、複勝回収率23%と大きな開きがあります。


◎ダッシングブレイズ
今年の出走馬で前出の条件に唯一該当するのがこの馬。
前走は1800mの小倉大賞典で4着でしたが、3コーナー7番手から4コーナー4番手へと押し上げていく競馬で、長く脚を使うという観点から今回の条件へは良い内容。
そして2走前のエプソムCが、前後半差2.0秒の後傾ラップで、後半1000mが57.7秒。
残り600から400mの区間ラップも22.4秒と速く、ラップ面では全てのポイントとなる数字が今回の金鯱賞と遜色ないものでした。


◯スワーヴリチャード
相手には昨年秋のアルゼンチン共和国杯でマークした、全く緩むところのなかった超持続ラップを評価してこの馬を。
スローを中盤区間から自分で動いていける馬で、今回のレースでは脚を余す可能性もかなり小さいでしょう。

この2頭が3着以内に揃ってくる可能性が高いとみていますので、馬券はこの2頭の1点で。


==========

[推奨買い目と参考資金配分]

【単勝】《1点》
◎6(5%)


【複勝】《1点》
◎6(45%)


【馬連】《1点》
◎6 ー ◯9(10%)


【馬連】《1点》
◎6 ー ◯9(40%)


*****************************
夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)
※この記事は、2018/3/11 9:00 に、夏目耕四郎メルマガ 『ゴールド』 重賞・メインレース+全開催『厳選勝負含む』最終見解(PC版)(メルマガ 月額2,036円)より配信された有料情報です。 ご興味がおありでしたら、この機会に、バックナンバーをご購読されてみてはいかがでしょうか。
素晴らしいと思ったら結果をシェア^^
レジまぐストア
ページの先頭へ